2014年07月28日

ランドセル注文しました。

2014-07-28-10-26-01

気が早いと思われそうですが、夏休み前には既にランドセル商戦が始まっていて、頼んでおいたカタログが次々と送られて来たり、Webで予約ができたりするんです。
前年から気になっていたモデル(コキチカ×オオバ@伊勢丹)なんかはweb予約開始早々に完売してました。店頭にはまだ少しあったけど。

ほんとは、さらに気が早く、年少頃から気になっていて、時々売り場をのぞいたり、かわいいランドセルをブックマークしたりしてチェックしてた。
昨年、年々早くなっているとか、革が高くなってると聞いて、買ってしまいたい衝動に駆られたりもしたけど、流石にバカすぎるだろうと、思いとどまった。
が、今年はほんとに価格が跳ね上がり、お得な早期予約もなかったり、買わなかったことを少し後悔。
早すぎるかも、は考えなくていいのかもね。まぁ、流石に、妹の分までは買わないけど。

色々親が魅力的に思っても、使うのはこども。だから、彼が本当に欲しいものをあらためて直前に探し始めることにした。
案の定、新しいものを見る度にコロコロと欲しいものが変わった。
最初は水色!といい、次はマリオの!
次はチョコ色、次はキャメル。
ワンタッチロックー!と言ったかと思うと、壊れるかもしれないからやっぱりいらない。

で、最終的にバーガンディか黒ということに落ち着いて、背負って見て、バーガンディカッコいい、ニヤリ。
が、選んだのは黒。
決定打になったのは、“自分で縫えるランドセル”!。
2014-07-26-10-28-52

ランドセル工房の職人さんの手ほどきで、自分で針を刺して糸を引き締めランドセル本体を縫い上げるというのが、ものすごく魅力的だったらしい。
もっと、もっとと何針も縫わせてもらって大満足!
難しい仕上げは任せてね(ニッコリ)by職人さん、ということで、完成して送られてくるのを楽しみにしています。

会場で「うちの会社においで」、と言われてなんだかその気になった息子は、ランドセルの職人になる!と目標変更した様子。難しいとこも縫えるようになりたいから、だそうです。

今回お世話になったのはオオバランドセルの大峽製鞄さん。



いくつかの工房やデパートをまわっていろんなランドセルを背負ってみたけど、うちの子には一番あっていたようです。
コキチカはやっぱりかわいかったし、ヨーロピアンカーフは優しい肌あたりで素敵。
他店だと、山本は夢うろこ染めというのがかっこよかった、黒川のブライドルレザーも美しく育てたら素敵そう。同黒川では9割がシボリミテッドの黒か紺を選ぶと聞いてなるほどという感じ。同店のセールスポイント満載のモデルだもんね。
土屋も見てみたかったけど、混んでそうだし、たぶん買わないだろうから行かなかった。後で知ったけど、黒川に他店のものとして置いてあったのが土屋のだったそう。

どの工房もつくりがしっかりしていて、落ち着いたものが多く長く使えそう。
娘がキラキラ系を欲しがって、飽きたり壊れたりしたら高学年では兄のお下がりもありかもと思っている。

sekinerika at 10:58│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔