2014年10月16日

野分の後の朝の帰り道

2014-10-16-09-12-12
先日の台風の後くらいから、空気がちょっとひんやりしてきた。
澄んだ青空、
落ち葉を踏むサクッという音。

紅葉とか落葉とかあまりない地域。台風で運ばれた海水で枯らされて落ちてきた葉っぱね。
ふと野分という季語を思い出した。
昔の人たちは、どうやって台風をしのいでたのだろう? 沖縄だと、石組みの塀とか、漆喰で固めた瓦屋根とかである程度、対策されてる気はするけど、内地の古民家、それも庄屋とかではない一般の庶民の家は大変なことになってたんじゃないのかな?

sekinerika at 09:18│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔