皆様は毎月13日配信のメルマガ「BREADEN TIMES」ご登録して頂いておりますでしょうか?

ブリーデンホームページから簡単登録できますよ^_^

というわけで、今月号の私が執筆した「すなっぴーのENJOY FISHING」をここにも載せておきますね^_^

是非、音読してくださいね。笑

皆さん、こんにちわ^_^
九州、山口を釣り歩く博多のすなっぴーです。
皆さんは体調等崩してませんか?僕は夏場は体調を崩して入院し、先月も胃腸炎にかかってしまってダウン…
段々と歳を感じる身体になってきましたよ…
釣りを楽しむのにも健康第一ですので、皆さんもお気をつけ下さい^_^
さて、この冬は記録的な暖冬と言われており、案の定、水温が高いわけで、まだまだ冬の海じゃないなとつくづく感じます。
ビックリしたのが、福岡の遊漁船で壱岐沖でバラクーダが釣れたとか…
明らかに水温がおかしくなってきているのです。
僕のホームである佐賀県呼子エリアはまだまだアジやメバルの魚影が例年より少なく、サイズもイマイチ…
しかし、本来なら抜けているカマスがかなり好調でサイズは40cmを超え、今も釣れ続けています。
壱岐と対馬の間の七里ヶ曽根ではようやく2ヶ月遅れて、寒ブリが本格化してきました。
瀬戸内方面ではまだまだサワラがよく釣れてて、イワシの群れもなかなか抜けてないのが現状です。
パパッと僕のホームエリアの1月の状態を説明しましたが、僕なりに色々と楽しんでおります。

FullSizeRender
デイゲームでの尺アジ。
IMG_0872
40オーバーのカマス。
FullSizeRender
オフショアではアカハタを釣っちゃったり。
FullSizeRender
メタルマルでヒラマサ。
FullSizeRender
寒ブリ
IMG_0159
そして、仕上げはモンスターサワラ‼︎‼︎

僕自身は色々な魚を釣り上げていますが、先日、九州の友人から「ブリーデン社の商品になかなか触れる機会がない」と言われまして…

九州テスターの僕が地域特有のタックルセッティングを説明するべきだなと思っております。

①アジング&メバリング
九州エリアはテラアジと言われる50オーバーが狙えるフィールドであり、メバリングよりもアジングの方が人気が高いです。25cmのアベレージサイズを狙っている最中に、ビックリする程のスーパーサイズが釣れたりします。
それに備えて、「繊細かつパワーロッド」が必要なのです。釣り方は3gがメインの事が多く、ボトムでネチネチとさせるというよりかはキレ良くワインドさせたり、バイスライダーを表層早巻きしたりします。
先に言っておきますが、僕は無理はしませんが
「あまりドラグを出さないスタイル」です。
TR68strangeやTR74electroは凄く繊細なロッドでアタリを逃しませんが、ちょっとパワー不足。その次のシリーズTE68やTE74は前シリーズのパワー不足を解消し、僕自身43cmのギガアジまで抜き上げも成功‼︎‼︎
そして、新たなシリーズのトレバリズムシリーズの中で選ぶならYOGI 602CSとCABIN 606CSかなと思います。
僕のお勧めはTE68usemouthです。
これは九州、山口なら1本は持っておくべきロッドです。
基本タックルデータ
ロッド:GRF-TE68usemouth
リール:2000番
ライン:ブリーデン フロロ0.6号
リーダー:1号
ルアー:ライトリグ各種

②カマス
佐賀県の呼子の離島や五島列島などのカマスはとにかくデカイ‼︎‼︎
大きいサイズは50cmを超えるカマスもいます。
カマスは基本的には3〜5gジグヘッド単体で釣ることが多いですが、ミニマルの高速ダートアクションや大きめのミノーなどで釣る事が多いです。
ロッドはTR85PESpecialを使用します。
TR85PE Specialは汎用性の高いロッドで、ギガアジ、尺メバル、シーバス、イカメタルなんかも対応できたり。
TR85PE Specialはどこの海域でも使えるので、必ず1本は持っておきたいロッドです。


③ボートロックゲーム&SLJ
九州はロックゲームも人気の釣りのひとつです。ジグヘッドにワーム主体の釣りですが、最近ではスピナーベイトやチャターベイト、メタルジグやバイブレーションなどでも狙っている方をよく見かけます。
SLJでは水深50m程の海域で40g〜80gまでの小型ジグをメインにロックフィッシュやヒラゴ、ブリやマダイで楽しめます。メタルマル40gの発売で更に楽しくなり、現在は60gも開発中です。
僕は、この両場面の釣りではBG72ultradeepを使用しております。
80gまではストレスなく、シャくることができ、多少強引に青物を寄せるパワーもありますので、SLJには実は最適だったりします。
BG72ultradeepも是非とも1本持っておきたいロッドです。

ロッド:BG72 ULTRA DEEP
リール:ヴァンキッシュC5000XG
ライン:PE1.2号
リーダー:7号
ルアー:メタルマル28g


④サワラ
サワラと言えば、有名な海域の山口県岩国。
去年は頻繁に福岡から通いました。
結果、今シーズンは80本以上サワラをキャッチしたのですが、シーズン終盤になるにつれて、サワラ狙いは「スペシメン85deep」を使用するようになってました。
理由としては、まずバラシが少ないこと。
そして、メタルマル28gを操作しやすいこと。
ロッドが軽いので、超高速リトリーブがやりやすいこと。に限ります。
メーター級のサワラの突発的な走りにもロッドが追従し、ビックリするほどバレない。
デメリットとしては、「ブリがヒットすると時間がかかる」と「メタルマル40gを使用するとちょっとダルい」ことです。
上記の③のSLJタックルでも勿論良いのですが、キャッチ率を考えるとやはりスペシメン85deepかなとという結論に至りました。
スペシメンシリーズはエギングロッドではありますが、小型メタルジグとの相性も抜群で、エギングタックルの中にメタルマルなどの小型ジグを潜めておくとかなり楽しい釣りになっちゃいます。


ロッド:SPECIMEN85deep
リール:ツインパワーXD C5000XG
ライン:PE1.2号 
リーダー:7号
ルアー:メタルマル28g

さぁ。ここ最近の釣果と僕のタックルセッティング等をザックリと説明しましたが、いかがでしょうか?

全部語ろうと思っても、このメルマガでは書ききれないので、ブログのコメントやインスタライブ、フィッシングショーなどで見かけたら気軽に声掛けてください^_^
僕が答えられる範囲で回答できたらなと思います。