埼玉の石油王~日々是人生~

その日のどこかで感じたことをてきとーに語るブログです。 アニメ、経済、お金、人生論など、わたしのスキなことしか語りません!

物々交換アプリでトラブルが多発しているようです。


アクセサリーとゲーム機を交換するはずが、アクセサリーを送ったら紙くずが返送されてきたとか。

まあこの手のネット取引には昔からトラブルはつきものですし、プラットフォームを提供する企業側も本人確認を厳格化したり、メルカリなどは商品の受領確認ができてからお金を振り込むようにしたりといろいろと対策を取っています。

さらに、ネット全盛の時代、よほど組織的にやらない限り、詐欺犯罪を隠すのは難しく、相手も商品の品質に対してリスクを負っている物々交換アプリで、振り込め詐欺のような組織的犯罪集団が絡んでいるとは考えにくいです。
恐らく、個人が出来心でどうせバレないなどの軽い気持ちでやっていることなのでしょう。

こういうニュースが出て来ると、慎重な方やシニア層の方は、ネット取引なんて危ないからやるべきでないなどと言い出しますが、もはやそんなことを言うのは時代遅れですね。
そもそも、ネットだから危なくて対面なら安全ということ自体妄想に過ぎません。

某紳士洋服店は、年中「閉店セール」をやっていますが、一度も閉店したのを見たことがありません(笑)
こういうのも、厳密に言えば誇大広告にあたるのでしょうし、証券会社の対面営業で買わされた投資信託は基本的に手数料負けしてほとんど損する仕組みになっています。

ネットであろうと対面であろうと、取り引きをする時に大事なことは、経済感覚を研ぎ澄まして相対するということで、すなわち自分が経営者の感覚を持って臨むことが大事です。
別に経営者の感覚と言っても難しく考える必要はありません。
何が一番効率的なのかを考えて行動するということです。

例えば日用品も、店によって値段にバラツキがあります。
それを全て比較して安いところから買うのか、時間を節約するために多少高くとも近い店で買うのか、もしくは安いけど届くかどうか分からないネットで買うのか。
どれを選択するかはあなたの自由ですが、これもお金とモノとのやり取りという意味では一つの取引になりますし、時間の効率性を取るのか、安く仕入れるという金銭的な効率性を取るのか、「経営者」として判断をしていることになります。

生きていくには必ずモノとモノ、もしくはモノとカネを交換する必要があり、そういった場所で十分経済感覚を養うことは出来るのです。

たとえばオークションサイトも、私はよく活用していますが、商品を売る時には、準備の時間を少なくしながら、なるべく高い価格で売るにはどうしたら良いか、信用を得るために梱包に気を配る必要はあるが、丁寧過ぎないように、ある程度効率的に行うにはどうしたら良いか、など「効率的経営」に努めています。
また、商品を買うときには、評価などを見ながら商品説明の書き方や写真などから怪しいかどうかを見極めるようにしていきます。

このあたりになると、感覚的な部分も多く、やはり失敗もしながら経験を積み重ねることが必要になります。

世の中の多くの人は、日常生活と会社経営は別物だと考えていますので、普段から経営的な感覚を養おうとしていません。

一方会社では、仕事内容にもよりますが、数億円単位のプロジェクトを任されることなどもあり、それを成功させるとあたかも自分はスゴいと勘違いする人も多いでしょう。

多くの会社、特に大企業と呼ばれる会社では、会社の信用と、過剰なくらいのリスク管理(少しのことでも数百万を使って弁護士に相談する、二重三重の安全対策を取るなど)があるから、取引が成り立っていることを忘れがちです。
それから最も大きいのはみんなが寄り集まって決めることで損をしても自分のせいではないと思い込んでることでしょうか。
最終的な成功に至るまで、実はたくさん失敗をして、本来個人であれば一生かかっても取り返せないくらいの損失を出している場合もあるのに、その責任を会社に押し付ける一方、成功という果実だけ自分の手柄であると都合の良い思い込みをするのです。

大企業である程度のポジションまで出世した人は得てしてこういうタイプが多いので、個人の取引=経営者の感覚に慣れていません。
会社では役員として経営陣の一人などともてはやされ、毎日新聞読んで過ごすか、適当なこと言って部下を振り回してたような人が、会社を退職した後、多額の退職金を
「自分は会社時代にプロジェクトをいくつも成功させてきたのだから、株で儲けるくらい簡単だ」
などと自惚れてつぎ込んだ挙句、すっからかんになるパターンはよく聞く話です。

若い人はぜひこういう老害的な人のくだらない意見に左右されず、日々自らが経営者であると意識して考える癖をつけてほしいものです。
そうすれば、ネット取引で騙されるなんてこともなくなるでしょう。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


つぶやいてます!よかったらフォローして下さい! 
Facebookでのフォローもお待ちしてます!

ランキング参加中!気に入ったらポチッとクリックお願いします。 
人気ブログランキング


本を書きました!もしよかったらお読みください!



人気記事一覧~こちらもぜひお読みください!

【自己紹介】
自己紹介 その1


【書評】

99%の会社はいらない(堀江貴文著)
【書評】心屋流 戦わないで生きていく(古庄由佳 著)

【コラム】

人から高い評価を受けるためになるために必要なこと
メガネは固定資産に含まれますか?
起業するなら今を見ろ

【ショートストーリー】
東京行最終のこだま号
トイレの神様

【スポンサーリンク】

年をとった証拠でしょうか、日曜の朝なのに6時に目が覚めたので、タイマー代わりにつけているNHKの番組を偶然視聴しました。


日本での難民申請者はここ10年で急激に増え、1万人を超える水準にあるそうです。
その中で、申請が認められたのはわずか数十人だとか。
ヨーロッパ各国の申請許可率が4~50%程度であるのに比べて、日本は1%にも満たない水準ということになります。
申請が認められなければ、観光ビザなり留学ビザが切れた時点で国外退去処分となるのでしょうが、仮放免という特別な措置もあり、日本に「不法」ながら滞在している人もかなりの数がいるようです。

今回報道されていた方の一人は、国に難民申請を認めるよう訴えを起こしていましたが、国から定住ビザ発行を条件に訴えを取り下げるよう和解案を提示され、それを受け入れたということでした。

また、偶然にもわたしが住んでいる埼玉の川口には、難民申請が認められず、仮放免という形で住んでいるトルコ人の方が多くいると報じられていました。

このような話を聞いて、皆さんはどう感じるでしょうか?
難民申請をこれほどまでに受け付けない日本政府の対応は、グローバル化に逆らったものなのでしょうか。
わたしは一概にこの判断を間違ったものであるとは言えないと思います。
テレビで中東での自爆テロや、ヨーロッパに多くの難民が押し寄せてきている状況を目の当たりにしていますが、我々がそれを「テレビの中」だけの出来事として、自分ごととせずに済んでいるのは、このような国の政策のおかげと言えなくもありません。

定住ビザを得る代わりに訴えを取り下げる提案があったというのも、国からしてみたら、裁判で負けて今後判例により同事案の難民を認めなくてはいけなくなるくらいなら、個別事案ごとに処理したいという思惑があったのでしょう。

本当に苦しんでいたり、立派な志を持って日本に来る方もいれば、そうでない人も相当数いるでしょう。
もし、難民申請をもっと受け入れるようになれば、いろいろな人達が日本にやって来ることを我々は覚悟しなければなりません。

我々にそのような覚悟ができているのか。
日本に難民が増えれば、満員電車の中で急に自爆テロにあったり、夜強盗に襲われたりするかも知れないという漠然とした不安を持っている人が多いのではないかと思います。

日本がこれほどまで安全・安心に暮らせるのは、元々農耕民族として穏やかな気質だというのもありますが、島国であることや日本語という難解な言語により、外部からある意味閉ざされた社会であったこと、そして鎖国政策もそうですが、政府がそういった閉鎖性を政策によって助長してきたことも大きかったのではないかと思います。

難民申請を受け入れるということは、こういった「安全・安心」を捨てることにつながるかもしれません。

それでも、です。

わたしは、政府の対応が間違っているとは言いませんが、現在のような状況が良いとも思いません。
法的に認められなくても、何らかの形で日本に残り続ける人たちはいるでしょうし、そういった人たちを不法滞在のまま置くことは、就労の機会も与えず貧しい暮らしをさせることになり、結局犯罪行為に走らせかねないと思うからです。

町のコンビニに行けば、今は日本人より外国人の店員を見かけることが多くなりました。
毎朝、駅の近くから出発する食品加工会社のマイクロバスに乗っていく人たちを見ると多くはアジア系の外国人です。

彼らのほとんどは、建前は「留学ビザ」等の名目で入国を許されているだけなのですが、それでも事実として彼らは働いており、そして彼らによって深夜のコンビニや日本産の食事の安心・安全が守られているというのは皮肉な話です。

グローバル化が必要だからとか、迫害されてかわいそうだからとか、キレイごとを言うつもりはありません。わたしだって自爆テロは怖いですし、海外生活の経験から日本がいかに安全な国なのかは分かっているつもりです。

それでも、我々自身のためにも、もっと彼らを柔軟に受け入れて行くべきだと思います。
少子高齢化の社会で、高齢者の面倒を見ることが出来るのは、自分たちの子どもではなく、海外から来た人たちになるのです。
恐らく、好むと好まざるとに関わらず、近い将来、我々はそういった現実に直面することなるでしょう。

どうせそうならざるを得ないなら、イヤイヤ付き合うより、いっそのこと受け入れてしまった方がラクです。
もちろん、色々な問題も起こることでしょう。
でも、それは問題が起きたら考えていけば良いのです。

違う世界と触れ合うことは恐怖でもありますが、そこにまた新たな出会いや発見もあるはずで、それこそが人間を進化させ、発展させる原動力になるのではないかと、強く感じました。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


つぶやいてます!よかったらフォローして下さい! 
Facebookでのフォローもお待ちしてます!

ランキング参加中!気に入ったらポチッとクリックお願いします。 
人気ブログランキング


本を書きました!もしよかったらお読みください!



人気記事一覧~こちらもぜひお読みください!

【自己紹介】
自己紹介 その1


【書評】

99%の会社はいらない(堀江貴文著)
【書評】心屋流 戦わないで生きていく(古庄由佳 著)

【コラム】

人から高い評価を受けるためになるために必要なこと
メガネは固定資産に含まれますか?
起業するなら今を見ろ

【ショートストーリー】
東京行最終のこだま号
トイレの神様

【スポンサーリンク】

金融庁がFXのレバレッジを現行の25倍から10倍に規制する予定らしい。
簡単に言うと、今まで元金の25倍の額の取引が出来たのが、10倍まで制限されるということだ。

FXをやらない人からしてみたら、そもそも自己資金の25倍もの大きさの取引をすること自体異様に映るかもしれないが、FXの世界では取引額が大きいし、資金効率の観点からも少ない自己資金での取引というのが好まれる。
実は昔は数百倍のレバレッジが許されていた時代もあったが、レバレッジが高いということはそれだけリスクも高いということで、個人投資家で破産する人が相次いだ為、現行の25倍まで引き下げられた。
にも関わらず、ここ数年の急激な相場変動(英国のEU離脱時など)で損する人が一向に減らないから、さらなる規制に乗り出したというところだろう。

日本人は何か問題が起きると規制するのが大好きだから、こういうのも所詮FXをやったことのない役人が机上の空論で決めたのだろう。
よく、観光地でちょっと事故があると、場違いな柵などをデカデカと作って景観を損ねてまで観光客の安全を優先するのに似ている。
長年様々な金融商品や相場を見てきた人間から言わせると、いつまでも補助輪を外されないでいる自転車に乗らされているように感じる。

私はFXの本質的な問題はレバレッジには無いと考えている。その証拠に海外のFXはレバレッジ500倍など当たり前である。
日本のFXが本質的に問題なのは、その取引殆ど全てが、証券会社との相対取引という点と、損失が元金に限定されないという点なのだ。

詳しい説明は省くが、相対取引とは株式のような市場取引と違い、証券会社の裁量で取引価格や成立を決められることである。
そして驚くことに多くの証券会社が投資家を儲けさせないように、わざと取引拒否したり、不利な価格で約定させたりしているのである。

さらに損失が元金に限定されない点について、元金以上の取引をしているから当然と考える人もいるかも知れないが、相場の暴落時に備えて多くの投資家は逆指値と言うかたちで、一定の損失が膨らんだらそれ以上損が膨らまないように、損切りする設定をしている。
にも関わらず、暴落時に価格がつかなかったと言う理由で、その逆指値での取引を行わなかった証券会社がたくさんいるのだ。
先程の相対取引ならではの手法で、我々投資家からは取引システムはブラックボックスなので、本当か嘘か分からない。

そして、逆指値よりも遥かに下の価格で値段を付けて一瞬で投資家の資金をふっ飛ばし、更には穴埋めできない不足分を追加証拠金という名の借金として請求する。

もちろん、自分の財力に見合わないレバレッジでハイリスクな取引をしていた投資家も悪い。
しかし、過去の相場暴落時に破産した投資家の中には、自分でリスクを限定するための逆指値を入れておいたにも関わらず、それ以下の価格でしか取引させてもらえず、結果的に莫大な追加証拠金という名の借金を背負うことになった人もいると聞く。

まさに証券会社に食い物にされた形で、不当な取引がまかり通っているのであり、本来こういう所にこそ規制のメスを入れるべきなのだ。
私があくどい証券会社なら、10倍規制になったのをいいことに、今まで以上に多額の資金をつぎ込ませて、暴落時に不利な取引で削り取っていく手法を選ぶだろう。
今までは、借金=未収金という名の形だったが、これからはより多く現ナマを取れるので、うまみが多いはずである(笑)

ちなみに海外では、取引所こそないものの、全世界共通のプラットフォームに参加している証券会社が多く、取引に透明性が担保されていることに加えて、自己資金以上の損失を請求しない(最悪元手がゼロになるだけで、借金まで背負わない)ルールになっている所が多い。

投資家を大切にして、長く取引を続けてもらい、その分多くの手数料を払ってもらうというWin-Winの関係ができているのだ。

翻って日本では、個人投資家のリテラシーが低いのに漬け込んで、投資家が不利になるような商品があまりにも多い。
監督官庁も取引をしたことのない人たちばかりなので、問題が起これば、規制さえすれば良いと考えているのだろう。
数年前に仕組債で大損した人が話題になったが、その時も金融庁は証券会社に説明の厳格化を求めただけだった。

実は仕組債もカバードコールという、海外では一般的な手法と組み合わせればリスクを抑えて良いリターンを得られる商品に変わるのだが、そのためのプラットフォームが日本では整っておらず、説明をしたのだから後は自己責任で、となる。

冒頭の自転車の例で言えば、補助輪100個くらい付けて道を走らせるのだが、その道がガタガタなのに整備もせず、そこで事故っても自己責任と言われているようなものだ。

日本人に真の投資リテラシーを養わせたいのであれば、まずは規制官庁の役人たちが自分の腹を痛めて取引をしてみて、どういう制度が最も望ましいのかを考えた方が良いのではないだろうか。

まあ、投資家側も未だに「○○会社の株で大損したのは、会社のせいだ!」とか叫んで集団訴訟をしているくらいだから、お互い様なのかも知れないが…


今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


つぶやいてます!よかったらフォローして下さい! 
Facebookでのフォローもお待ちしてます!

ランキング参加中!気に入ったらポチッとクリックお願いします。 
人気ブログランキング


本を書きました!もしよかったらお読みください!



人気記事一覧~こちらもぜひお読みください!

【自己紹介】
自己紹介 その1


【書評】

99%の会社はいらない(堀江貴文著)
【書評】心屋流 戦わないで生きていく(古庄由佳 著)

【コラム】

人から高い評価を受けるためになるために必要なこと
メガネは固定資産に含まれますか?
起業するなら今を見ろ

【ショートストーリー】
東京行最終のこだま号
トイレの神様

【スポンサーリンク】

↑このページのトップヘ