そもそもスーパーなんか、「ビニール袋はエコじゃない」「節約しよう」で始まったのがエコバッグ。

ひと昔前までは、「ビニール袋が
必要ない」ならレジ周りの「袋いらない」カードを買い物カゴに入れれば、お金を引いてくれたり、ポイントがたまっていました。

スーパーの袋

しかし、昨年の増税によりビニール袋はゼロ円から買う時代になりました。当然、お金を引くこともポイントがたまることもなくなりました。悲しい話です。


そして、今や必需品となったのがエコバッグです。出始めの頃は
スーパーで「いくら以上買ったら」もらえたり、ポイントを集めてもらえるなど、それなりに脚光を浴びていましたが、今ではスーパーや雑貨店、100円ショップで普通に売られています。

エコバッグ

「100円ショップで買えるなら100円ショップで買う」主義なので、エコバッグを買ってもいいとは思いますが、そのさいに譲れないのが以下の項目です。


①どうせ買うのならデザインは自分の好きなものを買いましょう。愛着がわくので大切にしますし、長持ちします。

可能ならいつも持ち歩くバッグにいつもの場所に入れておきましょう。折り畳みやすいものがいいでしょう。

③いつも持ち歩くバッグ用に1つ、買い物の時用に1つ。計2つ買っておけば完璧です。


そこで、今日のエコバッグに直接関係ないが
スーパーの段ボールあるあるを一つ。「スーパーで大量に買ったものの、うっかりエコバッグを忘れ、しかたな段ボールに詰めて帰る。その段ボールの処理があとあと面倒くさい」

宣伝5(魚)
http://sekoiyonkoma.blog.jp/

【広告の時間】
今回の文章から間違いなく推定される商品、そうです、もちろんエコバッグです。楽園市場にはカラフルな商品が勢ぞろいしていますが、僕の推薦する基準はやはりお買い得品です。まず千円以下であること、折り畳めること、そしてセンスがいいこと。これなら持ち歩いても後ろ指はさされないから安心してください。