悲劇のヒロイン 其二古風な別れのロンド

2015年08月04日

眼前集中症?

それではその二点に関して確かめましょう、
ということになり、わたくしは受話器を取り上げた。

石ころ係に、まず
オオアリクイについて尋ねる。
ふんふん
わかりました。

と、
コバちゃんが何やら叫んだ。
どうやら
「バク!!」
と、言っているみたい。

オオアリクイと、バクについて確認しようと思って電話したことは
知っていますよね?
一度に二つのことは訊けないのでまず
オオアリクイについてお聞きして、今、
バクにお話を進めようとしていたのですよ。

ウルサイ、のです。


そして、別件で。

象の鼻部に電話して
ガラパゴスがキャンセルになったので、
クイーンエリザベスもキャンセルになりました。
ついては、手続きについてですが。
とまで言ったら
またまたコバちゃん、ブースから飛び出してくる。
今度は何かな?
何やら
「誤解が、どうの。」
とか、言っている。

知らん顔をして電話を続け、すべて終わってから
送話口を押えて
「なんですか?」
と、言ったら
なんでもないです
と言う。

改めて電話の相手に、お礼を言って、切る。

キャンセル、を二度言ったので、誤解を招いてはいけない
と、思ったのですって。

余計なお世話です。

そんなふうに目の前のことに夢中になって本分を忘れるから
鍵を失くしたりするのですよ。

悪気がないのはようくわかるが、頂けない。

服部さん
まず、ご自分のことを。
とは、あの名作に出てきたセリフですね。
たま子先生の。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
悲劇のヒロイン 其二古風な別れのロンド