パンがなければチキンラーメン

2019年03月08日

朝の試練?

パニック障害
は珍しいことでは、ない。

この頃考える。

時々ある駅のお手洗いに立ち寄る。
朝の九時半ごろ。

数人並んでいるが、個室の数からしてそう長く待つほどではなさそうだ。
一個室に付き、一人ぐらいだ。
で、待つことにする。

しかるに
なかなか進まない。

そのうちにあることに気が付いた。

皆さん、所要時間が異様に、長い。
出て来る人が、あまりいない。

十分ぐらいの人も、いる。
もっと、長い人も、いる。

一体、何をしているのか?

中から何かの気配
例えば、衣擦れの音などが、しないのだ。

し〜〜〜ん
と、している。

ベンピ?
泣いている?
寝ている?
着替え?
読書?
スマホ?

わからない。

もしかしたら、もしかしたら、ですけど
お手洗いから出られないのですか?

カイシャに行きたくないのですか?
必死で駅まで来たけれども、どうにもその先に足が向かない
のですか?
考えれば考えるほど、個室から出て職場に向かう
という行動に移れないのですか?

あれやこれやと想像を逞しくしているうちに
やっと、一人出てくる。
無表情に手を洗い、ドアを開けて出て行く。

シアワセそうには見えない。

お話を聞いて差し上げたい
と、思う。

人生とは難しいものだ。



selber at 10:03│Comments(0)ビョーキ | 思うこと

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
パンがなければチキンラーメン