チキンラーメンパーティ?

2019年03月11日

き き

高校か中学の頃だったと思う。

学校から調査票のようなものを渡された。

保護者に記入してもらい、提出しなさい
という紙切れだった。
今でも、あるのですか?

色々な項目があったが中に
本人の生活態度や性格などについての親の考えを
書く項目が、あった。

忘れも、しない。
「性格」
の箇所に、父は
虚栄心が強い
狭量

と、書いた。

虚栄心が強い。
はい。
「狭量」
という言葉は初めて聞いたが、良くない意味だということは、はっきりと感じた。

第一、響きが良くない。キツ〜〜イ印象だ。
客観的、かつ、決定的な感じがする。
多分心が狭いということなのだろうと、
思った。

白状する。

その通りです。心が狭い、その通り!
いまだにそうです。
ええ、そうですとも。

その時にわたくしは父に抗議した。

もともと結構厳しいところのある、怒るとコワイ父だったので
そんなには言えなかった、と、思う。せいぜいがべそをかいて
「ヒドイ!」
と、訴えるぐらいが関の山だっただろう。

もちろん父は譲らなかった。

母もいたはずだが、どんな様子だったかは覚えていない。

教師とは言え他人に、娘の悪い面を
伝えなければいけないのか・・・。

自分は娘のことをそう、見ている
ということを、当の娘にもそんな形で伝えるのか?

悲しかったな。

その項目に記入するのは
「性格」
であって、
「欠点」
ではなかった。

父はわたくしの欠点のみを記入した。

わたくしは父の
「こうあってほしい」
娘ではなかったのは確かだ。少なくともその時は。
父はわたくしにそれを伝えたかったのだろうか?
この欠点を直しなさい
と、言いたかったのだろうか?

彼とて、楽しくはなかっただろう、と、今では思う。

子供にとって親は
生まれた時から、親だ。
しかし、親は大きくなって初めて親というものになった。

わからないこと
途方に暮れる事
こんなはずではなかった、と思うことは多いだろう。
子供は理想通りには、育ってくれない。

思うに、父も、母も

今のわたくしよりもずっと若い
小僧っ子、娘っ子
だったのだ。

少なくとも、あるいは、必ずしも方法として適当ではなかったとしても、きっと
子供の幸福
を願っていたはずだ。

と、今では思っている。

許す。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
チキンラーメンパーティ?