はしごちゃん昭和の終わりと平成の始まりと

2019年03月29日

行ったり来たり イッタラ?

朝は大抵の場合、紅茶を飲む。

五百CCぐらい入る白のポットで淹れて
一度カップに注いだら、お湯を注しておく。

二人で二杯づつ。
ちょうどいい大きさだ。

お休みの朝は、大抵はコーヒーである。

一リットル弱ぐらい入るポットに作って
テーブルに出しておく。夫はストレート。わたくしは
たっぷりの牛乳を加える。

コーヒーは,
注いだ後、お湯を注しておくわけにはいかないので
大きいポットが入用と、なる。

これが、苦労する。

歴史を繙くと、
キャトルセゾンで買った、フランス製の、陶器。
南仏の物なんですって。
白地にお花が描かれていて、好きだった。でも、
注ごうとすると、だらだらだら〜〜〜〜
後ろに、回る。
肉厚で、注ぎ口が短かくて、確かに後ろに回りたそうな面構えだった。
ちょっとぶつけたら、欠けてしまった。
捨てた。

ハビタのポット
磁器。
これはお安くて、容量もたっぷりあって、しかも、結構使いやすかった。
蓋を落っことして、割ってしまった。
捨てた。

ポルチェラーナ・ビアンカのコーヒーポット
当然磁器。高かったな。これは
まあまあ、だったが
重い。
それでも数年使って、結局金属の水切り籠に
ぶっつけて、ヒビが入ってしまった。そこから漏るので
捨てた。

最後に、自由が丘で買ったブルーの陶器のポット。
沢山入る。
安い。
デザインはやや、投げやりな感じで、安っぽい。
これまた、注ぐはじから後ろに
じゃばじゃばじゃば〜〜〜〜
お見事!!

スキッパーという、注ぎ口に差し込んで
後ろ回りを防ぐものを使っているが、それでも
ダメ。

まだ割っていないのだが、たまりかねて
探す。
販売員に尋ねると決まって
あちらです、と言われるが
ドリッパーと組み合わせて使う
無味乾燥の物とか、耐熱ガラスのものとか。
ガラスは、キライ

ステンレスのポットは
コーヒーを淹れる時にお湯を上から注ぐためのものでしょ。琺瑯も、そうでしょ。

それから、楽しげに花模様がついていて、縁に金がほどこしてあるものは
我が家には、向かない。
第一すぐに壊してしまうだろう。

また、小さかったり
形状がいかにも不安定だったり
驚くほどお高かったり
する。

今考えているのは
イッタラ。

これも、後ろに回る
という噂がある。

皆さま、どうなさってますか?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
はしごちゃん昭和の終わりと平成の始まりと