2009年03月

2009年03月29日

「太陽がいっぱい」と「枯葉の寝床」など

CATVで「太陽がいっぱい」を放映していたので思わず録画して観てしまった。

やはり面白い。映画は面白くなくてはいけません。
カメラがアンリ・ドカだったことを改めて認識したがそんなことはどうでもよろしい。わたくしレベルの鑑賞者はカメラが誰か、音楽が誰、とかいうことは後になって気がつくのだ。「何だか知らないがすごかった。」で良いのです。

ところでいつも思うのだがアラン・ドロン。
この人ならではの魅力の原点はやはりこの映画にある。さすがヴィスコンティ様のお眼に止まるだけのことはある。

森茉莉の「枯葉の寝床」「恋人達の森」などの一連の小説はこのドロンなくしては生まれなかった。
切り削いだような美貌を持つ若い男。
憧憬と酷薄。
内気と傲慢。
怠惰と策謀。
陶酔と冷徹。
ナルシシズムとソドミー。
などが茉莉を打ったのだろう。

なにしろ、これらの小説に登場する美貌の若者の容姿から着ているもの、首に下げた「金鎖」まで映画とそっくりなのだ。パンやハムの食べ方は「トム」そのもの。上目遣いのもの欲しげな美しい眼差しなども映画そのままだ。
茉莉さんはきっと嬉しくってしかたがなかったのだろうと思う。いつくしむような、更に言えば舐めるような調子で描写している。映画が契機となって生まれた小説は多いだろうがこうまで密接なのもあまり知らない。

「太陽がいっぱい」と、その後ヴィスコンティに出演したドロンが彼独特の魅力の頂点だったと思う。その後のタフだったり冷徹だったり素敵なおじさまだったりするドロンはそれはそれでいいが、彼でなければ、というものではない。

若くて美貌で傲慢で卑しくて、幸福そうなのにもろく、絢爛たる光をまといつつ何か後ろ暗いものを秘め、天使のようでいながら悪魔をも兼ね備えている底知れない魅力を持つ俳優はこのころのドロンの後は出ていない。と、思うのですが。




2009年03月27日

買いました!

買いたいと思っていたものがあった。

でも、なかなか買うことに踏み切れなかった。密かに店頭を探索しても見当たらないからだ。尋ねてみれば良いのだがそれは恥ずかしい。その名前を口にする為には多大な勇気を必要とするのだ。だからひと目を忍んでお店の中をうろつく。きょろきょろしながら落ち着かない様子でさまようのだ。店員の眼差しも気になる。
仮にあったとしても、それを持ってレジに行けるかが次なる課題。
恥ずかしい。

モノは本。

夫はけろりとして言う。
「僕は平気だよ。買って来てあげようか?」

男の人って大丈夫なのですね。

でも、自力で買った。
店頭に平積みになっていた。
見当たらなかったのは発売日になっていなかったからでした。


少女の友

それがこれ。


子供のころ親の本棚を逍遥していてなんとも心惹かれる雑誌を発見したのだ。
綺麗な絵。
美しい言葉で書かれているロマンチックなお話しやユーモラスなエッセイ風の読み物
などを宿題もそっちのけで読みふけっては叱られた。それでも読みましたね。今でも沢山覚えている。
どうしてあれほど魅惑されたのか?
今にして考えれば、ある種の理念に基づいた雑誌だったと思う。まず文の質が高い。お姫様の物語ではなく、日常生活をおざなりにせず人間の日々の生活における美を大切にするというところに子供なりに魅力を感じたのだろうと思う。お姫様ではなくとも美しく暮らせるのだ。(「お役立ち情報」とか「おトク感」などではありませんからね。)
挿絵や口絵(と言うらしい)もうっとりと眺めた。
何と言っても中原淳一先生ですね。この表紙がそうです。

内山基という人が主幹だったのだが、三国同盟華やかなりし時代にドイツの少女達を礼賛する意見に対して否定的なことを述べ「日本の少女達には崇高になってほしい。」と言っているのだ。今、これだけ「教育」の重要性が叫ばれているがこういう理想を基盤に持っていて、きちんと子供に語れる人は「教育審議会」なんかには決していないだろう。どこにいるのかな?

どうして買うのが恥ずかしかったのか?おばあ様が買うもののように思えたからかもしれない。
「母へのプレゼント」と言えばよかったのだ。

そのうちにプレゼントします。

2009年03月25日

「続投」、ですか。

小沢君続投だそうです。
どちらでも、よい。
大体にして「続投」という言い方が品がない。野球ではないのです。野球に失礼だろう!

この間も書いたが、「李下に冠を正さず。瓜田に履を入れず」という言葉がある。人に疑いをかけられるような行いは慎むべきだ、という意味である。
政治家にこれを期待するのは難しいとは思うが。
あなたは、本屋さんで平積みになっている本と同じものをバッグから出してそこで読んで、しかる後再びバッグにしまいこみますか?果物売り場でパック入りのイチゴを出して食べますか?
そこで見咎められても仕方がないとは思いませんか?いくら「これはよそで買ったものだ!」と主張してもそれは説得力に欠けることだと思うでしょ?
余計なトラブルを招いたということだけでもあなたは充分に反省すべきです。

秘書が逮捕されたからといって代表を退かなければいけないという法律は、ない。党内の力関係、思惑など色々と絡み合った事情がある。
この件でほくそ笑んでいる人、困っている人などは党の内外にたんといる。みんな色々と考えて動いてるのでしょうね。
でもね。
よおく覚えておいたほうが良い。
人間のさかしらを超えたいわば「自然」の摂理のようなものが働くことも、ある。

たとえ「続投しません」ということになってもそれはその方が有利だと思うからに過ぎない。理念なんか初めからないのだから。

民主党の品性のほどが知れるだけである。

昔小泉さんが「自民党をぶっこわす!」と言っていたがまず民主党からぶっ壊れていくのかもしれない。
もともと自民党ですからね。

それにしても政治家ってハンカチを持っていないのでしょうか?再び疑問に思いました。



2009年03月24日

ちう

それとも「ちゅう」なのだろうか?
あるいは「っちゅう」か?

小沢君である。
前から気になっていたのだがたとえば「政治資金規正法という法律がありますが」と言うべきところで
「政治資金規正法ちう法律が云々」と仰る。

今朝のニュースでも「何も悪いことはしていない。」とおっしゃったのだろうが「なんも悪いことは・・・」だった。
普通のオトナ、社会人としてもこれは問題だ。

大久保秘書の起訴か再逮捕かが決まる今日、小沢君は進退を決定するらしい。

クロは間違いない。
自民党にも同じ程度の容疑の代議士はいるはずだ。
法の下には万人が平等、だったのではなかったかしら。
推移を見て行きたい。




2009年03月21日

春のコンテッサダイエット


春です。

薄着の季節となり身体のラインが気になって来たあなた様に「カッターハウス式コンテッサダイエット」をご紹介いたします。
おいしいお食事はそのままに、代謝を促進させる運動を取り入れた安全なダイエットです。
一日二回、四十分ずつのお散歩、一回ないし二回のボール遊び、夕方のレスリングトレーニングなどを取り入れ美しいボディラインを完成させます。



前

都内在住専業主婦ぴょんかさん。(8才)
2009年三月


後
2009年三月
「今では流行のお洋服も身体の線を気にしないで着ることが出来るようになり毎日が楽しくて仕方がありません。外出も増えました。」

専門のインストラクターと栄養士が付ききりの指導を致します。
詳しくはデスクまで。

2009年03月18日

箱はないんですか?

十年ほど使った後、除湿機が壊れた。
なにやら「ゴインゴインゴイン・・・」といっていたらしい。揺れてもいたという。
おっかないので買い替えることにして夫と二人で見に行った。
渋谷のリットロカメラ。

いま旬なのは空気清浄機らしく、除湿機の選択肢はあまりない。いくつかのチェックポイントを念頭においてリサーチ。例によって意見が分かれたが、夫の主張を容れて「展示品ですけど大丈夫、新品です。箱はないかもしれないがそこはちゃんとしてお送りします。」と濃い顔立ちの販売員が言っていたものに決めた。

光電話や冷蔵庫などここ数年我が家において計画段階に留まっているプロジェクトに引き換え、この度はスムーズにことは運んだ。まあ「ゴインゴイン・・」だからことは切迫していたのだ。

数日後届いた。

除湿機1

こんなふうだった。しかも横っ倒しで。
まぁ・・・・・

除湿機2

開けてみた。こんな感じでした。
う〜〜む。

いやにシンプル。
しかも取扱説明書が、ない。

いいのですか?

次の日電話してみた。
あのう、説明書がありませんけど。
「トリセツがないのは現品だからです。お売りしたとき言ったはずです。」
濃い顔立ち君ではない。売り場責任者という方。
トリセツ、ですか。
聞いていませんよ。
「だったらPCなさるのでしたらダウンロードできます。」
そうですか。

実は電話の前にメーカーに問い合わせたのですけど。大恐縮して「すぐにお送りいたしましょう。」と言ってをったぞ。貴公はダウンロードしなさい、ですか?

取扱説明書は確かに詳しすぎて厄介でもあるが、それなりに存在価値はある。それに万が一事故でもあった場合、使用した人が「説明書をくれませんでした。」と言ったらメーカーとしては大変な責任問題になるのではありませんか?

ためしに、別の品と交換してもらえるかと訊いたら、「否」だそうです。
返品してから、新たに買いなおすという手続きになるそうな。

更に一日考えてから返品することにした。

リットロカメラから回収に来た。玄関に入ってひと目見るなり
「箱はないんですか?」
ですって。

ほらね。

2009年03月17日

いたちのお話・その二

有名なイタチと言えば町井石子嬢である。
時々石井町子嬢と呼ばれたりもするがそうすると首をかしげて
「そう改めたほうが好いようで御座いますね。」
と答えたりもしている。
「時にお前の顔は何かに似ているよ。」
ということからついに
「鼬」
というあだ名を付けられてしまった。
漱石先生に。

いわゆる修善寺の大患から半年に亘って伊豆と東京で漱石の看護をつとめた人であるらしい。
病が段々と良くなって退屈し始めた漱石が謡本を病院によこすようにと鏡子夫人宛にしたためた
手紙にも、医者が謡うこと許可したと報告するくだりに証人として登場している。

このあたりの消息を述べている漱石の筆致にはなんとない弾みのようなものが見られる。
自ら一度死んだと称した漱石が生き延びて再び東京に帰って来た喜びに加えて、
町井石子嬢という人との交流によって日々小さな笑いのようなものがあったのではないか
と想像してしまう。

何しろ漱石と冗談を言い合って
「絶叫」
した、と書かれているのである。よほど才気煥発、さっぱりとして有能、且つ
ユーモアのセンスのある人だったのではないだろうか。
あたかも季節は春。漱石先生の入院ライフは暗いものではなかったと思う。

看護婦と言えば、別の看護婦について
「これがあの時夜半に呼ばれると『はい』という優しい返事をして起き上がった女かと思うと
少し驚かずにはいられなかった。」
といささか謎めいた書き方をしている。

また鏡子夫人と交わした看護婦についての有名な会話もある。
「行人」
には器量よしの看護婦が登場している。

自分の子供の教育では男の子と女の子を区別したと見られるふしもあるが
漱石という人は
「女性だから」
おとなしくしろとか口ごたえをするなというような考えの人ではなかった。
才気ある女性と接することに違和感を覚えることはなかったのではないか。

町井石子嬢はその後どんな人生を歩んだのだろうか?
どなたかご存知ありませんか?



2009年03月16日

い または いたちのお話

子供のころから本を読むのが大好きだった。

あるとき小学生の作文コンクールの入賞作品集をめくっていたらイタチについての作文を発見した。これはイタチを飼っている子の作品だと思い、面白そうと読み始めたが、一向にイタチが出てこない。なんだか自分のことばかり書いている。
イタチはまだかいなと不思議に思いつつとうとう最後まで来てしまった。何だかキツネにつままれた気分でしたよ、あれは。
作文のタイトルは「私の生いたち」でした。

そのかたは純子さんと仰ったが、「父母の、幸せに健康で育ってくれという気持ちの込められたすばらしい名前だと思います。」と書いてあった。
「純子」のどこにそういう気持ちが認められるのかと縦にしたり横にしたりして考えたが解らなかった。苗字は選べないとわかっていても、苗字を加えて並べ替えたりして苦心惨憺したが、この謎も解けないまま迷宮入りしてしまった。



2009年03月12日

さようなら。ガスパール

ガスパールは近所で飼われている大きな白い犬だ。
ペットショップで売れ残り、おまけに少し病気もあったのだが幸い、親切な人にもらわれた。巨大だがおとなしくてのんびりしたかわいいワンちゃんだ。お散歩している姿はまるで大きな雲のかたまりのようだ。ぽっちりとした黒い眼はいつも優しい。

ガスパールは車の入っていないガレージで暮らしている。広くて薄暗い。その半分ほどを鉄柵で仕切って扉をつけ「ガスパール」という表札まで付いている立派なおうちだ。そこの床にバスタオルをひいてもらって寝ている。毛が沢山あるから冬でも寒くないらしい。
ガスパールは雷が大嫌いだ。
雷が鳴り始めると、誰かが来てくれるまでほえ続け誰も来ないと自分の手や肢を血が出るまで噛み続けるという。

ぴょんきちさんのお散歩のついでにご挨拶に寄ると、柵に身体を押し付けて尻尾を振る。時々バスタオルの上で仰向けに寝ている。知らない人が見て「犬が死んでいる!」とびっくりしたそうだ。

日の差さないガレージはきれいにしてあっても何だか犬臭い。

この頃あまり見かけないと思っていたらあるとき飼い主さんと一緒に歩いていた。なんだか足取りが変で、よろよろしていた。
その次にガスパールに会いに行ったときには、声をかけるとよろめきながら起き上がり挨拶してくれた。「ガスパール、辛いんなら起きてこないで。」と言って帰ったが、また起こすのがかわいそうで立ち寄れなくなった。
近くを通ったらヘンな声でガスパールが鳴いていた。

それからガスパールを見ていない。見に行けない。
一人で冷たい床に寝ているガスパール。
もうお前に会いに行かない。
雷が鳴らないと良いね。ガスパール。

ごめんね。

selber at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月10日

正しい座り方

座っている姿にはあなたの全てが表れます。
また、正しく座ることによって将来の腰痛や骨粗鬆症を予防することが出来ます。
加えて、正座で過ごすことは大腰筋や骨盤底筋を鍛える動きを必然的に伴います。

本日は正しい正座のしかたについてお教えいたします。

1図)
BlogPaint
丹田に力を入れ肩の力は抜くようにしましょう。
この方は少し肩をゆったりとさせたほうがよいでしょう。また、あごをもう少し引いて視線はなるべく遠くに置くように致しましょう。


2図)
BlogPaint
丹田をしっかりと意識するとこの方のように腰が入った安定した姿勢になります。長く座っていても疲れの少ない良い姿勢といえます。


カッターハウスでは毎週水曜日に「座り方教室」を開催しています。
一階のスタジオで三時からです。
インストラクターはぴょん衛門・世界座り方連盟常任理事です。