2009年05月

2009年05月24日

「日本語が亡びるとき」 水村美苗


この著者には独特のユーモアのセンスがあって、読んでいて笑いすぎて中断することがある。

外国語があまり得意ではないせいもあろうが、話しているとどうしても解ってもらえないと感じることがある。乏しいながら言葉を尽くして話しても「ああ。こういうことなのね。それはわが国ではXXXと言います。」と言われる。もやもやをすっぱりと切り捨てられたような気分になる。
きっとそれはお互い様なのだろう。

てふてふ、も、ちょうちょ、も、蝶、もバタフライ、シュメッターリンク。
ダブもピジョンも鳩。
ハトポッポは?
Rose Roeslein,Roeschen は日本語ではみんな薔薇。
(薔薇と言う漢字を書けないようでは日本人として恥ずかしい、と言ったのは三島だったかしら?)

完璧な意味でのバイリンガルは存在しないというが、それはよくわかる。完璧に対応しあう二つの言語、などは存在しないからだ。いくつかの言語を母語同様に使いこなしている場合、その人は、恐ろしく多様な論理を生きていることになるだろうと想像する。その中には当然相矛盾するものもあるだろうから、混乱しないかと心配になる。実際には、どれか一つの言葉を無意識に選択して思考しているらしいが。
ただ、実際問題としてはいくつかの言語を頭の中である程度までインターフェイスさせることは可能だろう。
そういう人間が沢山いないとこの先この国は困ることになるというのもよくわかる。
ただ、そのために「幼いときから英語教育を」と言う発想に一足飛びに行ってしまうのには賛成できない。一つの言語、一つの論理、をベースに持っていないと人はそれ以外の論理も理解できないと思うからだ。英語圏のネイティブ(アメリカ?イギリス?オーストリラリア・・・?)の先生を小学校に呼んで何になるのだろう?発音は幼いうちに身につけると効果的であることには反対しないが、美しいハツオンで空っぽのことを喋る人(沢山います)よりも、しっかりした内容を多少訥々とでも良いから自分の言葉で説得力を持って話す人のほうがよほど日本人として尊敬されるだろう。勿論この方が難しい。まず自分で考えなければいけない。考えの深さはその人のボキャブラリーにかかるところが多いが、この場合基本になるのは勿論母語である。ただ英語が出来るだけではただの英語圏の人である。

ベースになる論理。それはあなたが今使っている言語の中にあります。

2009年05月22日

ごめんなさい、は?


何かいけないことをやらかす。
怒られる。
「ごめんなさい、は?」
と訊かれるほど嫌なことはなかった。でしょう?
子供のころ。あなたにも子供時代はあったのでしょうからね。

大きくなってからも
「悪かったと思っていると言っているではないか!」とか
「ああ。謝ればいいんだろう。謝れば!!」と
居丈高に食って掛かったことはありませんか?

あなたのことです。
西川善文君。
日本郵便社長殿。


「反省すべきであろうというふうに思っています。」
かんぽの宿の譲渡問題に加えて今度は郵便法違反。しかも職員が関与指導していた疑いが濃い。
ハトヤマ弟くんに責任を問われた時の返答がこれだった。
我が家のテレビが爆発しなかったのが不思議なくらいだ。
本音は
「いけないことだったと言っているのだから、もういいだろう!!
それ以上、言うな!!」」
ということなのでしょうね。
「わたしは何もやっていないぞ!」とか。

でも、言い募ってしまうわたくし。
「ごめんなさい」は?
さっき、言っただろうって?

「反省すべきであろうというふうに思っています。」(無表情)
というのはあなたのこの件に関する見解であって決して謝罪の言葉ではありません。

この先も社長さんでいたいんですって。
経営者って責任を取らなくともよかったのですね。
会社の意向でもあるのですって?


失礼ながらお若いとはいえないあなた様。
そこまで固執なさる理由を考えたくなります。色々と背後の事情もおありなのかもしれない。
何があるのでしょう?

特別背任罪は適用できないのですか?








2009年05月20日

ごっこ遊び?

あまり言いたくない。
しかし。

握手を拒むとはあまりと言えばあまりではないか?
ジェスチャーなのですか?それで対決姿勢を示したおつもりなら幼稚というか単純すぎるというか。有権者を意識したのなら、まあ、わたくし達はその程度と思われているのですね。
テレビドラマではないのですから。
政治家というものは、少なくとも国を思うという一点では一致している筈なのだから、握手ぐらいなさいまし。「自分達のほうが国をよくすることが出来る。」と思いつつ「オマエラには負けない!」と眦を決しながらでもよい。
腹芸はお得意でしょ?
解散総選挙の結果がどうなるかはわからない。
でも、こんな子供じみたお人達では仮に大連立となっても協力は難しいだろうし、どちらかが政権を取ったら他方はまた反対せんがための反対を見苦しく繰り返すだけだろうといういやな予感がする。いいえ。しますってば!
やっぱり幼稚園のお砂場で転ばされたのだろう。



「ネクストXX大臣」という文字を初めて見たときは、ふうん・・・、日本に帰化したお方がいるのね、と思ったものです。それにしても変ったお名前。どこの国から来た方かしらん?と。
おままごとやごっこ遊びではありませんからね。

政権交代を成し遂げた暁にはどんなビジョンの下に国政を運営していくおつもりか是非、伺いたいものです。
「愛」とか何とかいうたわごとは聞きたくありませんから。念のため。

え?
ピジョンではありませんよ。




2009年05月19日

代表代行の国語力

小沢君を見くびっていました。
ごめんなさい。おみそれいたしました。
あなたの国語力は普通だったのですね。
「ちう」とか「なんも」に気を取られていました。
こちらの目をそらすためにあちらこちらにちりばめられた意味のない証拠の数々に振り回されてしまった探偵の気分です。


「この身をなげうって」の使い方は間違っていなかったのですね!!
選挙対策担当の代表代行として今後こそは党に一身を捧げるおつもりでいらっしゃるのでしょう。

あの「代表辞任」の会見は何だったのでしょうか?
何のために代表を辞任なさったのですか?

まるでだまし絵のようなあなたのお言葉でした。
あれは「代表辞任を表明する会見」ではなく、「挙党一致のために一時的にタイトルを返上して影の代表となり、選挙に(とりあえず)一身を捧げます。」という意思の表明だったのですね。今にして思えば。
「辞任したではないか!」と主張することも出来ますし。
期待はやはり裏切られませんでした。流石です。
民主党もそう簡単に変われるものではないということも党の内外で明確になりましたしね。

さて。

新型インフルエンザに押されていささか影の薄くなった民主党についてのニュース。
この機に乗じたあなたの動向も気になることです。



五体倒地

「ごめんなさい」?
いいえ。
五体投地という修行です。


2009年05月15日

運転手さん、良かったですこと

今日のテーマはお上品な方には読んでいただけません。
どうぞご承知おき下さい。
さようなら。

では。

一度だけ人を殺しかけたことがある。
この、温厚をもって鳴るわたくしが、です。


その日、辞去する前に拝借していればよかったのだ。
しかし、相手の方は男性だったし、場所はオフィス。いちいち鍵を借りて使わせていただくのには抵抗があった。その場所はタクシーに乗れば我が家までほんの十分だったし。
ところが、タクシー乗り場には長蛇の列。うねうねと何重にもなっている。
そこで諦めて、近くのホテルにでも行けばよかったのだが生まれ付いての優柔不断、最後尾に並んでしまった。
列はなかなか進まない。迷い始めたときに後ろから声を掛けられた。知人というほどではないが一度紹介されたことのある人だった。なんだかんだと話しかけてくる。それを振り切る勇気のあるわたくしでは、ない。上の空で世間話をする。気の利かないお人だ。
やっと番が来た。
あと十分のガマンだ、と自分に言い聞かせてタクシーに乗り込んだ。

ところが、大渋滞!
雨まで降ってきた。
全然進まない。
混乱する頭で考えた。合流地点で行き先を変えてもらってこれまた近くの別のホテルに行く。あそこはヲバちゃんが頑張っていて、ペーパータオルを渡すだけでチップをもらっているが、それでも、良い!!
今回は許す。

しかるに。
合流地点に近づくとその道は全く流れていないことが解った。
やはり家に帰るしかない。
運転マナーの悪いことで有名なその土地のタクシーだが、悪いことにこの運転手は礼儀正しいことこの上ない。きっちりと制限速度を守り、割り込みの車には先を譲り、合流地点でもおっとりと構えている。
・・・ホレ、早くお行き!
・・・また、割り込みに譲るの?
・・・ああ、また追い越された!!
・・・ぐずぐずするなァ〜〜!!!

次第にイライラが募る、ばかりか、ガマンも限界に近くなる。
崩壊しそうなわたくし。

・・・行けぇ〜〜!ゴボウ抜きだ〜〜〜!!!

心の中で叫び、思わず運転手の両肩に後ろから手を掛けてゆさゆさしたくなる!!
そのついでに、その手を首に掛けてキュッ!とやって、運転を代わってやろうか!という考えが心を掠める。
でも、わたくしは運転が出来ないのだった。

ひたひたと押し寄せるソレが眼の裏まで来てしまったような感覚の中やっと到着。

釣りはいらん。

何も知らない運転手は「センキュウー。マム。」
なんて言って自分が危うく難を逃れたことも知らないで走り去って行った。


おのど2

ヘルプ!!

2009年05月13日

三大アタマ

デリケートな話題です。
差し障りもありそう。
でも、書いてしまいます。

渋谷駅でわたくしの「ヘンなものセンサー」に何かが引っかかった。
こういう時にうっかりそちらに視線を移してしまうと取り返しの付かないことになる場合が多いので用心はしている。でも、見てしまった。
ベンチに座っているヲジさんだった。
アタマが変。中身ではなくて外見が。まるで紙粘土である。
こうなってはじっくり見るしかあるまい。落ち着いて観察する。
ほほう・・・
仕組みがわかった。

あるでしょう?気になる部分に振りかけて静電気で残りの髪に密着させ、さも髪があるように見せるというアレ。パウダーですね。
それを、ですね。
もうふんだんに振りかけて固まってしまっているのでした。
コテコテで妙に目立つ。真っ黒。
盛り上がっている。
ご本人は何食わぬ顔。

電車に飛び乗ってしまいました。
そこで思い出して止まらなくなってしまった。

いつか山手線の中で見た、明らかに髪を自分で彩色したと思しき方。
髪の生え際にまで太い線を黒々と書き込んでいた。地肌に、です。涙ぐましい、というべきか。
でも良く考えてみれば、昔武家の女性は髷を結っていたせいで薄くなってしまった生え際に杉の枝を焦がした「お際墨」、おきわずみ、というもので黒く描きこんでいたそうな。
今に生きる武家の作法!!

もうお一人はすごかった。こちらは西武線内。
リーゼントスタイルだったが、もう大分残り少なになっている資材でたか〜〜く盛り上げているものだから向こうが透けて見えた!建築法違反、地震が来たらひとたまりもないだろう。電車の中で通路を挟んだ真向かいに座っていたのだが何の問題もなく車外の景色が楽しめました。まるでアタマの上に鳥かごでも乗っけているかのようでした。小鳥さんが中で囀っていてもおかしくない。
あれは本当は鳥かごだったのかもしれない。

というわけで昨日も渋谷から代々木まで一人で笑いどおしでした。


おみみ

タネも仕掛けもありません。

2009年05月12日

ほにゃほにゃ

民主党の小沢代表が辞意を表明した。
麻生さんならずとも「どうしてまた今になって?」と、疑問に思うのは誰しも同じだろう。
色々なことが考えられます。が、それよりも気になったのが小沢君の「この身をなげうって」という言葉である。

「なげうつ」には二つの意味があるようだが普通は、何か目標とすることのために大事なものを差し出すこと、という意味合いで使われる場合が多い。例えば
「彼は黒人奴隷解放の為にその身をなげうった。」とか
「ナントカ病撲滅の為に全財産をなげうって貢献した。」
のように使われる。

小沢君は「政権交代という目標の為にこの身をなげうって」辞任する、と言っていた。
ふむ。
小沢君がその身を差し出し、民主党は政権交代という大目標を成し遂げよう、という意味なのね。
ははぁ。

小沢君が代表を辞するというのは自身にとっても民主党にとっても大きな犠牲であるが、それは目標に貢献すること大であるということなのだろう。
多分。
自分で言うことですか?
党内の認識と彼の認識には差がありそうです。

ついでに言えば、今までは民主党やひいては国家の為にその身をなげうっていなかったわけです、と。
構いませんが。


「なげうつ」にはまた、投げつける、投げ捨てる、という意味もある。
政権交代の為にこの身を投げつける?
こちらに投げつけないでくださいね。おっかないです。
投げ捨てる?
でも、議員は続けるのですよね?
暗然たる影響力は党内で保ち続けることでしょうに?

本当によくわからないです。
でも、こういった言葉の端に本音が現れていることって多いですよね。
いえ、一般論ですけど。




2009年05月11日

物言えぬ証人

A1とBはいつも一緒に仕事をしている。
あるときA1に支障がが生じたため代わりとしてA2を任命した。仕事に問題はないはずだった。
そしてA1は療養生活に入った。

しかるに、任務がスムーズに行なわれなくなり調査が入った。
現場を見た上司は驚愕した!
そこにはBの姿はなくA2の疲弊しきった姿だけがあったのだ。
驚きは続いた。
現場に残っていたA2は話をすることの出来ない状態だっが、もしかしたら姿かたちのそっくりなA1かもしれないという疑問が生じたのだ。

Bはどこに消えたのか?
残ったのは果たしてA1か、それともA2か?
背後にあるものは何か?

残ったのがA1だとしたら、仕事中にA2とBが犯罪に巻き込まれたのかもしれない。しかし、静養中のはずのA1がなぜ現場にいるのか?
A1が犯人か?
それともA2とBとで共謀してA1を陥れたのか?

残ったのがA2だとしたら、長年一緒に働いてきたA1とBが上司の意向に反して無理に仕事を継続して、やはり犯罪に巻き込まれたのかもしれない。
この場合元気なA2が犯人の可能性は高い。しかし、なぜ?

あなたの推理は?


掃除機のフィルターを予備のものに取り替えたら調子が悪くなってしまった。
中を見たら、フィルターを取り付けるための部品がなくなっていた。洗って、しまって置いたそれまで使っていたフィルターの姿もない。
背後の事情は謎のままで、迷宮入りしそうな気配である。

現在お茶殻なんかを撒いてホーキでお掃除しています。


BlogPaint

逃げたのは誰?

2009年05月08日

腑に落ちないお話し

とある場所で所蔵の資料をコピーしてもらった。
本当は二部ずつ欲しかったのだが「それは出来ません。」と言われて一枚づつにしてもらった。著作権の問題などがあるのかもしれない。
で、そこを出てからコンビニエンスストアで自分でコピーした。その方が安いですしね。

そこで突如思い出してしまった。

数年前手元の記事か何かをコピーしたくなってあるお店で
「これをコピーしたいんですが。」と店員に言った。コピー機は彼の後ろにあった。
中途半端な表情をした店員さんは
「はい。」となんとなく厭そうに言ってわたくしの手から原稿を取ろうとした。
「あら。自分でしますから。」と言ったのだが彼はどうやら自分でやりたそうだったので任せることにした。
「一部ですか?」なんて言って。
コピーが出来上がった。
「おいくらですか?」
と尋ねたらなんと彼は
「いいです。」
と言うではないか?!
「でも・・・」
「いや。いいです!」と、決然として彼は言い放った。「うちはコピーサービスはしてないです。」

ツタヤってコピーサービスはしていなかったのですね。
申し訳ありませんでした。




2009年05月07日

些細なことですか?

先日オリンピックの近づいた北京の様子を放映していた。
さまざまな場面でボランティアの人たちが活躍するらしい。中国という国をアピールしようと一生懸命らしい。
一人のボランティアがカメラの前でなにやら語っていた。勿論中国語だからわたくしにはわからない。ので字幕に頼る。
一生懸命やりますというようなことを言うのだろうと思ったら

「微力を尽くします。」と出た。

「全力を尽くす」か「微力ながら一生懸命します。」のどちらかではないでしょうか?
いや、中国語では「尽微力」とかいうのかもしれない。(このPCでは簡略体の漢字は出ないが。)でも、それは「ちょこっとだけ力を尽くします。」という意味ではないだろう。第一それでは意味をなさないではないか?
こういういい加減な言葉遣いを見聞きすると温厚なわたくしでも無性に腹が立つ。

ヘンな日本語を電波で流すな!!NHKよ!!


また、アガサ・クリスティの特集でのこと。
有名なクリスティの失踪事件に触れ、彼女が記憶喪失に陥ったとされたことにも疑問が持たれ、当時「さまざまな説が乱れた。」とイッセー尾形の声で流れた。

これもNHK.

大好きなイッセー尾形さんの声がこれでは勿体ないではないか?