2009年06月

2009年06月30日

雨が降ったら

昨日は梅雨の晴れ間のおかげで、思い切りお洗濯をしてしまった。
ご存じない方もおいでかもしれないが、お洗濯というものは洗えばそれでおしまい、ではない。
洗濯機の中でこんぐらがリロープ状になったシーツやバスタオルなどを力いっぱい振り回して解きほぐし、干さなければいけない。
干したら乾くまで待たなければいけない。
乾いたら取り込む。洗濯ばさみはそのへんにほっぽらかしてはいけない。ちゃんとあるべき場所にしまう。
取り込んだら畳む。
畳んだらしまう。勿論、あるべき場所に。

これがお洗濯、というものなのです。

今日は雨なのでお洗濯は室内で干せる程度の量にとどめる。


お散歩に出ると、今日も忠実なご主人様たちがワンちゃんのお供をしているところに沢山遭遇する。

「済んだ!」
と走り出しそうなワンちゃんを引きとどめながら、傘が傾いて頭が濡れるのもかまわずに新聞紙やビニール袋で後始末をするご主人様たち。
なんとも心温まる光景です。

どうしてぴょんきちさんはいつでも水たまりの中に百発百中あやまたず御用をするのだろうか?
外したことは一度も、ない。
それも、一番深度のあるところに、である。




雨降り1

雨だけどご主人のお散歩に付き合ってあげています。

2009年06月26日

把握可能な自分

大して興味はないのだが、なぜか昔に一度だけマイケル・ジャクソンのコンサートに行った。
顔もわからなければ声もよく聞こえなかった。

CNNではずうっとマイケルの死亡のニュースを流している。色々な人がいろいろなことを言っている。
やはりアメリカの誇る世界的大スターなのだ。



村上春樹が「ノルウエィの森」の売れ行きがどんどん伸びていくにしたがって、その出版社の前を車で通過するのにもある種の勢いのようなものが必要とされるようになった、という意味のことを書いていた。自分のことなのに自分で把握できる範囲からはみ出行く、いうある種の恐怖に近いものだったのではないかと想像する。

マイケル・ジャクソンは、村上には失礼ながら、当時の村上春樹の何百倍の恐怖の中で生き続けてていたのではないか。
自分というものが世界中のアイコンとなり、天文学的な金額に換算され、全く知らない人間達が自分を媒介としてビジネスを行なう。巨額の資金が動く。自分にはコントロールするすべは、ない。
もう自分には全く手の届かないものになってしまった自分を生きなければいけない、という恐怖。
想像するだけで動悸がして来る。
なんの才能もなくてよかったこと。

把握可能な境界を遥かに飛び出てしまった自分なのに、この自分にはみんなと同じか数の手足しかない。目も二つ、口も鼻も一つ。
たった一枚の皮膚で世界から守られているという危うさ。
それを強固なものにしなければ不安で不安で仕方がなかったのではないだろうか?


恐怖にはそれを解消するための陶酔が必要になる。
マイケルの気違いじみた行動、何かに取り付かれたような言動もこれである程度は説明が付く。

彼自身「スリラー」の記録を上回りたいという強い願望があったそうだがそれは叶わなかった。

現代の、特にアメリカのショービジネスの世界において、才能が金銭と結びついたときの怖さがここにある。




2009年06月22日

再び「日本語が亡びるとき」

最後のほうは
「そのとおり!」
と横手を打ちながら読み終えた。

多少強引な論法と思われるところもあったが基本的に賛成するのは次の三点。

A)これから先英語が普遍語であり続けるのは確実だから英語で他国の人間に対して 主張が出来る人間を育てることが必要だと言うことは論を俟たない。そのためには
 1.公用語を英語にする。
 2.国民全員がバイリンガルを目指す。
 3.一部の国民がバイリンガルとなるべく教育を受ける。
  考えられる以上三つの選択肢のなかで最も妥当且つ実現可能なのは3.である。

勿論誰でも英語の基礎は習う。普通はそれで充分。
ここで語られているのは、例えば国際政治の場で外国人と対峙するという能力である。道を聞かれるとかお買い物にご一緒、などというレベルの話ではない。
どんな話題が飛び出すかわからない場でも通用する人間を育てるという話をしているのである。東西の古典、音楽、歴史などについて、勿論日本の古典についても、英語で話し意見を言えなければいけない。
ラテン語やギリシャ語が出てきても、「ゼアミは」などといわれても驚いてはいけない。故ライシャワー駐日大使が、在任中に知り合った閣僚のなかでで知的な会話を英語で真剣に交わすことができたのはせいぜい三名、と語っていたと出ていたが、ショックですね。
いわば世界中のそのレベルの人と共通のバックボーンを持つということになる。そのバックボーン自体が英語に変換できる程度のものになってしまうが、ともかくもこれを国民全員が目指すのは無理な話だと思う。



B)国語教育が第一である。

先回も書いたが、基本になる論理は母語にある。
一度「現地語」として「世界性」を持った文学を書けるまでの高みに達した日本語を保つ努力が必要である。
そのために、


C)書き言葉と話し言葉は別物であるのだから「読まれるべき」文章を数多く読ませる。

誇りと気概を持って書かれた日本語の文をただ、読む。
意味はわからなくとも大事無い。
すんなりと読めて、心にも残らない文章ばかりが今の国語の教科書に載っていると言うのは本当なのだろうか?
漱石も読めない高校生がいるというのは信じがたい。

昔「素読」というものがあった。
それでよい。
美しくリズムの良い豊かな日本語に数多く接する。それがまず大事だと思う。声に出して読む。
言うなれば、語彙の見出しだけでも頭の柔らかいうちに可能な限り叩き込む。あとで
 「ああ!こういう意味だったのだ!!」
と思い当たリ、自分の心を深く知ることに繋がるだろう。

腹が立ったときに
「ウザイ」
しか言えないようでは感情の細やかさのない大人になるのは確実だ。すぐにキレてしまい短絡的な行動に出るのも自分の心をよく知ることで防ぐことができる。

その他日本語の表記などに関しても眼から鱗の指摘が数多くあった。
ご一読をお勧めします。



2009年06月18日

同床異夢か呉越同舟か?

昨日の党首会談で民主党の鳩山代表は
「わが党が政権を取ったら西川社長にはお辞めいただく。」
と明言した。
「国民の期待のずれが大きかった」
からだそうだ。
対する麻生君は
「世論をバックに政府が介入すべきかどうかについては慎重であらねば」云々と答えていた。

まず。
「国民の期待『との』ずれ」
と言わなければいけないでしょ、鳩山君。
「判断が間違える。」
も変。
てにをはがなっていませんです。

そして。
西川君がやめるべきだと多くの国民が思っている「から」辞めていただく、
のではない。
責任を取るべきだと多くの国民が思っているということがこの件に関する世論調査の結果として現れたということなのです。
あなたは、そうは思わないのですか?鳩山君?
もし世論調査の結果が違っていたら違うことを仰ったのか?
それとも「国民は常に正しい」
のですか?

理念がないというのはこういうことを指すのです。
麻生君、あなたも同じですぞ。

選挙に向けて国民におもねっていることが想像できますね。

「首相の器」
なんかはどうでもよろしい。
「首相としての能力」
が問題なのです。

わたくし達には
「麻生か鳩山弟」の選択肢しかないのが情けない。



selber at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月15日

絵に描いた餅

今ものすごく気分が悪い。
キモチ悪いのだ。MIDI-YA のマシュマロを食べすぎてしまった。

やけ食い、であります。

郵便貯金の名義人の住所変更は電話でも郵送でも出来ない、ということは皆様知ってをられましたか?
わたくしは知らなんだ。
窓口へ、かくかくの書類を持参の上出頭されたし、だそうであります。
その書類たるや、免許証か保険証か年金手帳、住民台帳カード(写真つき。わたくしはまだ見たことがありません。)などなど。米穀通帳といわれなかったのが不思議なくらいだ。


およその銀行では電話でできたのである。
暗証番号があれば良い。
当たり前のことだと思う。

せめて郵送で出来るようになさいませよ!

西川君が社長を続ければこういうことはなくなるのですね!
見せていただこうではないか。

大変なリスクを負って鳩山君を事実上更迭したのはなぜかと、誰でも不審に思っているはずだ。

民主党も、この件についての見解を明らかにしないのは怪しい。
バックボーンとなる理念を持ち合わせていないからだと思う。
与党を「政権担当能力を失っている。」とか「リーダーとして失格だ。」などと陰鬱に評するばかりではなくて、もし政権を取ったらこの件についてどうするのかをはっきり言っていただこうと思うのだが。

事が起こったときに責任を取らないで何のための社長なのだろうか?
任命権を与えておいて、行使すると更迭するというのでは、任命権の意味がないではないか?
全て絵に描いた餅なのですか?

みんな、何を考えているのだろうか?
わかりません。

まだ気持ち悪い。
マシュマロにはご用心を。
でも、食べられるだけまだマシである。







2009年06月05日

本官を愚弄するの?

今回の件に関しては、鳩山弟君を全面的に応援したい。
彼とて、我々には思いも付かない損得勘定や党利、展望などを考慮して態度を決しているのだろう。
「だって、正義のためだもん!」
というのはまあ、言ってみれば一種の韜晦だとは想像する。正義のためだけに動くはずはない。また西川君を再任させなければそれで一件落着するとも思わない。
しかし、しかし、この度は鳩山弟君を支持してしまう。この際、我々も我々なりに政治家を利用させてもらおうではないか!!

「西川さんが続けるかどうかは、総選挙で国民の信を問うてからだ!」
などと寝惚けたことを仰っている方もおいででした。
ロマンチストなのですねえ。
与謝野君は、「大したことではないので心配いりません。」
と仰っていた。
税金を無駄に遣いどうやら私腹を肥やしている御仁もいる不正事件の責任をそのトップが取らなくても良い、という決定がおおっぴらになされるかもしれない瀬戸際だというのに、
「大したことではない。」のですね?
ご先祖様に申し訳ないとは思いませんか?
「君死に賜ふことなかれ」が泣きます。

どうも、西川君が続けてくれないないと困る人たちがいるみたいです。

博報堂とも契約は破棄していないみたいですし。


そういえば、漢検の件でもアヤシイことがある。
公益法人の監督は文部科学省だが、一年に一回報告書を提出させて大した「監督」もしないでおしまいだったようだ。莫大な交際費とか、身内の経営する会社に名ばかりの「注文」を出して法外な経費を計上したり、「公益」法人としては多すぎる利益など、一目見ればおかしいとわかるような報告をそのまま受理していた。
この事件があってから公益法人の監督を強化することになったそうな。
担当のお役人が「今までは『性善説』に基づいていましたが、云々」と言っていた。
なあるほど!!
それでは、人間の性質は仮に、もともと善であったとしても、古今東西「悪」は尽きないということをあなたはどう説明なさるのですか?
性善説とは
「人間は悪いことはしない。」ということなのですか?
あなたの言う性善説が正しければ、そもそも公益法人を「監督」する必要などないでしょう。
あなたが本当にそう信じているのなら、偉いお役人かもしれないけれどもあなたはアホです。

ついでに私見を言わせてもらえば、「人間は悪いこともするが、その大本の性質は善である。」というのが性善説だと思いますよ。
わたくしは特にそんなことは信じないが。
信じているのは「人間は間違いも犯す生き物である。」
ということですね。

この程度の説明で納得してもらえるともしお考えならば、あなたはおめでたい方です。
ホンモノのアホウですぞ。

本官を愚弄するのか?
何の説得力も、ない。

公益法人に毎年、どれだけの天下りがあるのか?

「これぐらい説明しとけば、いいだろう。」
の陰には何かある、と思うのですが。





selber at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)怒れ! 

2009年06月03日

まず、私の話を聞きなさい

以前、電話が掛かってくるとまず最低でも二時間は堅い人がいた。
受話器を当てているほうの耳がしびれてしまったこともあった。午後早い時間にかかって来ると、それから予定していたことはみんなダメになった。またしょっちゅうかかって来るのですね、これが。
本題に入るまでが長い。本題に入ってから核心部分に行くまでの背景の説明が長い。とっくに知っていることなのに、それは知っていますと言わせてくれない。確認が長い。感想と意見が長い。切るな、終わりだな、と期待が高まるとまた次の話題に取り掛かる。切らない。
色々と思い出して下さって話が芋づる式に続く。
何かに憑かれたように話し続ける。
ともかく長い。
その方に尋ねたいことがあっても今日これから三時間は犠牲にしよう、という覚悟を固めないと電話も出来なかった。一度ファックスしたらお返しは電話だった。

「今忙しいのですけど。」
と言わないわたくしがいけないと夫は言った。そうかもしれないと思ったので一度おずおずと話の途中で
「ごめんなさい、今ちょっと」と言ってみたところ
「だから!!」
と怒られた。

決して嫌いな人ではないのだが、この長電話のせいでお付き合いそのものが苦痛になった。
テレビを見ている時にこの方のことを思い出すことがある。
こちらは早く本題に入って欲しいのに前置きが長いとき、さあ!と思ったらコマーシャル、という時などだ。

情報をご褒美に、自分の見て欲しいものをまず見なさい、ということなのだろう。

知りたいことは別の手段で手に入れようと思う。

「まず。私の話を聞きなさい。」と婿どのに言われたと親戚のおばあさんが怒っていた。
これも似ている。


ぴょんきちさんは無視されるとスリッパを咥えて逃げる。

他にも色々な理由があるが、テレビはあまり観ない。




2009年06月01日

六月のカッターハウス


むしむしとしたうっとおしいこの時期にはついつい、シャワーだけで入浴を済ませ勝ちですが、こういうときにこそお湯につかってしっかりと汗をかき、身体にこもった熱を排出しましょう。

カッターハウスの六月のテーマは、入浴美人。

優雅なバスタイムを演出し、あなたのハッピーサマーへの助走をお手伝いします。

お風呂6

リフレッシュ効果のあるペパーミントとリラックス効果のあるラベンダーの香りに満ちたバスタイムの後は、オーガニックコットンのバスローブに包まれてリラックスして頂きます。


おくち

心のこもったマッサージは別料金になります。


会員の方は予約なしでご利用いただけます!