2017年12月

2017年12月27日

クラシックの「迷宮」

漱石が謡を習っていたのは周知のとおりである。

明治のワキ方の名人
宝生新について下掛宝生流を稽古していた。
だいぶ熱心だったようだ。

さて
「夏目漱石と音楽」
と題されたその回。

宝生流の元宗家
故・宝生英雄の
「高砂」
の一部を放送していた。
「高砂で一番知られている部分」
と、紹介されて。

ちょっと、違う箇所が。

いいですか。

いわゆる
「宝生流」
は、シテ方のことを指すことが多い。
この宝生英雄氏も、シテ方。

漱石にちなんだ謡を放送するのなら
「下掛宝生流」
すなわちワキ方宝生流の謡を放送するのが
番組の趣旨に沿っている。

しかも、しかも、漱石の先生である、新のお孫さん
宝生閑さんは昨年までご存命だった。
NHKに音源がないはずは、ない。

なんなら貸して差し上げましたものを。

加えて
「高砂で一番知られている部分」
とは、まずは、あの、だれでも知っている
「高砂や この浦船に 帆を揚げて」
だろう。
この部分は本来ワキ方が謡う。

閑さんのこの部分を放送すれば
ベストだ。

え?
「博覧強記」
ですか。

「どうせ知らないのだから」
と、ナメてかかって
いい加減な内容を放送したでしょう?

知らなければ、調べるなり尋ねるなり
すればいいのではありませんか?

「迷宮入り」
してしまいましたね?


selber at 09:08|PermalinkComments(0)漱石先生 | 

2017年12月26日

金ちゃんと花月くん

この間まで謡は
「花月」
をお稽古していただいていた。

やっと
「まあひとまず終わり」
というところまで漕ぎ着けた。

ふぅ〜〜〜。

ところで、少し後になってから
野上豊一郎が、漱石の好きな謡の中に、この
「花月」
が、あった、
と、書いていたのを発見!

そういえばあの
「修善寺の大患」
として有名な大吐血の少し前に
「花月」
を、謡って
「これで悪くなれば、自業自得。」
と、書いていた。

そうだったのか!
そうと知っていれば、もっと身を入れておさらいしたのにな。

しかも、野上によれば
「小唄の段」
も漱石のお気に入りだったとのこと。

あそこは、難しい。
位、節、間、ノリ、拍子、すべて。
今回も、ずいぶん直されました。
まだ、完璧ではないが、仮釈放された、というところ。

漱石先生は、リズム感も良かったのね。
拝聴したかった。

ところで、野上豊一郎は、漱石の謡を
「癖はあるが、節扱いが器用で、ちょっとおっつけそうに思えなかった。」
と、評している。さらに
「上手でも、下手でも、ない。」
という意味のことを書いている。
声は、よかったようだ。

一方、野上夫人、弥生子は
「ヤギがメ〜〜〜〜〜と、鳴くような。」
と、これは、酷評している。

どうだったのでしょうね?

「花月」
は、人さらいにさらわれた少年が、父親と再会するお話である。

父親役のワキ方が謡う
哀しみに満ちた部分を
漱石は、複雑な心で謡ったのかもしれない。


selber at 11:38|PermalinkComments(0)漱石先生 | 

2017年12月22日

現金収入

年の瀬、ですね。

お正月は、すぐそこだ。
お正月には、お年玉が付き物らしい。

わたくしは現金というものを持たせてもらえなかったので
お年玉はもらっていない。
お客様にいただいても、すぐに貯金させられた。
絵に描いた餅
だったな。

言うところの
「金融教育」
というものを受講していないのですよ。
だからいまだに、こうなのか?

さる調査によると、親と子の
期待想定金額に相当の差があるとのことだった。

親が適当と思う金額
コドモが、もらいたい、あるいは、もらえると思う金額
この、差である。もちろんコドモのほうが高額だ。
この差額が大きいのかどうかは、考えてみないとわからないが。

で、今、わたくしはお年玉を、上げる。

世の中の慣例に従う
という安易な気持ちも、ある。また、楽しみにしているであろう
子供をがっかりさせたくない、とも、思う。
ケチンボと、思われたくない、という気持ちも、ある。
ええ、ありますとも!!

しかし、上げたくない子も、いる。
いるのだ!

あるお正月、親御さんと一緒に我が家に来たその子は
玄関から真っ先に入ってきて
コートを脱いだり、賑やかにご挨拶をしている大人たちを尻目に
下を向いたまま、
「お年玉が、欲しいんだけどな。」
と、独り言のように、でも、わたくしには聞こえるように、言った。
そして目を合わせないまま、どんどん居間に入っていった。
ご両親にはもちろん聞こえていない。

その時この子は、小学校の低学年だったと、記憶している。

欲しいのだろう。
それは、コドモらしい幼稚な、作戦だったろう。

でも、
その、拗ねたような、賤しげな様子が
わたくしをイヤな気分にさせた。


そんなことを言われなくとも、
毎年上げているだろう!!


この子には気持ちよく上げられないないな〜〜。

来たら上げますけど。


2017年12月20日

眠れない眠り姫

ここ十日ばかり、あることに専念している。

フラットシーツ
を、探す作業だ。

眠ることはある意味で食べることよりも
重要だ。特にわたくしカッサンドラの人生は
睡眠人生と称しても良いぐらいなのだ。

快い睡眠は、大事。
他の何を以てしても、代えられない。
そうですね。

使用しているフラットシーツがそろそろ、ダメになりそうな気配だ。

散々探してやっと買ったそれが
薄くなってきた。

手触りがへなへな
背中と足の当たる部分が
へなへな。

希望のサイズは
幅:160センチ以上
丈:260センチ以上
これだけないと、マットレスの下に巻き込めない。
美しく、ピシッとメイクされたベッドに入る幸せのためには
この条件をまずはクリアしないと、いけない。

ボックスシーツは、もちろん、いけません。
乾きにくい
きちんと畳めないため、収納が不便
邪道、です。

海島綿の一枚1万円以上もするものは
フラットシーツといえども、買いません。

ネットで探し回ること一週間
まずは、サイズがダメなものが多い。
西川産業
京都西川
東京西川
さっぱりわからない。

見すぎて、また、ワカラナイ!


それでも、精進の結果、手ごろな値段
まあまあのサイズのフラットシーツを見つけた。
レビューには肯定、否定、どちらもある。
お値段は、まあまあ。

勝負!

注文
到着

空気しか入っていないのか、と思うほどの
軽い箱。

それも道理

ガーゼのように薄い
今にも破けそうな我が家のシーツの
一番薄い部分がその、全体
というシロモノ。

何を信じてよいものやら。

いつ破けるかとひやひやしながら
眠りに入る。

わたくしに、何か、恨みでも、あるのですか?


selber at 17:05|PermalinkComments(0)怒れ! | いやはや

どなたでしたっけ?

知っている人に、会った。

いや、
知っているはずの、人。
名前が思い出せない。

ロビーですれ違ったので、
ご挨拶だけして、そそくさと行き過ぎようとしても
ご機嫌よく話しかけてくる。

わ〜〜い!

目を泳がせながら、四方山話。
困った・・・
その方の大体のバックグラウンドは覚えているので
何とかお話にぶら下がりながら
必死でお名前を思い出そうと、努力する。

と、もうお一人が登場。
こちらは、よく知っている、象さん。
救われた!
「ご紹介しますね。
 こちらは、象さんです。」
きっと
「ネズミくんと申します。」
などと、仰ってくださるはずだ!
聞き耳を立て、かたずを、呑む。

「初めまして。象さんと申します。」
「初めまして!」
と、お二人はご挨拶。
でも、その方は、自分の名前は言わないまま
何やかやと、お話を続ける。

もう、知らない!

結局お名前はわからないまま
お別れしてしまった。


2017年12月18日

新大久保のコワイもの

山手線外回り
最後尾の車両、進行方向に向かって左側のドアのそばに立つ。
新大久保で停まると
「ホテル大泉」
の看板が真ん前に、見える。

そこで下を見てごらんなさい!
ほら、高架線のすぐ下です。

おっかない、本当に
こわ〜〜〜い物が見えるのですよ!

それは何か?

昔の病院で使われていたような
白いペンキで塗られた
あの、洗面器を二つのっける台
です。
片方には消毒液を入れて、もう一方にはお水でも
入れたのだろう、と、思う。

洗面器はもちろん載っていない。
白ペンキは剥げかかっていて、そこかしこに錆びが
出ている。

それが、まだらに草の生えた空き地に
他のゴミなんかと一緒に
放置されて、いる。

コワイ。

夫に報告したら
「新大久保の昔の病院、だけで、コワイ。」
と、言われた。

そういえば
「第七病棟」
と劇団に命名した石橋蓮司の感覚は
秀逸だと思う。

selber at 13:31|PermalinkComments(0)

2017年12月14日

考えてみれば

ひと月に一回ぐらい会って
ランチを一緒にしていた人が、いた。

ランチのあとはわたくしの家に来てくれた。

ランチは、近所のイタリアンが、多かった。
彼女はそこのドレッシングが、大好きだった。
そのそばにはちょっと名の知れたお蕎麦屋さんも、あったので
そこでお昼を食べることも、あった。

それから、すぐ近所の洋菓子屋に立ち寄って
たいていは、シュウクリイムを、買った。

我が家で、お茶。

時にはリバティ・ヒルで待ち合わせて
お昼を済ませ
歩いて我が家まで来て、お茶をする
ということも、あった。

ある時、彼女の家に遊びに行った。
近所のお蕎麦屋さんに案内してくれた。

「ここのお蕎麦を食べたら、他のは食べられないわよ。」
と、言った。

そうか・・・。

そして、その近所の和菓子屋さんで
蒸かし饅頭を食べた。彼女は
「本当は私は、和菓子のほうが好きなの。」

そうだったのか・・・。


我が家で家を購入することになった。

彼女は、我が家よりもひと月ほど早く
家を購入した。

次に会ったとき、いつものイタリアンに行ったら
「久しぶり!
 こないだはどうも!」
と、賑やかに挨拶をしながら先頭を切って
お店に入っていった。

聞くと
時々ご主人やお母様と一緒に
来店しているそうだ。

ふうん・・。
遠いのに、大変だな。

シュウクリイムを買おうと、いつもの洋菓子屋に行ったら
「こないだテレビに出ていたのは
 これですね!
「わ〜〜、おいしそう!
 すごく手が込んでいるのですね〜〜〜。」
と、販売員と仲良く会話。

そうだったのね。

お店を出ると、彼女はわたくしに向かって
「コレがコツよ!」
と、教えてくれた。

そうですか・・・。

今にして思えば
ということは、確かにあるが
その当時のわたくしは、そのままぼんやりと
彼女と普通にお付き合いを、していた。

彼女は、
くるくるとめまぐるしく回転しながら
わたくしの生活から遠ざかって行った。

今でも時々電話がある。
「お付き合いしてください、っていうんじゃないのよ。」
と。

わたくしにできることは、あったのだろうか?

2017年12月04日

信じられないかもしれませんが・・・

突然、思い出してしまった。

コワイお話。

わたくしが体験した。

ある土曜日、友達数人と車で晴海埠頭に向かっていた。
わたくしは進行方向に向かって右側に座っていた。

ふと見ると、道路の反対側に一人の女性が立っていた。
口許を押さえている。
と、その手を上げて、ちょっと振るようなしぐさを見せた。

顔全体が、見えた。

その口は
耳まで裂けていた。
今でも、目に浮かぶ。

本当です。

同乗者の中でそれに気が付いたのは
たぶん、わたくしだけだった。
驚愕し目を疑い、声も出ないわたくしには誰も気が付かず、
そのまま車は走り続けた。

しかし、考えてみると、不自然だ。

女性はタクシーを止めようと思って
手を上げたのだろうと、今までわたくしは、思っていた。しかし
彼女は、晴海に向かって右側車線に立っていたのだから、タクシーを止めるのなら
反対側、つまりわたくしたちの進行方向に向かって、手を上げているはずだ。
そうだとしたら、わたくしには彼女の顔は
見えなかったはずだ。

わたくしに、わざわざ見せようとしたのではないでしょうね?

本当に、よくわからない。

ピンクのスーツのようなものを着て
きちんとした感じの人だった。

目的地に到着してからも、わたくしは
誰にも話さなかった。
あまりにも現実的でなかったので。

でも、本当にあったことだ。

だから
「口裂け女」
のお話だけは
「嘘よ。そんなの。」
と、笑い飛ばすとは、できない。

あれはなんだったのだろう?




2017年12月01日

体重漸減 其二

体重漸減
していない!

昨日夫がアイスクリームを買ってきた。

冷蔵庫には
シルクスイート
が、ある。
サツマイモ
甘くてねっとりとしていて、クリームのよう。
おいしい。

夫はそれを温めて、アイスクリームを載せ
さらに、メープルシロップをかけて
デザートにしようと、言うのだ。

何かわたくしに恨みでもあるのだろうか?


もちろん、食べる!
と、言ってしまったわたくし。

今朝の体重は
昨日の400グラム増し。
この一週間の甘いもの断ちが無駄になった。

今日は金曜日。
夫は、きっとケーキを買ってくる。

ダイエットに週末は、ない。ない、が
食べるであろうわたくし。

いいのです。

月曜日から、また
甘いもの断ちを再開する。