クローデット・コルベール

2010年05月20日

眠れぬあなたに

夜などなかなか寝付けない時にはどうなさいますか?

皆様きっと独自のメソッドをお持ちなのだろうと思う。
めったに必要としないとはいえ、わたくしもちゃんと持っている。
それぐらいは、大人として当たり前だと思いますね。

百人一首を五十音順に並べていくというのは、経験上あまり目的に適わない。
途中で力尽きて寝てしまうのなら良いのだが、まず絶対に百首にはならないからだ。
数えながら行っても、指だけでは足りないし、頭の中で表を作ったりすると目が冴えてくる。
挙句の果てイライラしては起き上がって本を探しに行ったりするので、身体が冷えてますます寝られなくなる。

つまり、確かめることができるものは良くないのです。

確かめることができないこと。
大事なことではないこと。
腹の立たないこと。
悲しくならないこと。
頭の中にだけ存在するものであること。
考えるだけでそこはかとなく嬉しくなること。
などが、必須条件です。

教えてあげましょうか?

クローデット・コルベールの素顔を想像する、という方法です!

まず
「或る夜の出来事」
の彼女の顔を心の中に思い浮かべる。

ね?
その上で、
前髪の生え際はどこか?
という最大の謎に始まって、
鼻はどこから始まっているのか?
本当の輪郭はどうなのか?
自前の眉毛はどんな線を描いているのか?

額を出してアップに結い上げたコルベール。
ワンレングスのコルベール。
などを思い浮かべるうちにあなたは楽しい眠りについていることを受け合います。

ルビっチュ監督の
「青髭の八人目の妻」
も、面白かった。


クローデット・コルベール。
すごい人だと思う。




selber at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)