ゴキブリ

2011年05月28日

肌に粟を生ずるお話

まるで梅雨入りしたかのような今日の雨だが、この時期になると必ず思い出すことがある。

あなたがもし、
「ぞろぞろ」
「うじゃうじゃ」
などがお嫌いなのならお読みにならないで下さいまし。

下北沢のとある焼き鳥屋さんで夫と二人、カウンターに向かっていた。
と、わたくしの眼の隅に
「なにか」
が映った。

なんだかわからないが、何か異様な雰囲気である。

動いて、いる。
盛り上がってもいるような。

おしぼりのあたり。

見て、しまった!!

なんと。
そこには、今まさに孵化しつつあるソレらが。

今こうしていてもその辺がカユクなる。

いいですか?
勇気のある方だけ読み進んで下さい。

おしぼりの下から
「ざわざわ」
「ごそごそ」
と、
数え切れないほどのの半透明のソレらが蠢き出てきたのであった!!
うれしそうにわいわいと!!

悲鳴も出ないまま、わたくしは夫を急き立ててそのお店を後にした。

いやもう、泣くことすらできませんでしたね。

おしぼりにくっついていたのであろうか?

お店の人には何も言わなかったのだが、そこはその少し後に閉店してしまった。





selber at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)