紫式部

2010年10月30日

お友達

さて
「清少納言と紫式部のどちらが好きか?」
という大問題について語るときが来た。
清ちゃんと藤原香子様ですね。

そもそもこの問いは
1)文筆家として、つまりは作品が、好き
2)作品から想像できるその人が好き
のどちらなのだろう?

1)の場合は作品の好き嫌いで片がつく。
 しかし一方はエッセイ、他方は長編小説だから、比べようがないといえば比べようがない。

であるからして、この問題は通常2)の観点から論じられることが多いように思う。

エッセイからの方がその人が想像しやすいように思われる。当たっているかどうかは別にして。
清ちゃんは、デリケートな配慮を必要とする場にはご一緒できないと思う。
もう、自分のことばかり話して、あるいは中宮様への礼賛に終始して、ゲストへのホスピタリティを忘れてしまいそうで、こちらが疲れる。商談の場などにも向いていないですね。ちょっと知っていることが話題になると、その場に専門家がいようがどうしようが、自分の知識の限りを披瀝し続ける。周りの人が青ざめるのが目に見える。
そのかわり、ただ楽しく食べたり飲んだりする場には向いているだろう。どんな話題にも付いてきてその場を沸かす天才で、エンジンがかかるとすごい。但し、彼女と張り合おうという人は面白くないかもしれません。

香子様は、作品の影に身を潜めている印象だ。
そして、その場にふさわしくないことは決して言わない。大抵はうなずきながら人の話を聞いていて、誰かが見当違いなことを言っても
「違いますよ!」
などとは仰らない。褒められても舞い上がらない。いつも静かに笑っている。
困ったことがあったら香子様に相談するだろう。責任を持ってきちんと対応してくれる。但し、その行ないが好意から出ているのかがちょっとわからない。誰にでも同じ態度だから、物足りないと思う人もいる。
清ちゃんは情熱的に自ら乗り出して来てぶち壊しそうだ。

こんなイメージのお二人のどちらを好きかと問われたら、
「どちらも。」
と言うしかない。

清少納言は定子一族が失脚し、定子自身も亡くなってからも長いこと生きていたという話もある。
落魄してからの清少納言がどう生きたのか、伝説から想像するしかないが彼女の本当の力はその時に発揮されたのだと思いたい。

お二人とも、お友達になりたかったと思う。
とはいってもお二人とも上流階級のお嬢様。
わたくしなんぞは同じ時代に生まれていても、貫頭衣に毛が生えた程度のものを着て市場辺りをうろうろしていたか、せいぜいが樋清し童クラス。今に生まれてこのお二人を心の友としているのが幸せなのかもしれない。



selber at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月29日

清 vs. 香

母の学生時代の先生は清少納言を崇拝していて、同じ時代に生まれていたら必ずお嫁さんにもらって、(来ただろうか?)
床の間に飾っておく(おとなしく座っていただろうか?)
と公言していたそうだ。
その影響なのか、母も清少納言派だった。
「天衣無縫で明るくて。
 紫式部って陰湿な感じ」
という意見だった。

こういう人は割に、多い。

話は飛ぶが
「たけくらべ」
で、美登利が
「がらがらしたものは心が良い。」
のだとお母さんが言っていた。と、おとなしい信如の悪口を言う場面がある。

似ている。

紫式部陰険説の根拠となるのが
「紫式部日記」
に出てくる
「清少納言はいかにも物知りなふうな口をきくが、よく聞いてみると結構生半可な知識を振り回していて、聞くに堪えないことがある。」
という記述だ。

でも、これは日記です。日記には何を書いてもいいでしょう?
もしかしたら本当にそうだったのかもしれないし。

清少納言のテンションの高さ、というか、舞い上がりぶりは中宮さまもご心配なさっていた。
お庭に作らせた雪山がいつまで消えずに残っているか、という賭けをして、清少納言が勝つと決まったとき、定子はわざわざその雪山を取り除けさせているのである。
その雪山を綺麗なお盆に載せて中宮に差し上げようと勇んで伺候した清少納言はがっかりする。
定子は、清少納言が賭けに勝ったことはそれで良いが、余り得意にならないほうが彼女のためになるだろう、とお考えになったのだ。

横綱のガッツポーズは、みっともない。

定子はなんと思慮深い方であろうか!
このときまだ二十台ですよ!

紫式部といえば、褒められても
「いいえ。お恥ずかしい。
 まだまだ未熟でございます。これも皆様のお蔭でございまして・・」
などと扇の陰でそめそめと謙遜していただろう。
そして日記にはあのようなことを書く。

やはり違いますね、このお二人。

思うに清少納言の武器は
ひらめきと感性、呑み込みの速さ、瞬発力だった。

紫式部のそれは
思考力、粘り、持久力、だったような気がする。

どちらが優れているともいえない。

さて?

長くなるのでまた今度。



selber at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月28日

ブログタイトルは「ワタシ」?

清少納言が今の時代に生きていたら、まず、ブログをやっていただろうと思う。
「枕草子」
それ自体が、当時のブログのようなものだったと思うし。
言いたいことをずばずば言って、結構な人気ブログになっていたかもしれない。
自慢話が多かったろうと思うが。
批判的なコメントなんかには切って捨てる勢いのコメント返しをしていましたね。

宮中に上がっては
「昨日の訪問者数は千人を超えました!」
なんて中宮定子に誇らしげにご報告したんでしょうね。
定子だってパソコンぐらいはいじるから、時々訪問しては
「あんなことは書かないほうがいいですよ。」
などとたしなめたりもなさったはず。
一条天皇はパソコンはなさらないが、側近が見てはご報告申し上げていたので、時々面白がってブログのことをタネに清ちゃんをからかったりしていたのです。

一方、紫式部さんはブログなんぞなさらなかったと考える。
夜更けにココアをすすりながら、自室でひっそりとパソコンに向かい、ひたすら物語を書き連ねていただろうと想像しますね。
そして時々こっそりと清ちゃんのブログを覗いては
「ふん」
と、言っていたりして。

このお二人のどちらが好きか、という古典的なテーマがあるが、あなたはいかがですか?

長くなるので、また明日。



selber at 12:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)