西川善文社長

2009年06月05日

本官を愚弄するの?

今回の件に関しては、鳩山弟君を全面的に応援したい。
彼とて、我々には思いも付かない損得勘定や党利、展望などを考慮して態度を決しているのだろう。
「だって、正義のためだもん!」
というのはまあ、言ってみれば一種の韜晦だとは想像する。正義のためだけに動くはずはない。また西川君を再任させなければそれで一件落着するとも思わない。
しかし、しかし、この度は鳩山弟君を支持してしまう。この際、我々も我々なりに政治家を利用させてもらおうではないか!!

「西川さんが続けるかどうかは、総選挙で国民の信を問うてからだ!」
などと寝惚けたことを仰っている方もおいででした。
ロマンチストなのですねえ。
与謝野君は、「大したことではないので心配いりません。」
と仰っていた。
税金を無駄に遣いどうやら私腹を肥やしている御仁もいる不正事件の責任をそのトップが取らなくても良い、という決定がおおっぴらになされるかもしれない瀬戸際だというのに、
「大したことではない。」のですね?
ご先祖様に申し訳ないとは思いませんか?
「君死に賜ふことなかれ」が泣きます。

どうも、西川君が続けてくれないないと困る人たちがいるみたいです。

博報堂とも契約は破棄していないみたいですし。


そういえば、漢検の件でもアヤシイことがある。
公益法人の監督は文部科学省だが、一年に一回報告書を提出させて大した「監督」もしないでおしまいだったようだ。莫大な交際費とか、身内の経営する会社に名ばかりの「注文」を出して法外な経費を計上したり、「公益」法人としては多すぎる利益など、一目見ればおかしいとわかるような報告をそのまま受理していた。
この事件があってから公益法人の監督を強化することになったそうな。
担当のお役人が「今までは『性善説』に基づいていましたが、云々」と言っていた。
なあるほど!!
それでは、人間の性質は仮に、もともと善であったとしても、古今東西「悪」は尽きないということをあなたはどう説明なさるのですか?
性善説とは
「人間は悪いことはしない。」ということなのですか?
あなたの言う性善説が正しければ、そもそも公益法人を「監督」する必要などないでしょう。
あなたが本当にそう信じているのなら、偉いお役人かもしれないけれどもあなたはアホです。

ついでに私見を言わせてもらえば、「人間は悪いこともするが、その大本の性質は善である。」というのが性善説だと思いますよ。
わたくしは特にそんなことは信じないが。
信じているのは「人間は間違いも犯す生き物である。」
ということですね。

この程度の説明で納得してもらえるともしお考えならば、あなたはおめでたい方です。
ホンモノのアホウですぞ。

本官を愚弄するのか?
何の説得力も、ない。

公益法人に毎年、どれだけの天下りがあるのか?

「これぐらい説明しとけば、いいだろう。」
の陰には何かある、と思うのですが。





selber at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月22日

ごめんなさい、は?


何かいけないことをやらかす。
怒られる。
「ごめんなさい、は?」
と訊かれるほど嫌なことはなかった。でしょう?
子供のころ。あなたにも子供時代はあったのでしょうからね。

大きくなってからも
「悪かったと思っていると言っているではないか!」とか
「ああ。謝ればいいんだろう。謝れば!!」と
居丈高に食って掛かったことはありませんか?

あなたのことです。
西川善文君。
日本郵便社長殿。


「反省すべきであろうというふうに思っています。」
かんぽの宿の譲渡問題に加えて今度は郵便法違反。しかも職員が関与指導していた疑いが濃い。
ハトヤマ弟くんに責任を問われた時の返答がこれだった。
我が家のテレビが爆発しなかったのが不思議なくらいだ。
本音は
「いけないことだったと言っているのだから、もういいだろう!!
それ以上、言うな!!」」
ということなのでしょうね。
「わたしは何もやっていないぞ!」とか。

でも、言い募ってしまうわたくし。
「ごめんなさい」は?
さっき、言っただろうって?

「反省すべきであろうというふうに思っています。」(無表情)
というのはあなたのこの件に関する見解であって決して謝罪の言葉ではありません。

この先も社長さんでいたいんですって。
経営者って責任を取らなくともよかったのですね。
会社の意向でもあるのですって?


失礼ながらお若いとはいえないあなた様。
そこまで固執なさる理由を考えたくなります。色々と背後の事情もおありなのかもしれない。
何があるのでしょう?

特別背任罪は適用できないのですか?








selber at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)