鳩山くん

2010年06月03日

坊ちゃん怖し

「無責任だ」
「当然です」
「選挙目当てだ」
色々な声が飛び交っている。

あのスピーチで、初めてハトヤマくんの肉声を聞いた気がした。

やはり向いていなかったのね、このお仕事が。
イヤになっちまったのではないだろうか?
何が何でも議員でいなければいけない人ではありませんし。

というのがわたくしの感想です。

確かに無責任だと思う。

リーダーシップを発揮できないのは本人の責任であると共に、周囲の責任でもある。そんな人を選んでしまったのですからね。
そういう状況で周囲の協力を勝ち取って、確たる見通しもない「マニフェスト」を実行に移していく剛腕かつ辣腕なところを鳩山君に求めても無駄というもの。

「これは失敗するだろうな。」
「失敗したら次はワシが。」
と思っていたでしょう?
あなたも、あなたも。

小沢君を道連れにしたというところは、最小限度の責任を果たしてくれたな、と思いました。
道連れにされっぱなし、ということは一郎くんに限っては決してありえませんけど。隠然たる影響力を駆使し続けるだろうとみんな思っている。
でしょう?

だから
「選挙目当て」
も、無理ですってば。


自民党の若手よりも民主党の若手の方が場を与えられて来たのは確かです。
小沢君頼りから抜け出して新党を作っては如何でしょうか?
大体、民主党が政権を取ったことそのものが、うわごと同様のマニフェストに支えられた砂上の仮設住宅のようなものだったのですよ。

国の将来を憂えることができるのは、
「自分の将来」
がまだある人でないと不可能ですからね。
おジイさんには無理。

菅くんは苦労人だから少しはマシかもしれないが、このお方は小沢化しそうな気がする。

それに申し訳ないが、この人が次期総理になるのなら、野党の一つ覚え、この大切な時期に政治的空白を招く、愚かな
「解散総選挙」
の方がまだ良かった、と思ってしまいそうなわたくしなのだ。

キライ。

ごめんなさい。



selber at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月22日

みんなの一日


六時半に起きて夫の朝ごはんを作った。
リサイクル用のゴミを出した。
夫が出勤した。
お洗濯第一弾。
朝食を食べた。
掃除機をかけた。
第一弾の洗濯物を干し、第二弾を開始。
ぴょんきちさんのお散歩。
家の前でボール遊び。

家に入ってテレビをつけた。
衆議院予算委員会を中継している。
鳩山君が責められている。
「あなたは、総理大臣の自覚がない。」
と、ののしられている。
で、おしまい。

「ある人が言いました。」
と質問者が言うと
「誰が言ったんだよ!」
という野次が飛ばされる。

お布団を干した。

お洗濯第二弾を干した。

ちょっとした用事で外出し、帰宅。

お昼ごはんを食べた。
テレビをつけた。
衆議院予算委員会が中継されている。
鳩山君が責められている。
「キレイなお金、汚いお金という区別はないと思います。」
ですって。


少しお勉強をした。

洗濯物を取り込み、お布団も入れてベッドメイクをした。

テレビをつけた。
衆議院予算委員会の様子が放映されている。

鳩山君は責められていない。

渡辺君が財政圧縮について菅くんに質問している。
「今年が正念場だと思っております。」
と、菅くん。
「しっかりと考えていただきたいと思っています。」
と、渡辺君。

何のための質問なのかわかりません。
菅君のほうが老獪で肩透かしを食ったというところか?

いつも思うのだが、質問ではなく、ただあげつらっているだけの、非建設的な質疑に終始するのは政治のシーンにおける、彼我の影響力の違いによるのだろうか?

皆さんおヒマなのですか?

アレ?
「五時になったので国会中継は放送中止」
ですって。

サッカーや野球の中継って延長しなかったかしら?
国会中継は延長なしなのね。
これからお使いです。



selber at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)