2016年11月05日

jpg orig
1ヶ月前ですが、ブログにあげてませんでしたのでね。
新体制初ライブはFC限定ライブ。いや結果的に今年の年始にFC入ったのつくづく大成功だったなと痛感。
今回ライブ以降Key彩雨先生はステージ上手に変更。
活休中のLIGHT BRINGERのGt.JaY君がサポートとして初参加。
サポートだからギターアンプKeyセットの奥にあって後ろの方で弾くのかなと思ってたけど基本割と前の方に出てて弾いてたね。
でも個人的にはそれで正解。サポートメンバーとはいえやっぱギターはロックバンドの華なので。プレイも十分巧い。そもそも彼が弾いてくれたからこそ秋からバンドが動いてくれてるんでそれは感謝しかないのです。
10数曲しっかりサポートし弾ききってくれるのは若いのにそこはプロなんだなと。
先日池袋のニコニコ本社であったニコ生公録で自分が書いて読んでもらえた質問「JaY君とのリハの中での新たな化学反応的なものは?」ってのにDr悠さんは「逆にしっくりきすぎている」的な事を話していたけどまさにそんな感じに見えた。

余談だけど自分の見てた位置のすぐ近くで見てた男女数人グループ。どう考えてもJaY君のお友達勢だったなと。V系独特のノリに笑ってしまってる瞬間もあったけど、基本摩天楼オペラ+JaY君の音楽を楽しんでくれていたようで。こういうのもまぁ一種のきっかけなのかなと思いながら。
JaY君のツイッターでの終演後の打ち上げでのVo苑マン&Dr悠さんとの写真とか見るにやんちゃな年下って感じで可愛がられてる様子。新しい飲み友達かな。

しょっぱなからニコ生公録で初解禁した時から大好きソングになったPHOENIXから演ってくれて、本当にあぁまたここから始まるんだなって気になったな。

こないだようやくBS-FUJI『カンニングのDAI安吉日!』でこの日の収録分が放送されて(まぁ正直カットされてたシーンもたくさんありましたが)、ライブを思い出したり。
PHOENIXツアーファイナルが楽しみになるのでした。

SET LIST
2016/10/2(Sun.)

01.The RISING(Inst.)
02.PHOENIX
03.INDEPENDENT
04.落とし穴の底はこんな世界
05.Justice
06.致命傷
07.Psychic Paradise
08.YOU&I
09.クロスカウンターを狙え
10.輝ける世界
11.BURNNIG SOUL
12.蜘蛛の糸
13.Adult Children
14.ANOMIE
15.Orb
16.GLORIA
17.喝采と激情のグロリア

BS-FUJI『カンニングのDAI安吉日!』収録(Guest梅田彩佳)
EN1 1.alkaloid showcase
EN1 2.CAMEL
EN1 3.honey drop

2016年08月10日

まぁ覚え書き程度に。プロの方の書いたライブレポもたくさん上がってますんで。

やっぱセットリストの両日共通はいただけないなー、と。
というか31日公演のタイトル「恋に恋焦がれバースト! 」って言われたら当然グロリアスとBURSTはやると思うよね。
ベネチアMCといい雰囲気も非常にらしい楽しいライブだったので満足度は高かったし、初日は両ブロックで見れたしだけどもせめて1曲でも差し替えて欲しかったな。

VISUAL JAPAN SUMMIT 2016
GLAYさんの出る初日と二日目は確保したので今度は各日で内容変えて欲しいな。ちょっとでいいんで。

SET LIST
2016/07/30(Sat.)
2016/07/31(Sun.)両日共通 曲名()内は初回リリース年

01.HAPPY SWING(1995)
[JIROセレクト]
02.TIME(2000)
03.neverland(2002)
04.ストロベリーシェイク(1998)
-JIRO MC-
05.Scoop(2016)
06.Ruby's Blanket(2011)
07.運命論(2012)
08.MUSIC LIFE(2014)
[TAKUROセレクト]
09.HIT THE WORLD CHART!(1996)
10.LOVE SLAVE(1995)
11.LEVEL DEVIL(1999)
-TAKURO MC-
12.YOU MAY DREAM(1998)
13.Lovers change fighters, cool(1996)
14.ACID HEAD(1995)
[TERUセレクト]
15.週末のBaby talk(1996)
16.Lock on you(2006)
17.RainbirD(2009)
18.Little Lovebirds(1998)
-TERU MC-
19.疾走れ!ミライ(2014)
20.BLEEZE(2014)
[HISASHIセレクト]
21.デストピア(2016)
22.アイ(1998)
23.1988(2009)
-HISASHI MC-
24.Cynical(1995)
25.微熱(A)girlサマー(2015)
26.彼女はゾンビ(2016)

-TAKUROによる各メンバーへのインタビュー生中継-

EN1 1.超音速デスティニー(2016)
EN1 2.彼女の“Modern…” (1994)

2016年07月26日

ひさしぶりに複雑なライブ。Anzi(Gt.)脱退前最後、現編成最後の公演。8周年のメモリアルライブから僅か11日で届けられた「大切なお知らせ」から約2ヶ月。それぞれが心を整理したのかぐちゃったままなのか。とにかくこの日を迎えました。
平日開催しかも特別な意味を持つ公演ってこともありO-EASTのキャパじゃ足りないだろうと思ってたけど、Key彩雨先生いわくやっぱ会場見つけるの大変だったようで。前からそんな雰囲気はないこともないって感じだったけど、急にこういった運びになってバタバタしてたんだろうな。

で、有給とらずに仕事終わり参戦。少し出遅れたけどたぶん大丈夫だろと思い歩ってたら何か見覚えのない風景。Googleマップ→道玄坂から曲がるところ2本間違ってた!
着いたらもう自分の整理番号だいぶ過ぎてて、物販もTシャツ全サイズ完売タオル完売。で、フロアもすでに結構びっしり。こんな人入ってるの珍しい(で、まだ入場してない人も結構いたはず)
とりあえず早々にドリンク交換(客席下手奥)して、今日の主役のアン様(上手)へ。人いっぱい。フロア内階段上の2階も半分くらい?解放してたけど登ってみたら微妙だったんでまた降りて。結局上手はじっこの壁際に落ち着く。トイレ行ってるタイミングはなし。
開演時間を僅かばかり過ぎて暗転。古めの曲激しめの曲多めの構成。初めて聞く曲聞きたかった曲持ってない曲も何曲か。おそらくはアン様脱退後は彼作曲の曲はやらないだろうと思われるので、何曲かライブで聴いとけてよかったという感じか。
メンバーにも複雑な思いがあるのか演奏に違和感がある場面もあったけど徐々にいつものライブになっていったなぁ感。
そんな中やっぱりアン様は絵になる流麗なギターを弾くなーってね。言い方があれだけど彼だけはもう迷いがないというか。たまにサポートミュージシャンのように見えてしますシーンがあったというか。
この迷いの無さというか意志の強さは本編終盤のMCにも表れてたなって。

終盤に全員がマイクを取って。
Dr悠さんはファンとAnziくんにありがとうと、また一緒に野球見に行ったりイングウェイのコピーをやることもあるんじゃないかとか(ここでアン様が何かのフレーズを弾いていた)
Ba燿さんは翌日レコーディングなのにクレしん映画に連れて行かれた思い出話などの無茶ぶりされたエピソードを
Key彩雨さんがまさか正月今年こんなことになるとは思っていなかったこと、2月末の大揉めになったミーティングさえしなければこんなことにはならなかったんじゃないかと思った頃、でもそれが無くてもいつかこんな結果になってのかもとか。
一旦決まってたスケジュール、ライブ、リリースを全部ばらしたこと(会場押さえるが大変な中O-EASTを入れてくれたスタッフ絵の感謝も)。今まで他のバンドさんとかで訊く「方向性の違い」とかって(笑)くらいに思ってたんだけど、いざ自分たちが直面すると、誰も悪くなくてって。それぞれの“ロック感”の違い。
GtAnziさん。ファンへの感謝とメジャーという舞台に自分を連れてきた摩天楼オペラへの感謝を淡々と。これからもみんな好きな、それぞれの音楽を愛して下さい。とオフィシャルブログでも似たようなこと書いてたけどこのフレーズLUNA SEAの終幕ライブでのRYUのMCとカブる…。
リーダーでもあるVo苑さん何度も何度も話し合っての結論だと。(「ANOMIE」の)歌詞の中で「やりたいようにやっちまえばいい」と歌ってきたけど正にそういうことで。そこを押さえてしまったらもう自分じゃないとも。

直接的に結局何がどうだからとまではさすがになかったけど、こういった形で真摯に伝えてくれるのはありがたいし正直だけどだからこそ複雑な思いも直接伝わってくるようなそんな場面。会場の各所からはすすり泣く声も聞こえてきてた。
現編成で最初に作り上げた曲「瑠璃色で描く虹」。名曲「GLORIA」で本編終了。

アンコール最初にKeyあやくすが今日のライブ『飛翔』というタイトルについてとか(松山でBa燿さんがつけたとか)
「21mg」で気合い入れすぎたのか「天国の在る場所」中盤で急に声つらそうになった苑マン。その状態で「喝采と激情のグロリア」は正直演ってくれたわーいよりは大丈夫かちゃんと歌えそう?っていうひやひや感の方が大きかったんだけど。でも客席の合唱と演奏とで支えて辛そうながらもアカペラ部分も歌いきって。全員で華を添えられたなと。

ラストはアン様センターで並んで一礼。幕が降りた後も鳴りやまないアンコールにお苑が「また音が出せる場所でね」と客席にメッセージ(私は既にフロアから出た後でした)。
物販あとで通販ないこともあるかもと缶バッチなぞ買って、リーフレットを受け取り帰路へ。
今日の写真集と案の定のベストアルバムの告知に同日新作ミニアルバムのサプライズ。
今後ギタリストはどうなるのか。でも新作も同日に出ることでバンドとして止まらずに動いてくれるのは本当にありがたい。

アン様の今後についてのアナウンスはまだなし。いやな言い方になるけど脱退するほどのもの、脱退してまでやりたかったことを見せてほしいな、とね。

SET LIST
2016/07/22(Fri.)

SE.第九
01.Faust
02.落とし穴の底はこんな世界
03.RUSH!
-MC-
04.Justice
05.Psychic Paradise
06.Innovational Symphonia
07.青く透明なこの神秘の海へ
08.Utopia
09.Helios
-MC-
10.Sexual Entrapment
11.Jolly Rogerに杯を
12.BURNING SOUL
13.悲哀とメランコリー
14.ANOMIE
-MC-
15.瑠璃色で描く虹
16.GLORIA

-MC-
EN1 1.INDEPENDENT
EN1 2.21mg
EN1 3.天国の在る場所
EN1 4.喝采と激情のグロリア

写真撮るの忘れてた。

2016年05月12日

Angeloは1年4ヶ月ぶり。だったけど、んーこれでしばらくはいいかなってのが正直な感想。
たしかにバンドとしての勢いやグルーヴ感は強力なんだけども。これは完全に好みの問題で。

一昨年リリースのPSYCHEから漠然とあって、去年リリースのFACTOR、RESULTの2つミニアルバムで決定的かなと思ったんだけど。歌メロものが激減してるなって。タイトル曲FACTORとかは大好きなんだけど。実質フルアルバムで好きな曲が1曲2曲ってどうなので。

だからその時のツアーは見送って、今回の新旧織り交ぜツアーにしたんだけど、選曲を見るになんともね。
今公演でいったら好み曲と苦手曲がだいたい半々くらい?
まぁ今ツアーは公演ごとに全く違うから、日によりけりは少なからずあるんだろうけど。
でもCHAOTIC BELLとかFATEとかFEATHERとかPROGRAMとかシナプスとかは今ツアーでは演らないんだろうなーとか。
アルバムじゃないツアーで選曲されないってことはそういうタイプの曲はしばらくナシってことなんだろうなーとか。
で、FACTOR、RESULTも今回のツアーも絶賛しているレビューとか書き込みとか見ると、あー私の好みとずれてきてるのねという感じ。

まぁPIEROOT時代からですけど何作か間隔で[お気に入り←→ちょっと遠慮しとこうかな]を行き来しているアーティストさんなんで。
また次の音源が出た時どうしますか考えましょう。そういえば今年はAngelo10周年なのね。

SET LIST
2016/05/08(Sun.)

01.FAITH
02.URGE
03.SCENARIO
04.PANDEMIC
05.RESULT
06.Pendulum Clock
07.CALL
08.Voice of the cradle
09.結晶
10.連鎖
11.RETINA
12.DAY OF THE END
13.BLACK FLAG
14.Experiment
15.RIP
16.CONVICTION
17.Script error

EN1 1.FACTOR
EN1 2.Blind Light
EN1 3.薔薇の花
EN1 4.SEVEN DEADLY SINS
EN1 5.MULTI PERSONALTY
EN1 6.MICRO WAVE SLIDER

DSC_0591
メジャー4thアルバム地球を引っ提げての全国ツアーファイナルにして結成8周年のメモリアルデイ。場所は同バンド初(個人的にも初)のEX THEATER ROPPONGI
六本木駅からまぁチョロっと歩いたところに唐突にある感じ。屋上庭園が待機エリアでそこから降りて中に入る。会場は地下。天井がものすごく高い。2階指定席でライブ最初のあたり音響が?て瞬間がたまに会った気がしたけどエコーった感じだったのかな。
まぁ今回学んだのは1階スタンディング2階指定席の会場で2階指定席のチケットの時も入場は1階スタンディングの後になってしまうってことで。まぁ2階指定席券なのに前の方行かれるのを防ぐためってので理にかなってるんだけども無駄に待っちゃったなーとか。
それというのもアルバム封入券でランダムライブフォトチェキと交換ってのやってて早めに行った方がいいような気がしてで。まぁたくさん準備してあったようなので杞憂だったんだけど。ゲットしたのはVo.苑マンのチェキでした。

たぶんパッケージ化するんじゃないかなーと思ってたら、開演前注意で収録するのを知り喜ぶ私。
開演で2列前の人が立ちがっかりする私。いや立ちたいんなら1階フロアで見ろよと。いや立ちたいんなら1階フロアで見ろよと。いや立ちたいんなら1階フロアで見ろよと。(大事なことなので3回)

ボーナストラックを除く地球全曲プラス公演ごとに微変更というセットリスト。本編はもちろん。今回はアンコールでGLORIA三部作が聞けて大満足(GLORIA、Innovationalと来てInnovational終りにAnzi見て喝采のリフ弾き出したときは正に喝采状態)。
GLORIAも悠さんが荒ぶっててサビ前とかオカズ満載ドラムで凄かったし。喝采のアカペラは何度聞いても苑マンすげーって痺れるし。

摩天狼の時のイメージでてっきりダブルアンコールあると思ってたので1回で終わっちゃってあれまって気分だったけどもね。
確かに今回ツアーはどこもアンコール1回3曲だけだったみたいだけど、ファイナルなんだし特別にもう一声欲張りたかったってのが正直な気持ち。最新配信曲の炎の人の初演とかさ(どこかでもう演ってたりした?)。

SET LIST
2016/05/04(Wed. National holiday)

01.PANDORA
02.EMPEROR
03.致命傷
-MC-
04.BURNING SOUL
05.Psychic Paradise
06.Mermaid
07.君と見る風の行方
08.青く透明なこの神秘の海へ
09.FANTASIA
10.Good Bye My World
-MC-
11.YOU & I
12.蜘蛛の糸
13.RUSH!
14.SILENT SCREAM
15.ANOMIE
-MC-
16.ether
17.讃えよう 母なる地で
18.地球

-MC-
EN1 1.GLORIA
EN1 2.Innovational Symphonia
EN1 3.喝采と激情のグロリア
-MC-

IMG_20160504_214015

4月に入ってからの発表で、正直最初赤坂BLITZと聞いて冗談かと半信半疑でしたが(失礼ながら1階は当然スタンディングだろうという先入観で動員的に無理すぎるだろうと)。
椅子並べての公演であぁそれなら足腰にもやさしいし素敵よねと。
で、今回はプレゼント&終演後ミートアンドグリートつきVIP席なぞで参加。去年11月の活動開始8周年公演に続き、なんだかんだ節目節目の公演には足を運んでるなぁと思いつつ。

配布CDは長らくyukiya_022との仮タイトルだったGt.SHIGEさんとのツインボーカル曲の初音源化で結構嬉しかった。この曲8年前の初ライブからあったんじゃなかったっけ。SHIGEさんメインヴォーカル曲だけどBメロのYUKIYA氏パートが好きだったりするんだけど。

終演後順番にステージの上にあがって撮影タイム。ブリッツのステージに立つなんて少し感慨深いものもあったり。普通じゃ見れないものもパシャパシャと。
その後はメンバー他出演陣の感想コメントとお見送りサイン会。会場限定シングル封入の個人アー写ポストカード裏面に皆さんのサインを入れてもらいました。
サイン会や握手会の度にYUKIYAさんってこういう時すごく丁寧でいい人だーって思うんだよね。来年も5/2にブリッツでライブやることになったとMCで話していたので、一言『また来年!』とだけ伝えました。まぁその前にもう1回か2回くらい足を運びそうだけど。
去年11月の活動開始8周年ライブの時の告知では今年の5/2はレコ発ライブだったはずだけど、来年の5/2までには出てくれることを願ってます。

SET LIST
2016/05/02(Mon.)

SE
01.Latency Sorrow
02.ATSUSHI_006
SE.Haunt
03.die 4 you
04.Vincent
05.聖痕-stigma-
06.Inlandempire#02
SE.the lightningseeds
07.Miles
08.月の葬列
09.葬
10.TEAR
11.Again
12.羽根
-MC-
13.証-akashi-
SE.Akashi
SE.theEND

EN1 1.Kaleidoscope
EN1 2.桜回廊
SE.#006
EN1 3.#006(NUMBER SIX)
EN1 4.FLAW
EN1 5.drow
EN1 6.lost
EN1 7.あふれそうな涙
-MC-
EN1 8.Closer
SE.east of eden

より詳細なセトリはこちら

以下撮った写真の一部。
DSC_0590



DSC_0580



DSC_0584



DSC_0587


1月のCROSS VEINとの2マンに引き続き2度目のJupiter。ワンマンでは初。
なんで見るようになったかというと、摩天楼オペラのファンになりまして。
その交流のあるバンドさんを調べる中で先輩バンドがVersaillesと知り、あー何か聞いたことあるバンド名ーって思って、そちらが2012年末に活動休止してまして。
で今そのメンバー何やってんのと思ったらヴォーカルさんはソロとして活動中(摩天楼オペラのギタリストがサポート参加してたりしてたんだへぇー)。
他のギター2人ベースドラムは別のヴォーカルと新バンドJupiterを結成し活動中なるほどなるほど。
どれではYoutubeでも…。…いいじゃん!これ!!という流れで。
んでこの度のライブを持ってベースドラムの2人がJupiterを脱退、これが現編成での最後の公演ということで(Versaillesが今夏活動再開なのでベースドラムの2人は今後そっちオンリーってことなのかね)。
CD音源と同じメンバーの演奏はたぶん最後ってのとメンバー脱退とギター2人がVersaillesとの掛け持ちになるから暫く見れる機会もなくなるんじゃないかなってことで。

で新宿レニーは初めての会場ですが、新しい建物で西新宿駅直結(地下道を少々歩きますが)のアクセスで好印象。
横長で広めのステージであまり奥行きのない客席に(ステージ含めて円筒形)LEDメッセージボードにミラーボールにシャンデリアという、なんというか少なくとも間違いなくV系向きな様相。
ドリンク代600円ってのが地味な嫌がらせって位で総じていい会場かなと。

ライブ自体は第1期総括ってこともありめいっぱい演ってくれたなと。聞きたい曲全部やってくれた分ずっと立ちっぱで付かれたのが正直なところ。
意外だったのは女形ギタリストHIZAKIさんがボロ泣きしてたことかな。リーダーということもありいろんな思いがあったんだろうな。
この辺まぁファン歴浅い自分としては察するくらいしか(あとその分盛り上がるくらいしか)出来ないんだけど。

今回のライブのDVD化など次に関する発表も多々あったので意外とバンドが止まってる感は感じなさそう?
いいライブだったんで改めてゆっくりと見たいね。

SET LIST
2016/04/29(Fri. National holiday)

01.The Birth of Venus
02.LAST MOMENT
03.-己-Innovation
04.SACRED ALTAR
05.氷の中の少女
06.Heaven's Atlas
07.Rose Quartz
08.Scarlet
09.Darkness
10.絶望ラビリンス
11.Classical Element
12.Church Candle
SE.Introduction
13.ARCADIA
14.B.L.A.S.T
15.Shining
16.The History of Genesis
17.TOPAZ
18.Luminous

EN1 1.ARIA
EN1 2.Symmetry Breaking

EN2 1.SCENARIO
EN2 2.Blessing of the Future

DSC_0449
そういえばUPしてなかったので覚書程度に。
Ba.耀さんのインフル欠席は残念だけど4人でも熱いステージだったし、何よりDr.悠さんのスティックGETできたのが嬉しかった。
演者がステージ上からポーンて投げたのGETするってのは初めてでした。
やっぱ演奏で使ったものか結構傷付いたりしてるものなんだなーとか思いましたり。
DSC_0453























SET LIST
2016/02/14(Sun.)

-ドラムソロ-
01.Justice
02.Psychic Paradise
-MC-
03.INDEPENDENT
04.蜘蛛の糸
05.致命傷
06.Innovational Symphonia
07.アブサン
-MC-
08.Diorama Wonderland
09.Murder Scope
10.RUSH!
11.ANOMIE
12.BURNING SOUL

-彩雨チョコ配り-
EN1 1.Jolly Rogerに杯を
EN1 2.GLORIA

EN2 1.クロスカウンターを狙え
EN2 2.天国の在る場所

-MC-
EN3 1.Eternal Symphony

2016年02月06日

twitter界隈で前から話題になっていたハッシュタグ#私を構成する9枚。
なんとなく乗っかってみることに。

ちなみにまぁ構成するって大仰だけど基本ルールとして要は単に自分の好きなCD(世代によってはレコードも?)9枚を選出するってだけ。
人によってはアーティスト重複なしといったルールも適応させたりするようで。

自分は、
「アーティスト重複なし(1アーティスト1枚のみ)」
「オリジナルアルバムのみ(シングル・ベスト盤・ライブ盤なし)」
で自分の好きなCD9枚というよりも、今でも好きな音楽の入り口となった物、きっかけとなった物、そして今でも大好きなものを条件に9枚選んでみました。

Moldiv_1454758381241


ふむん。
では一枚一枚選出理由のようなひとことレビューを。
ちなみに画像の順番は単に左上to右下で発売日順です。

Mr.Children/Atomic Heart(1994年9月1日発売)
・小学校の教室で誰かが持っ来てて。使われているアーティスト写真の田原氏の浜田っぷりに吹いたのが最初の思い出。innocent worldはまさにこの頃からいつの日もこの胸に流れ続けてるメロディー。Round Aboutにシビれた小学生。母親に歌詞の耳コピを頼んだ思い出(さすがに英詩部分は無理だった)。Overの詩世界は当時はさすがに早すぎたね。

B'z/LOOSE(1995年11月22日発売)
・当時小学校のリーダー格の男がファンで、だから何となく毛嫌いしたかったんだけど、でも心の中では曲も歌もいいよなとか思ってた。本作収録のねがい、love me,I love you、LOVE PHANTOMの'95三部作は今でもこれぞB'zと思えるスタンダード。去年味スタでlove me,I love you聞けて嬉しかったなー。

X JAPAN/DAHLIA(1996年11月4日発売)
・「5年ぶりのニューアルバム」CD帯の煽りは、どのアーティストもアルバムはだいたい年1で出すのが普通だと思い込んでた当時の自分が興味を持つには十分すぎて、石丸電気のCD売場に流れてた(たぶん)Rusty Nailが意外にもキャッチーなメロディーだったりで迷った挙句購入。でも当時自分が聞いてたような音楽と違いすきで最初はなんとなくこっそりとヘッドホンで聞くことにしたり、その時の1曲目DAHLIAの衝撃は今でも忘れられない。

GLAY/BELOVED(1996年11月18日発売)
・思い返せばそもそも最初のきっかけは全日本有線放送大賞でBELOVEDを歌ってるのをテレビで見た時だったと思う。それ以前にTVガイド増刊の「うたの本」なる歌詞雑誌で夏ドラマ主題歌特集みたいなところでなんか歌詞がいいなってBELOVEDをチェックしてたのが本当の最初か(まぁその時はそれで終わりだったが)。で、たぶん初めて意識的に聞いたのが有線大賞のテレビか。で石丸電気のCD売場で初回盤が残ってるうちにって確保したんだ。表題曲は言うまでもなくa boyからラストまでの流れは秀逸。

L'Arc〜en〜Ciel/True(1996年12月12日発売)
・雑誌CDでーたの閉じ込みポスター付きのアーティスト紹介ページでなんだこのグループ名ってが最初だったと思う。あとはうたばんで見てhyde氏のキャラクターに魅かれてかな。実際買ったのは'97年に入ってからヴァージンメガストアで。これは今でも迷いなくラルクの最高傑作と言える。全曲好きな曲って言い切れる稀有な作品。アートワーク含めて完璧。

河村隆一/Love(1997年11月22日発売)
・CDTVでランクインしてたDESIREのPVが最初の印象。石丸でロゴ刻印プラケース付きの初回盤END OF SORROWを買ったはいいけど直後は何で買ったんだろうと後悔してた思い出。当時LUNA SEAと河村隆一を結び付けてたかは記憶があやふや。でもこれと同時期に出たLUNA SEA/SINGLESで一気に両方にはまっていったなと。

La'cryma Christi/Sculpture of Time(1997年11月12日発売)
・Ivory treesかTHE SCENTどっち先だったか忘れたけどこれもロゴ刻印プラケース付きの初回盤をジャケ買いしたのが最初だったと思う。このアルバムは最初はあまり耳なじみやすいキャッチーな新曲が少なくて何か微妙まぁ好きなシングル曲がまとまってるしって思ってた気が。今はそんなことないけど。アルバムとしての完成度と彼ららしさの音世界の魅力。1stにして最高傑作。ラストの「ナイトフライトに行こうよ」のフレーズでまた1曲目に戻るギミックも素敵。家族旅行で初の寝台列車に乗ったときNight Flightをウォークマンで聞いてた思い出。

PIERROT/FINALE(1999年7月7日発売)
・ストーリー性のあるコンセプト・アルバム好きになったきっかけ。これもちょっと豪華な初回盤をほぼジャケ買いして。で最初に聞く時、まぁとりあえずシングル曲から聞こうかな→「幾億の〜♪」→勝った!買ってよかった!って思って。99年という時代背景もあり2年遅れの中二病を併発してた尚少年はアルバム1枚で1本の映画のようなストーリーを見せる今作に完全に魅せられたわけで。壮大な輪廻転生の物語。WHAT'sINだったかに載ってたキリトの全曲紹介という名のストーリー散文詩を切り抜いてCDの中に今でも挟んである。MAGNET HOLICの詩を見たときはこれだよ求めていた物は!的な気分だったなぁ。これもブックレット含めてアートワークが最高。

Janne Da Arc/ANOTHER STORY(2003年2月13日発売)
・これもコンセプト・アルバム。小説版も買ったはずだけどそういえばどこにやったかな。PIERROT/FINALEがラノベ風ならこっちはハードカバー風というか。アートワークのイメージもあって童話的な雰囲気も漂う。名曲、霞ゆく空背にして、Raiy〜愛の調べ〜、Shining rayが含まれた後半の流れは秀逸。これは初回盤の仕様がとっても素敵。ブックレットも見ごたえがあるし、歌詞のフレーズピックアップ赤字色分けとか物語のキーアイテムのオルゴールのイラストとか。難点がCCCDってところがまぁなんというか時代背景やね。

以上、選ぶの意外と楽しかったし、機会があったら最近版も作ってみたいね。


2016年01月29日

自分用メモにセトリだけ。

SET LIST
2016/1/24(Sun.)

《CROSS VEIN》
SE.Julia前説アナウンス
00.Royal Eternity
01.Eternal Dream
02.Precious Liberty
03.Sweet Spell
-MC-
04.Masquerade(新曲)
05.Wondrous Nightmare(新曲)
06.forget-me-not
07.追憶は儚き雪
08.Brightest Hope
-MC-
09.Protect the Core
10.Maid of Lorraine
-MC-
SE.Julia終演アナウンス

《Jupiter》
00.SE
01.ARCADIA
-MC-
02.LAST MOMENT
03.SACRED ALTAR
04.Darkness
05.Decadence
-MC-
06.Iolite
07.Luminous
08.Scarlet
09.絶望ラビリンス
-MC-
10.Blessing of the Future

-MC-
EN1.The Birth of Venus (スペシャルセッション《Jupiter×JULIA》)
-MC-
EN2.Symmetry Breaking

2015年12月04日

・仕事休もうかと思いましたけど先週のTourbillonの日休んでしまいましたので、ちゃんとお仕事出まして。まぁ年度有給30日以上余ってるんで問題ないはずなんですが。
・というか仕事なんて普段以上に手がつきませんでしたが。
・定時にステルス退社し、一路横アリ浜ーナへ。今回は東急線活用で菊名から歩くことに。ひたすら住宅街を歩くことになり少々不安になる道のりでしたが。GoogleマップとGPS機能は素晴らしい。
・開演予定時刻19時の15分ほど前に到着。さっそく話題になってたVIP席ゲートをパシャり。まぁネタよね。ちなみにすでに物販は終了
・入場時、最近のいろいろなアーティストさん界隈で流行りの腕時計チックな光るバンドを受け取る。曲等に合わせて主催者制御でいろんな色に光るそうな。言ってみりゃサイリウム。退場時には返却とのこと(持って帰ってもひかりません)
・e+プレオーダーでゲットのS席は2階スタンドまぁ後方。ステージからの距離はまぁ近すぎもなく遠すぎもなく。隣の席は30代女性1人、4・50代女性ペアというまぁ1万越えのチケットだしバンドもファンもキャリア長いしという納得。自分もスーツだしね。
・既に開演時間を経過し、まもなく開演しますのアナウンスも入ったのに案の定始まらず。客席はそこかしこで思い立ったファンによるWeAreX!!のコール&レスポンスがくり返されたりウェーブしたりみんな元気。
・19:35客席ウェーブが流れ切ったタイミングに合わせて暗転。平日を考慮して19時開演に設定したのはポイント高いけどそれ以上遅れるとそれだけ終演が遅れるのでねぇ。どうせ中番ダラダラやるんだろうし
・JADE まぁもうこの曲始まりは今後数年続くのでしょう。よっちゃんが体温めるのにもちょうどいいテンポだろうし。
・ちなみに基本撮影OKなので、パシャパシャ撮りますが距離があるし手ぶれるしでまぁお察しレベルの写真に。どうせこんなレベルのしか撮れないんだから日本も全面OKにすればいいのに。おそらくファンの楽しみ優先ってのに加えて、SNSとかで話題なることを見越してのプロモーション効果を取ってるって面もあるんだろうな。まぁステージに近いとより鮮明な写真になってまた状況は変わるんだろうけど。今更Xのライブ写真の商用転用もたかが知れてるだろうし。アイドル系はやっぱそこは厳しめにすべきだろうし。やっぱ難しいのか。
・尚、動画とフラッシュ撮影はダメです。
・T「会いたかったぜ! 横アリ浜ーナ!!」HIDEの呼び方はお決まり。T「隣のヤツに負けんじゃねーぞ!!」Toshl節も完全に戻ってぞうますなー。
・WEEK END なんか毎回やってるイメージだったけど実はちょっとひさびさだったのね。HIDEのコーラスパートをSUGIZOが歌ってたのが印象的。HIDEモデルにあった薔薇と髑髏の新作ギターを使ってましたね。
・Beneath The Skin 逆にこの曲は完全にSUGIZO節よね。ノイジーなギターソロとか特に。
・Toshlの靴にも光るバンドと同じものがしこまれてるのを羨ましがるYOSHIKI。Y「俺のコルセットも光らせて欲しい。みんなファッションだと思ってるでしょ。ホントはつけたくないんだけど。つけてないとガクンっていくかもしれないから」ってさりげなく不安になることを言わないでほしい。
・出逢った頃からの昔話の細かいところから話し出すYOSHIKIにツッこむToshl
・客席の歌をレコーディングしたいということで新曲Kiss The SkyをYOSHIKIピアノToshlボーカルで少しだけ。つっても客席はWOWWOWだけ。というかこれの客声録りってルナフェスでやったんじゃなかった?
・T「これって1ヶ月前に出来上がっている予定だった曲だよね。今頃録ってて大丈夫なの?」Y「遅れたのはお前らのせいだ!」T「それいいね! …まぁだいだいYOSHIKIのせいなんだけど」
・Y「じゃあ最初Toshlが歌って、その後転調して(と長々指示だし)」T「俺はいいけどお客さんポカンとしてるよ。まぁ行けるか!」強行。言い回しは違うかと思うけど大体こんな感じの会話。
・HERO 前の横アリMSGの時は新曲なのに毎回サビ客席に歌わせてて、Mステスーパーライブの方がちゃんと歌ってたという。今回はちゃんと歌ってたりもしましたね。
・PATA+HEATH SOLOからのDRAIN。まぁこの流れはよっちゃんの休憩の意味も含めて必要なのはわかるけどね。HIDEコーラス薄ら使われてた気がしたけど気のせい?
・SUGIZO Violin SOLOで一瞬LUNA SEAライブになる。そのままバイオリンでTearsの前奏になってToshlのギター弾き語りへ。ちなみにこのコーナー3日連続でToshl号泣の様子。
・YOSHIKI Piano SOLOで月光を弾きまたLUNA SEAっぽくなる。Drumソロではドラムセットが浮上。正直キツイならドラムソロもっと短くていいんだけどそこは本人がやりたいんでしょうかね。
・Forever Love LASTライブ以降花道の先でのドラムソロ終了後、ステージのToshlが歌いだして、YOSHIKIが花道の先から戻ってくる途中で抱き合って〜って流れが定番化しちゃっててヤだったけど、今回は花道なし定位置ドラムでのソロ、歌いだしもステージ上だったのでそれはなし。バックは昔の思い出のアルバム風の写真集。
・紅 最近は「I couldn't〜」の歌いだしカットばかりですね。
・Born to be Free 最新配信シングル
・X 曲中のメンバーコールは7人分。割と毎回順番違うような気がする。今回から「飛べ〜飛べ〜屋根をぶち破れ!!」はHIDE VTRを使わず今日はYOSHIKIToshlが交互に。Toshlは物まね含めて。

・アンコール明けの前にウェンブリー公演合わせのドキュメント映画の予告編映像。あーこれhide映画と同じにおいがする。すなわち全力で世界中を泣かせにかかるなこれ。
・WORLD ANTHEMに合わせて再登場。メンバーコールの男性ボイスは2009年ドームの流用? YOSHIKIが肉声で「and TAIJI!!」とかぶせた。
・Rusty Nail アンコールのこの演奏位置で聞くのは初。好きな曲だけど何度か聞いてるので2日目演った最速Silent Jealousyの方がよかったなーと思いつつ。
・Endless Rain バックには過去のEndless Rainの演奏シーンを編集したものが流れる。さすがに合唱そんなに長時間やらなかったね。
CVTwH3BUAAAGJDZ・でPianoソロからの後半部だけのART OF LIFEもいつの間にか定番に。もうさすがに声もきついのか1行飛ばしだったりな感じだったな。
・でエンディング。SEの全英詞版Tearsは発表しないのん?
・時間が時間のでふれあいタイム早々に切り上げて欲しいなーと思いつつ。
・Y「HIDEが旅立ちTAIJIも旅立ってしまったけど、HEATHがSUGIZOがいてくれた。俺たちはこれからも7人で」
・終演22時45分。慌てて帰りのルート探索。
・帰りの電車でパシャパシャ撮った写真を選別。かなりの枚数がなんかよくわからない感じだったけど、まともに見れた写真をTwitterにアップしたところで日付が変わりました。

SET LIST

SE.Miracle
01.JADE
02.WEEK END - Short ver.
03.Beneath The Skin
04.Kiss The Sky - 1 Chorus (Recording)
05.HERO
-PATA+HEATH SOLO-
06.DRAIN
-SUGIZO Violin SOLO-
07.Tears -Toshl SOLO-
-YOSHIKI Piano SOLO- 月光 第一楽章〜Miracle
-YOSHIKI Drum SOLO-
08.Forever Love
09.紅
10.Born To Be Free
11.X

-X JAPAN DOCUMENTARY MOVIE PV-
SE.WORLD ANTHEM
EN1.Rusty Nail
EN2.ENDLESS RAIN - Short ver.
EN3.ART OF LIFE - 2nd movement
SE.Tears - English ver.
SE.Forever Love(Last Mix)

フォーラムAホール2階席はちらほら空席もあって音響はいいけどやはりもてあまし気味。まぁ立ったり座ったり見できてこっちは楽だったけど。
RYU機嫌いいのかMCが終始妙なテンションで。とりあえずINORANとこのおっさんら仲良すぎって感じで。
葉山氏が完全にいじられキャラだったけど昔からだっけ。
Zeppツアーに向けて作曲って話もあったけど、ならば正直3曲新曲のベスト盤なんて出さないで、トリプルA面シングル→3rdアルバムってしてほしかった。
というか1st2ndってもう廃盤してる?だからベスト出すことにしたの? ならせめて既存曲も再録してほしかった。ビヨン時代はRYUの歌い方が1番粘っこかった時期でもあるのでw

01.悪夢のスパイラル(新曲)
02.HEAVEN
03.アゲハ
04.Saturation
05.眠りの森の君
06.Nameless Greenness
07.karna
08.杞憂
09.Selfish
10.もう一度君に
11.Colorless Images(新曲)
12.Hyper na blue
13.fight
14.kagari-bi(新曲 feat May J.)

EN1.バラは散る為に
EN2.your place

まぁでも質ソングばかりというかいわゆるアッパーな盛り上げ曲ってのが無いよね。
かろうじてそういう方向性のHyper na blueやfightもあんま好きな曲じゃないし。
というか好きな曲と嫌いな曲の差が激しいんだよね。アゲハとか大好きだし。Breezy Night Journeyが聞けなかったのは残念。
来年もTourbillonとしての活動があるかとかはZeppファイナルで明かさせるのかね。何も決まってなさそうだけど。

2015年08月24日

10年以上前の曲「タガタメ」の歌詞が今という時代に突き刺さって震えた。
終わりなき旅から未完へとそれでもドアをノックし続ける彼らにただただ
満足でした。

SET LIST
2015/08/23(Sat.)

01.未完
02.擬態
03.ニシエヒガシエ
04.光の射す方へ
05.CHILDREN'S WORLD
06.運命
07.FIGHT CLUB
08.斜陽
09.I can make it
10.忘れ得ぬ人(sub-stage)
11.and I love you(sub-stage)
12.タガタメ(sub-stage)
13.蜘蛛の糸
14.REM
15.WALTZ
16.フェイク
17.ALIVE
18.進化論
19.終わりなき旅
20.幻聴
21.足音 〜Be Strong

EN1.I wanna be there(sub-stage)
EN2.overture
EN3.蘇生
EN4.fantasy
EN5.Tomorrow never knows
EN6.innocent world
EN7.Starting Over

2015年06月20日

とりあえずGLORIA聞けて満足。

SET LIST
2015/06/17(Wed.)

01.ether
02.落とし穴の底はこんな世界
03.RUSH!
04.Psychic Paradise
05.Mermaid
06.Round & Round
-Drum Solo-
-Inst. Call&Responce-
07.致命傷
08.蟻の行進
09.蜘蛛の糸
10.CAMEL
11.ANOMIE
12.クロスカウンターを狙え
13.永遠のブルー
14.喝采と激情のグロリア
15.GLORIA

EN1.君と見る風の行方
EN2.悲哀とメランコリー
EN3.天国の在る場所
EN4.Orb

2015年06月14日

・前日朝9時にe+から【いよいよ今週末開催!】B'z 味の素スタジアム公演 一般2次発売中!なるメール着弾。一般販売開始時はスルーしてたけどまだ余ってるんかい。と思いつつ。翌日の天気確認。あ晴れそう。少し黙考。弟に相談しようか(恋心の『松本に相談しようか』のノリで)
・まぁ前日なのでお察しレベルの席しか残ってないだろうしということでなぁA席でいいかと思い、弟さんもA席価格ならって感じだったので購入決定。しかし残ってるのはS席だけだった。でも行く気分になってたので弟さんはA席価格でいいから期限切れ退会FC再入会を要請。
・ということでS席購入。独自システムらしく入場ゲートしか券面からは判断できず。入場時にチケット印刷のバーコードをもぎりさんがピッとしてレシート風の座席券が出てそれを貰うらし。前GLAYさんのMOBILE会員限定渋公でそんなシステムだったなー。
・券面にはバックB1と書かれてて、どうやらバックスタンドステージより側ゲート。とりあえず一番遠い席じゃないと分かり一安心して当日を迎える。
・新宿経由で飛田給へ。というかずっと「ひだきゅう」だと思っていたのは内緒。公共交通手段がほぼ京王線1択なので行きの時点での人ごみに早くも終演後を憂う。
・とりあえず駅から味スタまでの徒歩10数分の間のコンビニ攻勢が必死。まぁペットボトル飲料は100円ローソンが強いと思った。
・味スタ正面でパシャって物販エリアへ。基本曇天。野外ライブとしてはおそらく最良な気象(まぁグッズエリアにいたころほんの少し降ったかな)。
・とりあえずまず発売したばかりのシングルRED(会場限定ステッカー付き)を購入。ライブ会場のCD屋さんてほぼかならず山野楽器なんだけどライブ主催者(今後援はキョードー東京)と提携してるってことなんかね。
・物販では買おうと思ってた黒地カラーロゴのツアーTシャツを弟さんに買われたので、同じシャツ買ってもなぁと思いネイビーカラーのを選択。そういえば弟さん普段使いようにチャリティーマグカップ買ってたと思うんだけど使ってないな。
・で止まってたトラックをパシャり。4台ほどいたのかな。記念撮影スペース。
・そのあと弟さんは500円ガチャガチャコーナーへ。ツアータイトルドッグタグとスマホスタンドが当たってたようで、あれスマホスタンドは貰う気満々だったけどまだ貰ってないや。
・でFCブースへ。どうやら先にオンラインで必要事項入力登録してからのシステムらしく会場にQRコードとか。旧世代ガラケーでかつメール受信拒否設定ガチガチの弟さんはかなり時間かかって四苦八苦。やっとのことで登録できたものの最後に表示されるQRコードが画像のサイズオーバーでどうやっても表示できず、結果兄スマホでQRコードを表示させFC入会ブースへ。なんとか手続き完了。
・まぁ結果いい感じに時間がつぶせて、会場内へ。レシートに印字されたのは下層(1階)スタンド、2X列目一番端っこ。ステージのメインビジョンや奥まったところは見れないけど上手花道とかはいい感じ。
・それにしてもなんなんだったんだろうね。場所によって身動きできないほどコンコースも込んでたり、男子トイレでかなり並ぶのも珍しい。
・でステージセットの一部である車(いわゆるスポーツカー?まぁガワだけみたいだったけど)をクレーンで引き揚げたり積み上げたりしてるのを眺めつつ。
・開演。VTRとともにステージ上に置かれてたアルバム「EPIC DAY」のジャケット再現オブジェから風船が空へ。あーこれドーム会場ではやらないんだろうなーとか思いつつ。
・1曲目「RED」まぁほぼ想像通り。ステージ上のそこかしこからREDフラッグが出てきて、稲葉さんは上下ピンク…ピンクかよ!?
・で、端っこ席の弊害。演奏始まってもどこから出てきたのかどこにいるのか分からず。
・アルバム曲「NO EXCUSE」を挟んで最初のMC『あれ雨降ってませんけど』
・でステージとアリーナ最前の間で暗幕に隠されていたものがクレーンで引き上げられる…。超巨大ピンク色ブラジャーw
・『これは僕の長年の夢の…みなさん軽蔑の目で見てると思いますけど。名前は「エピックブラ」。別に深い意味はありません。大きいということくらいかな。縁起物ということで勘弁してください! 』
・『でちょっと裏返してもらっていいですか』ってなってくるーりと裏返ったブラの内側にはいつもの「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」の文字が。
・というかこのエピックブラこそ物販で売ればいいのにと思ったわ。ブラなり水着なり。たぶん売れるで。
・『B'zのLIVE-GYMにようこそ!!!』『スタジアムツアーと言いつつ野外なのはこの会場だけなので外ならではの風を感じてください』『味の素スタジアムは2002年(違ったかも)のイベント依頼なんですけど、こうしてまたここでできることをうれしく思います』こんな感じのMC。さすがにうろ覚え。
・FCアンケート上位だったらしい「YOU&I」。あーこの曲好きだわ。
・そして「love me, I love you」。初めてB'zを意識したのはこの頃だよね。札幌だかで撮影のPVの印象が強い。
・というかこの2曲が20年前の曲という事実に愕然。
・続いて「HEAT」。これも人気上位だったらしく。最初特段に印象なかったんだけどアルバム「EPIC DAY」付属DVD収録のライブ映像見て大好きになった。ぜひ聴きたいなー思ってた曲が早くも演奏されて私歓喜。
・しばらく「EPIC DAY」収録曲のターン。アルバムはそんなに聞き込んでいませんでした。
・Key soloからの「熱き鼓動の果て」。B'zらしい曲だと思う。でこの曲でスタジアム中央付近まで花道が伸びる。その先は櫓っぽくなってて移動可能。曲末の「もうすぐであなたに会える」に併せてステージの反対側へ2人移動。
・稲葉さん『人力で移動ってビックスターの気分ですが』
・サブステージは2人きり。稲葉『こんな2人面と向かってってこともあまりないんですが』
・「ZERO」をアコースティックで。これがまぁファンの皆さんから割と不評なようで。GREENの時は「恋心」だったかな。それは良かった記憶があるんだけど。
・続いて「BlueSunshine」。これこそGREENツアーの思い出ですね。
・ステージ移動しながら『有頂天になってもいいですか!』と稲葉氏
・「有頂天」から「ultra soul」もう個の曲は欠かせないのね。
・「BURN」は文字通りあちこちから火の手が上がり、「Las Vegas」では煌びやかな電飾とダイスやルーレットといったバルーンが登場し、「EPIC DAY」ではクレーンに吊るされた車が上がったり下がったり落っことしたり。
・まぁでかい会場ならではの演出ってのがありまして。もたついてるように見えたり、意味不明なのもあったりだけど、良かったんじゃないかと。というかスタッフ大変だなと。

・アンコールは2曲「イチブトゼンブ」「愛のバクダン」やっぱ盛り上がるね。
・そして最後の特効ドーン。完全に不意を突かれめちゃビビる。
・B'zのライブは最後にみんなで『おつかれー』っていうのね。

・でまぁ規制退場にせき止められまして、しかもなかなか出してもらえなくて。
・あげくぞろぞろと数万人が飛田給駅へ向かうわけですよ。そりゃ駅も入場規制になるというね。
・まぁ会場の仕様として仕方ないんだけどもさ。この辺が味スタがイベントごとにあまり使われない理由のひとつなんだろうけど。

SET LIST
2015/06/13(Sat.)

01.RED
02.NO EXCUSE
03.YOU & I
04.love me, I love you
05.HEAT
06.アマリニモ
07.Exit To The Sun
08.Black Coffee
09.君を気にしない日など
10.Man Of The Match
11.熱き鼓動の果て
12.ZERO (acoustic)(sub-stage)
13.Blue Sunshine(sub-stage)
14.有頂天
15.ultra soul
16.スイマーよ!!
17.BURN -フメツノフェイス-
18.Las Vegas
19.EPIC DAY

EN1.イチブトゼンブ
EN2.愛のバクダン

まぁ大きい会場、野外会場ならではのライブだったな、と。ホールアリーナよりも満足度は高そうな気がする。外でのライブは外ならでは良さがあるよね。
どうやらTAKURO夫妻も見に来てたらしいとの情報もあり、松本さんと仲良すぎるね。誕プレにレコードプレーヤー+おすすめ貰ったとかGLAY MOBILEラジオで話してたし。また一緒に作品作ったりとかしないかな。

2015年06月13日

・入場前割とのんびりしてたら結構ギリギリ。それでもパシャパシャ写真は撮る。HEROESトラックと正面の看板。あとFC入会ブースでまたFC幕張やるんだーとか。
・アリーナFブロック。期待むなしく後方ブロック。
・完全にアリーナツアーのセットをスケールアップした感じ。あちこちに中に何か入ってるバルーンが浮いてるので途中で割れるな、と。
・席についてほどなく開演。10年をさくっと振り返るVTRのあと、アリーナツアーではメンバーが下りてきた部分から降臨したのは白ジャケットonly。メンバーはきょろきょろ探す5万5千。
・で、後ろのホームベース付近の4機の気球にそれぞれ乗り込んでいるようだと。そして浮上。JIRO、HISASHIは旋回しつつ先にドームを半周しつつステージへ。TERUTAKUROは2階席あたりまで高く浮上してからの半周。
・とはいえ気球を見て「あー奈々さんと一緒か」と思った人はまぁ数百人はいるんじゃないかと思うんだけどどうだろう。
・そしてスチャッとジャケットを着替えてHEROES。1曲目は予想通り。
・逆にまさかのYoung oh! oh!。『ドームと言ったらこの曲』と言ってたけど、確か最初の99年ドームのビデオCMがこの曲だった気がする。
・everKrackはHISASHIによる雑コラ祭り。何気にこれまでのジャケットとかいい感じに振り返れてよかったけど正直演奏よりそっちが気になって。割と面白いのが困る。電流ビリビリになったりHISASHIステッキに頭打ち抜かれたりとリーダーへの扱いがひどいw
・FreezeMyLoveは10年前2005ドームの印象が強いかな。オープニングのホワイトロードから転換して盛り上がっていくぜの2曲目の印象。
・妄想コレクターはアリーナと若干映像変えた感じ?ここからはアリーナツアーを踏襲したMUSIC LIFE曲が続く。
・浮気なKISS ME GIRLはヤンキーTERUが小学生からスラーゲームをカツアゲする映像が挿入。アリーナ同様スラーバルーンの投入とここで割れた何か入ってるバルーン。中に入ってなのはミニズラーバルーン(カラフル)。まぁ仕様上真下の席のあたりにだけ大量に降り注ぐため大変(スタッフのみんなに分けてーという声)とりあえず1個ゲットできたけど。
・というかアリーナツアーの時からだけどVTRだったりスラーバルーンだったりでほとんど曲が見れない浮気なKISS ME GIRL
・10年前と同じく溝口肇氏率いるストリングス隊と名曲のターン。歌詞もビジョンに映し改めてかみしめる。
・GLAY'S FILM JIROvsHISASHIでも曲頭のVTRは東北EXPOとほとんど同じ曲中はPV風のVTRでTAKURO氏に狙撃されてTO BE CONTINUED。まだ続くんかいという空気。というかBLACK MONEY音源化はしないんかねぇ。
・こっからはアリーナと同じくスパートモード。百花繚乱のアニメがまた変わってたね。東京五輪招致おもてなしとバックトゥーザフューチャー?(戻り先が10年前のドーム公演日だった気がする)とか。
・FAMEのマイク直しががりのTシャツ文字に「ドームありがとう」が追加。
・ラストは疾走れだと思ってたけどBLEEZEでした。

・アリーナツアーではビートマニアだったアンコールと拍手のタイミング合わせゲームVTR。今回はCROSS×BEATSでのオリジナル譜面が。
・アンコールは客席で見てた10年前のサポートキーボード斎藤有太さんをステージにあげまして。本人以外には弾いてもらうと伝えてあった雰囲気。その場で承諾し2曲演ってくれました。やたらスタッフの人に今日どの席か聞かれたとか小話も。
・HOWEVERではTERU氏喋ろうとしてるのに有太さん演奏始めちゃって遮ったりとリハなし感。
・有太さんが10年で解散してしまうバンドも多い中、ドームでライブできるだけの活動を続けてきたってのはすごい発言。
・この曲のPVで楽しそうな人たちなんだと知ってくれた人も多いはずとの話からSOUL LOVE。アンコールのこの位置でってのは意外。
・SHUTTER SPEEDSを挟んで微熱(A)girlサマー。この曲もアンコール位置だとは思ってなかった。カラオケ風字幕が付いてたんで改めて尚兄の文学センスに惚れる。
・ラストMUSIC LIFE。名曲。

SET LIST
2015/05/30(Sat.)

01.HEROES
02.Young oh! oh!
03.everKrack
04.Freeze My Love
05.妄想コレクター
06.祭りのあと
07.Only Yesterday
08.浮気なKISS ME GIRL
09.pure soul (guest strings (conductor:溝口肇))
10.つづれ織り 〜so far and yet so close〜 (guest strings (conductor:溝口肇))
11.軌跡の果て (guest strings (conductor:溝口肇))
12.BLACK MONEY
13.誘惑
14.百花繚乱
15.FAME IS DEAD
16.TILL KINGDOM COME
17.BLEEZE

EN1.さくらびと (guest key:斎藤有太)
EN2.HOWEVER (guest key:斎藤有太)
EN3.SOUL LOVE
EN4.SHUTTER SPEEDSのテーマ
EN5.微熱(A)girlサマー
EN6.MUSIC LIFE


・2階スタンド3塁側3列目。全体が見渡せるという意味では好ポジション。
・あやっぱ今日もジャケット回収の儀式するのね。
・基本的に前日と同じ登場。ホームベースからステージに向かう時、昨日とは逆サイドから回っていったのかな。(初日HISASHI3塁側回り二日目1塁側回りだったので)
・疾走れ!ミライからに変更。んじゃHEROESはラストか。
・というか2階スタンド揺れまくってビビる。普通に曲に合わせて体揺らしてるだけでぐらぐら。前日地震あったから特に。
・Freeze差し替え月はお決まりだね。
・いきなり誘惑で驚く。
・春を愛する人の「シングルになってない曲」発言にアレって。口唇のc/wにしたのはTERUさんだって聞いたけど。シングルA面曲じゃないって意味か。
・WOWOWライブビューイングにも触れたとき「なぜか渋谷でもやってるんだよね。来いよ」ってなニュアンスの暴言も。
・Only YesterdayはJIRO氏が異様に楽しそう。
・とりあえずこっからは前日と一緒。軌跡の果ての曲前にTAKURO氏によるレコーディング当時の寿司屋でのエピソードとか。「TAKUROのために歌うよ」って名言には聞きおぼえがある。
・嫉妬と言えば2011年幕張メッセでのFCライブでのミス。期待にこたえてまた同じ失敗をしてくれた照彦氏。来年再び幕張メッセでFCライブです。
・HEROES終わってアンコール待ち。たぶんこのあとは…とYOSHIKIのインスタ見て知ってた何割かはそわそわ。

・案の定昨日のCROSS×BEATS譜面ではなく、年ごとにPVやライブ映像を遡って行く新映像が流れる(でも最初ビジョンの調子が悪く音だけが流れたのが残念、パッケージ化の時はちゃんと入ってるかな)
・そしてデビュー当時まで遡ってVTRは終了。ステージ上にメンバー揃っててステージ中央。下からせり上がるクリスタルのグランドピアノ。ForeverLoveの調べに乗せてYOSHIKI降臨。
・RAIN なんてスペシャルなんだろう。TERUさんの言葉を借りるなら「幸せだなあ」TAKURO氏の言葉を借りるなら「華がある!」。一人でこれだけ空気を変えてしまう人間をほかには知らない。手の怪我も感じさせないほどの繊細な調べは後奏まで55,000人の心をつかんだのでした。
・コメントを求められて涙声のよっちゃん。メンバーとはまた違った意味で心に来るものがあったんだろうな。
・TAKURO氏の「抱き締めさせてください」から始まったはぐはぐ祭り。セルフィー祭り。GLAYには「We Are Xみたいなのないの?」
・Xでは18回東京ドームでやってるけど20回目はGLAYにも出てもらおうかなコメントにわく。
・まさかWe Are Xやるとは思わなかった。
・よっちゃん退場して生きてく、彼女と鉄板コース。
・SHUTTER SPEEDS冒頭のJIRO氏の「楽しいー!」が印象的。
・MUSIC LIFE曲のテーマ的に函館でもやりそうだけどしばらくは封印ですかね。
・最後メンバー一言ずつでみんな「TERUをよろしく」と言い添えるのがまた。
・HISASHI「We Areー!」客「X!!」HISASHI「そこはGLAYだろ!」それは無茶ぶりだと思います。
・TERU「新たな夢が出来ました!次はXとドームだー!」

SET LIST
2015/05/31(Sun.)

01.疾走れ!ミライ
02.Young oh! oh!
03.everKrack
04.月に祈る
05.誘惑
06.春を愛する人
07.SOUL LOVE
08.Only Yesterday
09.浮気なKISS ME GIRL
10.pure soul (guest strings (conductor:溝口肇))
11.つづれ織り 〜so far and yet so close〜 (guest strings (conductor:溝口肇))
12.軌跡の果て (guest strings (conductor:溝口肇))
13.BLACK MONEY
14.嫉妬
15.百花繚乱
16.FAME IS DEAD
17.TILL KINGDOM COME
18.HEROES

EN1.RAIN (guest piano:YOSHIKI)
EN2.生きてく強さ
EN3.彼女の"Modern…"
EN4.SHUTTER SPEEDSのテーマ
EN5.微熱(A)girlサマー
EN6.MUSIC LIFE

あとでXのギタリストでもあるSUGIZOも会場で見てたとか、実はYOSHIKIさんに出てもらうのはリーダー6年に渡るお願いプロジェクトだったとか、最終的に出てもらうと言質を取ったのはXのMSG打ちあげの時だったとか、面白い話をGLAY MOBILEでTAKURO氏が語ってくれてました。
今回の公演もEXPOばりの豪華パッケージで出してくれるとうれしいね。

2015年02月09日

・横浜アリーナはセンター席。上手花道の先から12・3列というまぁ好ポジション。
・2度目なのでじっくり登場シーンを確認。というか改めてみるとTAKURO氏のEXILE化が激しい。
・BLEEZE始まりということはたまアリ初日と同パターンベースとわかりちょい残念。JIROさんミスったらしいけど私気づかず。
・横浜アリーナで360度はGLAYさん初だとか。いつもより2000人多く入ってるらし。登場シーンの歓声で見るの初めての人率が大体わかるとか。今日は2回目以降の人多いねーって(実際手ー挙げてーでは意外と初見の人も多かったようだけど)
・横アリならではのセンター席アリーナ席スタンド席がごっちゃになるTERUさん。前のジャスギルツアーでは完璧だったのに。
・差し替えFreeze My Love。月に祈るもこの曲も今のライブアレンジで再録してくれませんかねー。
・『それでは聞いてください「祭りのあと"で"」』→暗転→客席ざわざわ→客席クスクス→ステージ明るくなって言い訳タイム→(笑)状態で曲入り
・浮気なKISS ME GIRLでTOSHIイントロミスったようだけど気づかず。巨大バルーンがたくさん登場だけど正直センター席は落ち着いて見られない。花道の先にいたリーダーが何個も跳ね返してた。
・差し替え都忘れ。なんだかんだで割と頻繁に聞けてる感。やっぱいいね。
・Hospital〜つづれ。光が昇っていく演出ちょっと変えた? そしてSEIさんミスる。
・差し替え1988。ひさびさ。白べストDisc3曲はFAME以外は全然やらなかったから。TERUさん歌詞で「since」って入れるの忘れてる?
・百花繚乱。ラストにYAVAIYAVAI繰り返しのところでCRAZY DANCEを挟む。あー汎用性高いですね。LetMeBURSTでもいけるんじゃね?
・FAME 花道の先でスタンドマイクでリーダー叫ぶんだけど、そのたびにスタンドマイク位置修正する人。登壇するたびにTシャツのバックプリントの文字が変わるという小ネタ。「直し入りまーす」「またまた直し入りまーす」「・・・」「いい加減にせい!」ってな感じで。重ね着してて脱いでいってた。
・本編ラストが疾走れ!ミライに変更。

・メンバー紹介。TOSHIマジック披露。SEIさんダメ出され。浮気なKISS ME GIRLイントロやり直し。JIRO「BREEZE」ミス自白。『じろうちゃーん!』『俺本名よしひとだっての!』。『男子ー! 女子ー! そうでない人ー! 見た目は大人、頭脳は中2。港区からやってきましたHISASHIでございます!』。MC中あと3曲とアンコール曲数をばらすHISASHI。TAKURO氏ふたたび「GLAYアカデミー賞」「GLAYラジー賞」設立を宣言。『祭りのあと"で"』って(今ツアー)2度目だよね。(アンケートにて)「TAKUROさんなんで『梨汁プッシャー!』ってコーラスしてるんですか?」(You're Specialの空耳)
・TERU「デビューして20年経って初めて気付いたことがあるんですが、ステージ上が楽しければみんな楽しいってことがわかったんですよ」あー今日とかまさにそんな感じ。
・さいたまでの東京ドーム発表以降は例の告知VTRは各地の方言バージョンで生アテレコだったらしいけど。横浜ではうーん。ということでTERU「勝手な横浜のイメージ」でヤンキー口調に。でも結果中居君風になる。
・アンコール曲は変わらず残念。
・オーラスがMUSIC LIFEに変更。今ツアーはこの方がいいね。

ビデオシューティングは翌日だとか。ROCK AROUND THE WORLDツアー、JUSTICE & GUILTYツアーに続きまたもビデオシューティングじゃない方の土曜公演を見る結果に。

SET LIST
2015/02/07(Sat.)

01.BLEEZE
02.ビリビリクラッシュメン
03.Cynical
04.Freeze My Love
05.妄想コレクター
06.祭りのあと
07.DARK RIVER
08.Only Yesterday
09.浮気なKISS ME GIRL
10.都忘れ
11.Hospital pm9
12.つづれ織り〜so far and yet so close〜
13.1988
14.百花繚乱(曲中でちょっとCRAZY DANCE)
15.FAME IS DEAD
16.TILL KINGDOM COME
17.疾走れ!ミライ

EN1.More than Love
EN2.彼女の“Modern…”
EN3.MUSIC LIFE

自分用メモにセトリだけ。

SET LIST
2015/01/04(Sun.)

01.Deep Psyche
02.SCARE
03.PERFECT PLAN
04.THE CROCK OF ULTIMATE
05.連鎖
06.Climax Show
07.声にならない声
08.SCENARIO
09.PRAY
10.報いの虹
11.A new story
12.PROGRAM
13.RIP
14.RETINA
15.MADMAN MAKE QUANTUM VARIATION
16.Angry sheep
17.FAITH
18.Script error

EN1.Beginning
EN2.Crave to you
EN3.想像の楽園
EN4.Doll
EN5.PLOSIVE
EN6.シナプス

自分用メモ程度にセトリだけ。

SET LIST
2014/12/30(Tue.)

01.もう一人の花嫁
02.ローンデイジー
03.忘却セルロイド
04.EVE
05.アポトーシス
-Key solo-
06.紅 [X JAPAN cover]
07.21mg
08.coal tar
09.クロスカウンターを狙え
10.frill
11.Murder Scope
12.天上への架け橋を
13.眠れる夜
14.Eternal Symphony

EN1.RUSH!
EN2.致命傷
EN3.喝采と激情のグロリア

2014年12月26日

年末ぶっ倒れてたので年明けてようやく思い出しつつ記事完成。

・まさかの1階スタンド(200Lv)上手最後列。というかステージとアリーナ1列目の間スペース(カメラとかあるあたり)真横という超微妙席。というか開演前客電ついてるのに暗くて席番がスマホで照らさないと読めない。
・やや客入り遅れて20分弱押し?アンセム始まりだったのは○。じゃあたぶん横浜はLOVELESSかね。
・おー2曲目でTONIGHTかと驚くも、よく考えたらホールツアーと一緒だった。
・とりあえず銀ノ月は初めて聞けた。ドームで原曲のDays of Repetitionは聞いてたはずだけど覚えてないんで。
・gravityも毎回聞いてるなーとか思ってたところにまさかの『VAMPIRE'S TALK…』何とも言えない歓声がじわっと広がるスーパーアリーナ。
・VAMPIRE'S TALK。言うまでもなく初聞き。2ndアルバム(メジャー1stアルバム)IMAGE収録。特に再録とかもされず。おそらく演奏は94年のMOTHERツアー以来らしいので20年ぶりの演奏だとか。自分は歌いだしとサビくらいしか覚えてなかった。
・このままProvidenceかUNTIL THE DAY I DIEかと思ったらなんやらセッション。
・DrumソロからJコーナー挟まずにDejavuへ。Metamorphosisを経てBassソロ。この辺の構成はちょいちょい最近変えてるね。
・The End of the Dreamを経てTIME IS DEAD〜ROSIER。まぁROSIERはなきゃないで物足りないとは思うけどTIME IS DEADからの流れはもう変えてほしいなーって。
・でなんやらJさんROSIERのマイクスタンド後ろへポイでパネル割ったらしく。LEDパネル?お高いんでしょ?
・ROSIERからのabsorbも最初聞いたときは変な構成と思ったけど、この辺は慣れかね。

・アンコールはI for Youから。この曲のアンコール頻度はかなり高いんだけどさすがにもうそんなに求められてないんだよな。
・でThoughts。んーこの位置じゃない気が。もっと序盤のつかみ的なタイプじゃね?
・メンバー紹介ってここだっけ。もう覚えてないなー。真矢さんが叫んだ「I love you OK!!」をメンバー全員が叫んでおもしろかった。杉様は前回たまアリは震災復興支援ライブだったことにも触れてたな。
・IN MY DREAMも最近はみんなで歌う曲枠でよく演るけど…。
・ラストWISH。演奏後客席からはアンコールかかったけど今回はなし。演る演らないの基準が?まぁ毎回必ずやるのもありがたみもないし。アリーナクラスになると制約も大きかったりするのかね。しかしもうメンバーステージに並んで手つなぎジャンプスタンバってるのを「発射台にいる」って表現はどうなんだい?

SET LIST
2014/12/21(Sun.)
at さいたまスーパーアリーナ

SE.月光
01.Anthem of Light
02.TONIGHT
03.Rouge
04.END OF SORROW
05.乱
06.銀ノ月
07.gravity
08.VAMPIRE'S TALK
-Violin&AG Jam-
-Drum solo-
09.Dejavu
10.Metamorphosis
-Bass solo-
11.The End of the Dream
12.TIME IS DEAD
13.ROSIER
14.absorb

EN1.I for You
EN2.Thoughts
EN3.IN MY DREAM(WITH SHIVER)
EN4.WISH

・翌々日横浜は倍額の奴隷席。記念品ノベルティはミニタオルと石鹸。物販は別の販売場所があってスムーズ(でもそこそこは並んだけど)まぁ席位置は上手スタンドで埼玉の時と似た感じ。さすがに埼玉より前だしステージからの距離も近いけど。
・今日は360度客席。アリーナでも360度って流行ってるの?
・今日もアンセム始まりでちょっと喜ぶ。
・DejavuとJESUSが登場。ジーザスはイブイブだからかね。
・ThoughtsのカップリングLost World初聞き。おぉLUNA SEAでRYUがギター持って歌うのは初かな。でも時たまコード抑える程度で別に弾かなくてもいいんじゃ…。
・MARIA、Glowingも初聞き。Glowingで杉様弦切れたらしいけど気づかなかった。
・Jamからの後半はドラムソロ明けTONIGHTという意外性もあったものの基本はいつもどおりかな。
・本編終わってアンコールの声がかかった時「そうじゃなくてー」とお姉さま。徐々にきよしこの夜に変わりゆく。
・Happy Christmasはドーム以来?そこからのBREATHEの流れがきれいだったなー。
・メンバー紹介は今日は逆順で杉様からのっけから「横アリハマーナ」とこれ94年にhideが横浜アリーナにて「横アリハマーナへようこそ!!」って言ったのが元ネタとか。あと久々にRYUに代わりにしゃべらさせるINORAN、真矢さんは前に出てきて「I'm fine Thank you!!」と叫ぶ。
・Metamorphosisはやっぱやるのね。激しいけど今一つ乗りずらい。
・PRECIOUS…からのWISH。テープはクリスマス使用で2色3色?
・客席からのアンコールに応えてGrace。でもこれは予定通りの演奏だね(WISHの時ラストじゃなくてネクストって言ってたし)。初聞き。このアリーナ2daysは25thアニバーサリーでありつつもちゃんと両日でA WILL全曲演ったからよかったと思う。
・INORANははけるときにMC。最近よくしゃべるようになったね。

SET LIST
2014/12/23(Tue.)
at 横浜アリーナ

SE.月光
01.Anthem of Light
02.Dejavu
03.Rouge
04.JESUS
05.乱
06.Lost World
07.MARIA
08.Glowing
-Violin&AG Jam-
-Drum solo-
09.TONIGHT
10.Thoughts
-Bass solo-
11.The End of the Dream
12.TIME IS DEAD
13.ROSIER
14.absorb

EN1.Happy Xmas(War Is Over)
EN2.BREATHE
EN3.Metamorphosis
EN4.PRECIOUS…
EN5.WISH
EN6.Grace

ツアーファイナルはSLAVE沖縄と見せかけて大阪城ホールでしたか。まぁ考えてみれば関東に比べて少なかったし。
それ以降今年はLUNA SEAとしての動きはあるのかねー。シングル1枚くらいは出してほしいものだけど。

Counter(since Feb. 2006)




Visiters

Twitter
Profile
NAME:
尚哉 a.k.a N@O

DATE OF BIRTH:
February 19 ,2984

BLOOD TYPE:
Φ

MOST FAVORITE MUSIC:
GLAY,

FAVORITE MUSIC(AtoZ):
Acid Black Cherry,
Angelo,
Aqours,
B'z,
BiBi,
CROSS VEIN,
Janne Da Arc,
Jupiter,
Kαin,
L'Arc-en-Ciel,
LiSA,
LUNA SEA,
摩天楼オペラ,
μ's,
Mr.Children,
Octaviagrace,
Pile,
Rosenburg Engel,
supercell,
VAMPS,
X JAPAN, etc.

FAVORITE SOFTHOUSE(AtoZ):
Alcot/Alcotハニカム,
あかべぇそふとグループ/暁WORKS,
アトリエかぐや BARE&BUNNY,
Astronauts sirius,
AUGUST/ARIA,
Baseson,
クロシェット
5pb.
フロントウイング,
HARUKAZE,
KEY,
Lass,
Leaf/AQUAPLUS,
light/campus,
まどそふと,
minori,
Nanawind,
Navel,
OLE-M,
ぱれっと,
PULLTOP,
Purplesoftware,
Ricotta,
SAGA PLANETS,
TYPE-MOON,
ゆずソフト,
Whirlpool, etc.

タイトル・URLの由来は「月蝕」をイメージ。
和英辞典上では「月蝕」→「Lunar eclipse」
だけども、Lunaでなくもう一つの月の女神の名前Seleneを使って、eが重なるからつなげちゃって、で出来たのがこのタイトル、というワケ。イタイって云うな。
読み方はけっこうおまかせ。むしろ「月蝕ブログ」とでも呼んでもらえれば。

基本的に日記的で雑多な感じになるかと思いますが、興味を持たれたらうれしく思います。つーかいるのか?そんな奇特な方。

コメント・トラックバック歓迎。
管理人のやる気が出ます(他力本願)。

できればトラックバックされる際にはコメントを残したり、こちらへのリンク張っていただけるとうれしいです。
その時はよろしくお願いします。

また当方との関連性が薄いコメント・トラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

【当ブログ掲載の画像の著作権は、各制作者・放送局にあります】
Recent Comments
Recent TrackBacks
タマ姉と葉っぱの仲間たち (ゲーム好きな若造が送る、コラムみたいなブログ)
僕の愛も、君の罰も、すべて分けあうんだ。
レビュー・評価:らき☆すた/第1話 つっぱしる女 (ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン)
TVアニメ 「らき☆すた」 第1話 つっぱしる女
QRコード
QRコード