2006年01月29日

TVアニメ テレビ埼玉:「Fate/stay night」 4話 最強の敵 5

Fate/stay night第4話。セイバーvs.バーサーカー第1戦から翌朝まで。またスローペースな気もするけどこんなもんか?

『こんばんわ、お兄ちゃん。こうして会うのは二度目だね』『はじめまして、リン。私はイリヤ。イリヤスフィール・フォン・アインツベルンって言えばわかるでしょ?』と恭しく頭を下げる少女。
凛:『アインツベルン…』
イリヤ:『これ以上の挨拶はもういいよね? どうせここで死んじゃうんだし』『じゃあ殺すね! やっちゃえ! バーサーカー!!』
轟音を叫びながら襲い掛かる巨体。
『シロウ! 下がって!』の声とともにレインコートの早脱ぎを経てバーサーカーに向かうセイバー。
最強の敵 Aパート あ、バサカのキャプ忘れてたバーサーカーの剣を受け流しつつイリヤの元に迫るものの阻まれるセイバー。
セイバーが先のランサー戦でのゲイボルグで受けた傷が完全に癒えていないことに気付いた士郎は彼女に駆け寄るも凛にそれを押さえられる。そして呪文を唱えた凛はバーサーカーに向けて霊丸ガントを放つ。しかし全く効果はなく『ッ…! なんてデタラメな体してんのよコイツ!』と凛。
そしてセイバーはバーサーカーの大剣受け倒れてしまう。駆け寄ろうとする士郎を制止し、自らの剣を杖に起き上がるセイバー。原作CGリスペクト登場。やっぱいいね。嬉しくなる。
士郎:『どうして…』
イリヤ:『勝てるわけないじゃない。私のバーサーカーはね、ギリシャ最強の英雄なんだから』
凛:『ギリシャ最強の英雄…。まさか…!』
イリヤ:『そうよ。そこにいるのはヘラクレスって魔物』
凛:『ヘラクレス!?』
イリヤ:『そう。貴方達程度が使役できる英雄とは格が違う。最強の怪物なんだから』

っとここで水晶玉っぽい魔術で覗き見してる怪しいフードの女性が画面には。ほっほーうこういう出し方しますか。
『いいわよバーサーカー。そいつ再生するから、首をはねてから殺しなさい』というイリヤ。士郎はセイバーに駆け寄り彼女を庇い代わりにバーサーカー振るった大剣を受ける…!
血を流し昏倒する士郎。理解不能の一瞬の出来事に固まる面々。
『もういい! こんなのつまんない! バーサーカー!』といい引き上げるイリヤ。『リン。次にあったときには殺すから』という言葉を残して。

士郎の見た夢は切嗣との思い出。切嗣から正義の味方になるという夢を引きついだある夜。士郎の言葉に心から安心し切嗣がこの世を去った夜(アニメじゃそのことわからないよこれじゃ)。

翌朝自室にて目覚めた士郎。包帯ぐるぐるでうがいに血まじり『何だこれ?』をイをイ何レベルのボケっぷりだよこれは。
んで居間へと通じる襖を開けたら優雅に茶を飲む赤色が。
最強の敵 Bパート 『問おう。貴方が私の…』『何言ってんの?』凛:『おはよ。勝手に上がらせてもらってるわ。衛宮君』
士郎:『なッ…何でお前が?』
凛:『それにしてもろくなお茶がないのね。ティーバックでもせめて三角のを常備しておきなさい』
我が家のは三角です(聞いてない)。
士郎:『と…遠坂…? どうして?』
凛:『待った。その前にここまで運んであげたお礼が先でしょ』
士郎:『そうだ俺あの化け物に…! あれ?なんだって俺生きてるんだ?』

言われてようやく昨晩バーサーカーの剣を受けたことに気付く…ってホントに今まで忘れてたんかい!
凛:『あのあと勝手に治り始めたのよ』
士郎:『勝手にって…』
凛:『見たところセイバーには自然治癒力があるようだから、それが貴方に流れ込んでるのかもね。サーヴァントからマスターへ魔力が供給されるなんて本来ありえないんだけど、ま、ありえないマスターだし』
士郎:『何だよそれ』
凛:『サーヴァントを助けようとするマスターなんて前代未聞よ。あんたが死んだらセイバーだって消えてしまうのに…。
衛宮君これからどうするつもり?』
士郎:『俺はただ…十年前の出来事を繰り返したくないだけだ…。聖杯なんて物に…興味はない』
凛:『はぁ…言うと思った。アンタね、そんなこといったらセイバーに殺されるわよ』
士郎:『セイバーに?』
凛:『サーヴァントが無償で人間に従うなんて思ったの? 聖杯は手に入れた者の望みを叶える。それは守護者であるサーヴァントも例外じゃあない。彼らがマスターからの召喚に応じるのは自らも聖杯を手にしたいが為、それぞれ叶えたい欲望があるのよ』
士郎:『聖杯のために…セイバーは…。でもセイバーは人間だ! 夕べだってあんなに血を』
凛:『サーヴァントに生死はないわ。絶命しても元の場所に戻るだけ』
士郎:『だからって殺し合うなんて!』
凛:『このまま他のマスターを放って置けば、罪のない人が死ぬことになるわよ。サーバントの魔力よ。魔力を蓄えれば蓄えるほど彼らは生前持っていた力を発揮できる』
士郎:『何が言いたいんだよ』
凛:『彼らは霊体だから魂を食べてしまえば栄養は取れる。魔力を補強するためにサーヴァントに人を襲わせ魂を食わせるマスターもいるってこと』
士郎:『サーヴァントが人を食う!? そんな…違う…セイバーは』

お茶を台所で準備しつつ凛は『で、どうするの? 他のマスターが何をしようと傍観するって?』と。
士郎:『そうなったら止めるだけだ』
凛:『あきれた…。自分からマスターは倒さないけど、他のマスターが悪事を働いたら倒すって言うんだ。自分が矛盾してるのわかってる?』
士郎:『都合がいいのはわかってる。でもこれ以外の方針は思いつかない』
凛:『ふぅーん。問題点が一つあるけど言っていいかしら?』
士郎:『ん…何だよ』
凛:『夕べのマスター。必ず私たちを殺しに来るわよ。あの子のサーヴァントはケタ違いよ。ただ待ってるだけじゃ結果は見えてる。アンタは身を守ることすら許されないでしょうね』
士郎:『なッ…あのサーヴァント、ヘラクレスって言ってたな』
凛:『随分とバカにされたものね。英雄の真名を知られれば、敵に弱みを見せるってことになるのに』
士郎:『そうだ! セイバーの名前は』
凛:『いっそ教えてもらわない方がいいかも。アンタうっかり他人に漏らしそうだもの』
『他人って遠坂のことか』
とのん気に言う士郎に『身内になった覚えはないけど?』と返す凛。

最強の敵 Bパート 対峙する二人玄関まで変える凛を見送る士郎。
凛:『見送りなんていらないわよ』
士郎:『家まで運んでくれた礼』
凛:『えっ?』
士郎:『言うの忘れたから…、ありがとな』

そんな士郎の様子に凛は『はぁ〜』とため息一つ。『これからは私と人間としてみない方が…楽よ』と言い残し衛宮邸を去る。
一人思いを巡らす士郎。帰路にて桜と遭遇する凛。
凛:『ぁッ…おはよう、桜』
桜:『おはよう。どうしてこんな時間に?』
凛:『私だって夜は寝るし、朝は起きるわよ』
桜:『そうじゃなくて』
『ぁッ…散歩よ散歩! それじゃね!』
と桜から離れる凛。桜はすれ違う凛に『血の、におい…』と(一瞬『家のにおい』と聞こえて桜恐ろしい子!と思た。というか凛様お風呂とかシャワーとか昨晩から使ってないの…てそんなことはないはず!きっと血のにおいって凄く残るか桜の鼻が恐ろしくきくんだそうに決まってる!)
そして亜沙タイガー登場で一気に日常風味なこっちサイド。

最強の敵 Bパート 王様の敵は食事絡みそして家の道場でセーバーの姿を見つける士郎。ここでも原作CGリスペクト登場。
夕べの件について釘をさすセイバー、それとなくセイバーの聖杯戦争についての考えを探ろうとする士郎。自分には戦う意思はあるが、勝算はない士郎に、『貴方に勝算がなけれは私が作る。可能である総ての方法を用いて』とセイバー。士郎は凛の言葉を思い出し『まさか…力を得るために人を襲うとか』と問うと『それは可能である手段ではありません。剣を持たぬ人間に傷を負わせるなど騎士の誓いに反することです』とセイバー。それを聞き安心し、知らずにセイバーを侮辱したことを謝る士郎。早合点したことをわびるセイバー。
士郎:『わからないことばかりだけど、俺たちの出来る範囲内で何とかするしかないよな』
セイバー:『シロウ…はい』

いい雰囲気にぐぅ〜と空腹音。いやここで原作プレイ済み視聴者のほぼ総てはセイバーからだと確信してたはず(士郎だったけど)。
セイバー:『空腹は敵です。食事を取りましょう士郎』『口に出来るものならば何でも構いません。贅沢は敵です』に腹ペコセーバーの片鱗を期待させて終了。

期待させて終了といえば、今回結局士郎と凛は同盟関係を結ばず釘をさして別れたわけで、予告編を見たら夕暮れの校舎内での対峙、士郎vs.凛とUnlimitedBladeWorksの流れになるようで。早くも原作CGリスペクトも確認できたし、すごく楽しみなんですが。ついでに思いっきり吹いた凛様の変な顔もww。あれはドジ属性発揮ってことでいいのかな?なんにせよ期待大。UBWの要素がないとFateの(というよりは士郎の)物語を完全に描くことにはならないからね。
同じく凛と桜のファーストコンタクトにもいい感じの含みを持たせたことでまさかHeaves Feel要素もできる範囲で入れてくれるのかしら?、と。
総じて今回は演出面で今後の展開に期待を持たせるシーンが多く原作ファンも満足いく出来だったかと。次週は凛様の変な顔に注目。






トラックバックURL

トラックバック一覧

1. Fate/stay night「最強の敵」感想  [ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2006年01月29日 21:26
4 【10秒で分かる、今日の『ふぇいと/すていないと』】 市街地サーヴァント攻防戦 特攻主人公 主人公はしぶとくて何ぼ 凛先生のお説教 セイバー、クールに士郎を諭す 凛、桜の意外な関係 ういうい、んでは「Fate/stay night」を見ての感想なんかをばざはさと・・....
2. 【アニメ】 Fate/stay night 第4話 「最強の敵」 (キャプ感想)  [ 萌えと燃えの日記。 ]   2006年01月29日 21:29
【アニメ】 Fate/stay night 第4話 「最強の敵」 (キャプ感想)
3. Fate/stay night 第04話「最強の敵」  [ 亀のいる生活 ]   2006年01月29日 22:18
ごつい奴はバーサーカーだったんですね。
4. Fate/stay night #04 「最強の敵」 (キャプ感想)  [ せぶんぶりっぢ ⌒*(・∀・)*⌒ ]   2006年01月29日 22:43
5. Fate/stay night・第4話  [ たこの感想文 ]   2006年01月30日 02:32
「最強の敵」 教会から出た士郎たちを待ちうけていた者、それは、イリヤとそのサーヴ
6. Fate/stay night 第4話 最強の敵  [ ジェリタの気まぐれアニメ日記 ]   2006年01月31日 17:05
う〜ん・・・何て言うかこのアニメの限界が見えたかなと。 ストーリー・・・これきつくないっすか。 小難しいことを言っているだけで中身のない話のような気がしてきましたよ。 ??
7. Fate/stay night #4  [ ★虹色のさくらんぼ★ ]   2006年02月01日 15:08
『最強の敵』 イリヤキタ――(゚∀゚)―― ッ!!

コメント一覧

1. Posted by 暇   2006年01月31日 03:40
なぜ「最凶の敵」じゃないのかな〜と思った
2. Posted by N@O   2006年01月31日 18:00
どっちでもいいとも思えますね。まぁ強さのほうを押し出したって感じかと。
倒される→タイガー道場で最凶かと。
そっちもむしろ見たかったりですが。。。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Counter(since Feb. 2006)




Visiters

Twitter
Profile
NAME:
尚哉 a.k.a N@O

DATE OF BIRTH:
February 19 ,2984

BLOOD TYPE:
Φ

MOST FAVORITE MUSIC:
GLAY,

FAVORITE MUSIC(AtoZ):
Acid Black Cherry,
Angelo,
Aqours,
B'z,
BiBi,
CROSS VEIN,
Janne Da Arc,
Jupiter,
Kαin,
L'Arc-en-Ciel,
LUNA SEA,
摩天楼オペラ,
μ's,
Mr.Children,
Octaviagrace,
Pile,
Rosenburg Engel,
supercell,
VAMPS,
X JAPAN, etc.

FAVORITE SOFTHOUSE(AtoZ):
Alcot/Alcotハニカム,
あかべぇそふとグループ/暁WORKS,
アトリエかぐや BARE&BUNNY,
Astronauts sirius,
AUGUST/ARIA,
Baseson,
クロシェット
5pb.
フロントウイング,
HARUKAZE,
KEY,
Lass,
Leaf/AQUAPLUS,
light/campus,
まどそふと,
minori,
Nanawind,
Navel,
OLE-M,
ぱれっと,
PULLTOP,
Purplesoftware,
Ricotta,
SAGA PLANETS,
TYPE-MOON,
ゆずソフト, etc.

タイトル・URLの由来は「月蝕」をイメージ。
和英辞典上では「月蝕」→「Lunar eclipse」
だけども、Lunaでなくもう一つの月の女神の名前Seleneを使って、eが重なるからつなげちゃって、で出来たのがこのタイトル、というワケ。イタイって云うな。
読み方はけっこうおまかせ。むしろ「月蝕ブログ」とでも呼んでもらえれば。

基本的に日記的で雑多な感じになるかと思いますが、興味を持たれたらうれしく思います。つーかいるのか?そんな奇特な方。

コメント・トラックバック歓迎。
管理人のやる気が出ます(他力本願)。

できればトラックバックされる際にはコメントを残したり、こちらへのリンク張っていただけるとうれしいです。
その時はよろしくお願いします。

また当方との関連性が薄いコメント・トラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

【当ブログ掲載の画像の著作権は、各制作者・放送局にあります】
Recent Comments
QRコード
QRコード