評価の問題点としてよく挙がるのは、
・評価が意欲の向上や成長につながっていない
・評価結果が伝えたように伝わっていない
といった点。
結果の良し悪しに関わらず、不満の声が出てきてしまいます。

評価において大切なことは、「納得感」を高めることです。

そのためには、マネジメントサイクルをまわすことが重要です。
STでは、以下の3STEPが実行できていること
=マネジメントサイクルがまわっている状態と考えています。

STEP1:目標は上位目標や等級と連携して適切に設定されているか?
STEP2:日々業務の進捗管理と支援をしているか?
STEP3:適切にフィードバックを行っているか?

たとえ評価面談の時に伝え方のスキルが高くても、
「何を」伝えるのか、「どんな人が」伝えるのか、によっても納得感は左右されます。

こうした評価の本質をお伝えするべく、評価者研修を行いました。

【業種】専門商社

【概要】
①人事制度、評価制度の理解
・評価者研修実施の背景
・評価の生の声
・マネジャーの役割
・マネジメントにおける評価制度
・人事制度理解度アンケート(セルフチェック)
・人事制度Q&A
②目標設定におけるポイント
・中期経営計画と自部署の目標の関係
・業績目標と等級定義の関係
・モチベーション理論

【受講者の声】
・評価をする側に立った時に何を大切に考えて評価すれば良いかがわかりました。
・評価をすることはGAPを評価するということ、評価者としてGAPの要因を共有しプロセスでの育成を行うこと、1つでも出来ることを増やしてあげること、ということが理解できました。
・職群・等級に対して目標を設定しているか、見直す機会が持てた。
・不満の種や個人目標と中期経営計画との繋がり等、普段意識せずに行動していたことに気付けました。