DSC09335

本講演では、「部下力」について、


1.「部下力」が必要な背景とは?
2.そもそも「部下力」とは?
3.「部下力」を発揮するための観点とは?


3点から、具体例を多く交えながらお伝えしました。



1.「部下力」が必要な背景とは?
プレイングマネジャーが当たり前の時代。

プレイングとマネジメントが求められ、とにかく負荷が大きい。

 

こんな時、右腕、左腕となる部下がいたら、

というのが弊社での問題意識の出発点でした。

2.そもそも「部下力」とは?

弊社では部下力には3つのレベル、

5つの段階があると考えております。

第一のレベル 「上司の成果を支える力」


第1段階 上司の役に立つ
第2段階 上司が任せられる

第二のレベル 「上司の成果・成長を支える力」

 

第3段階 上司の意識、やる気が高まる
第4段階 上司の思考・行動が広がり、深まる

第三のレベル 「組織の成果・成長を支える力」

 

第5段階 組織メンバー全体に好影響を与えられる

3.「部下力」を発揮するための観点とは?

 

部下力発揮するための3つのステップとは?

 ===============================================
 1st ステップ  自らの働き方を見つめ直す
 2nd ステップ  チームの視点を持つ
 3rd ステップ  チーム関係者の成果に貢献する視点を持つ
 ===============================================

 
st ステップ  自らの働き方を見つめ直す

 自分自身の仕事を全うすること、これが第一です。
 よく言われることではありますが、「わかる」と「できる」は違います。

 自立自ら目標を掲げ、自ら考え、自ら行動
 自律自らのエネルギーや時間をより良い方向に使う
 この二つのキーワードから普段をふり返った時、「できて」いるでしょうか。
 
 「でも、だって、どうせ」の3D言葉を無意識に使ってしまってはいませんか。

 
nd ステップ  チームの視点を持つ
 
 メンバーの視点だけではなく、上司の視点、上司の上司の視点、お客様の視点、
 それぞれ持っていること、これが次のステップです。
 
 この視点を持たない限り、提案や提言は一方的な文句と受け取られがちです。
 どんな部署であっても、お客様はいます。
 自分の仕事は、誰にどんな価値を提供しているのか。
 仕事に慣れるほど、つい、見落としてしまうところです。

 
rd ステップ  チーム関係者の成果に貢献する視点を持つ

 成果に貢献しようと思ったら、「相手を理解すること」無しには始まりません。
 例えば、相手は何を大事にしているのか、
 相手はどんな立場でどんな責任を負っているのか、
 どんな状況にいて、どんな悩みを持っているのか等。

 その中で相手に何ができるのかを考え、
 相手の承認を得た上で、実行していく。

以上が講演でお伝えした内容の抜粋です。

改めまして、講演にご来場いただきました皆様、

そしてこのブログを興味をもって読んでいただいた皆様、
ありがとうございました!