連日流れるコロナのニュース。
集合研修をメインで行う弊社も
中止、延期と3月は大きな影響を受けました。

そのような中、4月の新人研修をどうするか?
多くの人事様が頭を悩まされているかと存じます。

そこで、弊社で関わっている企業様の状況について
ご参考までに。

その1 通常通りの実施を予定

もちろん対策、万全の注意をしながらの実施となりそうです。
例:受講者、事務局、講師も、朝熱を測る(37度以上は休む)、マスク着用、
 手洗い、消毒、研修中の適度な換気、小まめな水分補給等

※通常1クラスで実施しているものの、
 今年に関しては、3~4クラスの
 少人数に分けて実施するところもございます。
 

その2 研修を延期(5月頃仕切り直して実施予定)

特に100人以上等、入社者の人数が多い会社さんは、
4月は基本在宅で各自学習。
※分かりやすく言えば、夏休みの宿題のように
e-ラーニング、読書等やることを与える。

そうは言っても、何をやらせるか、
各社の人事さん、頭を悩ませております。


その3 研修より先に配属

新人研修そのものを延期(5~6月)し、先に配属。

その期間は、
「会社を知る、会社に慣れる期間」
と位置づけ、
延期して実施する新人研修で仕切り直し、本配属。
※今までの研修⇒配属という常識に囚われず、
このような機会を違う形の育成というチャンスとして
実施してみる。


どのような状況であっても、健康が何より大切。
健康あっての仕事ですからねっ!!

そのうえで、5年後、10年後、

「会社を、社会を担う新入社員が活躍する」

そのために、我々が今すべきことは何か?

コロナを通じて、難しくも、
大切な課題を突き付けられている、
そのように感じております。