selfish cats たまにdog

ぶらり東京湾 適当クルーズ [フェスタ24] マリーナYBM所属

selfish cats  (フェスタ24)ヨットブログ                              

東京湾を中心に、近隣までのセイリング・クルージングを楽しんでいます           
その日の出来事を、動画や画像で表現しながら綴っています。
(たまにドックも追加します)

昨日は、((10・11)海快晴を信じて海に出てみたが、やはり今回も騙された。
海快晴は嘘つき!
予報では、3~5Mとあったが、行ってみたら10Mは超えている
マリーナもいい加減なもんで、サーフレジェンドの予報を
そのまま旗に表しているだけなのだ 
皆さん勘違いしているようだが、あの旗は、朝の予報で出すだけなので、
その時間の物ではないし、その後変わったとしても旗は変えません
自分で確かめましょう!
てなわけで、出てみたら波は1~1,5M 風も10Mは超えている
まるで先日のファーストステップの再来のようだ
今日は一人だったので、Rジブにワンポンで艤装を行う

はじめ追い風に乗るが、風と波で振り回され、ながらの走行となる
波が高いのでローリングを避けるが、中々それが緊張する
しかしこんな状況でも追い風で7ノットは出ている感じだ
ジャイブからクローズに持っていきたいところだが、波のタイミングが
中々読めなくできない 八景沖でタイミングを見計らい一気にいれていく
今日はエンジンを下ろしたままで、何か有っても直ぐ対処できるように
かけたまま中立にしているなので、きついヒールをさせられない
あの嫌な音が鳴り響くのは聞きたくないものだ
ギリギリの所で海面から出ないように抑えながらの帆走だったので、めんどくさい
帰りリは、波を交わしながらのクローズで戻りだった
しかし昇りは6~7ノット平均だったが、クローズは波と潮のせいか、
5ノットに満たない走りにもなっていた
こういう状況でも乗りこなせるようなスキルが、もう少し付いてくれればと毎回思う

しかし思うことは、動画を見ていて最近動きが本当に遅くなった
太ったせいにはしたくないけど、重くなったのか年を重ねるごとに鈍くなったのか?



今日は、YBMでフローティングヨットショーを行っている
午前中に船を出し、その後、行ってみようと思ってはいたが
YBMに着いたのが遅くなり船を出している時間が無くなてしまった。

今日は、1時から白石康次郎さんのトークがあるというので、そちらの方に行く事にした
センター前の広場に椅子が少し並んでいる 余りにもこれは少なすぎる中
1時よりトークが始まった  
元気の良い挨拶からトークが始まる

先日のヴァンデ・グローブの時のマストの折れた話から始まり、航海中の(レース)
色々なエピソードを語った。
聞いていて興味を物凄くそそられる話だ 
最後に皆さんからよく質問される事として
マストへ登る時に、どうやるのかを聞かれるので、後で実戦で見せますという
トーク終了後、早々マスト昇りの実演  
登山用の道具に専用のパーツを一つ取り付けて登るようだ
この船のマストは29m、いとも簡単なように登て行った。
あの高さを帆走中に登り、揺れる中、作業をするのほ大変なことだ

その後、少しヨットショーに展示中の目当ての船を少し見て
スピリット・オブ・ユーコーに戻る事にした。
船内には白石さんとスタッフがいる
少しこの間のタモリカップの時の話をすると、あの時は、風が無さ過ぎたので、タックで
セイルが返らず、マストに登ってセイルを蹴って返していたらしい
あれはパフォーマンスだったんじゃないですか?の問いかけに、マジ本当に返らなくて
苦労したんです、普通だったらクルーがやるでしょう 
それを、白石さんお願いしまーすと簡単に言われ、2時間以上登っていましたよ、
となんとも話していて人の良さそうな人だった。 
気さくに何でも話してくれて、笑顔のいいアスリートという印象だった。
その後、船内も見ていってくださいと言われたので、キャビンの中を拝見
この船は60フィート、中もそれなりに広いが、そこは本当のレース艇 何にもない
トイレすらないらしいしベットもキッチンもない
有るものは、計器類やセイルなど ジブセイル一つでも100キロあるという
質問してみた、レース中はどのくらい寝るのかと 1日の内で40分くらいの仮眠を
チョコチョコするらしい 
そんな寝方で、よく何か月も体力がいるレースを乗り越えられるもんだと感心する
船の構造は、すべてカーボン製で、極力鉄物を使わないでロープにしているらしい
この大きさで総重量が9トンと驚くほど軽い
こんな経験はめったにすることはできないような経験をさせてもらった
今日は、ここに来れただけでもラッキーだったと言える




20171001_130814




20171001_150551








天気も良く海もコンディションが良さそうなので出航する事にした。

とわ言っても、出遅れで着いたのが2時とお粗末な事

風は、46m 波も無く良いコンディションに成っている


今日は、ヨットショーの初日で賑やかに成っているが、今回は日曜びに
行く予定なので横目で見ながら通過にする 
今回はヨットも大型船と言う訳でも無く、良い大きさのヨットが並んでいる
ように見える


さて海の方は、風が安定しない

振れもあるがブローがけたたましい

今日はレギュラージブにフルメインと言う感じで出している

YBM周辺は強く、一端収まりまた八景で上がって来る 沖の根辺りは安定

こんな感じだ(いつもと同じと言ったら同じなんだけど)強さが違う


今日は気持ち良くセイリングをしながら秋を感じようなんて思って乗ったが

走り出すと次回のオープンもあるし、どうしても調整してしまう

この船に乗ってる限り、それは切れない感情なんでしょうね^^


先ほどウエストの所で、この間のレースに出る前に、本部艇に乗ると言う
スタッフに、今日は最高のスタート見せてやるよとか大きなことを
言っておいての大失敗、取りあえずカッコ悪いので、見てた~と遠回しに聞くと、
ばっちり見てましたよと返されたので、恥ずかしいスタートに成っちゃったよ^^ 
と言い訳して置いたら、そうですねと簡単に返されてしまった^^

でも、あそこから良くあの位置まで付けられましたねと、びっくり顔で
言われたので、一応面子は立ったと言う事に。

 

今日の海は、ブローが強いし潮も早い

久々にシングルだったのでやる事が多くて大変だった

沖の根回って帰ってきたが、レギュラージブは久々だったので遅く感じる

でも、これが無いとこの船は乗れないだろう

秋の季節になりヨットには最適な環境となって来ているが、日が暮れるのが
かなり早くなってしまった  その分早く来ないと暗くなる、、、、

今日駐車場の更新を行い、オープンのエントリーを済ませてきた
これで脱げられなくなってしまった
暇な時には練習だね

今日は動画撮ったけど大して面白くも無かったので掲載無し

このページのトップヘ