プラダ(PRADA)

プラダ(PRADA)

(以下、ファッションプレスより)

ブランドの始まり

1913年、マリオ・プラダとその兄弟がミラノに皮革製品のインポートショップを開業。

プラダについて

1913年、マリオ・プラダがミラノに皮革製品店を開業。世界中から質の高い革や珍しい素材を集め、イタリア職人の技術で豪華なアイテムを作る。それがブルジョワの間で評判となり、イタリア王室の御用達となった。

1958年、マリオの死と時代の変化に豪勢さが合わなくなったのが重なり、しばらくの間、低迷期を迎える。

しかし、78年に孫娘のミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任し、事態は変革を見せ始める。レザー製品で有名なプラダに、「ポコノ」という軽くて強い工業用防水生地のナイロン素材のシンプルなバッグを導入。これが現代女性の合理的志向に合い、大きな話題となる。

その後、次々と新しいタイプのバッグやリュックを発表し、85年にシューズ、88年にレディースウェアを発表。1993S/Sからミウッチャの子供時代の愛称をブランドネームにしたセカンドラインの「ミュウミュウ」を発表。95年にはメンズウエアを発表。現在のプラダグループの総帥はミウッチャ・プラダの夫であるパトリッツィオ・ベルテッリで、ミウッチャと二人三脚でブランドを成長させた。 

90年代、財政難にあったフェンディを傘下に置くが、その後、ブランドの経営権はLVMHに渡る。90年代の後半以降、ヘルムート ラングジル サンダー、イギリスの靴ブランドのチャーチアズディン アライアを買収するが、2000年代半ばに、チャーチ以外のブランドを手放している。(アライアに関してはアクセサリー、レザーグッズの生産サポートなどを継続的に行っていく予定。)

こうして90年代後半から拡大したプラダグループのブランド多角化路線は縮小、プラダ、ミュウミュウブランドをコアに、高いクオリティのファッションを提 案していく方向に向かっている。事実、プラダの発表したアートをモチーフにしたコレクションなど、デザイン面で高い評価を受け、多くのブランドに影響を与 えた。

98年、「プラダスポーツ」の展開をスタート。シンプル&スタイリッシュなデザインに高機能なスポーツウェアやスニーカーを発表。スニーカーなどヒットアイテムが登場した。

2008年、韓国のLG電子と共同で携帯電話「The PRADA Phone by LG」を発表し話題を集める。

■デザイナー

ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)。1950年、イタリアのミラノ生まれ。ミラノ大学では政治学を専攻し、博士号を受ける。大学時代は共産党の党員も経験、パントマイムなどを 学んだこともあるという。 「日常を贅沢に飾る」をコンセプトとし、現代的で革新的な素材使いやデザインの斬新さと、伝統や歴史等の過去とのみごとな調和で世界的なブームを巻き起こ す。めったに人前に姿を現さないことで有名。

コメントおよび補足

系列ブランドであるミュウミュウと比較してプラダは素材使いが豪華で、レザーやファー(毛皮)をふんだんに使ったコレクションが多い印象です。


(以下、ファショコン通信より)


<プラダの公式サイト>

・Prada(英語)
 http://www.prada.com/
・MIU MIU(英語)
 http://www.miumiu.it/

■プラダの取扱サイト■

Amazon.co.jp
【伊勢丹】I ONLINE
モダンブルー
SPACE&Co.
記事検索
プロフィール

selfishpro

タグクラウド
サイトマップラス
Powered by SEO対策

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

トップに戻る