アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie&Fitch)

アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie&Fitch)

(以下、ファッションプレスより)

●ブランドの始まり

1892年、アメリカのニューヨークで創業。

アバクロンビー&フィッチについて>


アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie&Fitch,アバクロンビー・アンド・フィッチ)は、アメリカの大手カジュアルファッ ションのブランド。通称アバクロ。レディース、メンズ、子ども服とトータルで展開するブランドで、10代に絶大な支持を得ている。デザイン性、製品全体の クオリティも高く、全体的にストリートの要素を持ち合わせている。素材に関しては、カシミア、ピマ・コットン、レザーなどの中でも上質なものを使用するこ とをスローガンに掲げている。

創業時は、キャンプ、狩猟、釣りなどアウトドア関連の用品を販売していた。1904年、現在のブランド名でもあるアバクロンビー&フィッチとなっ ている。ブランド名は、創業者のデイビット・T・アバクロンビーと後に経営に参加するエズラ・フィッチの名前から由来している。

ケネディ元大統領、スタインベック、キャサリン・ヘップバーン、ヘミングウェイが顧客につくまでになるが、60年代後半から70年代あたりに経営問題を抱える。

88年、リミテッド社(現リミテッド・ブランズ社)がアバクロンビー&フィッチを買収。92年、マイケル・ジェフリーズがCEOに就任。ここから「カジュ アルラグジュアリー」を掲げ、ライフスタイル型のブランドとして方向を目指す。20代前半をターゲットにし、ヴィンテージの要素などより若々しいスタイル を取り込んだカジュアルブランドとして支持を集め、ブランドは急激に成長。アメリカを中心に店舗を拡大し、やがてニューヨーク証券取引所に上場するまでに 至る。

2009年、アバクロンビー&フィッチのアジア第1号となる旗艦店を東京・銀座にオープン。

現在はアメリカの他、カナダ、イギリスなどに進出している。

アバクロンビー&フィッチのライン

「ホリスター (Hollister Co.)」セカンドラインで14-18歳が客層
「ルールナンバー925 (Ruehl No.925)」22-35歳が客層のという姉妹ブランド、
「ジリーヒックス (Gilly Hicks)」下着
「アバクロンビー(Abercrombie)」子ども服



■公式サイト

URL: http://jp.abercrombie.com





記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
サイトマップラス
Powered by SEO対策

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

トップに戻る