バーバリー(BURBERRY)

バーバリー(BURBERRY)

(以下、ファショコン通信より)

バーバリーのブランド情報

  1856年に創立したイギリスのアパレルブランド
  創立者はトーマス・バーバリー(Thomas BURBERRY)。トーマス・バーバリーは1835年、イギリスのサリー州ブロッカムグリーンに生まれる。
  1856年、イギリスのハンプシャー州ベイジングストークで洋服店を開業。農民が汚れを防ぐために服の上に羽織っていた上着をヒントに「ギャバジン」 といわれる耐久性・防水性に優れた新素材を開発。生地の名前の由来は、スペイン語で巡礼者の着る上っ張りを意味する「ガバルディナ」。通称「バーバリー・ クロス」とも称される同生地は、織る前の糸を防水するという画期的なプロセスで透湿性を可能にしたものである。
  1888年、「ギャバジン」の特許を取得。
  1911年、タイロッケンコートを発表。
  1911年、人類で初めて南極点に到達したアムンゼンがバーバリーを防寒具として使用。
  1914年、第一次世界大戦時のイギリス陸海軍のトレンチコートとしてバーバリーが正式採用。「バーバリー・コート」とも称される同アイテムは、作家 のコナン・ドイル、英元首相ウインストン・チャーチル、米元大統領ジョージ・ブッシュ、女優キャサリン・ヘプバーンら数々の著名人が愛用したことでも有名 である。尚、トレンチコートの「トレンチ(TRENCH)」とは、戦場に深く掘った塹壕の意。
  1919年、ジョージ5世からコート・ジャケット部門で英国王室御用達認定証(ロイヤル・ワラント)を授与される。エドワード8世も「グレート・コー ト(厚地の大きなコート)」のデザインを承認した。1950年にはジョージ6世が防寒具として、1955年にエリザベスII世、1989年にウェールズ皇 太子によって改めて授与されている。バーバリーの騎手と馬のモノグラムも英国王室から授与されている。
  1924年、「バーバリー・チェック」を発表。もともとはバーバリーのコートの裏地としてデザインされたのが起源。当時のイギリスでは、「ウインドー ペーン(窓ガラス)」といわれる格子柄が多く使用され、バーバリー・チェックは「カントリー・タータン」と呼ばれるチェック柄をアレンジしたもので、公募 で決定した。
  1967年、パリのショーで発表された傘にバーバリー・チェックを使用し、初めてコートの裏地以外で使われた。その後、バッグやマフラーなど様々なファッションアイテムに、様々なカラーバリエーションで展開している。
  1996年秋、株式会社三陽商会(SANYO SHOKAI Ltd.)の企画で日本独自のレーベルである「バーバリー・ブルーレーベル(BURBERRY BLUE LABEL)」を発表。
  1997年、「サックス・フィフス・アベニュー」の女性社長、ローズ・マリー・ブラボーが最高経営責任者に就任。クリエイティヴ・ディレクターにロベルト・メニケッティ(Roberto MENICHETTI)を 起用し、「バーバリー・プローサム コレクション(BURBERRY PRORSUM COLLECTION)」として 1999 S/S にレディースウェアで、2000 S/S にメンズウェアでミラノコレクションに参入。ローズ・マリー・ブラボーと副社長兼レディースMDのミッシェル・スミスを中心に、伝統にモード性を加えた現 代的なスタイルを目指した。ブランド名の由来は、ラテン語で「前進」の意。
  1998年、株式会社三陽商会の企画で日本独自の百貨店向けヤングキャラクターズブランドである「バーバリー・ブラックレーベル(BURBERRY BLACK LABEL)」を発表。
  2000年12月、東京・銀座の中央通り沿いに旗艦店である「バーバリー銀座店」をオープン。
  2002 S/S より、クリストファー・ベイリー(Christopher BAILEY)がクリエイティヴ・ディレクターを務める。
  クリストファー・ベイリーは1971年、イギリスのヨークシャーに生まれる。ロイヤル・カレッジ・オブ・アート卒。ダナ・キャラン(Donna Karan)の下でキャリアを積んだ後、96年よりグッチ(GUCCI)で シニア・デザイナーを務めた。2002 S/S より、バーバリー・プローサムのクリエイティヴ・ディレクターを務めているが、2002 S/S に関しては、ほとんど携わっていない。2008年、BFC(英国ファッション評議会)から「メンズウェア・デザイナー(Menswear Designer)」を授与される。
  2004年4月9日、東京・表参道にバーバリー表参道店をオープン。全面ガラス張りのビルで、総売場面積は544平方メートル。
  2006年1月1日より、ルックスオティカとライセンス契約を締結し、バーバリーのアイウェアの販売をスタート。それまでのライセンシーはサフィロ・グループ(Safilo Group)
  2006-2007 A/W より、株式会社三陽商会の企画で日本独自のレーベルである、「バーバリー・コンテンポラリーコレクションズ(Burberry Contemporary Collections)」を発表。2008 S/S より、バーバリー・コンテンポラリーコレクションズをバーバリー・ブラックレーベルと統合。
  2009年9月5日、東京・表参道のバーバリーの直営店舗の運営を三陽商会からバーバリー・インターナショナルが引継ぎ、全面改装した上でバーバリー・インターナショナルによる国内1店舗目の直営路面店としてリニューアルオープン。総売場面積は約550平方メートル。
  2009年秋、カジュアルラインである「バーバリーブリット」をスタート。
  2010 S/S には、バーバリー・プローサムのレディースコレクションをロンドン・ファッションウィークで発表。ロンドン・ファッションウィークとBFC(英国ファッション評議会)の創立25周年を記念したもの。
  2010年4月28日、東京・銀座に国内2店舗目の直営路面店となる「バーバリー銀座マロニエ通り」をオープン。総売場面積は約400平方メートル。デザインはクリストファー・ベイリーが手掛けた。
  尚、かつてスーツをベルベスト(Belvest)、パンツをインコテックス(INCOTEX)、マフラーをドレイクス(DRAKE'S)等の有名ファクトリーブランドが手掛けた。

<バーバリーの公式サイト>

・BURBERRY
 http://www.burberry.com/

●バーバリーの取扱サイト

【伊勢丹】I ONLINE
タカシマヤファッションモール
YOOX.COMicon
SPACE&Co.


記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
サイトマップラス
Powered by SEO対策

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

トップに戻る