オートクチュール

ジャンニヴェルサーチ(GIANNI VERSACE)

ジャンニヴェルサーチ(GIANNI VERSACE)

(以下、ファショコン通信より

ジャンニヴェルサーチのブランド情報

  1978年に創立したイタリアのアパレルブランド
  ジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni VERSACE)。ジャンニ・ヴェルサーチは1946年、イタリア南部レッジョ・カラブリアに生まれる。母親がアパレル関係に従事していたため、幼少よりファッションに親しむ。
  1972年、「カラガン」や「ジェニー」のデザイナーに抜擢。1975年、「コンプリーチェ」レザーウェアのデザインを手掛ける。
  1978年、独立し、独自のコレクションを発表、ミラノのスピーガ通りにショップもオープン。シンプルだが個性の強い美しさを哲学にミラノの最高峰に君臨。
  1982年、イタリアの「ゴールデン・アイ賞」の第1回受賞者に選出。
  1983年、アメリカの「カティ・サーク賞」を受賞。
  1988年、「Stanley Marcus Award」を受賞。
  1990年、初のオートクチュール・コレクションである「アトリエ・ヴェルサーチ(ATELIER VERSACE)」をパリのホテル・リッツで発表。
  1995年、映画「ジャッジ・ドレッド」の衣装を手掛ける。
  1997年7月15日、アメリカ・フロリダ州マイアミでアンドリュー・フィリップ・クナナン(Andrew Philip CUNANAN)に射殺される。同性愛者であるアンドリュー・フィリップ・クナナンが、ジャンニ・ヴェルサーチに振り向いてもらえなかった腹いせに殺害し た、とも噂された。
  ミラノモードの「3G(スリージー)」として、ジャンフランコ・フェレ(Gianfranco FERRE)ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio ARMANI)と共に、1980年代後半のミラノを引っ張った。
  1998 S/S から、プレタポルテ、オートクチュール共に妹のドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella VERSACE)が継承。
  ドナテラ・ヴェルサーチはヴェルサーチ3兄妹の末っ子。フィレンツェ大学の学生のころからヴェルサーチでデザイン活動を開始。1993年、「ヴェルサス(VERSUS)」のデザイナーに就任。現在、ヴェルサーチ社の全てのブランドを統括するチーフデザイナーである。
  2006年8月、三井物産との合弁を解消し、ヴェルサーチ・ジャパン社を100%子会社化。
  2006-2007 A/W より、「ヴェルサーチ・スポーツ(VERSACE SPORT)」を展開。
  2009年、日本国内の店舗を閉鎖し、ヴェルサーチ・ジャパン社も生産。
  2009-2010 A/W より、休止していたヴェルサスを復活。クリストファー・ケイン(Christopher KANE)とコラボレートし、レディースとメンズのシューズやアクセサリーを発表。本格始動は 2010 S/S からとなる。

ジャンニヴェルサーチについて

  ヴェルサーチのコレクションはひとことでいうと、とにかく「華やか」。観客の目を引くパフォーマンス重視のアミューズメント型コレクション。デザイ ナーの気質とお国柄がよく表れている。ポジティブ且つアグレッシブでセクシーな人間性がデザインにもストレートに表現される。挑発的でドレッシーなアイテ ムが多い。その割に、キーカラーは「黒」であるようだ。
  「アトリエ・ヴェルサーチ」としてオートクチュール メゾンも開設している、驚くなかれの名門ブランドである。

ジャンニヴェルサーチの公式サイト

・VERSACE(英語)
 http://www.gianniversace.com/

ジャンニヴェルサーチの取扱サイト

Amazon.co.jp
タカシマヤファッションモール
ZEEL
SPACE&Co.
SPACE&Co.

シャネル(CHANEL)

シャネル(CHANEL)

シャネルのブランド情報

(以下、ファッション通信より
 1909年に創立したフランスのアパレルブランド
  創立者はガブリエル・シャネル(Gabrielle CHANEL)。ガブリエル・シャネルは1883年8月20日、フランスのオーベルニュで生まれる。15歳の時母親が他界し、孤児院や修道院で育つ。愛称 は「ココ・シャネル(CC)」。シャネルのモノグラムの由来としてあまりにも有名である。
  1909年、ガブリエル・シャネルがパリのカンボン通り21番地(21 Rue Cambon)に帽子店「シャネル・モード(Chanel Modes)」を創立。
  1916年、クチュリエールとしてオートクチュール・ コレクションを発表。当時、黒は喪服のみに用いられていたが、シャネルは初めて黒を用いた。「色を多く使う服ほど醜い」という思想のもとに、シックで着心 地のよいファッションを提案、シンプル&エレガンスを追求することとなる。また、下着とされていたジャージー素材を初めてスーツ等のフォーマルな スタイルに使用。女性がパンツを履くスタイルもシャネルが広めた。
  1932年、ガブリエル・シャネルが1度だけダイヤモンドジュエリーのコレクションを手掛けた。
  1971年にガブリエル・シャネルが死去した後も、現代のファッション業界に多大なる影響を与え続けている。男性のスーツの機能性に注目し、それを女 性向けにシンプルに作りかえたといわれる、襟ぐりやすそをブレード(ひも)で縁取りしたスーツは、他のブランドの類似アイテムでも「シャネル・スーツ」と 呼ばれるほど有名である。
  1983年、カール・ラガーフェルド(Karl LAGERFELD)がデザイナーに就任。
  シャネルのシンボルである「鎖」とともに、おなじみの靴やバッグやベルト等はプレタポルテのコレクションラインに登場する。
  1999年、ルックスオティカ・グループと生産・流通に関するライセンス契約を締結し、アイウェアの展開をスタート。
  2001 年9月29日、表参道にショップをオープン。
  2006年、新しい旅行バッグを含めたラゲッジの新ラインを発表。
 2004年12月4日、東京・銀座の中央通り沿いに、シャネルのブティックの中でも世界最大級の広さである「シャネル銀座」をオープン。
  2007年12月、人間工学に基づいた自転車を発表。サドルバッグやハンドルのグリップに、ヴィンテージ加工を施したカーフレザーのキルティングが使用されている。
  2008年、オーデマ・ピゲ(AUDEMARS PIGUET)とムーブメント開発に関して提携。シャネルの「J12」にオーデマ・ピゲによるエクスクルーシヴ・ムーブメントを搭載した新商品である「J12キャリバー3125」を発表。
  2008年、「アイフォン(iPhone)」用のウェブアプリケーションの提供をスタート。最新のショー動画や画像、シャネルの公式サイトでリリースされるニュース等を確認できるサービスである。
  2008年11月19日、カール・ラガーフェルドがデザインした5ユーロの記念硬貨を発表。同記念硬貨は、ガブリエル・シャネルの生誕125周年を記念して発行されたもの。

シャネルについて


  シャネルを買う上で注意をしなければならないのは、いわゆるミーハーと自己の個性との差別化を如何に図るか、ということにあるのではないだろうか。他 の人と差別化を図るのが実は難しく、むしろ他のブランドよりも高度な知識を要求されるブランドであるといえるのではないかと、個人的には思うところであ る。

シャネルの公式サイト

・Chanel(日本語)
 http://www.chanel.co.jp/
・Chanel.com(英語・フランス語)
 http://www.chanel.com/

シャネルの取扱サイト

Amazon.co.jp
BLUEK
SPACE&Co.

イヴサンローラン(Yves Saint Laurent)

イヴサンローランのブランド情報

(以下、ファッション通信より
  1962年に創立したフランスのアパレルブランド
  創立者はピエール・ベルジェとイヴ・サンローラン(Yves Saint LAURANT)。イヴ・サンローランは1936年8月1日、アルジェリアのオランに生まれる。自他共に認めるゲイ。17歳の時、IWS主催のデザインコ ンクールでカクテルドレスを発表し、最優秀賞を受賞。息子の才能を信じた母親が、フランス版「ヴォーグ(VOGUE)」の編集長であったミッシェル・ド・ブリュノフの下へ連れて行ったところ、ブリュノフはサンローランの才能に魅かれた。ブリュノフの薦めで、サンローランはエコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌ(Ecole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne)に入学。また、ブリュノフの紹介で、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)のアシスタントになる。
  1957年11月15日、クリスチャン・ディオールの死去に伴い、21歳で後継デザイナーに就任。
  1958年1月30日、クリスチャン・ディオール死後のパリでの初コレクションで「トラペーズライン」を発表。
  1960年7月、左岸のビートニクス達へのオマージュを表現したコレクションを発表。ストリートの若者のスタイルへの称賛を明確にした、初めてのクチュールコレクションとなった。
  1962年、ピエール・ベルジェと共にオートクチュールメゾンである「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」を発表。以後、シースルー、サファリルック、モンドリアンルック、スモーキング、パンタロン等、1960年代を代表する新しいエレガンスのスタイルを発表。
  1966年、プレタポルテ「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ(Yves Saint Laurent rive gauche)」のブティックをパリ6区にオープン。
  1985年、フランスの最高勲章レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを授与される。。
  1993年、デ・ドール賞を受賞。
  1998年、「サンローラン・ジーンズ(SAINT LAURENT JEANS)」をスタート。
  1999-2000 A/W から 2000 S/S まで、アルベール・エルバス(Alber ELBAZ)がイヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュのデザイナーを務めた。
  2001年9月29日、表参道にイヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュのショップをオープン。
  イヴ・サンローラン社がグッチ(GUCCI)社に買収されたのを受け、2001 S/S よりイヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュのデザイナーにトム・フォード(Tom FORD)が就任。
  2002年1月22日に行われた、パリ オートクチュール・コレクションを最後に、「モードの帝王」、イヴ・サンローランは惜しまれつつも引退した。そして、高度に神格化された影響か、そのまま オートクチュール部門は閉鎖され、以後はイヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュのみの展開となった。
  2003年、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)社とコラボレートし、メンズフレグランス「エッセンツァ・ディ・ゼニア(Essenza di Zegna)」を発表。
  2003年11月、トム・フォードが辞任。
  2005 S/S より、ステファノ・ピラーティ(Stefano PILATI)がメンズウェアラインのクリエイティヴ・ディレクターを務める。
  ステファノ・ピラーティはミラノでファッションデザインを学んだ後、1993年にジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)に、95年にプラダ(PRADA)に入社し、各社でアシスタント・デザイナーを務める。2000年、イヴ・サンローランに入社し、レディースウェアのデザイン・ディレクターに就任。2002年6月には、プレタポルテ、アクセサリー、レザーウェア等、全カテゴリーのデザイン・ディレクターに就任。
  2007年6月、新ブランド「エディション24(Edition 24)」を発表。従来のサンローランのベストセラーやアイコンアイテムを、現代女性向けに再編集したものとなる。
  2007年12月6日、イヴ・サンローランがフランス大統領府(当時サルコジ大統領)よりレジョン・ドノール勲章を授与される。
  2008年6月1日、イヴ・サンローランが死去。イヴ・サンローラン本人に「私はいつも、ドヌーヴをイメージしてデザインしている」と言わしめるほ ど、1960年代後半まではカトリーヌ・ドヌーヴがマスコット的存在として位置していた。また、卓越した技術と多大なる存在感で多くのデザイナーに影響を 与え、敬意を込めて「モードの帝王」と称された。
  2009年2月23日、パリの展示場「グランパレ」で行われたオークションで、イブ・サンローランの遺品が2億600万ユーロ(当時の為替レートで約250億円)で落札された。当時、個人のコレクションとしては世界の競売史上最高額であった。
  2010年2月、アトリエニューヨークとコラボレートし、カプセルコレクションである「イヴ・サンローラン・フォー・アトリエニューヨーク(Yves Saint Laurent for ATELIER NEWYORK)」を発表。

イヴサンローランについて

  サンローラン社がグッチ社に買収され、デザイナー交代の噂が立ち上がったとき、実はオートクチュールのデザイナーもトム・フォードに代わるという話も あったようだ。しかし、ご存知の通り、パリにおいてイヴ・サンローランは既に神格化されていたため、周囲から大変な反発を受けた。そこで、オートクチュー ルだけはイヴ・サンローランに続けさせ、プレタポルテ部門をトム・フォードにやらせることとなった。ビジネス至上主義の現代モードの流れにあって、一際異 彩を放つのがイヴ・サンローランの凄さであったといえよう。
  そして、2002年におけるイヴ・サンローランの引退に伴う、クチュール部門閉鎖。もはや、イヴ・サンローラン以外に「イヴ・サンローラン」は語らせないというような執念さえ感じられた。
  最後まで徹底的に神格化されたデザイナーであった。

イヴサンローランの公式サイト

・Yves Saint Laurent
 http://www.ysl.com/

イヴサンローランの取扱サイト

Amazon.co.jp
【伊勢丹】I ONLINE
ELLE SHOP
YOOX.COMicon
記事検索
プロフィール

selfishpro

タグクラウド
サイトマップラス
Powered by SEO対策

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

トップに戻る