ジョーンズ

ダンヒル(dunhill)

ダンヒル(dunhill)

(以下、ファッションプレスより)


<ブランドの始まり>

1993年、イギリスにて、アルフレッド・ダンヒル(Alfred Dunhill)がスタート。馬具製品の取り扱いをしていた。

ダンヒルについて

ダンヒル(dunhill)は、イギリスを中心としてヨーロッパのビジネスマンに圧倒的な人気を誇るブランド。スーツから時計、バッグなどのアクセサリーまで幅広く展開する。

ダンヒルの商品の多くは「モートリティーズ」という言葉が1つのキーワードとなる。この言葉は自動車(Motoring)と権威(Authorities)を組み合わせた造語で、コンセプトとのような位置づけ。また創業当時のブティック名「モートリティーズ」だった。

代々、自動車に関連づけたイメージのアクセサリーや小物の商品を展開し、創業から間もない時期はドライバーを中心に多くの支持を集めて成長した。現在の展 開はドライバー用の商品だけではなく、スーツなど幅広く取り扱うが、「モートリティーズ」のコンセプト、精神は現在に至ってもダンヒルのアイテムに影響を 与えており、バッグや時計など、さまざまな商品のネーミング、ディテールに関連している。

イギリスで不屈の精神を持った男性の力強さの象徴と言われているブルドック。創業時のブティックで、交通安全のお守りとしてブルドックのマスコットを車の 愛好家に販売されていたことから、100年以上過ぎた現在でもダンヒルはブルドックをモチーフとしたアイテムを展開している。


◆ダンヒルの歴史


1880年代、アルフレッドダンヒルが父の働く、馬具用品のの製造卸会社で働き始める。93年に21歳で会社の経営を引き継ぎ、社名を自身の名を冠した「ダンヒル(dunhill)」に変更。ここからダンヒルの歴史が始まった。

自動車の普及に伴い、オープンカーでも使用できるコートやゴークル、レザー製品の小物などを取り扱い、大きな成功を収める。その後、ライターなどタバコ関連の製品の販売を始める。その後、販売された、タバコ、葉巻、パイプなどは現在に至るまで有名な製品となっている。

1920年代、タバコの規制を伴い、ブランドの中心をレザー製品に戻す。その他、30年代には万年筆、化粧品関連の製品の販売をスタートしてヒットさせた。このときには皇室ご用達のブランドにまで成長していた。

67年、タバコ系の企業(Carreras Tobacco Company)に買収さる。ダンヒルはその後、カルティエクロエIWCなど多くのファッションブランドを傘下に置くリシュモングループに買収されている。

1969年イギリス、エリザベス女王からブランド製品の輸出実績が評価されて表彰を受ける。92年、ハケット ロンドンを買収。

現在は紳士服を中心にしたメンズスーツ、ネクタイ、カフスな どを中心に、バッグ、ベルト、財布、時計、名刺入れなどの、アクセサリー関連も製品も取り扱う、トータルブランドにまで成長した。香水は、アメリカの P&Gにライセンスの提供をして、「ダンヒル」ブランドで販売されている。時計部門はトム・ボルトがクリエイティブ・ディレクターを担当。


2000年、サッカー日本代表のオフィシャルスーツの提供をスタート。以後、このスポンサーシップは10年以上に渡って続いている。

2007A/Wコレクションは、映画俳優のジュード・ロウを起用し、紳士的なスタイリングで話題となる。 また2007年にはサッカー日本代表のオフィシャルスーツを提供した。

2008年、キム ジョーンズがクリエイティブディレクターに就任することが決定。以後、退任する2011S/Sコレクションまでメンズウェアとレザーアクセサリーのデザインを統括する。

2011A/Wシーズン、ロンドン・ファッション・ウォークに参加して話題を集める。


【ダンヒルの公式サイト】

・dunhill
 http://dunhill.com/

■ダンヒルの取扱サイト

モダンブルー

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)



(以下、ファッションプレスより)

ブランドの始まり

1854年、荷作り用木箱製造兼荷作職人であったルイ ヴィトン(LOUIS VUITTON)が世界最初の旅行鞄のアトリエ「ルイ ヴィトン」を設立。

ルイ ヴィトンについて

ルイ ヴィトン(LOUIS VUITTON)は1821年、スイスとの国境に近いジュラ山脈アンシェイ村で生まれる。家業は粉屋。1835年に養母と折り合わず家出。働きながら旅を続ける。パリまでくるとルイは荷造り用木箱製造兼荷造り職人の見習いとなる。

輸送機関の発展、成長に注目し、従来の蓋の丸いトランクから、積み上げることが簡単な平らな蓋を持つトランクを考案。革より軽い防水加工を施したグレーの 無地コットン素材「グリ・トリアノン・キャンバス」を使用して作ったトランクは評判となり、ナポレオン3世の皇妃ユージェニーが、旅行用衣装ケースとして 発注し、名声を得る。

1896年、コピー商品対策として、世界で最初にモノグラム柄をアイテムに取り入れる。この2代目のジョルジョ・ヴィトンが考案したモノグラムは、「L」 を「V」と花と星を組み合わせたもので、当時流行していたジャポニズムの影響下にあったヨーロッパで、ジョルジュが日本の家紋などからインスピレーション を受けて生まれたといわれている。

1987年、ヘネシー社と合併。LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ ヴィトン)グループの誕生。その後、クリスチャンディオールを率いるベルナール・アルノーがLVMHの株を取得し、議長(チェアマン)に就任。こうしてアルノーは世界的なラグジュアリーファッショングループを築き上げる。

1997年、ニューヨークのデザイナーであるマーク ジェイコブズを起用し、アパレル分野に進出。「機能的」かつ「実用的」なウェアは初コレクションから大好評を博す。コレクションではモデルが新作のバッグを披露する形式をとった。当時を振り返り、マーク ジェイコブス本人は、実情として、プレタポルテタを開始して数年は、これまでモード(ファッション)になかったルイ ヴィトンのイメージを作り上げるのに非常に苦悩したと語っている。

マーク・ジェイコブズの戦略のもと、バッグの分野も伝統を重視しつつ、次々に改革をはじめ、1998年、ダミエ・ラインが定番商品として復活した。その他にも、村上隆とのコラボレーションなど、さまざまな挑戦を続けている。

2008年9月、コム デ ギャルソンとの期間限定ショップ「ルイ・ヴィトン・アット・コム・デ・ギャルソン」を東京・青山にオープン。2010年、アーティストのダミエン・ハーストコラボで手術用機器を運ぶ2つのトランクを作成。

2011年、ダンヒルにてクリエイティブ・ディレクターを勤めていたキム ジョーンズがルイ・ヴィトンのメンズディレクターに就任。



(以下、ファショコン通信より)


<ルイヴィトンの公式サイト>

・Louis Vuitton Official Website: Luxury leather goods and fashion
 http://www.vuitton.com/
・LVMH group, Moet Hennessy Louis Vuitton: world leader in luxury, listed on CAC 40 index.
 http://www.lvmh.com/

●ルイヴィトンの取扱サイト

Amazon.co.jp
SPACE&Co.








記事検索
プロフィール

selfishpro

タグクラウド
サイトマップラス
Powered by SEO対策

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

トップに戻る