Yves

イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)

イヴサンローラン(Yves Saint Laurent)

(以下、ファションプレスより)

ブランドの始まり

1962年、ピエール・ベルジェ、アメリカの実業家マック・ロビンソンとイヴ サンローランがオートクチュールのメゾン「イヴ サンローラン」を設立。

イヴ・サンローランについて

イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)は、1936年、アルジェリアの港町オランで生まれる。父親が映画館のチェーンを所有していたことから裕福な家庭で育つ。母親の後押しも あり17歳の時にパリオートクチュール組合経営の学校に入学。3ヶ月のコースが終了うするころにIWS(国際羊毛事務局)主催のデザインコンクールに応 募。ここでカクテルドレスを発表し、ドレス部門最優秀賞を受賞。(このときコート部門の受賞者はカール ラガーフェルド)

コンクールの入賞がきっかけで、54年、クリスチャン ディオールに 迎え入れられる。57年、クリスチャン ディオール死去。ディオールの遺志により21歳で後継デザイナーに就任。58年、クリスチャン ディオール死後のパリでの初コレクションで「トラペーズライン」を発表。このコレクションはニーマン・マーカス賞を受賞し好評を博す。その後のホブル・ス カート(裾幅の極端に狭いスカート)と60A/Wの「ビートライン」と称されたストリート感覚のスタイルはエレガンスさがないとして不評。60年アルジェ リア戦争に徴兵されたことを機に、ディオールを解雇される。除隊後、ディオールのデザイナーのポストは兄弟子のマルク・ボアンが就任していた。

62年、PR系で実績のあるピエール・ベルジェ、アメリカの実業家マック・ロビンソンと組みオートクチュールメゾン「イヴ・サンローラン」を設立。バレンシアガを意識したニューモードは好評を呼ぶ。

以後、モンドリアンルック等、60年代を代表する新しいエレガンスのスタイルを発表。66年、「イヴ・サンローラン」のプレタポルテライン「イヴ・サン ローラン リヴ・ゴーシュ」のブティックをパリ6区、左岸に開設。60年代後半には、大腿部までのロングブーツやサファリ・ルック、シースルー・ドレス、ポップアー ト・ドレス、ミリタリー・ルック、パンタロン・スーツなどを発表。

イヴ・サンローランで特に有名なのが66年のスモーキン=タキシード。男性用のタキシードをアレンジし、女性用のスーツが生まれる。70年代にはコサッ ク・ルックやフォークロア調のでデザインを発表。名実共にモードの帝王と呼ばれるようになる。85年、レジヨン・ドヌール勲章を受勲。93年、デ・ドール 賞を受賞。 

93年イヴ・サンローラン社はサノフィ・ボーテ社に買収される。 97年にメンズライン「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ オム」のアーティスティック・ディレクターにエディ スリマンが就任。98年、ジーンズライン、「サンローラン」を発表。ジーンズラインもスリマンが担当した。1999A/Wからレディースライン「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ」をアルベール エルバスに任せ、サンローラン本人はオートクチュールのみに専念することになる。

99年、ピノー・プランタン・ルドゥート(現PPR)社のオーナーであるフランソワ・ピノーが、同氏のホールディングであるアルテミスを通じて、サノフィ社を買収し、「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ」及び香水部門を傘下のグッチ社に売却。ただし、サンローラン本人とオートクチュール部門は、PPR傘下として残る。イヴ・サンローラン社がグッチ社に買収されたのを受け、2001S/Sよりリヴ・ゴーシュのデザイナーにトム フォードが就任。

サンローラン本人は、2002年1月22日に行われた、パリ・オートクチュール・コレクションを最後に引退した。そして、オートクチュール部門は閉鎖し、 以後、ブランドはリヴ・ゴーシュのみの展開となる。2003年11月、トム フォードが辞任。後任にはアルベール エルバス、アルマーニプラダと渡り歩いたステファノ・ピラーティが就任。ピラーティは、2005S/Sコレクションからサンローランでのコレクションを担当している。

2007年、イヴ・サンローランはその長年の功績からフランスの大統領サルコジからレジオン・ドヌール勲章グラントフィシエ受章を受ける。

2008年6月1日、イヴ・サンローランが死去。世界中からその死を惜しまれた。

イヴ・サンローランのライン

イヴ サンローラン・リヴ・ゴーシュ - レディース
イヴ サンローラン・リヴ・ゴーシュ オム - メンズ



■イヴサンローランの公式サイト

・Yves Saint Laurent
 http://www.ysl.com/





イヴサンローラン(Yves Saint Laurent)

イヴサンローランのブランド情報

(以下、ファッション通信より
  1962年に創立したフランスのアパレルブランド
  創立者はピエール・ベルジェとイヴ・サンローラン(Yves Saint LAURANT)。イヴ・サンローランは1936年8月1日、アルジェリアのオランに生まれる。自他共に認めるゲイ。17歳の時、IWS主催のデザインコ ンクールでカクテルドレスを発表し、最優秀賞を受賞。息子の才能を信じた母親が、フランス版「ヴォーグ(VOGUE)」の編集長であったミッシェル・ド・ブリュノフの下へ連れて行ったところ、ブリュノフはサンローランの才能に魅かれた。ブリュノフの薦めで、サンローランはエコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌ(Ecole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne)に入学。また、ブリュノフの紹介で、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)のアシスタントになる。
  1957年11月15日、クリスチャン・ディオールの死去に伴い、21歳で後継デザイナーに就任。
  1958年1月30日、クリスチャン・ディオール死後のパリでの初コレクションで「トラペーズライン」を発表。
  1960年7月、左岸のビートニクス達へのオマージュを表現したコレクションを発表。ストリートの若者のスタイルへの称賛を明確にした、初めてのクチュールコレクションとなった。
  1962年、ピエール・ベルジェと共にオートクチュールメゾンである「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」を発表。以後、シースルー、サファリルック、モンドリアンルック、スモーキング、パンタロン等、1960年代を代表する新しいエレガンスのスタイルを発表。
  1966年、プレタポルテ「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ(Yves Saint Laurent rive gauche)」のブティックをパリ6区にオープン。
  1985年、フランスの最高勲章レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを授与される。。
  1993年、デ・ドール賞を受賞。
  1998年、「サンローラン・ジーンズ(SAINT LAURENT JEANS)」をスタート。
  1999-2000 A/W から 2000 S/S まで、アルベール・エルバス(Alber ELBAZ)がイヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュのデザイナーを務めた。
  2001年9月29日、表参道にイヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュのショップをオープン。
  イヴ・サンローラン社がグッチ(GUCCI)社に買収されたのを受け、2001 S/S よりイヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュのデザイナーにトム・フォード(Tom FORD)が就任。
  2002年1月22日に行われた、パリ オートクチュール・コレクションを最後に、「モードの帝王」、イヴ・サンローランは惜しまれつつも引退した。そして、高度に神格化された影響か、そのまま オートクチュール部門は閉鎖され、以後はイヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュのみの展開となった。
  2003年、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)社とコラボレートし、メンズフレグランス「エッセンツァ・ディ・ゼニア(Essenza di Zegna)」を発表。
  2003年11月、トム・フォードが辞任。
  2005 S/S より、ステファノ・ピラーティ(Stefano PILATI)がメンズウェアラインのクリエイティヴ・ディレクターを務める。
  ステファノ・ピラーティはミラノでファッションデザインを学んだ後、1993年にジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)に、95年にプラダ(PRADA)に入社し、各社でアシスタント・デザイナーを務める。2000年、イヴ・サンローランに入社し、レディースウェアのデザイン・ディレクターに就任。2002年6月には、プレタポルテ、アクセサリー、レザーウェア等、全カテゴリーのデザイン・ディレクターに就任。
  2007年6月、新ブランド「エディション24(Edition 24)」を発表。従来のサンローランのベストセラーやアイコンアイテムを、現代女性向けに再編集したものとなる。
  2007年12月6日、イヴ・サンローランがフランス大統領府(当時サルコジ大統領)よりレジョン・ドノール勲章を授与される。
  2008年6月1日、イヴ・サンローランが死去。イヴ・サンローラン本人に「私はいつも、ドヌーヴをイメージしてデザインしている」と言わしめるほ ど、1960年代後半まではカトリーヌ・ドヌーヴがマスコット的存在として位置していた。また、卓越した技術と多大なる存在感で多くのデザイナーに影響を 与え、敬意を込めて「モードの帝王」と称された。
  2009年2月23日、パリの展示場「グランパレ」で行われたオークションで、イブ・サンローランの遺品が2億600万ユーロ(当時の為替レートで約250億円)で落札された。当時、個人のコレクションとしては世界の競売史上最高額であった。
  2010年2月、アトリエニューヨークとコラボレートし、カプセルコレクションである「イヴ・サンローラン・フォー・アトリエニューヨーク(Yves Saint Laurent for ATELIER NEWYORK)」を発表。

イヴサンローランについて

  サンローラン社がグッチ社に買収され、デザイナー交代の噂が立ち上がったとき、実はオートクチュールのデザイナーもトム・フォードに代わるという話も あったようだ。しかし、ご存知の通り、パリにおいてイヴ・サンローランは既に神格化されていたため、周囲から大変な反発を受けた。そこで、オートクチュー ルだけはイヴ・サンローランに続けさせ、プレタポルテ部門をトム・フォードにやらせることとなった。ビジネス至上主義の現代モードの流れにあって、一際異 彩を放つのがイヴ・サンローランの凄さであったといえよう。
  そして、2002年におけるイヴ・サンローランの引退に伴う、クチュール部門閉鎖。もはや、イヴ・サンローラン以外に「イヴ・サンローラン」は語らせないというような執念さえ感じられた。
  最後まで徹底的に神格化されたデザイナーであった。

イヴサンローランの公式サイト

・Yves Saint Laurent
 http://www.ysl.com/

イヴサンローランの取扱サイト

Amazon.co.jp
【伊勢丹】I ONLINE
ELLE SHOP
YOOX.COMicon
記事検索
プロフィール

selfishpro

タグクラウド
サイトマップラス
Powered by SEO対策

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

トップに戻る