2012年12月14日

週末重賞展望

朝日杯フューチュリティーSは2歳戦だけに、前哨戦にスローペースのレースが多く、指数が低くても要注意。
それでも平均指数の上位馬が10年で8連対、過去高指数馬も8連対しており、
指数上位馬たちの優位は揺るがない。
1番人気馬と2番人気馬が、ともに連対できなかったのは10年間で2度だけ。人気馬の信頼も高いレースだ。

今年の上位馬はコディーノ、エーシントップ、ラブリーデイ、ノウレッジ、クラウンレガーロ、マイネルエテルネル、ザラストロなど。
例年、鋭い上がりの脚がある馬たちが断然有利のデータもあり、ゴットフリート、ノウレッジ、エーシントップ、ラブリーデイ、ネオウィズダム、コディーノなどの切れる上がりの脚に注目したい。
 
また、前走に東スポ杯2歳Sや京王杯2歳Sなどの重賞に出走していた馬たちの勝率、連対率が高く、
今年は東スポ杯2歳Sを勝ったコディーノ、京王杯2歳Sを勝ったエーシントップが指数でも上位にあり、
当然人気も集めるはずで、連軸向きといえそう。
 
指数ランク外になったが、前走、新潟の500万条件を勝ったゴットフリートが気になる存在。直線の瞬発力では1番、人気の2頭と互角に戦えるレベルの馬だろう。

愛知杯は牝馬限定のハンデ戦。
久々、新しくなった中京コースでの開催で、過去の傾向も役に立たないと思うが、一応。
過去6年、特徴的なことはトップハンデ馬が4勝、5連対と好調なこと。
今年は56キロのオールザットジャズがトップハンデ馬。
ただ、指数上でも上位にあるといっても、特に抜けているわけではなく、他の馬たちとのハンデ差を考えると、
信頼は薄いかもしれない。55キロ、54キロ組からはピクシープリンセス、アカンサス、アスカトップレディたちが、
差し脚もあって有力に思えるが、
波乱含みを意識するなら、軽ハンデで上がりの脚が使えるゴールデングローブ、エーシンメンフィス、サンシャイン、メルヴェイユドールなどでも勝負になるかもしれない。


selvas2 at 18:39コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索