2012年12月28日

松井秀喜選手、ご苦労様でした。

巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜外野手(38)が27日(日本時間28日)、
ニューヨーク市内のホテルで会見を行い、現役引退を正式に表明した。

冒頭に「本日をもちまして、20年間に及ぶプロ野球人生に区切りをつけたい」とあいさつすると、
目を潤ませながら決断に至った理由を明かした。
「今年、多くのプレーの機会をいただき、出るときはクリーンアップで出させてもらいながら結果が奮わず、そのことが1番大きな要因となった」と説明。
今後については「はっきりとは決めていない。少しゆっくりしながら考えたい」とした。

日米通算507本塁打を放った希代のスラッガーは「長い時間を過ごしたチームは自分なりに思い入れは強い」と巨人、ヤンキースでの思い出を何度も振り返り「何一つ後悔はありません」と話した。

松井秀喜外野手「本日をもって20年に及んだ野球人生に区切りをつけたいと思う。応援してくださったファン、報道の皆さまに感謝したい。巨人で当時の長嶋監督に出会い、日々指導していただき、その後の野球人生の礎になった。感謝してもし尽くせない。憧れのヤンキースのユニホームに袖を通して7年間プレーできたのは本当に最高の出来事だったし、最高に幸せな日々でした」

◆松井 秀喜(まつい・ひでき)1974年6月12日、石川県生まれ。38歳。
星稜高から92年のドラフト1位で巨人入り。96、00、02年にセ・リーグMVP。
首位打者1度、本塁打王、打点王各3度獲得。
03年にヤンキースにFA移籍し、09年ワールドシリーズでは3本塁打の活躍で日本人選手初のMVPに輝いた。
10年はエンゼルス、
11年はアスレチックスに所属。
今季は4月にレイズとマイナー契約し、5月29日にメジャー昇格。同日のレイズデビュー戦で今季1号。
186センチ、103キロ。右投左打。

selvas2 at 10:55コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索