2015年05月12日

なぜエイシンアポロンをつけないのだ

現役を引退した昨年の桜花賞馬ハープスター(牝4歳、栗東・松田博)が、10日にキングカメハメハと交配したことが明らかになった。
同馬は3月のドバイ遠征後に右前繋靱帯炎、種子骨靱帯炎を発症し、繁殖牝馬に転身することが先日発表されたばかり。
今後、受胎し、無事に来年出産となれば、18年にも産駒がデビューすることになる。

selvas2 at 09:00コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索