2015年05月17日

ヴィクトリアマイル 結果

 17日の東京11Rで行われた第10回ヴィクトリアマイル(4歳上牝馬オープン、GI、芝1600メートル、18頭立て、1着賞金=9000万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の5番人気ストレイトガール(6歳、栗東・藤原英昭厩舎)がゴール寸前で差し切り、GI初制覇を成し遂げた。タイムは1分31秒9(良)。

 牡馬相手のGIや海外の強豪にもまれてきた経験が、6歳の春になってついに花開いた。ゴール寸前で末脚を爆発させたのは5番人気のストレイトガール。6度目のGI挑戦で、ついに頂点に立った。

 レースは大外からミナレットが気合をつけて先行。離れた2番手にケイアイエレガントがつけて、その後ろにリトルゲルダ、レッドリヴェールと続く。人気のヌーヴォレコルトは中団の前で外めを追走した。しんがり人気の伏兵ミナレットが大逃げを打って、かなりのリードを保ったまま直線へ。伏兵中の伏兵が大いに見せ場を作って場内がどよめく中、徐々にケイアイエレガントとストレイトガールが接近する。ゴール間際になってミナレットの脚いろが鈍ったところを2頭がかわすと、最後は外からストレイトガールがグイッとひと伸び。初コンビの戸崎騎手を背に、待望のGI制覇を果たした。アタマ差2着は12番人気のケイアイエレガントで、2着から1馬身3/4差の3着が18番人気のミナレット。3連単は2070万5810円台という大波乱の決着となった。

 ストレイトガールは、父フジキセキ、母ネヴァーピリオド、母の父タイキシャトルという血統。北海道浦河町・岡本牧場の生産馬で、廣崎利洋氏の所有馬。通算成績は26戦9勝(うち海外1戦0勝)。重賞はGIIIシルクロードS(2014年)に次いで2勝目。藤原英昭調教師は08年エイジアンウインズに次いでヴィクトリアマイル2勝目、戸崎圭太騎手は初勝利。

 戸崎騎手は「(今年に入って)たくさんGIでいい馬に乗せていただきながら結果が出ていなかったので、きょうはよかったです。(スタートは)一番出たかな、というくらいのいい出方をしてくれました。ペースが少し流れると思っていたので、いい位置でタメをきかせれば、しまいは伸びると思っていました。なかなか前がしぶとく粘っていたのですが、本当にいい切れ味を見せてくれて、馬に助けられましたね。センスがある馬で乗りやすいですし、強い競馬をしてくれました」と流れる汗をぬぐいながら、初コンビのパートナーを称えていた。

selvas2 at 17:00コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索