2014年03月

2014年03月31日

三つの語句を並べて書くときに
「と」、「や」、「および」は最後の語句の前に置くのが
美しい文章とされるようです。

1、イギリスとフランス、イタリアに行きました。
2、甲および乙、丙は
3、イギリス、フランスとイタリアに行きました。
4、甲、乙および丙は

1と2よりも3、4のほうが美しいとされるようです。

イギリスとフランスとイタリアに行きました。
と書かない場合、
イギリスの印象が強いわけではなく、三つの国は同様に扱っている文章です。
個人的に3よりも1のほうがしっくりくるのは私だけでしょうか。


selvas2 at 14:51コメント(0) 

2014年03月30日

風を追い越す超絶の速さ、スプリント界に新星が現れる。

絶対王者ロードカナロアの引退から2ヶ月、中京競馬場を舞台に短距離界の王座を賭けた戦いが始まります。
グローバル・スプリント・チャレンジ、第44回高松宮記念、
2014年の中央競馬春のG1シリーズ開幕戦です。
18頭のフルゲート、芝1200m、マヤノリュウジンが最後のゲート入りです、
さあ新たな王者が誕生します!
第44回高松宮記念態勢完了!

スタートしました!
外からレディオブオペラ!ハクサンムーン好スタート!先頭レディオブオペラ、しかしハクサンムーンも譲りません、赤い帽子コパノリチャードもこれに加わる、4番手はマジンプロスパーが内、リアルインパクトが並ぶ、
8番のガルボ、外からアースソニック、エーシントップ中団から、その外へマヤノリュウジン、
早くも残り800を通過、4番のレッドオーヴァル、同じ勝負服レッドスパーダ、人気のストレイトガール中団よりやや後ろ、スマートオリオンと続いて600m33秒後半で通過、
内に2番のサクラゴスペル、芦毛のスノードラゴン、3番のサンカルロ、インプレスウィナー後方2番手、殿シルクフォーチュンで早くも第4コーナー、コパノリチャード前に並びかける!

さあ第4コーナーをカーブして直線!
抜け出したコパノリチャード!その外からレディオブオペラ!
ハクサンムーンも懸命に追う!内からマジンプロスパー!大外マヤノリュウジン!
200を通過!場内ドーーーーーーっという大歓声!
コパノリチャード引き離すか!レディオブオペラ2番手!
ようやくストレイトガール!スマートオリオン突っ込んでくる!
コパノリチャードだ!コパノリチャード!ミルコ・デムーロ!
2着争いはレディオブオペラかストレイトガールか、スマートオリオンも突っ込んでいます!
勝ったのはコパノリチャード!フェブラリーステークスと同じ黄色い勝負服!

selvas2 at 01:00コメント(0) 

2014年03月29日

新中京コースの短距離戦は、ペースを問わず、最後に逆転が待っている印象が強い。
中〜長距離戦のスローだと、楽に行けた先行タイプが直線に向くとペースアップし、そのまま押し切るレースも珍しくないが、
短距離戦でペースが落ち着いてしまうと、接近して追走できる後続は、もともと追っての鋭い切れを生かしたい馬が多いから、寸前での逆転に持ち込みやすいのだろう。

新中京になってまだ、2年ちょっと。
最初は「芝設定をだいぶ変えた」と言われ、12年の高松宮記念は1分10秒台だったから、現在とは大きく異なる。実際に現在とほぼ同じような芝で高松宮記念が行なわれたのは、1分08秒1(34秒3-33秒8)だった昨年が最初であり、オープンの芝1200mはほんの少ししか行なわれていない。

マジンプロスパーがレコードで差し切り、ハクサンムーンがクビ差2着だったCBC賞は、1分08秒0(34秒2-33秒8)だった。

今回の人気の中心ストレイトガールが中位から差し切った尾張Sは、1分08秒6(34秒5-34秒1)である。
みんな前半の方がラップの遅い、変則の1200mに近い。

コース形態はかなり違うが、牝馬レディオブオペラが4連勝した京都の1200mとほとんど同じようなバランスで、
前半600mより、後半600mの方が速い後傾バランスである。

これには前半のラップが速くなりにくいコース形態が影響しているが、京都と違って中京には最後の直線に上り坂があることを考慮すると、かなり特殊な1200mの中身というべきだろう。

ちょっと前半飛ばすと、最後の直線が長くなったうえに上り坂ができたから苦しい。
みんな慎重になりムキになって飛ばさないのである。とくにオープン馬は折り合いも付きやすい。なだめて行くことができる。

でも、なんとしても勝たなくては意味のない下級条件では、馬も行きたがるから、あまりなだめずに行く。
だから条件クラスでは、前半3ハロン「33秒台」は再三記録されているのではないか。
という図式が推測がされるのである。

意外なほど、オープンの1200mの前半は楽なペースになりがちな傾向がはっきりしてきたところで、
新中京では歴史の浅い高松宮記念。

昨年は1分08秒3で3着に粘り、CBC賞でも1分08秒0で微差2着のハクサンムーンは、ここで控える策はない。

この枠順なら、強気なデムーロ騎手のコパノリチャードも、簡単には譲る手はない。

これに、他コースに前半33秒台の出足を持つレッドスパーダ、レディオブオペラ、巻き返したい内のマジンプロスパーなどが強気に出るとき、今年の高松宮記念は前半34秒台の、500万下より遅いような緩いペースはないと思える。

ハイペースになるというのではなく、やっと日本の1200m重賞らしいペースでレースが展開するのではないか、
と推測したい。
そのとき、スローに近いペースでも、差し馬が届いていた中京1200mが、
当然とも思える前半33秒台になったら、もっと差し馬有利かというと、そうとは限らない。
なぜなら、緩いペースだから差なく先行馬を射程に入れて追走でき、切れ味勝負に持ち込めていたかもしれない差し=追い込み馬は、今度は逆に苦しい1200mになる危険が出てきてしまう。

いままでと少し違って、前半が33秒台になるということは、
他場より少しタフな中京1200mで、1分07秒台で乗り切る能力があるかどうかを問われるくらい、
厳しい1200mになるという意味でもある。
ここまでの新中京の1200mの時計推移を振り返ると、
底力を秘め、総合スピード能力を持たない馬では、1分07秒6〜9はかなり苦しいだろう。

もともと、ペース配分は難しいとしても、
GIの1200mに展開うんぬん、上がりがかかって先行馬が止まってくれればうんぬん、
は関与しない。
コース形態に関係するペース配分が明らかになったら、現在の中京なら、推定1分07秒7くらいで乗り切る能力があるか、どうかである。


selvas2 at 18:58コメント(0) 

2014年03月28日

東京の桜も咲き始めた。桜の便りとともに行われる春のG1第1弾は高松宮記念。

2年前、新しいコースに生まれ変わった中京競馬場だが、過去2年のデータを見ても、
指数上位のランク馬が強いという傾向に大きな変化はなかった。指数上位馬の信頼は高い。

今年の前走指数上位馬は、コパノリチャード、ストレイトガール、レディオブオペラ、スマートオリオン、サクラゴスペルなど。
過去の指数ではハクサンムーン、マヤノリュウジン、マジンプロスパーなども上がってくる。

中京競馬場の芝1200はスタートしてすぐ、3コーナーの手前から4コーナー過ぎまで長い下り坂が続く。
肝心の勝負所でどうしてもオーバーペースになりがちで、結果的に直線の急坂で脚が上がってしまうことが多いようだ。1200に限らず、中京の芝コースでは差し馬が活躍するのも、このコースの形態に訳があるのだろう。

厳しいG1のペースを先行しても粘る脚があるハクサンムーン、コパノリチャード、スマートオリオン、アースソニックも有力には違いないが、やはり、高松宮記念は鋭い差し脚のある馬を連軸の中心にとりたい。

差し脚の鋭さはストレイトガールが断然。ストレイトガールは昨年の夏までは500万条件の身だったが、
そこから7戦6勝2着1回と快進撃が始まって、前走は重賞戦をも圧勝。
ついにこのG1の舞台に立つまでに出世してきた。岩田騎手とは相性が良く、6戦4勝2着2回とパーフェクト連対中だ。戦歴からも、岩田騎手がストレイトガールの素質を開花させてきたのだろうと思える。
他に上がりの脚が良いのはレディオブオペラ、シルクフォーチュンなど。


日経賞は、過去の指数が高い馬たちが中心になっている。
今年はフェノーメノ、ジャガーメイル、ウインバリアシオンなどの過去指数が高い。
他に前走指数などでラストインパクト、アドマイヤフライト。

昨年冬から、相変わらず力のいる中山の芝コースだが、
スタミナの点で上位に推せるのはフェノーメノ、ラストインパクト、ウインバリアシオン、サクラアルディート、ダービーフィズなどだろう。

いよいよ春の天皇賞馬フェノーメノがここから始動する。
昨年もこのレースを勝っており、当然人気も集めそうだが、脚部不安の休み明けで、
ただ1頭58キロを背負うのは少し気になるところ。ただ、先行力もあり、中山の芝をこなすだけのスタミナも十分にあるだろう。安定した高い指数でも抜けており、ここは素直にフェノーメノ。


マーチSはダートのハンデ戦で、波乱が多いレースだ。
指数上は平均指数の上位馬の連対率が高く、連軸の中心。

今年の平均指数の上位はグランドシチー、エーシンゴールド、バーディバーディ、ソロルなど。
他にクリールパッション、ジェベルムーサ、ドコフクカゼ、グラッツィアなどは前走指数の上位馬たちだ。

ダート重賞での実績ではグランドシチーが最上位。
昨年のこのレースの勝ち馬で、平均指数でも最上位にあるが、ハンデは58.5キロと厳しい。
平均指数でグランドシチーに続くのはエーシンゴールド。
新馬からダートを使って(4300)と連対率は100パーセント。指数も高く、底を見せていない逸材。

同じ4歳馬のジェベルムーサも、全てダート戦で(5111)と好成績。
ハンデは57キロとエーシンゴールドよりも0.5キロ重いが、差し脚は上位。
また同じ4歳馬のソロルも指数上は全く差がなく、ハンデは56キロで一番恵まれた印象。
差し脚も鋭く、人気になりそうなエーシンゴールド、ジェベルムーサを狙うよりは、ソロルからの手の方が面白いかもしれない。


3歳馬の重賞、毎日杯は、当然、前走指数上位馬が中心。

今年はリーゼントロック、アズマシャトル、ピークトラム、サングラス、ラングレーなどが指数の上位馬。
阪神外回りコースでスローペースは必至。指数上位馬で長く良い脚が使えるのはアズマシャトル。
2走前、スローペースの阪神の重賞、ラジオNIKKEI杯2歳Sで2着があり、コースの適性もあるはず。

前走、初の芝戦を先行し好指数で5着に粘ったリーゼントロックは要注意。


selvas2 at 17:33コメント(0) 
30日に中京競馬場で行われる、第44回高松宮記念(4歳上・GI・芝1200m・1着賞金9500万円)の枠順が、
28日確定しました。

前走オーシャンSからの巻き返しを期すハクサンムーン(牡5、栗東・西園正都厩舎)は6枠12番からのスタートとなりました。

また、シルクロードSを制して勢いに乗るストレイトガール(牝5、栗東・藤原英昭厩舎)は5枠9番、
オーシャンSを勝ったスマートオリオン(牡4、美浦・鹿戸雄一厩舎)は7枠15番に入りました。

同条件のCBC賞を連覇しているマジンプロスパー(牡7、栗東・中尾秀正厩舎)は1枠1番、
シルクロードSで2着のレディオブオペラ(牝4、栗東・白井寿昭厩舎)は7枠14番となりました。
発走は15時40分。枠順は以下の通りです。

 ( )内は性齢、騎手・調教師

1-1 マジンプロスパー(牡7、内田博幸・中尾秀正)
1-2 サクラゴスペル(牡6、松山弘平・尾関知人)
2-3 サンカルロ(牡8、吉田豊・大久保洋吉)
2-4 レッドオーヴァル(牝4、川田将雅・安田隆行)
3-5 コパノリチャード(牡4、M.デムーロ・宮徹)
3-6 リアルインパクト(牡6、戸崎圭太・堀宣行)
4-7 レッドスパーダ(牡8、四位洋文・藤沢和雄)
4-8 ガルボ(牡7、石橋脩・清水英克)
5-9 ストレイトガール(牝5、岩田康誠・藤原英昭)
5-10 シルクフォーチュン(牡8、藤岡康太・藤沢則雄)
6-11 インプレスウィナー(牡7、丸田恭介・宗像義忠)
6-12 ハクサンムーン(牡5、酒井学・西園正都)
7-13 アースソニック(牡5、三浦皇成・中竹和也)
7-14 レディオブオペラ(牝4、藤田伸二・白井寿昭)
7-15 スマートオリオン(牡4、横山典弘・鹿戸雄一)
8-16 エーシントップ(牡4、武幸四郎・西園正都)
8-17 スノードラゴン(牡6、大野拓弥・高木登)
8-18 マヤノリュウジン(牡7、池添謙一・庄野靖志)

※出馬表は主催者発表のものと照合してください。

selvas2 at 12:45コメント(0) 

2014年03月27日

中国によるレアアース(希土類)の輸出規制が世界貿易機関(WTO)の協定違反に当たるなどとして日本と米国、欧州連合(EU)が共同で提訴していた問題で、WTOの紛争処理小委員会は26日、日米欧の主張を全面的に認める報告書を発表した。

中国は60日以内に2審に相当する上級委員会に上訴できる。

中国は2010年ごろからレアアースの輸出量を大幅に削減したほか、レアメタル(希少金属)のタングステン、モリブデンとともに輸出税を導入。日米欧はこの措置が中国の国内産業を優遇しているとして12年にWTOに提訴していた。

報告書は、輸出規制は天然資源の保全のためとする中国の主張を認めず、WTO協定で禁止する数量制限にあたるとして是正を求めた。輸出税についても環境保護に必要な措置とは言えないと認定した。茂木経済産業相は、この判断を歓迎するとの談話を出した。


selvas2 at 09:25コメント(0) 

2014年03月26日

高松宮記念の傾向データ。※過去10年


【1】勝ち馬は4番人気以内から
■人気別成績
1番人気
[3-2-3-2]
2番人気
[2-2-1-5]
3番人気
[2-1-2-5]
4番人気
[3-1-0-6]
5・6番人気
[0-3-0-17]
7〜11番人気
[0-0-3-38]
12番人気〜
[0-1-1-65]

【2】差し馬が断然の好成績
■脚質別成績
逃げ
[1-0-1-8]
先行
[2-2-2-33]
差し
[7-7-6-54]
追込
[0-1-1-52]

【3】枠での有利差はほぼ皆無
■枠順別成績
1枠
[0-0-3-17]
2枠
[3-1-0-16]
3枠
[1-0-1-18]
4枠
[1-2-0-17]
5枠
[1-1-0-18]
6枠
[2-1-2-15]
7枠
[1-2-2-23]
8枠
[1-3-2-23]

【4】前走5着以下は2着まで
■前走着順別成績
1着
[4-5-4-23]
2〜4着
[6-2-3-32]
5〜9着
[0-2-3-53]
10着〜
[0-1-0-39]

【5】阪急杯組が中心
■前走レース別成績
阪急杯
[6-5-4-41]
オーシャンS
[3-0-3-51]
シルクロードS
[1-1-3-14]
他重賞
[0-4-0-20]
非重賞
[0-0-0-21]


【6】5歳馬が好成績で、4歳馬が不振
■年齢別成績
4歳
[0-1-2-40]
5歳
[6-5-2-33]
6歳
[2-4-3-35]
7歳以上
[2-0-3-39]

【まとめ】
当日4番人気以内・前走4着以内で、5歳の差し馬が中心。
阪急杯組なら文句無し。

selvas2 at 18:40コメント(0) 

2014年03月25日

今週の日曜中京メーンは、高松宮記念(G1、芝1200メートル、30日)が行われる。

コパノリチャード(牡4、宮)が、ハナ争いに意欲を見せた。
初の1200メートル戦で、ハクサンムーンほか快速の逃げ馬も多いが、
宮師は「出てみないと分からないが、ハナに行くこと主体で競馬します」と話した。

19日に坂路で53秒0−12秒3をマークしており調整も順調。
「先週結構やってるから、明日(水曜)は馬なりに毛の生えた程度でいい。
行っちゃうのが理想だし、内枠の方がいいよね」と、最後までハナにこだわっていた。

selvas2 at 18:11コメント(0) 

2014年03月24日

秋・春のスプリントGI を制覇したカレンチャンが昨年1月にターフを去り、スプリント王の座に君臨してGI・6連勝という偉業を達成したロードカナロアも今年1月に引退した。
歴史に名を残す名馬たちが力の差を見せつけて平穏な決着が続いていたスプリントGI だが、
今年は新たなチャンピオンの座を狙うスター候補馬が集結し、混戦模様。
シルクロードS、阪急杯、オーシャンSと前哨戦に位置付けられている3つの重賞の勝ち馬がすべて1番人気馬ではなかったことにより、混戦に拍車を掛けている。
過去のGI で好走してきた馬たちがキャリアの差を見せるのか、それとも一気に力をつけてきた新興勢力が世代交代を果たすのか。
今年の高松宮記念は実力伯仲の一戦だけに、ゴール前の追い比べは見応え十分だろう。

前哨戦の順に注目馬を取り上げていきたい。まずはシルクロードSを勝ち、重賞ウイナーとなって本番へ挑むストレイトガール(牝5・藤原英昭)。当日輸送のない滞在競馬のほうが力を発揮しやすい印象があった馬だが、昨年末のオープン特別・尾張S(中京・芝1200m)を快勝し、輸送競馬でも能力を十分発揮できることを証明。次走のシルクロードS勝利につなげた。また、今回と同じ中京・芝1200mで行われた尾張Sの勝ちっぷりの良さが、GI 初挑戦のマイナスを感じさせない魅力のひとつになっている。重賞連勝でのGI 初制覇となれば、新しい名スプリンターの誕生と言ってもよさそうだ。

そのシルクロードSで2着に敗れたレディオブオペラ(牝4・白井寿昭)。勝ち馬のストレイトガールにつけられた2馬身半差は、スプリントレースでは決定的なものと言えそうだが、それでも勝負付けが済んでいない印象があるのは、マイナス14キロと大幅に減少した馬体重の影響が大きかったと思われるからだ。中京・芝コースに出走するのは今回が初めてで、直線が長く坂のあるコースも初めて。脚質的にプラスと言えないこのコースをどう攻略するのかもポイントのひとつになるだろう。

阪神競馬場で行われた阪急杯を制したコパノリチャード(牡4・宮徹)。昨年のアーリントンC、スワンSに次ぐ重賞3勝目をマークした実績馬で、GI に出走するのも今回で4度目。4歳馬でも経験値は高い馬だが、電撃のスプリントレースと称される芝1200mに出走するのは、2012年のデビュー以来初めてとなる。スタート直後のダッシュ力はそれほど速くないタイプの逃げ馬だけに、今回のメンバー構成で自分の形に持ち込めるかどうかが鍵と言える。初めてコンビを組むM.デムーロ騎手の手腕に期待するところも大きそうだ。

前走の阪急杯で8番人気ながら2着に好走したサンカルロ(牡8・大久保洋吉)。久しぶりに古豪健在の走りを見せたが、それまでに阪神・芝コースの重賞で3勝2着2回3着2回と、幾度も好成績を残してきた実力馬。また、スプリントGI での実績も豊富で、2010年のスプリンターズSが3着、高松宮記念では阪神・芝1200mで開催された2011年に2着、リニューアルオープン後の中京競馬場で行われた2012年も2着に好走している。今年で8歳を迎えたが、前走のレース内容を見ると、末脚の切れ味はまだまだ衰えていない。ハイペースの流れになれば、直線一気の末脚で先行勢をまとめて差し切ってもおかしくないだろう。

伸びしろを十分残しているという点で注目したいのは、前哨戦の阪急杯で3着に好走したレッドオーヴァル(牝4・安田隆行)だ。昨年の桜花賞2着馬で、実力は折り紙つき。3歳秋はローズSで13着に大敗を喫すると、陣営は短距離路線に転向を表明。スワンSで勝ち馬のコパノリチャードから0秒4差の4着とまずまずの成績を残したが、次走のGI・マイルチャンピオンシップは勝ち馬のトーセンラーから0秒6差の8着に敗退。その後は放牧でリフレッシュを図られた。3か月半の休み明けで臨んだ前述の阪急杯で3着と上昇気流に乗り、この高松宮記念に挑戦。初めて経験する芝1200mの速い流れで鋭い末脚を活かすことができれば、重賞初制覇をGI の大舞台で飾る可能性も十分ありそうだ。

前走のオーシャンSで単勝オッズ1.7倍という圧倒的な1番人気の支持を受けたハクサンムーン(牡5・西園正都)だが、中山競馬場のタフな馬場がスピード優先のこの馬に合わなかったとはいえ、まさかの13着に失速。昨年のセントウルSでロードカナロアをクビ差の2着に負かしている実力馬が前哨戦で大敗したことにより、今回のレースがさらに難解なものになったと言えるだろう。展開の鍵を握る馬でもあるだけに、この馬がどれだけ復調してくるかが、今年の高松宮記念の最も重要なポイントになるかもしれない。

実績馬ハクサンムーンが思わぬ敗戦を喫したとはいえ、1600万下のアクアマリンS(中山・芝1200m)を勝ち上がった直後の連闘策でオーシャンSに挑戦して重賞初制覇を達成と、最高の結果を出したスマートオリオン(牡4・鹿戸雄一)。そのパフォーマンスは、素直に賞賛すべきだろう。ハイペースでも好位を楽に追走できるスピードがある馬だけに、GI の強力なメンバーが相手でも、ペースに戸惑うシーンは想像しにくい。昨夏以降の8戦で5勝2着3回と、とどまるところを知らない勢いを活かせば、GI 初挑戦・初制覇も難しくないはず。

前哨戦のオーシャンSで11番人気の低評価を覆して2着に好走したのは、それまでダート巧者のイメージが強かったスノードラゴン(牡6・高木登)。力を要する中山・芝コースへの適性が高かったのは確かだが、それでも出走馬中最速タイの上がり3ハロン34秒3(推定)の末脚を発揮して馬群の外から豪快に追い込んできたレース内容は高い評価が必要だ。中京・芝コースもタフな馬場状態だけに、問題なくこなせるだろう。また、直線勝負のこの馬には長い直線もプラス材料になりそうだ。

リアルインパクト(牡6・堀宣行)は、前々走の阪神Cで3歳6月の安田記念以来となる重賞2勝目をマーク。実力馬復活をアピールした。2番人気に支持された前走のオーシャンSで8着に敗退したが、これはスタートで出遅れたことが大きく響いたため。むしろ、厳しい状況からコースロスの大きい大外を回って、勝ち馬のスマートオリオンから0秒7差まで追い上げたなら上々の内容と言えるだろう。2度目の芝1200mで慣れが見込める今回は、巻き返しがあってもおかしくないはずだ。

前走のオーシャンSで9番人気ながら3着に健闘したレッドスパーダ(牡8・藤沢和雄)。2010年東京新聞杯、2013年関屋記念と重賞2勝を挙げたほか、2009年のNHKマイルC2着の実績を誇る古豪だ。芝1200mは、前走を含め4戦して3着、5着、4着、3着と、すべて掲示板を確保している。また、全6勝中5勝を左回りコースで挙げているサウスポーだけに、今回の中京・芝1200mはぴったり。虎視眈々と上位進出を狙っている。

オーシャンS4着のインプレスウィナー(牡7・宗像義忠)も左回りコースで全7勝中6勝をマークしているサウスポー。それだけに、苦手にしていた右回りの中山・芝コースで前々走のオープン特別・ラピスラズリS(芝1200m)5着、前走のオーシャンS4着と、差のない競馬を見せたのは地力強化の証明と言える。得意の左回りコースに替わる今回は、展開次第で上位に食い込むチャンスはあるだろう。

ガルボ(牡7・清水英克)は、芝1200mのレースに出走するのが今回で2度目。1度目は苦手とする夏の暑い時季に行われた2011年のキーンランドCで11着に大敗を喫している。しかし、2010年1月のシンザン記念、2012年2月の東京新聞杯、4月のダービー卿チャレンジTで重賞3勝をマークと、寒い時季から春にかけてのレースを得意にしている馬だけに、3月下旬の高松宮記念なら好結果を出してもおかしくないだろう。

selvas2 at 18:44コメント(0) 
春のスプリント王決定戦・高松宮記念。今年はロードカナロアが抜けた分やや小粒のメンバー構成となるが、
巻き返しを期すハクサンムーンや勢いに乗るストレイトガール、スマートオリオン、初のスプリント戦となるコパノリチャード、古豪・マジンプロスパーなど多彩なメンバーが揃って馬券検討が楽しみなレースとなりそう。
出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■3/30(日) 高松宮記念(4歳上・GI・中京芝1200m)

 ハクサンムーン(牡5、栗東・西園正都厩舎)は昨秋のセントウルSでロードカナロアを下し、スプリンターズSではそのロードカナロアに敗れはしたものの2着に入線して、今のスプリント戦線ではトップクラスのスピードがあることを示した。前走のオーシャンSでは休み明けの分か惨敗を喫してしまったが、一叩きされたここは巻き返しを期待したいところだ。

 ストレイトガール(牝5、栗東・藤原英昭厩舎)は3走前のキーンランドCでフォーエバーマークの逃げ切りを許してしまったが、それ以外はここ7戦で6勝。特に前走では断然人気に支持されたレディオブオペラに完勝。正に勢いに乗ってのGI初挑戦となり、この勢いのままに戴冠を狙う。

 スマートオリオン(牡4、美浦・鹿戸雄一厩舎)の前走は内伸び馬場で最内枠、逃げ馬のポケットでの競馬と完全に嵌った感はあるが、あれができるのは安定した先行力と馬の後ろで溜められる器用さがあるからこそ。フラットな条件でどこまでやれるか、ここが試金石となる。

 マジンプロスパー(牡7、栗東・中尾秀正厩舎)はもう7歳になるし、ここのところ勝ち星がないが、今回のメンバーで得意の中京コースならチャンスが巡ってきたと言っても良いだろう。長らくスプリント戦線で一線級を張ってきた実績馬の初戴冠は十分にある場面。

 その他、勢いが止まってしまったがスピードは十分のレディオブオペラ(牝4、栗東・白井寿昭厩舎)、1400mからの距離短縮が鍵もむしろ良い方向に出る可能性があるコパノリチャード(牡4、栗東・宮徹厩舎)、ダートで頭打ちも芝のスプリントで新味が期待できそうなエーシントップ(牡4、栗東・西園正都厩舎)、昨年は惜しい4着だったサクラゴスペル(牡6、美浦・尾関知人厩舎)などもチャンス十分。発走は15時40分。

selvas2 at 13:17コメント(0) 
サラ系4歳以上 (国際)(指定)
オープン 定量
1200m 芝・左

アフォード 57.0
アンバルブライベン 55.0
アースソニック 57.0
インプレスウィナー 57.0
エピセアローム 55.0
エーシントップ 57.0
ガルボ 57.0
コパノリチャード 57.0
サクラゴスペル 57.0
サンカルロ 57.0
シルクフォーチュン 57.0
スギノエンデバー 57.0
ストレイトガール 55.0
スノードラゴン 57.0
スマートオリオン 57.0
ハクサンムーン 57.0
ハノハノ 57.0
マジンプロスパー 57.0
マヤノリュウジン 57.0
リアルインパクト 57.0
レッドオーヴァル 55.0
レッドスパーダ 57.0
レディオブオペラ 55.0
ワキノブレイブ 57.0


selvas2 at 06:51コメント(0) 

2014年03月23日

「大相撲春場所・千秋楽」

 初の綱とりに挑んでいた大関・鶴竜(28)が、大関・琴奨菊(30)を寄り切りで下し、14勝1敗で初優勝を飾った。横綱昇進が確実となり、5月の夏場所からは、白鵬(29)、日馬富士(29)と並び、3横綱が誕生することになる。

 モンゴル力士の3横綱時代到来について、23日、NHKで解説を務めた元横綱・北の富士氏は「これはひとえに日本人力士のふがいなさ、指導者の責任。(3横綱に)対抗する日本人力士を出さないと、国技とは名ばかりになってしまう」と危機感をあらわにした。

 北の富士氏は「まず、鶴竜、おめでとうと言いたい」と初優勝を果たした鶴竜を祝福した上で、「私は反面、正直言うと、これは日本人力士のふがいなさ、それを指導する指導者(の責任)。本気で考えないと。喜んでばかりはいられないですよ」と各界が13年ぶりとなる3横綱時代で盛り上がる一方で、日本人横綱不在を嘆いた。

 北の富士氏は現役を引退後、九重部屋を継承し、歴代2位の幕内優勝31回を記録した名横綱・千代の富士(現・九重親方)を育成。さらに北勝海(現・八角親方)も横綱にまで育て上げた実績を持つ。それだけに、「やはりこれから、本当に、真剣に各部屋の親方衆、指導者は日本人力士を鍛えて、対抗する横綱を出さなきゃ。相撲は国技とは名ばかりになってしまう」と危機感をあらわにした。

 2003年初場所で貴乃花(現・貴乃花親方)が引退し、日本人横綱が不在となって11年。「同じ相撲を志すのだから、日本人もモンゴル人も外国人もない、とは言いますけども、やはりね、そういうもんじゃない、と思いますよ」と話し、「本当に(日本相撲)協会の親方衆には、一生懸命弟子を指導してほしい、と心の底から思います」と日本相撲協会にも苦言を呈した。

 また、「3横綱(力士)に及ばないのは、努力がたりない。」とピシャリ。「3人(横綱)の共通点は、小さい身体で(相撲界に)入ってきて、ここまできたわけですから、日本人できないわけがない」と愛情たっぷりにゲキを飛ばした。

 北の富士氏は1998年に日本相撲協会を退職。現在はNHKの専属解説者として、大相撲中継に出演している。

selvas2 at 20:18コメント(0) 

2014年03月22日

弥生賞の「トゥザワールド111、ワンアンドオンリー110」。共同通信杯の「イスラボニータ110」。きさらぎ賞の「トーセンスターダム108、バンドワゴン108」。

朝日杯FSの「アジアエクスプレス113、ウインフルブルーム110(22日の若葉Sに出走)」。以上が、一連のクラシックに連なる路線重賞で、レーティング「108以上」の評価をここまでに受けている牡馬の皐月賞出走予定馬のベスト7。

このスプリングSには、ここまでのところランキング首位に相当するアジアエクスプレス(父ヘニーヒューズ)のほかに、共同通信杯でイスラボニータと1馬身ちょっとしか差のなかったベルキャニオン(父ディープインパクト)。

さらにはM.デムーロ騎手を配してきたロサギガンティア(父フジキセキ)、内田博幸騎手にチェンジしてきたクラリティシチー(父キングカメハメハ)がそろった。

一気に皐月賞を前にした勢力図みえてきそうである。

ヘニーヒューズ産駒の外国産馬アジアエクスプレスはホントに本物なのか、が改めて問われる。また、ここまで16世代の産駒を送りながらクラシックには縁のなかった種牡馬フジキセキは、この最終世代からイスラボニータに加えてロサギガンティアもクラシックに送り込むことができるのか。同時に、牡馬のクラシックを勝っていない藤沢調教師が、ミルコ・デムーロ騎手のロサギガンティアで男馬のクラシックに手が届きそうになるか。

内田博幸騎手というなら、直前の阪神大賞典に名コンビでビッグレースを4つも制したゴールドシップ(父ステイゴールド)がコンビ解消となり、今回だけの代打とされる岩田騎手で出走している。さまざまな観点からも注目の好カードである。

今季の中山の芝は明らかにディープインパクト産駒向きではないのを承知で、共同通信杯のレース内容からトップグループに加わり、クラシック候補となって不思議ないと思える◎ベルキャニオンに注目したい。

母クロウキャニオン(その父フレンチデピュティ)の産駒は、全兄ボレアスがダート巧者であったり、同じく全兄カミノタサハラが昨年のこの時期の弥生賞を制したり、ディープインパクト産駒の中では鋭さ、軽さを前面に出さないようなところがある。

少し広い意味で、まったく同じファミリーに属する凱旋門賞馬トレヴ、一族の代表馬トリプティクなどに通じるところがあるのだろうと、秘めるパワーに期待したい。

12月のホープフルSでは直線で外に回ってからの伸びが印象的だったから、うまく途中から外に出して、芝のいい部分を通って追っての味を生かしたい。

戸崎騎手に替ったアジアエクスプレス、デムーロ騎手のロサギガンティア、そしてクラリティシチー。この乗り替り3頭が相手本線。横山典弘騎手が2回目の騎乗になるダノンアンビシャスと、体型から仕方がないのかもしれないが、たとえマイラーとしても中山の1800mくらいはこなせるだろうモーリスを押えにしたい。

selvas2 at 18:27コメント(0) 

2014年03月21日

 新中京コースの距離1400mになって、まだ今年が3回目。過去2回は大波乱になっているから難しい。2年前は現在とはまるで芝コンディションの設定が違って、さらには重馬場とあって1分24秒0も要している。みんなが慣れていないから、ペース判断もスパートの位置も難しかった。

 昨年は良馬馬で1分22秒2。しかし、1400mのスプリント重賞なのに、ハナに立った馬の前半3ハロンが34秒9だから、まるで中距離戦のような緩いペース。最初からレースが壊れていたようなところがあった。

 今年の場合も、人馬ともに中京コースの1400mに十分に慣れているとはいえず、中京の芝に出走経験があるのは、タガノグランパと、ウインスプラッシュ。たった2頭のみ。16頭は初コース。さらには、距離1400mで勝っている馬も半数にも達しないから、きわめて怪しい基盤設定の上で行なわれるスプリント重賞といっていい。

 また、これは表現が難しいが、最初はスプリント路線や、さらにはこのあとの当面の最大目標になるNHKマイルCに続く路線を展望していたわけではなく、本当は皐月賞や、牝馬なら桜花賞を目標にしていたが、どうも理想とする距離が違うかもしれない。スタミナ不安、総合スピード能力に不安を感じたから、この路線に転換した馬がいることは否定できない。

 それぞれの馬には、得意とする距離があるけれど、距離適性と、能力に関係する表現ほどニュアンスの難しいものはない。豊かなスピードがある。豊富なスタミナがある。というのは、前後になにもなければ誉め言葉だろうが、ちょっとしたことで、前者はスタミナがない。後者はスピードが乏しい、という意味になりかねない。クラシック路線から方向転換し、ファルコンS 1400mに挑戦するのは、あくまで距離適性を考えてのこと。豊かなスピード能力に真価があるという意味にしておきたい。

 過去2年と比べ、今年の有力馬のレベルはかなり高い。重賞を3勝もしている現5歳馬クラレント(父ダンスインザダーク)の下になるサトノルパン(父ディープインパクト)は、きさらぎ賞でもさして見劣りしなかった。皐月賞を目指しても少しも不思議はないと思えるが、現時点では特に折り合いを問われない1400mの方が持てる能力を発揮しやすいとする判断だろう。前回の東京1400mでみせた上がり33秒0の切れは、母の父ダンシングブレーヴ譲りの爆発力に、父ディープインパクトの鋭さが重なったように映った。

 ショウナンアチーヴは、朝日杯FSで直線一度は先頭に立つシーンがあっての中身十分の2着。父ショウナンカンプは中京の高松宮記念を圧勝している。母ショウナンパントルはその2年後の阪神JFの勝ち馬。早熟系のスピード型ではなく、これからまだまだ成長するタイプである。

 この2頭と並ぶ評価を受けると思える◎タガノグランパ(父キングカメハメハ)を中心にとりたい。アーリントンC、シンザン記念の内容から、控えて差す形になれば距離2000m級でも平気と思えるが(12月のラジオNIKKEI杯は0秒3しか負けていない)、サトノルパンと同じで、現時点では短距離の方が持てる力を発揮しやすいから1400m重賞への出走なのだろう。この距離【2-0-0-0】。それも2走前にこの中京コースで1分21秒0(上がり33秒8)を楽に記録しているから、望めばクラシック出走可能な賞金額だが、あえて勝算十分のここに回ってきた感もある。東京スポーツ杯を制したタガノテイオーが代表するファミリーは、ヨーロッパのクラシック血統でもあり、ハイペース追走の厳しい流れになるほど、底力を発揮して台頭の期待が持てる。

 人気上位馬が、もっと距離のびてもOKの総合スピード型の今年は、過去2年のような難解な結果ではないかもしれない。

 柔らかい身のこなしで2戦2勝のカラダレジェンド、2走前の切れが光るタガノブルグが連下候補。ネロ、シゲルカガあたりも例年のレベルなら連の相手にしたいが、今年は恵まれないと苦しい気がする。

selvas2 at 22:25コメント(0) 
今週は、金曜日から日曜日まで、変則的な3日間開催になった。

阪神大賞典は前走指数上位馬を中心に、全体として指数上位馬たちが圧倒的に強いレースだ。過去10年、指数ランク外の馬が勝ったのは2頭だけで、2着馬まで広げてもランク外の馬で連対したのは3頭にすぎない。1番人気馬は過去10年で3勝、2着4回。連軸としての役割は果たしている。

今年は、サトノノブレス、ゴールドシップ、タマモベストプレイ、バンデ、ヒットザターゲットなどが指数の上位馬だ。

断然の実績が光るゴールドシップに注目が集まる。ゴールドシップは皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念とG1を4勝して、昨年のこの阪神大賞典も1番人気に推されて勝っている。他の馬ではヒットザターゲット、サトノノブレスのG2勝ちはあるものの、実績の点ではゴールドシップに並ぶものはいない。

ただ、今年も格の違いを見せて勝てるかというと、それはまた別の問題だろう。

気になるのは菊花賞の2、3着馬、サトノノブレスとバンデだ。ともに前走のレースを勝って好調は間違いない。バンデは1600万条件戦だったが、楽々、大差の逃げ切り。サトノノブレスはスローペースのG2日経新春杯を、ペース判断良く早々と先頭に立ってそのまま逃げ切って勝った。ともにスタミナもあり、距離に不安もないはず。また、ゴールドシップの58キロと比べる、バンデ55キロ、サトノノブレス56キロの負担重量はいかにも楽だろう。長距離戦だけに、軽量を利して楽に先行できれば、そのまま、「行った行った」のケースもあるかもしれない。

展開だけを根拠に、ゴールドシップの評価を下げるつもりはないし、実績は実績として高く評価すべきだが、強い相手だったとはいえ、昨年の秋以降3戦続けて取りこぼしており、期待にこたえていないのは気にかかるところだ。ここは勢いのあるサトノノブレスとバンデの4歳馬を中心に取ったほうが良いかもしれない。個人的にはバンデが好きなのだが。


3着までに皐月賞の優先出走権が与えられるスプリングS。

スローペースで指数を下げている馬には注意がいるが、今年の指数上位はアジアエクスプレス、ウインマーレライ、モーリス、サクラエール、ベルキャニオン、クラリティシチー、ネオヴァロンなどだ。

唯一頭の3戦3勝馬は、アジアエクスプレス。ダート戦を大差で2戦2勝の後、芝のG1朝日杯では、直線1頭だけ違う脚色で駆け抜けて圧勝した。力のいる中山の芝も合うようで、朝日杯の差し脚の鋭さを見る限り、1800に距離が伸びるのもむしろ好材料だろう。しかし、極端なスローペースもありそうなメンバー構成だけに、その超スローペースに対応ができるかどうかが課題になりそうだ。

超スローペースなら、ベルキャニオン、マイネルアウラート、クラリティシチー、ナスノアオバ、ダノンアンビシャスなど、先行馬たちの差し脚が生きる展開になるのかもしれない。


3歳牝馬のフラワーカップの指数上位は、バウンスシャッセ、マイネオーラム、マイネグレヴィル、ヴィータアレグリア、クリスマスなど。2勝馬はクリスマス、バウンスシャッセ、マイネオーラムの3頭だけで、あとはすべて1勝馬たち。少し手薄なメンバー構成になった。

軸馬になりそうなのはG1阪神JFで4着だったクリスマスを筆頭に、差し脚上位のニシノアカツキ、リーサルウェポン、ショウナンパンドラなどが有力候補だろう。

スローペースは必至のメンバーだけに、マイネオーラム、マイネグレヴィル、バウンスシャッセなどの先行馬の前残りにも要注意だ。


中京競馬場の3歳重賞ファルコンSは、中京の馬場改造に合わせ、1昨年前から芝の1400メートル戦になった。

今年はネロ、タガノグランパ、サトノルパン、タガノブルグ、シゲルカガ、アルマエルナトなどが指数の上位馬だ。中京の芝コースは差し馬に流れが向くことが多く、上がりの脚が切れるサトノルパン、タガノブルグ、タガノグランパ、キタサンラブコールなどが連軸の中心になりそうだ。


selvas2 at 07:53コメント(0) 

2014年03月20日

単勝11番人気の低評価を覆して、長距離実績が豊富な強豪たちを一蹴した昨秋の京都大賞典優勝。
2012年新潟大賞典、2013年小倉大賞典と、これまでに3つの重賞を勝っている。
阪神大賞典で「大賞典ハンター」となれるか、注目だ。

セントライト記念16着
宝塚記念11着
札幌記念11着
福島記念4着
目黒記念4着
二度目の宝塚記念11着
と「記念レース」では馬券になったことがない。

ミラノ大賞典、サンクルー大賞典、東京大賞典、
ターゲットはまだまだあるぞーー。

母の父タマモクロス。
3000mの競馬は今回が初めて。
今回は名手・武豊騎手が手綱を取る。

selvas2 at 19:58コメント(0) 
天皇賞(春)に直結する前哨戦というイメージの強い阪神大賞典だが、
過去10年でこのレースと本番を連勝した馬は2006年ディープインパクトと2008年アドマイヤジュピタの2頭だけ。
同じ3000m以上の長距離レースでも、タフな阪神・芝コースと高速馬場になりやすい春後半の京都・芝コースとでは、求められる適性が異なってきているのかもしれないが、
それでも本番を前に長距離を走る意味は大きいはずだ。
本番へ向けて各馬がどんな走りを見せるか、しっかりと見極めたい。

また、面白いポイントをひとつ。元来が多頭数になりにくいレースで、過去10年でも一桁の9頭立てで行われたレースが3回もあった。
今回も1週前の特別登録馬は合計10頭でレースも少頭数になりそう。
しかし、少頭数→前半の流れが超スローペース→上がりタイムの速い瞬発力勝負になりやすい、
という一般的な競馬の常識とされるものがこの阪神大賞典には通用しない。
9頭立てで争われた過去3回のうち、2006年(稍重)のレースの上がり3ハロンタイムが37秒5、2013年(良)が37秒4と、レース終盤の時計が掛かるスタミナ勝負の展開になっている。
今年も瞬発力より持久力に自信を持つタイプこそが、勝利に近い馬だ。

昨年に続いて阪神大賞典連覇を目指すゴールドシップ(牡5・須貝尚介)は、
瞬発力勝負よりもスタミナ勝負を得意とする典型的なタイプ。
勝負どころから早めに仕掛けていく競馬で好成績を挙げてきたこの馬にとっては、少頭数のほうがレースも組み立てやすいはず。
前走の有馬記念3着後は放牧に出してリフレッシュされ、春の復帰戦をここに定めて2月20日に栗東トレーニング・センターへ帰厩。アスカクリチャン(古馬オープン)を併走パートナーに選んで行われた3月12日の1週前追い切りは、栗東CWコースで6ハロン81秒0−3ハロン37秒8−ラスト1ハロン12秒7をマーク、水準以上の動きを見せている。たくましい胸前とは対照的に昨秋は少し物足りなさを感じたトモにもボリュームが戻ってきて、全体的なバランスがずいぶんと良くなった印象。この好気配なら、GI・4勝を挙げた強いゴールドシップの復活を期待しても良さそうだ。

成長力で打倒ゴールドシップを狙うのが4歳勢。
昨年の菊花賞で上位争いを演じた2頭は、年明け初戦で確実に成長した姿を見せている。菊花賞2着のサトノノブレス(牡4・池江泰寿)は、前走の日経新春杯で2コーナーから先頭に立つ積極的な競馬を見せて押し切り、アドマイヤフライト(2着)の急追をクビ差退けて重賞ウイナーの仲間入りを果たした。3か月の休み明けで臨んだこのレースはプラス20キロという馬体重の増加で、大幅にボリュームアップしてのタイトル奪取に目下の充実ぶりがうかがえる。13日に栗東CWコースで行われた1週前追い切りでも貫禄ある走りを披露し、6ハロン81秒7−3ハロン37秒0−ラスト1ハロン12秒0をマーク。以前から調教で抜群に動くタイプだったが、最近はフットワークがさらに力強くなった。前走を上回る絶好の気配を見せている今回は、まだ勝ち鞍のない阪神・芝コースも攻略できそうだ。

昨年の菊花賞でサトノノブレス(2着)とクビ差の接戦を演じて3着を確保したバンデ(牡4・矢作芳人)。自己条件の1600万下クラスで必勝を期した前走の御堂筋S(阪神・芝2400m)を貫禄勝ちしてみせた。単勝オッズ1.3倍の圧倒的な1番人気の支持に応えて、堂々のオープンクラス入りを果たしている。今回は中2週のローテーションとなるが、しっかりと負荷をかけた調教を消化。プラス18キロと大幅な馬体重の増加で少し余裕を感じさせた御堂筋S出走時(508キロ)よりも、馬体は見た目にずいぶん絞れてきた印象。前走以上のパフォーマンスを見せれば、初の重賞タイトル獲得も十分にありそうだ。

菊花賞は8着に敗れたが、前走の有馬記念では他世代の強豪馬を相手に16番人気の低評価ながら5着と健闘したタマモベストプレイ(牡4・南井克巳)も今年の飛躍が期待される一頭だろう。登録メンバー中、1週前追い切りの動きが最も目立ったのがこの馬。12日に栗東CWコースで大きく追走した併走馬を一気に突き放す豪快な内容を披露、6ハロン79秒2−3ハロン36秒7―ラスト1ハロン11秒6の時計も文句なしだった。これだけ絶好の動きを見せているのなら、3か月の休み明けもマイナス材料にはならないはず。昨年2月のきさらぎ賞以来となる2度目の重賞制覇を目指す。

アドマイヤラクティ(牡6・梅田智之)は、晩成型のハーツクライ産駒らしい成長過程で出世してきた馬。昨年2月のダイヤモンドSでは、2010年天皇賞(春)の覇者ジャガーメイルを2馬身半差の2着に退けて重賞初制覇を達成した。現在は芝の長距離重賞戦線における安定勢力の一頭に数えられる。今年はGI タイトル奪取が最大目標になりそう。前走の有馬記念で11着と敗れたあとは、放牧でリフレッシュ。3か月の休み明けで迎える今回は、まだ絶好調というところまで状態は戻っていない印象だ。1週前追い切りをハードに追ってグッと上向いてくるタイプで、13日に栗東CWコースで7ハロンの長めから一杯に追われて、7ハロン95秒台、3ハロン37秒台の好時計をマークしている。力を発揮できる態勢が整ったかどうかは、今週の追い切りの動きを見て判断したい。

約2か月半ぶりの実戦となった前走の京都記念(5着)をひと叩きしてここに臨むのが、重賞3勝の実績を持つヒットザターゲット(牡6・加藤敬二)。その内訳は、2012年の新潟大賞典が芝2000m、2013年の小倉大賞典が芝1800m、京都大賞典が芝2400mと、中距離から長距離まで幅広い距離で重賞を制している馬だが、今回は初参戦となる芝3000mの長丁場で4度目の重賞制覇を目指す。12日の1週前追い切りは、栗東坂路で4ハロン53秒0をマーク。ややセーブ気味だったとはいえ、素軽いフットワークを見せており、休み明けを一度使った上積みは十分に感じられた。

selvas2 at 11:27コメント(0) 
スプリングSは、3着以内の馬にクラシック三冠の第1戦・皐月賞の優先出走権が与えられるトライアルレース。本番よりも200m短い中山・芝1800mが舞台となるが、
2011年の三冠馬オルフェーヴルをはじめ、
2006年メイショウサムソン、
2009年アンライバルド、
昨年のロゴタイプと、過去10年の優勝馬のうち4頭が、本番の皐月賞も見事制している。
このレースの2週前に本番と同じ中山・芝2000mで行われた弥生賞とともに、毎年、世代トップクラスの逸材が集結してハイレベルな戦いを繰り広げている重賞レースだ。
今年も、3戦無敗の2歳王者を筆頭にエース候補が多数エントリー。
クラシックを占ううえで、絶対に見逃せない一戦となる。

昨年、3戦無敗の成績を挙げてJRA賞最優秀2歳牡馬のタイトルを獲得したHenny Hughes産駒の米国産馬アジアエクスプレス(牡3・手塚貴久)が、2014年はこのスプリングSから始動する。メイクデビュー東京(ダート1400m)と500万下のオキザリス賞(東京・ダート1600m)を、それぞれ2着馬に5馬身、7馬身という圧倒的な差をつけて連勝。ダート2戦のみのキャリアで挑戦した朝日杯フューチュリティSも快勝し、1984年のグレード制導入以来初となる“芝未経験馬による芝のGI 制覇”という偉業を達成した。その後は放牧で疲れを取り、2月20日に美浦トレーニング・センターへ帰厩。3月12日の1週前追い切りでは南Wコースで迫力満点の動きを披露しており、上々の仕上がりで始動戦を迎えられそうだ。

ディープインパクト産駒のベルキャニオン(牡3・堀宣行)は、昨年10月のメイクデビュー東京で2着に惜敗したものの、続く未勝利(いずれも東京・芝2000m)を2分01秒1の2歳コースレコードで快勝。その後もオープン特別のホープフルS(中山・芝2000m)→共同通信杯と連続して2着に入っており、通算〔1・3・0・0〕と連対率は100%。勝ち切れないながらも、強敵相手にハイレベルな走りを続けている。昨年の弥生賞を制した1歳上の全兄カミノタサハラをはじめ、兄たちがコンスタントに好走している良血。均整の取れた好馬体からも、まだまだ相当な成長が見込める逸材と言えよう。

フジキセキ産駒のロサギガンティア(牡3・藤沢和雄)は、昨年7月のメイクデビュー函館(芝1800m)こそ1番人気に支持されながら4着に敗れたが、3か月の休養を挟んで出走した2戦目の未勝利(東京・芝1600m)では一変した走りを披露。好位追走から直線で楽々と抜け出し、2着馬に2馬身半差をつけて初勝利を飾った。同じ舞台で行われた3戦目の500万下・ベゴニア賞は2着に惜敗したものの、4戦目となった前走の500万下(東京・芝1800m)で2勝目を挙げ、皐月賞トライアルのここに駒を進めてきた。キャリアを積むごとにレース内容が良化しており、重賞初挑戦でも好勝負の期待が高まる。

ケイムホーム産駒のサクラエール(牡3・羽月友彦)は、目下デビュー2連勝中と未知の魅力にあふれる一頭だ。メイクデビュー阪神(芝1400m)は11番人気の低評価だったが、2番手から抜け出して初陣V。続く前走の500万下・こぶし賞(京都・芝1600m)でも同様に、2番手から力強く抜け出して後続馬の追撃を完封した。今回は初距離となる芝1800mへの対応、初の関東圏への長距離輸送など克服すべき課題も多いが、まだ能力の底を見せていないのも確か。デビュー3連勝で重賞初制覇を飾ることができれば、クラシックのタイトルが視野に入ってくる。

クラリティシチー(牡3・上原博之)は、まだ収得賞金400万円の1勝馬ながら、強敵相手にハイレベルな走りを続けているキングカメハメハ産駒。メイクデビュー新潟(芝1800m)を快勝後、オープン特別のいちょうS(東京・芝1800m)→東京スポーツ杯2歳S→オープン特別のホープフルSで3戦連続3着。前走の500万下・セントポーリア賞(東京・芝2000m、2着)も、1着馬とはクビ差の接戦だった。オープンクラスでも通用するスピードと瞬発力があることは実証済み。今回のレースで3着以内馬に与えられる皐月賞の優先出走権を十分に狙える位置にいる。

スペシャルウィーク産駒のクインズハリジャン(牡3・白井寿昭)は、デビューから3戦すべて芝1400mの距離を使われて〔1・2・0・0〕の好成績を残している。2戦目の未勝利(京都・芝1400m)で好位から抜け出して初勝利を挙げると、一気に相手関係が強化された前走の京王杯2歳Sでも2着に食い込み、収得賞金の加算に成功した。今回は一気に400m延びる距離への対応がポイントになるが、全兄のモズは芝1800m以上の距離で全3勝を挙げたほか、2009年の札幌2歳Sで2着に入った実績の持ち主。この馬も血統的には芝1800mをこなせる下地が十分にある。4か月半の休養明けでも、軽視は禁物だろう。

スクリーンヒーロー産駒のモーリス(牡3・吉田直弘)は、昨年10月のメイクデビュー京都(芝1400m)を1分20秒6の2歳コースレコードで圧勝し、大いに注目を集めた素質馬。2戦目の京王杯2歳Sでは断然の1番人気に支持されながら6着に敗れたが、3戦目の500万下・万両賞(阪神・芝1400m)で中団追走から直線で楽に抜け出し2勝目を飾った。4戦目となった前走のシンザン記念では、1着馬ミッキーアイルに1秒1も離された5着に敗退。現状、重賞レースでは好結果を出せていないが、快勝した2戦のパフォーマンスは間違いなく一級品。初距離となる芝1800mでどんな走りを見せてくれるか、大いに注目したい。

ナスノアオバ(牡3・小笠倫弘)は、芝2000m以上の距離で2勝を挙げているネオユニヴァース産駒。前々走の500万下・ゆりかもめ賞(東京・芝2400m)で15着と大敗していたため、前走の500万下・水仙賞(中山・芝2200m)では8頭立ての7番人気と低評価だったが、デビュー以来初めて先手を奪い、2着馬に1馬身半差をつけて悠々と逃げ切った。この時の馬体重が530キロというかなりの大型馬で、走りも実にパワフル。2戦目の未勝利(東京・芝2000m)勝ちは不良馬場だっただけに、道悪になるようなら上位進出のチャンスは広がる。

ステイゴールド産駒のマイネルアウラート(牡3・高橋裕)は、昨年9月のメイクデビュー中山(芝1600m)を逃げ切り勝ち。その後、なかなか2勝目を挙げられずにいたが、7戦目の前走・500万下(東京・芝1600m)では、2番手追走から直線で最内を突いて抜け出すと、後続馬の追撃をアタマ差しのいで優勝、オープンクラス入りを果たした。これまでの2勝はいずれも芝1600mで先行して挙げたものだが、芝1800mで行われた前々走の500万下(東京)では、後方からメンバー中最速の上がり3ハロンタイム(34秒2、推定)を記録して3着に入っている。自在性があり、芝1800mの距離も十分に守備範囲だろう。

ウインマーレライ(牡3・高木登)は、デビュー2戦目の未勝利(福島・芝1800m)と3戦目の500万下・アスター賞(中山・芝1800m)を連勝したマツリダゴッホ産駒。その後は東京スポーツ杯2歳S9着→オープン特別のホープフルS5着→京成杯12着とやや伸び悩んでいる印象もあるが、デビュー当時に見せていたパフォーマンスは世代トップクラスのものだった。約2か月のレース間隔をあけ、勝ち鞍のある中山・芝1800mに舞台が替わる今回、好調時の走りをどこまで取り戻すことができるか、注目したい。

selvas2 at 11:23コメント(0) 

2014年03月19日

中京競馬場の大幅な馬場改造工事に伴いリニューアルオープンした一昨年の第26回から中京・芝1400mで行われているファルコンS。
小回りの平坦コースで争われていたころは将来の名スプリンターを発掘する印象が強かったが、
直線が長く坂のあるコースへと様変わりしたことで、そのイメージは一新。
3歳のトップマイラーが集うNHKマイルCが、同じ左回りコースで直線が長く坂のある東京競馬場で行われることもあり、NHKマイルCへの優先出走権が付与されるトライアルレースでないにもかかわらず、
本番への前哨戦としてファルコンSを選択する陣営もかなり増えてきた。
1週前の特別登録馬は合計28頭。
この多頭数の登録状況がファルコンSのニーズの高さを証明しており、今後はさらにこの傾向が強くなるだろう。中京・芝1400mに舞台が変わって今年でまだ3年目だが、いずれは阪神のアーリントンCや毎日杯、トライアルレースのニュージーランドTと肩を並べるほど、NHKマイルCの重要な前哨戦となるかもしれない。

今年の出走馬もかなりの豪華メンバーだが、重賞勝ち馬、GI 好走馬を差し置いてプッシュしたいのがディープインパクト産駒のサトノルパン(牡3・村山明)。半兄に重賞2勝のリディル(父アグネスタキオン)、重賞4勝のクラレント(父ダンスインザダーク)を持つ血統的な魅力もあって、デビュー前から話題を集めた同馬だが、馬体に実が入ってきたのはつい最近のこと。重賞初挑戦となった前々走のきさらぎ賞は6着に敗れたものの、確勝を期して臨んだ前走の500万下(東京・芝1400m)を1番人気に応えて完勝。勢いに乗って再び重賞初制覇に挑む。12日の1週前追い切りは、栗東CWコースで併せ馬を敢行。6ハロン84秒2−3ハロン38秒2−ラスト1ハロン11秒7をマークしたが、時計が掛かるこの日のCWコースでこれだけ中身の濃い追い切りを消化することは以前ならできなかった馬。このレースで重賞制覇を果たして、一気にNHKマイルCの有力候補に浮上する可能性は決して小さくないはず。

昨年暮れの朝日杯フューチュリティSで外のアジアエクスプレス(1着)、内のウインフルブルーム(3着)と追い比べの末、2着に敗れたショウナンアチーヴ(牡3・国枝栄)。その後は約3か月の休養を挟み、このレースが今年の始動戦になる。9月のメイクデビュー中山(芝1200m、3着)で勝ち馬から0秒9差と大きく離されていることもあり、休み明けがどう影響するかという不安はあるが、調教そのものは十分に積まれてきた。美浦坂路で4ハロン51秒8の好時計を12日の1週前追い切りでマークしている。この馬の能力を発揮できる状態に仕上がってさえいれば、好結果はついてくるはずだ。

タガノグランパ(牡3・松田博資)は、昨年11月のデビューからほぼ月1走のペースで順調に出走している馬。大幅な上積みこそないかもしれないが、1戦ごとに力は付けてきている。5戦を消化して〔2・1・1・1〕とすべて掲示板(5着以内)を確保しており、芝1400mから芝2000mまで距離やペースにかかわらず、相手なりに走れる安定感がある。前走のアーリントンCは、NHKマイルCで有力視されているミッキーアイル(1着)から3馬身半離されたものの、フェルメッツァ(3着)には1馬身差を付けて2着に好走した。全2勝をマークと好結果を残している芝1400mに戻るのはプラス材料。重賞初制覇の可能性も十分にありそうだ。

カラダレジェンド(牡3・尾形和幸)は、前々走のメイクデビュー東京(芝1400m)→前走のGII・京王杯2歳Sと、デビュー2連勝で重賞初制覇を飾った逸材。まだ底が見えていない魅力がある。約4か月半ぶりの実戦となる今回は仕上がり具合が最大のポイントだが、12日の1週前追い切りは美浦南Wコースでハードな併せ馬を消化しており、出走態勢は整いつつある。ファルコンSも制して3戦無敗で本番のNHKマイルCに向かうことができるか、その走りに注目したい。

タガノブルグ(牡3・鮫島一歩)は、3走前の500万下・黒松賞(中山・芝1200m)で好位追走から鮮やかに抜け出して2勝目をマーク。前々走のオープン特別・クロッカスS(東京・芝1400m)では勝ち馬のマイネルディアベルとアタマ差の接戦を演じて2着、重賞初挑戦となった前走のアーリントンCで3着馬フェルメッツァからクビ差の4着と、オープンクラス昇級後も差のない競馬をしてきた。ここ3戦は430キロ台と牡馬にしては小柄な馬体だが、追い切りでもしっかりとしたフットワークで走るタイプ。力を要する中京・芝コースでも能力は発揮できるはずだ。

1勝馬の身ながら、昨年暮れのオープン特別・クリスマスローズS(中山・芝1200m)に格上挑戦し、直線で逃げ込みを図るシゲルカガを2番手追走から激しい追い比べの末にハナ差の2着に退けて優勝したネロ(牡3・森秀行)。今回は3か月の休み明けとなるが、14日に栗東坂路で行われた1週前追い切りで4ハロン50秒4の好時計をマーク。相変わらず追い切りで見せる動きは抜群だ。勝ち鞍の2勝はともに芝1200mで挙げたもの。3走前の500万下・くるみ賞5着、前々走の500万下・からまつ賞(ともに東京)3着と、2戦していずれも敗れた芝1400mの距離を克服できるようなら、面白い存在となるはず。

シゲルカガ(牡3・谷潔)は、全2勝を芝1200mで挙げているように距離に限界がありそうなタイプだったが、今年の初戦は東京・芝1400mで行われたオープン特別・クロッカスSに出走。勝ち馬から0秒1差の4着と上位争いに加わり、200mの距離延長にもめどをつけた。12日の1週前追い切りは、栗東坂路で4ハロン51秒6とまずまずの時計をマーク。好調をキープしており、芝1400mも2度目で慣れが見込めるだけに、重賞のここでも上位進出のチャンスはあるだろう。

ベルルミエール(牝3・高橋亮)は、ダートに初挑戦した前々走の500万下(京都・ダート1400m)で3着に入ったあと、芝に戻った前走の500万下(京都・芝1400m)で2番手追走からメンバー中最速となる上がり3ハロン34秒0(推定)の末脚を繰り出して2馬身半差の快勝と、後続馬を寄せつけない強いレースぶりを披露。あの勝ちっぷりなら、重賞のメンバーに入っても見劣らないだろう。

ディープインパクト産駒のエルノルテ(牝3・音無秀孝)はまだ1勝馬の身で、このレースに出走するためには抽選をクリアしなければいけない状況。中京・芝1400mは、昨年6月のメイクデビュー中京で強い勝ち方をした舞台。そのレースでアタマ差の2着に退けたモズハツコイがのちにファンタジーSで2着と好走しており、間接的な比較から、本馬も重賞で通用する能力があると考えてもいいだろう。

selvas2 at 09:03コメント(0) 

2014年03月18日

中山競馬場・芝1800mを舞台に行われているフラワーCは、桜花賞→オークスと続く牝馬クラシックロードの関東圏における重要な前哨戦となっている。
過去10年の優勝馬の中から、2004年のダンスインザムードが桜花賞を、
2005年のシーザリオがオークスを、
そして、2006年のキストゥヘヴンが桜花賞を制し、3年連続で大輪の花を咲かせた。
桜の開花も間近に迫った中山ターフで輝きを放ち、クラシックの舞台へ進むのはどの馬か? 夢を抱いた乙女たちの熱戦から目を離せない。

クリスマス(牝3・斎藤誠)は、昨夏の函館開催でデビュー。初戦のメイクデビュー函館(芝1200m)で圧倒的なスピードを披露して7馬身差の圧勝劇を飾るとともに、2歳コースレコード(1分09秒3)を樹立。豊かな将来性をアピールした。そして、2戦目の函館2歳Sでは2番手追走から直線で楽に抜け出して快勝。世代最初の重賞ウイナーとなったのは記憶に新しい。マイル初参戦のアルテミスSで7着に敗れて連勝は「2」でストップしたが、暮れのGI・阪神ジュベナイルフィリーズでは7番人気ながら4着に善戦。それまでのスピードを活かした戦法ではなく、最後方に近い位置から強烈な末脚を繰り出して掲示板を確保しており、新たな一面を見せたという意味でも収穫の大きな一戦だった。そのあとは放牧で英気を養い、ここは約3か月半ぶりの実戦となるが、仕上がりも順調だけに、主役候補の一頭に挙げられそうだ。

バウンスシャッセ(牝3・藤沢和雄)は、正月の中山開催で500万下の寒竹賞(芝2000m)を快勝。一躍、クラシック候補に名乗りを上げた。このレースでは、絶好の手応えで好位を追走。4コーナーでポジションを上げると、直線でも力強い末脚を発揮して抜け出した。中山・芝2000mを2分00秒8の好タイムで優勝。同じ1回中山開催の京成杯でプレイアンドリアルがマークした勝ち時計が2分01秒1だったことを考えれば、価値が高い。しかも、牡馬を相手に早めに先頭に立って押し切るという横綱相撲だった点も見逃せないところだ。レース後は放牧でリフレッシュ。今回は2か月半ぶりの実戦で仕上がり面がポイントになるが、入念な乗り込みを消化しており、15日の1週前追い切りは美浦南Wコースで5ハロンから併せ馬を敢行して上々の動きを披露。休み明けから能力を発揮できる状態で参戦できそう。

ショウナンパンドラ(牝3・高野友和)は、伯父にステイゴールド、近親にサッカーボーイ、ドリームパスポートなどの活躍馬を持つ厩舎期待の良血馬。デビュー2戦目の未勝利(京都・芝2000m)を息の長い末脚で制して早くも素質の高さをアピールしたが、あらためて非凡な能力を示したのが、前走のオープン特別・エルフィンS(京都・芝1600m)だった。1000m通過タイムが62秒9というスローペースの中、後方待機から大外を回って強襲。メンバー中最速となる上がり3ハロンタイム(34秒0、推定)をマークして2着に追い込んだ。その時の馬体重が426キロと小柄な馬だが、末脚の切れ味は紛れもなく一級品。距離が延びればさらに良さが出そうなタイプだけに、これからが楽しみな器だ。初めて経験する関東圏までの長距離輸送で馬体重が減らなければ、勝機は大きく広がりそう。

パシフィックギャル(牝3・手塚貴久)は、デビューから4戦を消化して、〔1・2・1・0〕を記録。まだ4着以下が一度もない安定感が魅力だ。2戦目の500万下・アスター賞(中山・芝1800m、2着)で牡馬のウインマーレライ(1着)とハナ差の大接戦を演じた際は、3コーナーから先頭を奪っての粘り込み。その一方で、3戦目のオープン特別・芙蓉S(中山・芝1600m、3着)は後方から一気に追い込んでの上位進出だった。キャリアは浅いものの、すでに多彩な戦法を身につけており、どんな流れにも対応可能な点はアドバンテージと言えるだろう。今回は昨年11月のアルテミスS(2着)以来約4か月半ぶりのレースになるが、帰厩後は調教で軽快なフットワークを披露しているように、出走態勢は着々と整ってきた印象だ。気性的にも鉄砲使いは利くタイプで、復帰初戦から好勝負が期待される。

マイネグレヴィル(牝3・和田正道)は、前走の京成杯で牡馬相手に5着と健闘。また、昨夏の札幌2歳S(函館・芝1800mで開催)では、のちに阪神ジュベナイルフィリーズを制してJRA賞最優秀2歳牝馬に選出されるレッドリヴェール(1着)とクビ差の接戦を演じて2着に好走した。牝馬ながらも豊富なスタミナの持ち主で、上がりの速いレースで瞬発力を要求される競馬は苦手だが、京成杯のように積極策から粘り強さを活かす競馬ができれば、チャンスは十分と見てもいいだろう。さらに、雨が降って力を要する馬場コンディションになれば、大きく浮上してきそうだ。

ニシノアカツキ(牝3・武藤善則)は、前々走のフェアリーSで大外を強襲して勝ち馬のオメガハートロックからクビ差の2着に好走。このレースで記録した上がり3ハロン35秒2(推定)は、メンバー中最速の数字だった。また、前走のクイーンCでもメンバー中最速タイとなる34秒0(推定)の末脚を駆使して3着に善戦。ここへきての地力アップが目立つ存在だ。追い込み脚質で展開に注文がつくタイプだが、末脚の破壊力は一級品。脚を余した感がある前2戦の内容からも、200mの距離延長はプラスに働く公算が大きい。

チョコレートバイン(牝3・加藤征弘)は、父がディープインパクト、母がフランスでG2 を2勝したシャンクシーという良血。関東馬ながら、初戦は関西遠征を敢行し、1月11日に行われた芝1600mのメイクデビュー京都に出走。武豊騎手とのコンビで先行策から楽に抜け出して初陣Vを飾っている。そして、2戦目も同じ舞台のオープン特別・エルフィンSに挑戦し、重馬場に苦労しながらも3着を確保と、高い能力を示した。キャリアはまだ2戦と浅いが、センスの良さに加えて、末脚の切れ味も非凡。良馬場でラストの瞬発力が活きるレースになれば、有力な優勝候補に挙げられそうだ。

ステイゴールド産駒のマイネオーラム(牝3・高橋義博)は、半兄に一昨年の弥生賞優勝馬コスモオオゾラ(父ロージズインメイ)を持つ血統面が魅力。昨夏の新潟開催でデビュー2戦目の未勝利(芝1800m)を大外強襲の豪快な末脚で優勝、高い将来性をアピールしている。そのあとは大きく崩れていないものの、なかなか勝ち鞍を挙げることができなかったが、前走の500万下(中山・芝1800m)で待望の2勝目を記録。再び軌道に乗ってきた印象だ。初勝利は中団追走から鋭い末脚を発揮しての差し切り勝ちだったが、2勝目は3番手から抜け出すセンスの良い内容でのV。自在性が出てきた点は強調できる材料だろう。兄も輝いた春の中山ターフで重賞初制覇にチャレンジする。

エクセレントビュー(牝3・高柳瑞樹)は、前々走のフェアリーSで勝ち馬から0秒2差の4着に健闘。デビューから僅か2戦目にして、重賞でも通用する見通しを立てた素質馬だ。2勝目を目指した前走の500万下(中山・芝1800m)は、1番人気の支持を受けながら直線で伸び脚を欠いて9着に敗れたが、レース前からテンションが高くなってスタミナを消耗したことが敗因。落ち着いてレースに臨むことができれば、巻き返しは十分可能だろう。1996年の桜花賞馬ファイトガリバーを祖母に持つ血統的背景からも、将来が嘱望される一頭だ。メイクデビュー中山(芝1600m、1着)で見せた末脚の切れ味を再現できれば、このメンバーに入っても侮れない。

デルマサリーチャン(牝3・堀井雅広)は、前走のクイーンCで14番人気と伏兵的な存在だったが、後方追走から直線でインコースに進路を取って目を引く末脚を披露し、5着に善戦。他の馬のステッキがこの馬に当たってひるむ場面がなければ、さらに上位を狙えた脚色だった。父ホワイトマズル、母の父ダンスインザダークという血統だけに、前走から200m距離が延びてプラスアルファが見込めそう。直線が短い中山・芝コースを克服できるかどうかが鍵となる。

selvas2 at 17:06コメント(0) 
高松宮記念登録馬のレーティングが17日、JRAから発表された。
1位は昨年のスプリンターズS2着のハクサンムーンで115ポンド。
除外対象で繰り上がり順最下位6位だったマヤノリュウジンと
賞金順18位だったサクラゴスペルがともに114ポンドで優先出走権を得る5位以内に入ったため、
賞金順17位で当初は出走可能だったハノハノが除外対象となった。

selvas2 at 12:34コメント(0) 

2014年03月17日

ゴールドシップが始動する。
昨秋は本来の実力を考えると精彩を欠いた内容。
同じステイゴールド産駒のオルフェーヴルもスランプから復活を果たしたし、
この馬もそれに続くことができるか。

それに対して重賞初制覇で勢いに乗るサトノノブレスなど、出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/23(日) 阪神大賞典(4歳上・GII・阪神芝3000m)

ゴールドシップ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)は昨秋の京都大賞典で「惨敗」を喫し、続くジャパンカップでも大敗。
秋3戦目となる有馬記念では3着と盛り返したものの、昨年や宝塚記念の強さを考えると物足りないもの。一息入ったここで相性の良い阪神コース。当然、巻き返しが期待される。

サトノノブレス(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は昨秋の菊花賞で2着に入線し、今年の始動戦とした日経新春杯で重賞初制覇。長距離では安定しているし、今の勢いならゴールドシップとも好勝負になりそうだ。

菊花賞3着で前走の自己条件もきっちりと勝ち切ったバンデ(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)、
昨秋の京都大賞典を優勝したヒットザターゲット(牡6、栗東・加藤敬二厩舎)、
長距離は安定しているアドマイヤラクティ(牡6、栗東・梅田智之厩舎)、
前走の有馬記念で5着と健闘したタマモベストプレイ(牡4、栗東・南井克巳厩舎)などが出走を予定している。
発走は15時35分。

selvas2 at 18:52コメント(0) 

2014年03月16日

 レスリングの国別対抗戦、女子ワールドカップ(W杯)は最終日の16日、東京・板橋区の小豆沢体育館で決勝と順位決定戦を行い、日本は決勝でロシアに8−0の完勝を収め、2年ぶり7度目の優勝。五輪55キロ級3連覇の吉田沙保里(31)=ALSOK=は、11日に急逝した父・栄勝さん(享年61)に優勝で手向けをした。

 吉田は2番手の53キロ級で登場。マリア・グロワ(24)を相手に優勢に試合を進めた。相手を倒してバックを取るなどで第1ピリオドは4−0。第2ピリオドも同様にポイントを加え、残り30秒を切ったところで12−1として、テクニカルフォール勝ちした。

 日本は48キロ級世界女王の登坂絵莉(20)=至学館大=がフォール勝ち、吉田と55キロ級の村田夏南子(20)=日大、58キロ級の川井梨沙子(19)=至学館大=がテクニカルフォール勝ちした。続く60キロ級で坂上嘉津季(21)=同=が4−3で勝ち、この時点で優勝が決定。さらに69キロ級で土性沙羅(19)=同=がロンドン五輪72キロ級金メダリストのナタリア・ボロベワ(22)に逆転勝ち。75キロ級の浜口京子(36)=ジャパンビバレッジ=も今大会初勝利を挙げた。

 1次リーグで、日本はA組、ロシアはB組で、それぞれ3戦全勝し、決勝に進出していた。

selvas2 at 17:54コメント(0) 

2014年03月15日

◆中山牝馬S

 ジャスタウェイが、その実力に横山典弘騎手の絶妙の位置取り、スパートのタイミングを重ねて快勝した2週前の「中山記念」と同じ中山1800m。当然、スペシャリストらしき要素を備えた馬はいる。中山コース3戦2勝のエクセラントカーヴあたりはその候補だが、侮りがたい伏兵というならキャトルフィーユか。2011年に10番人気で直線一気を決めたあと、12年には8番人気で一転した逃げ切りで2連勝したレディアルバローザの2歳下の半妹である。こちらも自在のレース巧者だ。

 中山記念を最多勝利4勝(タイ)となった横山典弘騎手は、この中山牝馬Sもこれまでに3勝し、最多勝利タイ記録を持っている。

 その横山典弘騎手がターコイズS微差2着に続いて騎乗する伏兵ノボリディアーナ(父フレンチデピュティ)。
逃げて1800mの白百合Sを勝っている自在の先行タイプの同馬、枠順は願ってもない内の2番を引き当てた。ターコイズSも理想の1600mの3番枠だったから、横山典弘騎手に依頼したノボリディアーナ陣営は明らかにツキがある。出負けでもしない限り、ジャスタウェイや、あるいは中山記念を2連勝したカンパニーと同じように、好位のインにおさまるだろう。同じような先行タイプはいるが、他馬の出方しだいでは、主導権を握ってレースを展開させる可能性もある。

 まだランキングはハンデ53キロが示すように上位ではないが、明けて4歳になったばかり。キャリアも浅いから、上昇度大の魅力がある。

 フレンチデピュティ産駒のこの馬、おそらく少し時計がかかるくらいの芝コンディション大歓迎だろう。また、母スターリーロマンス(父サンデーサイレンス)は、種牡馬フジキセキの全妹である。フジキセキの牝系に、フレンチデピュティの配合は、イメージそのものからして中山1800m巧者であって不思議ない。

 みんな似たようなハンデとあって、候補は10頭にも達しそうな混戦だが、現在の状態の良さの魅力は、遅まきながら本格化しているノーブルジュエリー(父スマーティジョーンズ)。ここまで、まず凡走なしの安定した成績でオープン特別を快勝するまでに出世してきたこの馬、出走レースは1400m〜1600mに限られているが、モンズーンが母の父に出てくるドイツ育ちの牝系に、父は米2冠馬(ベルモントSは2着)のスマーティジョーンズ。本物になったいまなら、1800m〜2000mでさらに良さを発揮する可能性もある。キャトルフィーユと、ノーブルジュエリー本線に、以下、フーラブライド、エバーブロッサム、アロマティコ、エクセラントカーヴに流したい。ノボリディアーナは最終的に5〜6番人気と思えるので、セキショウにも手を伸ばしたい。


selvas2 at 21:55コメント(0) 

2014年03月14日

今週から中山、阪神、中京の3場開催。

阪神のフィリーズレビューは3着までに桜花賞の優先出走権が与えられる。3歳の重賞だけに全体的に指数上位馬が強いものの、ランク外の馬も多く活躍しており、牝馬限定戦では常に、指数が低い馬にも注意がいる。

今年はヤマノフェアリー、ホッコーサラスター、レムミラス,ダンスアミーガなどの前走指数が高く、過去の指数ではフクノドリーム、ホウライアキコ、ベルカントなどもピックアップできる。

内回りコースの芝1400メートル戦だけに、スローペースになりがちな外回りコースと比べ、極端なスローペースはないはず。平均ペースを先行できて、直線でも崩れない差し脚がある馬たちに向く流れだ。先行力と差し脚で評価できるのはヤマノフェアリー、ホウライアキコ、ベルカントなどだろう。

なかでも、前走、直線の厳しい叩き合いを制して3戦2勝としたヤマノフェアリーの差し脚が魅力的にみえる。芝1400メートルの瞬発力は最上位で、力のいる馬場も合いそうだ。

前走、阪神JFで2番人気に推されたが、直線、脚が止まって7着に負けたホウライアキコの巻き返しもありそう。7着とはいっても勝ち馬とも大きな差はない。距離も1400の方に適性が高いのではないか。

ベルカントは前走、牡馬を相手のG1朝日杯で3番人気に推されたが、ハイペース気味に逃げて10着。マイルの距離も長かったようで、距離短縮で勝機をうかがう。


中山牝馬Sは波乱続きのハンデ戦。

1番人気馬は10年で2勝しているだけで、近年は7年連続、連対もない。トップハンデ馬も2勝、3着1回だけだ。前走指数の上位馬も苦戦の傾向が強く、アテにしづらい。指数上は平均指数の高いabcd馬が10年の内7年で連対しており、連軸にとるなら平均指数の上位馬からだろう。

中山は力のいる馬場で、スタミナも問われる。力のいる馬場に適性があり、差し脚と先行力もありそうなのは、フーラブライド、セキショウ、アグネスワルツ,コウエイオトメ、ノボリディアーナなどだろう。

近走、芝に戦線を移してから1、1、1、3着と、絶好調。2走前には重賞も制覇して好調が続くフーラブライドの53キロのハンデは恵まれたはず。是非連軸にとりたいところだが、ここは人気にもなりそうだ。あえて逆らうなら、先手を取ればしぶとい4歳馬セキショウからの狙いもあるだろう。




ハンデ戦の中日新聞杯は春の開催に変わって、今年は3年目。

今年の指数の上位馬は、トウカイパラダイス、ブレイズアトレイル、エックスマーク、ユールシンギング、フラガラッハ、アクションスターなど。

新しくなった中京の芝コースは、差し馬が強い。ここは軽ハンデの差し馬を中心に取りたい。軽ハンデ馬で上がりの脚がしっかりとしているのは、マーティンボロ、アクションスター、レッドレイヴン、アロマカフェなど。比較的力のいる馬場の適性が高い4歳馬レッドレイヴンに期待したい。

selvas2 at 18:58コメント(0) 
 大井競馬を主催するTCK特別区競馬組合は12日、4月から始まる2014年度の基本方針、基本施策を発表。新SPAT4システムの充実の一環として新たな重賞式馬券を発売し、その馬券に限り、50円から10円刻みで購入できる方向で検討していることを明らかにした。

 競馬ファンなら誰もが一度は夢見たことのある、新しい馬券がネット限定で発売されることになる。TCK特別区競馬組合から12日、50円から購入できる馬券を発売する方向で検討していると発表した。

 対象になる馬券は、「SPAT4」(大井・川崎・船橋・浦和の南関東4競馬場が共同で運営する電話、インターネットによる馬券投票システム)で発売を予定している新馬券「トリプル馬単」(仮名称)。指定された3レースの馬単を全て当てる賭式として採用されることになる。50円の賭け金に対して、配当の上限は3億円。50円から10円刻みでの購入が可能となるもようだ。

 現在、JRAやNARを含め、各公営レースでは馬券や車券、舟券を100円単位で発売している。

 競馬の場合は競馬法第5条に『券面金額10円の勝馬投票券を券面金額で発売することができる』、また、同条第2項には『全項の勝馬投票券10枚分以上を1枚をもって代表する勝馬投票券を発売することができる』と規定されており、実際に馬券を100円購入すると「10枚」(1枚=10円の意)と記されている。

 TCKは“勝馬投票券の発売は競馬法第5条第2項に規定する勝馬投票券をもって行う”との内容で規定されていた特別区の条例をすでに変更済み。50円から10円刻みでの発売は法律的にクリアされている。

 実際に窓口などで発売する場合には10円単位で発売する作業の煩雑さやシステムの変更がネックになるが、ネットでの発売なら、そういう問題もクリアできる。

 距離にもよるが、大井競馬のフルゲートは最大16頭。仮に3レース全てが16頭立てなら、1レースにつき1点ずつだけを投票した場合の理論上の的中率は1382万4000分の1になる。

 会見したTCK特別区競馬組合の斉藤弘事務局長が「少額で大きな夢を与えられるような馬券を」と話したように、これまでよりも少ない“投資”で、ビッグな夢を見ることができる。

 控除率は未定だが、JRAのWIN5(6月7日以降からは70%)と同じ水準になるもよう。「今年度中の早い時期に売りたい」‐。売り上げでは低迷気味の公営レース業界だが、これが起爆剤となれば他の競技への波及も期待できる大きな一歩。発売の日が待ち遠しい。

selvas2 at 00:04コメント(0) 

2014年03月13日

阪神・内回りの芝1400mで争われるフィリーズレビューは、桜花賞の重要なトライアルレース。
先週行われた桜花賞トライアルのチューリップ賞は、新潟2歳S優勝馬で阪神ジュベナイルフィリーズ2着の実績を誇るハープスターとの対戦を見送る陣営が多かったためか、13頭立てとなり、ハープスターに挑んだ2勝馬はわずかに3頭(高知県競馬所属のクロスオーバーを除く)しかいなかった。
しかし、今回のフィリーズレビューはチューリップ賞とまるで対極の様相だ。
登録馬はフルゲート(16頭)の倍に迫る30頭。2勝以上を挙げている馬がこの中に12頭もいる。
1勝馬は抽選をクリアしてゲートインすることが最初の関門となりそうだが、このレースへの出走は確実な2勝馬でも、本番の桜花賞出走となるとかなり難しい状況だ。3着以内馬に付与される桜花賞の優先出走権をめぐる争いは、かなりの激戦になると言ってもいいだろう。

登録馬の中で最も目を引く存在は、小倉2歳S→デイリー杯2歳Sと、昨年に重賞を2連勝しているホウライアキコ(牝3・南井克巳)だろう。
前走の阪神ジュベナイルフィリーズで7着と初めて敗戦を喫したが、これは過度のイレ込みが原因。世代トップクラスの能力を持っているのは、誰の目にも明らかだ。
リフレッシュ放牧明けの一戦になる今回は、速い追い切り時計の本数こそ少ないものの、馬体は昨年よりもパワーアップしている印象を受けるほどで、なかなかの好仕上がり。5日の1週前追い切りは栗東坂路で併走馬に遅れたが、これは余力を残したもの。今週のひと追いで仕上がる状態と言えそうだ。

ベルカント(牝3・角田晃一)は、小倉2歳Sで勝ち馬のホウライアキコから0秒2差の2着を確保。次走のファンタジーSで重賞初制覇を飾っており、このメンバーの中では実績上位と言える存在だ。
前走の朝日杯フューチュリティSは10着に敗れたが、牡馬の強豪が相手のGI で果敢に先頭を奪って0秒7差と大きくは負けていないことから、悲観する必要はないはず。2週前追い切りの2月27日は栗東坂路の馬場状態が良かったために好時計が続出していた日だが、この馬がマークしたラスト1ハロン11秒7は非凡な能力を示すもの。3月5日に坂路で4ハロン53秒9−ラスト1ハロン12秒3をマークした1週前追い切りの動きもかなり力強かった。距離が200m短縮する今回は、3歳牝馬離れした脚力にあらためて注目してみたい。

雪の影響で関東圏への輸送に長時間を要するという厳しい状況を克服し、前走の500万下・春菜賞(東京・芝1400m)で2勝目を挙げたヤマノフェアリー(牝3・矢作芳人)。今回の結果次第で、桜花賞の有力候補になる可能性がある素質馬だ。前走でマイナス10キロと大幅な減少となった馬体をどこまで戻せるかが鍵となるが、6日の1週前追い切りは栗東坂路で4ハロン55秒4−ラスト1ハロン12秒8をマーク。馬体が回復傾向を示しているからこそ、追い切りを消化できたと考えてよさそうだ。軽快な先行力が持ち味の馬で、レースの流れにうまく乗ることができれば、重賞のここでも好勝負は可能だろう。

前走のオープン特別・紅梅S(京都・芝1400m)を制して、2勝目を挙げたのがアドマイヤビジン(牝3・梅田智之)。今回は短期放牧を挟んで中7週とややレース間隔はあいたが、1週前追い切りが行われた6日は栗東坂路で4ハロン53秒7−ラスト1ハロン12秒5をマーク。ひと息入っていることを感じさせない鋭い反応を見せていた。4走前のファンタジーS(3着)では、最後方に近い厳しい位置からメンバー中最速となる上がり3ハロン34秒5(推定)の末脚を発揮して、勝ち馬のベルカントに0秒2差まで詰め寄っている。スピードタイプが多くペースが速くなりそうなメンバー構成とあって、直線勝負型のこの馬に展開も向きそうだ。

過去3年のフィリーズレビューで連対馬6頭中5頭を関東馬が占めているように、相性のいい関東馬に今年も注目の存在がいる。2戦2勝と負け知らずのエスメラルディーナ(牝3・斎藤誠)が、阪神競馬場に遠征してくる。ダート1600mのメイクデビュー東京を逃げ切って5馬身差の圧勝劇を演じたあと、芝のオープン特別・ジュニアC(中山・芝1600m)に挑戦。逃げたマイネルメリエンダ(オープン特別の野路菊S3着)を直線で激しい追い比べの末にクビ差の2着に退け、デビュー2連勝を飾った逸材だ。6日の1週前追い切りは美浦坂路の併せ馬で先着。約2か月半の休み明けでも、力を発揮できる状態にあると言えるだろう。関西圏への長距離輸送、阪神・芝コース、重賞挑戦と、すべて初経験になるこのレースでどんな走りを見せてくれるか、注目したい。

3戦2勝のダンスアミーガ(牝3・中竹和也)は、まだ底を見せていない魅力がある。関東で初戦を迎えたメイクデビュー東京(芝1400m)は2着馬を5馬身も突き放す圧巻の逃げ切り勝ち。2戦目のオープン特別・紅梅Sは4着に敗れたが、後方待機から上がり3ハロン33秒6(推定)の豪脚を繰り出して、勝ち馬のアドマイヤビジンに0秒1差まで急追。オープンクラスで通用する能力があることはすでに証明済みだ。必勝を期して臨んだ前走の500万下(阪神・芝1400m)では、圧倒的な1番人気の支持に応えて勝ち上がった。中1週での重賞挑戦ではあるが、今回と同じ阪神・芝1400mで優勝しているのは大きな強み。今週の追い切り次第で急浮上の可能性もありそうだ。

ホッコーサラスター(牝3・飯田祐史)は、直線一気の差し切り勝ちを決めた前走の500万下(京都・芝1400m)の内容が強烈だった。15頭立ての11番手を追走し、重馬場の中、メンバー中最速タイとなる上がり3ハロン34秒9(推定)の末脚を発揮、先に抜け出した2着馬ラブリープラネット(小倉2歳Sと京王杯2歳Sでともに3着)を並ぶ間もなく豪快に差し切っている。この中間は調教で好調キープをアピール。栗東CWコースで行われた6日の1週前追い切りは、併せた他の2頭が追っている状況を馬なりで先着を果たしているように、動きは上々だった。かなり奥がありそうな素質馬だ。

昨年6月のメイクデビュー阪神(ダート1200m)をクビ差で勝ち上がったあと、オープン特別の中京2歳S(中京・芝1400m)を1馬身半差で快勝し、デビュー2連勝を飾ったグランシェリー(牝3・庄野靖志)。秋の2戦(ファンタジーS6着→阪神ジュベナイルフィリーズ10着)では好結果を残せなかったものの、その実績からは侮れない一頭と言える。5日の1週前追い切りは栗東坂路で絶好の動きを披露。マークした4ハロン50秒7は、3歳牝馬としては破格の数字だった。この脚力は、力を要する阪神・芝コースで活きてくるはずだ。休養の効果でデビュー当時の勢いを取り戻していれば、巻き返しは十分可能だろう。

1勝馬で注目の存在は、ブロンシェダーム(牝3・橋口弘次郎)だろう。2月8日に行われたメイクデビュー小倉(芝1200m)では、2番手追走から直線で楽々と抜け出して2馬身差の快勝劇を演じている。母は名スプリンターとして活躍したスリープレスナイト(2008年のスプリンターズS制覇)で、その母からスピードを受け継いだ本馬の初戦の勝ちっぷりは大物感があった。前走は小倉競馬場への長距離輸送で馬体が減ったようだが、輸送距離の短い阪神競馬場なら、馬体重も大きく減らさずレースに臨めるはずだ。

selvas2 at 00:47コメント(0) 

2014年03月12日

4歳以上の牝馬にとって、上半期最大のビッグレースは5月に東京・芝1600mで行われる牝馬限定GI のヴィクトリアマイル。
この大一番へ向けて、年明けから京都牝馬S→中山牝馬S→阪神牝馬S→福島牝馬Sと、競馬場の名称を冠した4つの牝馬限定重賞が組まれている。
中山・芝1800mが舞台となるこの中山牝馬Sは、ハンデキャップ競走ということもあって、ゴール前で繰り広げられる手に汗握る激戦から目が離せない。
今年も実績豊富なベテランや勢いのある新興勢力が多数エントリーしており、大混戦ムードが漂う。

エクセラントカーヴ(牝5・堀宣行)は、4歳時の昨年に大ブレークしたダイワメジャー産駒。牝馬限定の1000万下→夏のクラス再編成で降級して再度1000万下に出走となった江の島特別(いずれも東京・芝1600m)→1600万下の新潟日報賞(新潟・芝1400m)と3連勝でオープンクラス入りを決めると、勢いに乗って臨んだ前走の京成杯オータムHも制して、一気に重賞ウイナーの仲間入りを果たした。その後に骨折が判明し、今回は約半年ぶりの実戦となるが、6日に美浦南Wコースで行われた1週前追い切りでは、久々を感じさせないパワフルな動きを披露。着々と臨戦態勢を整えてきている。

ゴールドアリュール産駒のフーラブライド(牝5・木原一良)も、昨年の秋以降に急激なステップアップを遂げた期待の新星だ。500万下(阪神・芝2400m)→1000万下(京都・芝2400m)と連勝したあと、勢いに乗って格上挑戦した前々走の愛知杯で、12番人気の低評価を覆して見事に先頭でゴールイン。初の重賞タイトルを手に入れた。その愛知杯は50キロという軽いハンデを活かしてのVだったが、2キロ増のハンデ52キロで牡馬の強力なメンバーが相手となった前走の日経新春杯でも3着に好走。愛知杯の勝利が本物であったことを実証した。牝馬同士のGIII なら、主役級の評価が必要になる。

ノーブルジュエリー(牝6・池江泰寿)は、昨年9月に1600万下の仲秋S(阪神・芝1400m)を制して待望のオープンクラス入りを果たしたSmarty Jones産駒(アメリカ産)。その後、約4か月半の休養を挟んで出走した前々走の京都牝馬Sで3着に善戦すると、前走の洛陽S(京都・芝1600m)でオープン特別初勝利を飾った。もともと、デビュー2戦目のオープン特別・エルフィンS(京都・芝1600m)で2着に入るなど、早い段階から素質の片りんを見せていた馬が、6歳を迎えて完全に本格化を迎えた印象。初距離となる芝1800mに対応できるかが鍵だが、不安よりも期待のほうが断然大きい。

アロマティコ(牝5・佐々木晶三)は、重賞勝ちこそないものの、GI で3着2回の実績を持つキングカメハメハ産駒。その内訳は、2012年の秋華賞が優勝馬ジェンティルドンナ(同年の3歳牝馬三冠に加えてジャパンカップも制し、JRA賞年度代表馬に選出)から0秒2差。2013年エリザベス女王杯では、優勝馬メイショウマンボ(同年のオークス・秋華賞を制し、JRA賞最優秀3歳牝馬に選出)から0秒2差、2着馬ラキシスとクビ差の接戦を演じている。勝ち切れないレースが多いのは否定できないが、底力は文句なしにGI 級。持ち前の末脚を活かせる展開になれば、勝機も十分だろう。

アグネスワルツ(牝7・宮本博)は、非凡な先行力を武器に実績を積み上げてきたゼンノロブロイ産駒。3歳時の2010年にはオークストライアルのフローラSで2着に逃げ粘って優先出走権(3着以内)を獲得し、本番のオークスでも3着に好走した実績を持つ。その後は、2011年9月の1000万下・夕月特別、2012年4月の1600万下・難波S(ともに阪神・芝1800m)と、条件クラスで2勝を挙げたのみだが、ここ2戦のマーメイドSとオープン特別・カシオペアS(京都・芝1800m)では、いずれも逃げて2着に好走している。約4か月半の休養明けでも、軽視は禁物だろう。

エバーブロッサム(牝4・堀宣行)は、昨年春の牝馬クラシック戦線で大活躍したディープインパクト産駒。デビュー2戦目の未勝利(中山・芝2000m)で初勝利を飾ると、その後はフラワーC→フローラS→オークスと3戦連続で2着。1勝馬ながら、現4歳世代の牝馬でトップクラスの実力を持つのは間違いない。昨年の秋シーズンは、ローズS14着→秋華賞12着と精彩を欠く競馬が続いたが、約5か月の休養で立て直された今回は、その非凡な能力を見直す必要があるだろう。

トーセンベニザクラ(牝5・加藤征弘)は、2012年フェアリーSの優勝馬。同年の3歳牝馬三冠レースは、桜花賞8着→オークス10着→秋華賞9着と、思うような成績を残すことができなかった。その後も長く勝ち星から遠ざかっていたが、今年の2戦目となった前走の1600万下・初音S(東京・芝1600m)で約2年ぶりに先頭でゴールイン。再びオープンクラスに復帰した。その初音Sは先行策から長くいい脚を使って押し切るという、父ダイワメジャーをほうふつさせる力強い勝ちっぷり。デビュー当時の活力を取り戻した感があり、重賞でも好勝負の期待が高まる。

キャトルフィーユ(牝5・角居勝彦)は、1600万下クラスの身ながら格上挑戦した前走の愛知杯で、14番人気の低評価を覆して、優勝馬フーラブライドから0秒1差の2着と大健闘したディープインパクト産駒。51キロという軽ハンデが奏功したのも確かだろうが、3走前には別定重賞のクイーンSで55キロを背負って5着とまずまずの走りを披露していた。3歳の春シーズンにはオープン特別の忘れな草賞(阪神・芝2000m)を快勝した実績もあるだけに、愛知杯は決してハンデに恵まれただけではないはず。牝馬同士なら、重賞でも通用する力を持っている。

クラウンロゼ(牝4・天間昭一)は、メイクデビュー東京(芝1600m)→フェアリーS→オープン特別のアネモネS(中山・芝1600m)と、無傷の3連勝を飾ったロサード産駒。4戦目の桜花賞で16着と初黒星を喫し、続くオークスもしんがり18着と大敗を喫したが、デビュー3戦で見せた勝負強さは間違いなく本物だ。2014年の始動戦となった前走の京都牝馬Sは10着に敗れたものの、3番手追走と積極的な競馬を見せて、1着馬ウリウリから0秒7差と着順ほど大きくは負けておらず、内容は悪くなかった。休養明け2戦目で重賞勝ちがある中山・芝コースに替わる今回は、上位に食い込むチャンスは十分あるだろう。

ケイアイエレガント(牝5・尾形充弘)は、キャリアを積みながら徐々に力をつけてきたキングカメハメハ産駒。約4か月の休養明けとなった前走の1600万下・節分S(東京・芝1600m)を先行策から楽々と押し切り、デビュー23戦目で待望のオープンクラス入りを果たした。その節分Sは、休養前の1600万下・秋風S(中山・芝1600m、4着)から馬体重14キロ増での出走。見た目には若干緩さを感じさせる体つきだった。ひと叩きされた上積みが見込める今回、重賞でも侮れない存在と言えよう。

selvas2 at 00:13コメント(0) 

2014年03月11日

中京競馬場がリニューアルオープンした2012年から3月開催の開幕週に行われている中日新聞杯は、
古馬の中距離路線を占ううえでも見逃せない一戦。
ハンデキャップレースらしく、昨年は1着馬(サトノアポロ)から13着馬までが1秒差以内でゴールする白熱した争いが繰り広げられた。
今年も絶好の馬場コンディションで開幕を迎える春の中京開催。良馬場ならレコード決着となる可能性も十分あるだろう。

アンコイルド(牡5・矢作芳人)は、3歳11月から4歳1月にかけて一気に4連勝を記録。500万下クラスからまたたく間にオープンクラスまで駆けあがった逸材だ。その後はやや脚踏みした時期もあったが、昨夏の函館記念で2着に好走したのを皮切りに、札幌記念(函館・芝2000mで開催)3着、京都大賞典2着と、確実に地力強化を果たした。そして、初のGI 挑戦となった天皇賞(秋)は、勝ち馬のジャスタウェイには1秒1離されたものの、GI・2勝馬のエイシンフラッシュ(3着)とクビ差の接戦を演じて4着に健闘。GI でも通用する能力があることを証明した。今回は、休養明けの京都記念(3着)をひと叩きされて体調面の上積みが見込めるうえに、全5勝をマークしているベストの芝2000mに距離が短縮される。条件が好転したここは、待望の重賞初制覇が期待される。

レッドレイヴン(牡4・藤沢和雄)はデビュー2連勝を飾ったあと、重賞の東京スポーツ杯2歳Sに挑戦して0秒3差の2着に好走と、早い段階から能力の高さを示していた一頭である。期待された3歳春のクラシックシーズンは体調が整わずに好結果を残すことはできなかったが、夏場の休養で立て直しを図られ、秋から再び軌道に乗ってきた。前々走の1600万下・美浦S(中山・芝1800m)を快勝した勢いに乗って臨んだ前走のアメリカジョッキークラブCでは、1番人気の支持に応えることができず4着に敗退したものの、勝ち馬のヴェルデグリーンとは僅かに0秒1差。日本ダービー(12着)以来8か月ぶりの重賞挑戦であったことを考えれば、内容は着順以上に濃かった。伯父にグラスワンダーを持つ良血馬が、初参戦となる中京競馬場で重賞初制覇に挑む。

カルドブレッサ(牡6・吉田直弘)は、今年初戦の中山金杯で2着に好走。中団のやや後方を抜群の手応えで追走して直線で大外に持ち出されると、素晴らしい末脚を発揮。内を突いて抜け出した勝ち馬のオーシャンブルーに3/4馬身差まで詰め寄った。重賞制覇もすぐ手の届くところまで来た印象だ。3番人気の支持を受けた前走の小倉大賞典は、スローペースで折り合いに苦労してラストの伸び脚を欠き、7着に敗退。しかし、引き続き気配の良さが目立つ存在だけに、展開の助けがあれば、直線の強襲劇も可能だろう。

ブレイズアトレイル(牡5・藤岡健一)は、昨年の夏から秋にかけて3連勝をマーク。500万下クラスから約2か月あまりで一気にオープンクラス入りを果たした素質馬だ。そのあとも富士S5着、京都金杯4着、小倉大賞典3着と重賞で着実に成績を上げてきている。今後もマイルから中距離路線での活躍が見込める存在と見てもいいだろう。楽に好位をキープできる先行力がセールスポイントで、全5勝中3勝を芝1600mで挙げているが、前走は芝1800mの小倉大賞典で後方追走から鋭い末脚を伸ばして勝ち馬のラストインパクトに0秒4差まで詰め寄っている。スローペースを後方で折り合って脚をためる競馬ができたのは、収穫材料。キャリアを積むにつれて、距離の守備範囲も徐々に広がってきた感じだ。

ラブリーデイ(牡4・池江泰寿)は、有馬記念12着からの参戦。さすがに強豪相手のGI で厚い壁に跳ね返された格好だが、前々走の金鯱賞では勝ち馬のカレンミロティックから0秒4差の2着に好走。また、3走前には小倉記念で勝ち馬のメイショウナルトから0秒2差の2着に好走しており、いつ重賞タイトルを獲得してもおかしくない実力の持ち主だ。過去の勝ち鞍2勝はともに芝1800mで挙げたものだが、芝2000mの重賞でも2度の連対があることを考慮すれば、前走から500mの距離短縮はプラス材料になるはず。金鯱賞で好走した舞台と同じ中京・芝2000mで行われるこの中日新聞杯は、初の重賞タイトル奪取のチャンスだ。

フラガラッハ(牡7・松永幹夫)は、前走のアメリカジョッキークラブCでメンバー中最速となる上がり3ハロンタイム(34秒8、推定)を記録して0秒1差の5着に健闘。ベストは6勝をマークしている芝1600mだが、今回と同じ中京・芝2000mで行われた前々走の金鯱賞でも5着と掲示板を確保しており、中距離のレースにもうまく対応している。この中京・芝コースでは中京記念を2連覇中(2012・2013年)、コース適性は出走馬中でナンバー1と言ってもいいだろう。うまく末脚の活きる流れになれば、ゴール前で強襲劇が見られそうだ。

ラキシス(牝4・角居勝彦)は、昨年のエリザベス女王杯で勝ち馬のメイショウマンボから0秒2差の2着に好走。次走のジャパンカップで2着と大健闘するデニムアンドルビー(5着)や、ホエ−ルキャプチャ(6着)を筆頭に並み居る強豪に先着したのだから、高い評価が必要だろう。まだレースキャリアが7戦と少ないだけに、今後の成長も大いに期待できる器。牡馬の一線級を相手に0秒3差の4着と掲示板を確保した前走の京都記念も貴重な経験になったはず。ここで重賞初制覇を飾ることができれば、牝馬GI 戦線で大活躍が期待できそうだ。

サムソンズプライド(牡4・杉浦宏昭)は、今回が休養明け4戦目。復帰初戦のオープン特別・ディセンバーS(中山・芝1800m)こそ10着に敗退したが、続く前々走の中山金杯は0秒3差の7着、そして前走のオープン特別・白富士S(東京・芝2000m)は0秒4差の3着と、着実に上昇カーブを描いている。昨年の春には、3連勝でダービートライアルのプリンシパルS(東京・芝2000m)を制して、日本ダービー(17着)に駒を進めた能力の持ち主。芝2000mは5戦2勝3着1回をマーク、最も得意とする距離だ。また、自分でレースを作れる点もセールスポイント。うまくマイペースの展開に持ち込むことができれば、勝機も見出せるだろう。

アロマカフェ(牡7・小島太)は、3歳時にラジオNIKKEI賞優勝、セントライト記念3着の実績を残しており、中距離のレースで活躍が目立った存在だ。そのあとはやや精彩を欠いた時期もあったが、昨年11月に1600万下のウェルカムS(東京・芝2000m)を勝ち上がってオープンクラスに返り咲き、復調をアピールした。そして、前走のオープン特別・白富士Sでもゴール前ではひと際目を引く伸び脚を見せて2着に好走。手綱を取っていた田中勝春騎手も「馬がすごく良くなっています」と、手放しで褒めていたのが印象的だ。ここ2戦の内容から、今は2000mがベストの印象。2度目の重賞制覇を飾って、完全復活を遂げることができるか、注目したい。

アクションスター(牡4・音無秀孝)は、3歳初戦の京成杯で後方待機から豪快に追い込み、勝ち馬のフェイムゲームとクビ差の2着に好走。早い段階から能力の高さを示していた素質馬だ。その後は幾らか伸び悩んだ時期もあったが、今年の初戦となった1600万下の寿S(京都・芝2000m)でクビ差の接戦を制して、復調をアピール。前走の京都記念は勝ち馬から0秒6差の7着に敗れたものの、前残りの流れで消化不良の競馬になった印象。馬体も成長しているだけに、展開がはまれば、巻き返しは可能だろう。

トウカイパラダイス(牡7・田所秀孝)は、昨夏の函館記念(5着)以来8か月ぶりの実戦で仕上がり面がポイントになるが、ここにきて調教の動きはひと追いごとに良化中。出走態勢は着々と整ってきた。すでに29戦を消化して6勝をマーク。一昨年の夏にはオープン特別の巴賞(函館・芝1800m)でルルーシュ(のちにアルゼンチン共和国杯優勝)をクビ差の2着に退けて優勝し、昨春の産経大阪杯ではオルフェーヴル、ショウナンマイティ、エイシンフラッシュに続く4着に健闘した実績があり、ここまで強い相手と戦った経験も豊富だ。また、中京・芝コースでは、一昨年の春に2連勝をマークしており、相性の良さも見逃せない。

コアレスドラード(牡6・五十嵐忠男)は、昨秋に1000万下の北野特別→1600万下の修学院S(いずれも京都・芝2000m)でともに豪快な追い込みを決めて2連勝を飾り、待望のオープンクラス入りを果たした上がり馬。鋭い末脚は、重賞のここでも十分に通用するはずだ。勢いに乗って重賞に初挑戦した前走の朝日チャレンジCは11着に敗れたが、勝ち馬とは0秒7差と着順ほど大きくは負けていない。今回は約3か月半の休養明けになるが、5日の1週前追い切りは栗東CWコースで6ハロン79秒台の好タイムを計時。仕上がりの良さが目を引く一頭だ。〔1・2・0・1〕と相性の良い中京・芝コースに舞台が替わり、重賞挑戦も2度目で慣れが見込めるだけに、上位進出もそう難しくはないだろう。

selvas2 at 15:32コメント(0) 

2014年03月10日

6500万年前に地球に衝突し、恐竜を絶滅させたことが知られている隕石(いんせき)は、
酸性雨を引き起こし、海面を「致命的な状態」に変えていたとする研究論文が9日、
英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス(Nature Geoscience)」に発表された。

千葉にある惑星探査研究センター(Planetary Exploration Research Centre、PERC)の大野宗祐(Sohsuke Ohno)氏率いる研究チームによると、この衝突で硫黄を多く含む隕石が一瞬にして蒸発し、三酸化硫黄(SO3)ガスの巨大な雲が発生したという。同研究チームは、地球で最後に発生した大量絶滅の謎について調べている。

研究チームによると、三酸化硫黄が水蒸気と混ざり合ってできた「硫酸酸性雨」が数日内に地表に降り注いで海洋の表層部を酸性化し、そこに生息していた生物を殺したと考えられるという。

論文では、このように生物にとって致命的な状態になった表層の下部で生き延びることができた生物種が、最終的に海を受け継ぐことになったとしている。ただ、陸生動物に対する影響については、今回の研究の対象外だ。

この巨大隕石の衝突は「白亜紀第3紀間絶滅(KT絶滅)」として知られている。KT絶滅では、直径約10キロの小惑星とみられる物体が現在のメキシコ・ユカタン半島に周辺に衝突し、地球上の生物6割〜8割が死滅したとされている。


■大量絶滅の謎

大量絶滅が正確にどのようにして発生したのかについては、これまでさまざまな推測がなされてきた。

広く知られている説は、「核の冬」が起きたとするものだ。核の冬では、衝突によって舞い上がった塵(ちり)が空を覆い、太陽光が地表に届かなくなることが原因で植物が枯れ、同時にこれら植物に依存する生物種も死滅する。

激しい議論が交わされている「酸性雨」説も推測されてきたものの1つだ。

懐疑派は、酸性雨説で問題の原因とされている化学物質のSO3よりも二酸化硫黄(SO2)の方が隕石の衝突で放出された可能性が著しく高いと指摘しており、また、放出された物質が地表に落下するのではなくて、成層圏にとどまっていただろうとも主張している。

この答えを研究しているPERCのチームは、運命の日に起きたことを小さなスケールで再現するための実験装置を開発した。

研究チームは、レーザー光線で糸状のプラスチックを蒸発させ高速のプラズマ風をつくり出し、重金属タンタルの微小金属片を岩石サンプルに衝突させた。重金属の金属片は小惑星を、岩石サンプルは小惑星が衝突した地表面をそれぞれ微小スケールで再現したものだ。

実験では秒速13〜25キロ(時速4万7000〜9万キロ)の速度で衝突を発生させ、放出されたガスを分析した。その結果、SO2よりもSO3の方が、分子の数が圧倒的に多いことが分かった。

また研究チームは、衝突で放出されたと思われるケイ酸塩のより大きな粒子についてコンピューターシミュレーションを行い、それらもまた大量絶滅の一翼を担っていることを発見した。ケイ酸塩粒子は、硫黄の有毒蒸気と速やかに結合して硫酸性「エアロゾル」となり、地表に降り注いだ。

当時起きたとされる、「有孔虫」と呼ばれる浅い海面に生息する種類のプランクトンの大量絶滅は、重度に酸性化した海水で説明できる。有孔虫は炭酸カルシウムの殻で守られた単細胞生物で、酸性化した海水中ではこの殻が溶解してしまう。

この「酸性雨」説は、大量絶滅に関するその他の謎を説明する一助にもなる。論文によると、隕石衝突後にシダ植物の個体数が急増した理由は酸性の湿潤な環境をシダが好むからだという。

selvas2 at 16:19コメント(0) 

2014年03月09日

弥生賞は、
キングズオブザサン、アデイインザライフ、トゥザワールドのBOXが勝負どころ。
人気なので手を広げず、潔く。

selvas2 at 08:35コメント(0) 

2014年03月08日

過去10年の皐月賞で1〜3着した計30頭が直前に出走したレースは、
「弥生賞-12頭。スプリングS-8頭。若葉S-6頭」。
この3競走に集中し、30頭中の26頭までを占めている。

多くの場合、今週の弥生賞が最重要な直前ステップになることが多いが、
今年の弥生賞には、ここに至るまでの路線のポイントレース
「ラジオNIKKEI杯」の1〜2着馬ワンアンドオンリー、アズマシャトルを筆頭に、
「若駒S」の1着馬トゥザワールド、
「きさらぎ賞」の小差3着馬エイシンエルヴィン、そして「京成杯」の2〜3着馬キングズオブザサン、アデイインザライフ。
主要レースのレベルを推し量るにふさわしい馬、さらにはカギを握る馬が、そろって出走してきた。

2週後の「スプリングS」「若駒S」が最終ステップになる馬も、イスラボニータのように皐月賞直行になる馬もいるが、
プレイアンドリアルは皐月賞には間に合わないから、皐月賞候補と思われる有力どころの7割方が、この弥生賞にそろって出走してきたと考えていい。
土曜日のチューリップ賞と同じく、本番と同距離の、同じコース。

この弥生賞は、今年の全体レベルを明らかにしつつ、直前のランキングや勢力図を作成するのに、かなり組み立てやすい基盤の骨組みとなってくれそうである。
ここまでのところ、ラジオNIKKEI杯、きさらぎ賞のレースレベル(レースレーティング)が、他のレースをちょとだけリードしているとされるが、本当にそうなのだろうか。その答えも見えてくるかもしれない。

selvas2 at 22:14コメント(0) 

2014年03月07日

週は3歳馬たちがクラシックを目指す戦いの第1弾、弥生賞がメイン。上位3頭に皐月賞の優先出走権が与えられる。

過去10年の連対馬は、前走指数の高い馬や、過去の指数が高い馬、平均指数の上位馬など、
何らかの指数ランクがある馬が連軸の中心になっている。

今年の指数上位は、キングズオブザサン、アデイインザライフ、トゥザワールド、エイシンエルヴィン、エアアンセム、ワンアンドオンリー、アグネスドリームなど。

弥生賞は中山の2000メートル戦で、スローペースが基本。
先行できて差し脚もある馬たちに流れが向くだろう。とすると、まっさきに上がってくるのはトゥザワールドだ。

トゥザワールドはここまで4戦3勝、2着1回。
重賞勝ちはないものの、前走、2000メートル戦の若駒Sであっさり差し切って3勝目をあげた。
長く良い脚を使えるタイプで、スローペースにも対応できる。連軸の中心に推せる馬だろう。

上がりの脚ではウンプテンプ、ワンアンドオンリー、アズマシャトル、イタリアンネオなどが鋭いが、
力のいる中山のコースだけに、直線の軽いスピードだけでは勝負にならないのではないか。
タフな中山コースに合うのはキングズオブザサン、エアアンセム、アグネスドリーム、アデイインザライフ、サトノロブロイなど。
なかでもキングズオブザサンは前走、中山の2000メートルの京成杯で2着に好走。能力の高いことを示していた。
トゥザワールドはタフな中山コースの経験がないのが少し気になるだけに、
中山のコース適性から、キングズオブザサンをトゥザワールドの逆転候補の筆頭にあげたい。


チューリップ賞は桜花賞のトライアルレース。牡馬の弥生賞同様、3着までに優先出走権が与えられる。

今年は、ミュゼリトルガール、ハープスター、ブランネージュ、リラヴァティ、ウインリバティ、レッドオーラムなどが指数の上位。

チューリップ賞は阪神の芝1600戦。
12月に行われた阪神JFと同じコース、同じ距離のレースだけに、阪神JFで上位だった馬たちが活躍する傾向が強い。
今年、阪神JFに出走していたのは、2着のハープスターだけで、当然、連軸の最有力馬はハープスターだろう。
前走の阪神JFは後方から、直線一気に脚を使って、勝ち馬と差のない2着まで詰め寄った鋭く切れる脚がハープスターの特徴。
その上がりの脚の鋭さでは、他の馬たちとは大きな力差がありそうだ。マイルの距離適性も高く、ここはハープスター中心のレースだろう。



芝1200のオーシャンSは、前走指数の上位馬が連軸の中心だ。
荒れる傾向が強く、過去8年、3連単で100万超馬券が3回、他に10万超える配当も3回でている。
1番人気馬は1勝、2着1回、3着2回と低調。あまりアテにはしにくい。

ただ今年は、G1高松宮記念3着、スプリンターズSでは2着だったハクサンムーンが出走体制を整えてきた。
指数上も抜けたレベルにあり、1番人気は間違いのないところ。
ハクサンムーンが着外に落ちるなら波乱も必至だが、マイペースで逃げてみずからレースを作れる馬で、
調教でも動いたというなら、大敗までは考えにくい。
ここは相手探しのレースだ。
先行馬からはリアルインパクト、レッドスパーダ。
差し脚のある馬ならアースソニック、インプレスウィナー、ハノハノ、プリンセスメモリー、スノードラゴンなどを連下候補にあげておきたい。


selvas2 at 19:30コメント(0) 

2014年03月06日

弥生賞は、3着以内の馬にクラシック三冠の第1戦・皐月賞の優先出走権が与えられる重要なトライアルレース。
本番と同じ中山・芝2000mが舞台だけに、毎年好メンバーが集結する傾向が強い。
過去の優勝馬には、名馬の名前がズラリ。ミスターシービー、シンボリルドルフ、ディープインパクトは、このレースをステップに三冠馬へと上り詰めた。
また、優勝馬だけでなく、このレースで上位争いを演じた馬の中からもクラシックホースが多数出ている。
昨年の5着馬キズナは、毎日杯→京都新聞杯と重賞2連勝を挟んで、日本ダービーを制覇。
また、4着馬エピファネイアは、皐月賞・日本ダービーはともに2着と惜敗したものの、秋には菊花賞馬に輝いている。
クラシックを占う意味で、見逃せない一戦と言えるだろう。今年も3歳の素質馬たちが多数エントリー。春本番も近い中山競馬場に注目が集まる。

トゥザワールド(牡3・池江泰寿)は、厩舎期待の超良血馬。母トゥザヴィクトリーは、2001年のエリザベス女王杯優勝のほか、桜花賞3着、オークス2着、フェブラリーS3着、国際G1・ドバイワールドカップ(ナドアルシバ・ダート2000m)2着、有馬記念3着などの輝かしい実績を残した名牝で、全兄のトゥザグローリーは重賞5勝を挙げて現役で活躍中の実績馬だけに、この馬に懸かる期待も大きい。単勝オッズ1.9倍の1番人気に支持された昨年9月のメイクデビュー阪神(芝1800m)こそ勝ち馬のバンドワゴンから6馬身差の2着に敗れたが、その後に、未勝利→500万下の黄菊賞(ともに京都・芝1800m)→オープン特別の若駒S(京都・芝2000m)を制し、破竹の3連勝をマーク。あふれる才能を示している。2歳コースレコード(1分46秒5)を記録した前々走の黄菊賞も強い競馬だったが、圧巻は前走の若駒S。抜群の手応えで追走し、直線で川田将雅騎手が満を持して追い出すと、楽に抜け出してV。現時点での完成度は非常に高く、4連勝での重賞初制覇が期待される。 

ワンアンドオンリー(牡3・橋口弘次郎)は、昨年暮れにラジオNIKKEI杯2歳Sを優勝。過去に幾多の名馬を送り出してきた出世レースを制し、クラシック制覇に向けて大きな手ごたえをつかんだ。同レースでは、スタートこそひと息だったが、道中は余裕十分の手応えで追走。4コーナーでもスムーズに馬群をさばくと、直線では素晴らしい末脚を発揮して抜け出した。混戦の2着争いを尻目に1馬身1/4差をつけて快勝した内容は、文句のないものと言えるだろう。レース後は栗東トレーニング・センターの自厩舎でひと息入れて英気を養い、2月上旬から坂路で順調に追い切りを消化。動きも徐々に良くなってきたように、出走態勢は整いそう。関東圏への長距離輸送は前々走の東京スポーツ杯2歳S(6着)で経験済み。中山・芝コースは初参戦になるが、皐月賞と同じ舞台で重賞2連勝を飾って、クラシック制覇に王手を懸けたいところだ。

アズマシャトル(牡3・加用正)は、メイクデビュー京都(芝1600m)1着→500万下の千両賞(阪神・芝1600m)2着→ラジオNIKKEI杯2歳S2着と、ここまで3戦を消化してすべて連対を果たしている素質馬だ。ラジオNIKKEI杯2歳Sでは、800m標識付近から追い上げを開始。残り200m地点で先頭に立つ積極的な競馬を見せており、長くいい脚を使っていた。最後はワンアンドオンリーに交わされて1馬身1/4差の2着に敗れたが、この馬自身のレース内容も非常に濃く、2000mへの適性の高さをアピールした一戦と言えるだろう。中山・芝コースは、父ゼンノロブロイが2004年の有馬記念をJRAレコード(2分29秒5)で優勝したステージ。抜群のレースセンスと確かな末脚で、重賞初制覇を目指す。

キングズオブザサン(牡3・荒川義之)は、中山・芝2000mをすでに2回経験して、1着、2着と、この舞台で好成績を残している点は大きなアドバンテージになる。前走の京成杯は1番人気の支持を受けての登場。結果は優勝馬プレイアンドリアルから2馬身差の2着に敗れたが、大外8枠16番からのスタートで終始外を回っての連対確保は優秀な内容だ。スタートのセンスが良く、すんなりとレースの流れに乗れる自在性があるうえに、追われてからの末脚もしっかりしている馬。今回は中6週とややレース間隔があいたが、2月26日の1週前追い切りは栗東坂路で上々の動きを披露しており、着々と臨戦態勢は整ってきた様子。相性の良い舞台で重賞タイトルを奪取できれば、皐月賞でも有力な優勝候補に浮上しそうだ。

サトノロブロイ(牡3・南井克巳)は、前走の500万下・福寿草特別(京都・芝2000m)を快勝。勢いに乗っての重賞エントリーだ。中山・芝1600mで行われた前々走の朝日杯フューチュリティSはやや距離不足の感が強く、中団追走から流れ込んだ形で8着に敗れたが、距離が2000mに延びた福寿草特別では、スムーズに先行して楽に抜け出す強い内容。同じく、京都・芝2000mで行われたオープン特別の京都2歳Sでも勝ち馬のトーセンスターダムから0秒2差の3着に善戦した実績があり、中距離で持ち味が存分に活きるタイプと言えるだろう。この中間も栗東坂路とCWコースを併用して熱心な乗り込みを消化。状態はさらに上向いてきた印象だけに、上位争いが期待される。

アデイインザライフ(牡3・鈴木康弘)は、昨年暮れにメイクデビュー中山(芝2000m)を大外強襲の豪快なレース運びで快勝。大物感十分の勝ちっぷりから、1戦1勝の身で重賞初挑戦となった前走の京成杯(3着)でも4番人気に推された。勝ち馬のプレイアンドリアルには0秒3離されたが、2着馬キングズオブザサンにアタマ差まで詰め寄った末脚は今後に期待を抱かせるもの。デビュー2戦とも、メンバー中最速となる上がり3ハロンタイム(35秒3、35秒8、推定)をマークしており、末脚の切れ味は非凡。この中間はひと息入れてリフレッシュも完了。引き続き、相性の良い中山・芝2000mが舞台なら、重賞初制覇も可能だろう。

エアアンセム(牡3・伊藤正徳)は、メイクデビュー東京(芝1600m)→オープン特別のホープフルS(中山・芝2000m)を連勝。エリートコースに乗った素質馬だ。2番人気に推された前走の京成杯はレース中に他の馬と接触するシーンがあってスムーズさを欠き、思いもよらぬ大敗(11着)を喫したが、明確な敗因があるだけに、参考外の一戦と見ても良いだろう。ホープフルSでは、次走の共同通信杯で2着に好走するベルキャニオン(2着)や、東京スポーツ杯2歳S3着馬クラリティシチー(3着)の追撃を抑えて勝利を飾っており、能力の高さは折り紙つきだ。この中間は2月20日、27日と美浦坂路で4ハロン51秒台の好タイムを記録しており、調子下降の不安はない。スムーズなレースができれば、巻き返しは難しくないはず。

エイシンエルヴィン(牡3・中尾秀正)は、前走のきさらぎ賞で3着に健闘。重賞でも通用する能力があることを示した。このレースは、昨年10月の未勝利(新潟・芝1600m、1着)以来約4か月の休養明けで、大幅な馬体重の増加(+16キロ)だったことを考えれば、価値ある3着と言えるだろう。優勝馬トーセンスターダム、2着馬バンドワゴンはともに世代トップクラスの実力馬で、この2頭に0秒2差で続いたことは大きな自信になったはず。今回は初の中山・芝コースに加えて、2000mの距離も未経験で試金石の一戦となるが、休み明けをひと叩きされて状態面の上積みが見込めるだけに、上位争いの期待が懸かる。

イタリアンネオ(牡3・斎藤誠)は昨年11月の未勝利(東京・芝1600m)で初勝利をマークしたあと2か月半の休養を挟んで、今年の初戦となった500万下の若竹賞(中山・芝1800m)も大外一気の強襲でV。目下2連勝中の勢いが魅力の素質馬だ。前走の若竹賞は、放牧明けで昇級初戦とあって5番人気の評価だったが、後方でじっくりスタミナを温存して直線で大外に持ち出されると、力強い末脚を披露して快勝。叔母に2011年の七夕賞(中山・芝2000mで開催)、小倉記念、府中牝馬Sを制したイタリアンレッドがいる血統的な背景も魅力だ。相手はさらに強化されるが、今の状態の良さなら、V3での重賞初制覇も可能と思える。

ウンプテンプ(牡3・田中剛)は、1回東京競馬で衝撃的なデビューを飾った一頭。評判馬のそろった2月23日のメイクデビュー東京(芝1800m)では7番人気と低評価だったが、スッと絶好のポジションを奪うと、直線でも持ったままで進出。最内から鮮やかに抜け出すと、鞍上の後藤浩輝騎手がほとんどアクションを起こすこともなく、余裕十分の内容で2馬身差の完勝劇を演じた。近親に日本ダービー馬フサイチコンコルドや皐月賞馬アンライバルドがいる血統面も魅力十分。新馬→重賞連勝は至難の業だが、未知の魅力にあふれた存在だ。

selvas2 at 07:44コメント(0) 

2014年03月05日

阪神競馬場に芝の外回りコースが新設される以前も含めて、桜花賞と結びつきが深いトライアルレースと位置付けられているチューリップ賞。
本番と同じコース・距離というのが一番の理由だろうが、中4週と余裕のあるローテーションで本番の桜花賞に臨める点も見逃せない。
この日程を上手に使った好例が、2012年のジェンティルドンナだ。
熱発明けの一戦となったチューリップ賞では4着に敗れたが、このレース後に状態を一気に上げて、見事に桜花賞を制覇。
そのほかにも、チューリップ賞で敗退→本番の桜花賞で巻き返しに成功した馬は多く、昨年の桜花賞馬アユサンもチューリップ賞3着からの巻き返し組。
2007年の桜花賞馬ダイワスカーレットや2010年の桜花賞馬アパパネもチューリップ賞では2着に負けている。
同じ舞台の前哨戦ということでその勝ち馬に注目が集まる傾向が強いものの、桜花賞までの1か月間で状態を上げることは十分に可能。このレースで掲示板(5着以内)を確保した馬は、桜花賞の有力候補という認識を持ってもいいのではないだろうか。

今年は圧倒的な支持を受けそうな実績馬がこのチューリップ賞にスタンバイ。ハープスター(牝3・松田博資)は、前走の阪神ジュベナイルフィリーズでハナ差の2着に惜敗してデビュー以来初めて土がついたが、そのレース内容は能力で負けたと思えないもの。桜花賞の最有力候補という評価に変わりはないだろう。前走時と同様に今回も放牧を挟んでの調整になっているが、馬体がなかなか絞りきれず動きに素軽さが戻らなかった前走時と違い、この中間は太め残りでも軽快な動きを見せている。2月26日に栗東CWコースで行われた1週前追い切りは、6ハロン80秒4と速い時計をマーク。しかし、7ハロンの長めから3頭併せを敢行して最も遅れてしまっただけに、出走態勢が整ったかどうかは、最終追い切りの動きを見て判断したい。

シャイニーガール(牝3・湯窪幸雄)は、前走のオープン特別・エルフィンS(京都・芝1600m)で8番人気の低評価ながら後続馬に1馬身3/4差を付けて逃げ切り勝ちを収め、桜花賞出走に必要な収得賞金をほぼ手中にした。この勝利で先を見据えた調整ができるようになったのは大きなプラス材料と言える。2月26日に栗東坂路で行われた1週前追い切りは4ハロンから55秒2−40秒2−25秒7−12秒5と余力を残した内容。昨年11月にデビューしてからこれまで月1走のローテーションで使われてきた馬だが、状態は高いレベルで安定している。

関東馬のヌーヴォレコルト(牝3・斎藤誠)は、昨年11月の未勝利(東京・芝1600m)で好位追走からメンバー中最速となる上がり3ハロン33秒7(推定)の豪脚を発揮して初勝利をマーク。中3週のローテーションで臨んだ12月の500万下・こうやまき賞(中京・芝1600m)では、2番手追走から直線で鮮やかに抜け出して2連勝を飾った。レース後は短期放牧でしっかりとリフレッシュを図られ、2月12日に美浦トレーニング・センターへ帰厩。27日の1週前は南Wコースで大きく先行した古馬(1000万下)を追いかける意欲的な内容を消化、5ハロン66秒0―3ハロン38秒3−ラスト1ハロン13秒2をマークしている。今回は3か月ぶりの実戦となるが、好仕上がりでレースに臨めそうだ。

収得賞金が400万円の1勝馬にとって、桜花賞に出走するためにはこの桜花賞トライアル・チューリップ賞で3着以内に入って優先出走権を獲得するのが必須条件となる。これまでも実績馬に先着を果たして3着までに入り、見事に桜花賞の舞台に立った馬も多い。

父がディープインパクトで、鞍上に武豊騎手を配して臨むプリモンディアル(牝3・藤原英昭)。単勝オッズ1.6倍という圧倒的な1番人気に支持された前走のメイクデビュー京都(芝1600m)では、好スタートから先頭に立ち、マイペースの展開に持ち込むと、直線でも軽快な逃げ脚を披露して後続馬の追撃を3/4馬身振り切った。キャリア1戦の身だが、ここで優先出走権を獲得できるようなら、本番の桜花賞でも大いに注目したい一頭となるはずだ。

リラヴァティ(牝3・石坂正)は、昨年12月の未勝利(阪神・芝1600m)を半馬身差で優勝したあと、年明け初戦でGIII のフェアリーSに挑戦。好スタートから向正面で先頭に立つ積極的な競馬を見せると、直線でもしぶとい粘り腰を発揮し、勝ち馬のオメガハートロックからクビ+クビ差の3着に健闘した。未勝利を勝ち上がったばかりで、関東圏への長距離輸送も中山・芝コースも初めてだったことを考えれば、高い評価が必要だろう。今回と同じ阪神・外回りの芝1600mで勝ち星を挙げているのは、出走馬の中でこの馬だけ。コース替わりを味方に、上位進出を目指す。

マラムデール(牝3・松田国英)は、前々走の紅梅S(京都・芝1400m)で好位を追走し、直線半ばから馬群の内めを割って鋭い伸び脚を披露し、勝ち馬のアドマイヤビジンからハナ差の2着と大接戦を演じた実績の持ち主。このレースでは、次走のオープン特別・エルフィンSを優勝するシャイニーガール(3着)に半馬身先着を果たしており、オープンクラスで通用する能力があることはすでに証明済みだ。しかし、現状ではまだ1勝馬の身。このレースで3着以内に入って桜花賞の優先出走権を手中にできるか、ここは正念場の一戦と言えるだろう。

前走の未勝利(京都・芝1600m)で4コーナー5番手から直線で力強い末脚を繰り出し、1馬身1/4差の快勝劇を演じたブランネージュ(牝3・藤岡健一)。デビュー6戦目にして、待望の初勝利を挙げた。未勝利を勝ち上がった直後の重賞挑戦で相手が大幅に強くなる点が今回のポイントと言えるが、前走の勝ちっぷりはなかなかのもの。〔1・2・3・0〕と堅実な成績を残しているように、相手なりの競馬ができるタイプの馬。3着以内に食い込んで桜花賞の優先出走権を獲得する可能性は十分あるかもしれない。

selvas2 at 00:04コメント(0) 

2014年03月04日

春シーズンにおける4歳以上・芝のスプリント部門のチャンピオンを決める高松宮記念には、前哨戦となる3つの重賞レースが組まれている。
開催時期の順に、シルクロードS→阪急杯→オーシャンS。
本番に最も近い時期に行われるこのオーシャンSは、重賞に昇格してから今年で9回目と歴史は浅いものの、秋のGI・スプリンターズSと同じ中山・芝1200mを舞台に毎年ハイレベルなV争いが繰り広げられている。
昨年まで短距離重賞路線で頂点に君臨したロードカナロアが現役を引退。このレースを制して新しいチャンピオン候補に名乗りを上げるのは果たしてどの馬だろうか?

ハクサンムーン(牡5・西園正都)は、4歳時の昨年に芝のスプリント路線で大ブレークしたアドマイヤムーン産駒。アイビスサマーダッシュとセントウルSを制して『サマースプリントシリーズ』のチャンピオンに輝いた。さらに、春秋のスプリントGI でも高松宮記念3着、スプリンターズS2着と好走。この路線では、2013年のJRA賞年度代表馬・最優秀短距離馬に選出されたロードカナロア(スプリントGI・3勝、マイルGI・1勝を含む重賞5勝)に次ぐ、ハイレベルな実績を残した。昨年のオーシャンSでは3番人気に支持されながらも9着に大敗しているが、当時よりも完成度が格段に高まっている今なら、約5か月半の休養明けでも底力で好勝負に持ち込む可能性が高い。

ディープインパクト産駒のリアルインパクト(牡6・堀宣行)は、今回のメンバーの中でただ一頭、GI タイトルを保持している。2011年の安田記念で、1984年のグレード制導入以来初となる3歳馬による優勝という偉業を達成した。その後は長く勝ち星から遠ざかっていたが、前走の阪神Cで約2年半ぶりに先頭でゴールイン。実力馬復活を強く印象付ける走りを披露してみせた。芝1200mのレースは今回が初挑戦となるが、半兄のアイルラヴァゲイン(父エルコンドルパサー)は2007年のオーシャンS優勝など芝1200mで4勝をマークと大活躍。この血統面に加えて、スピード感あふれるレースぶりからも、不安より期待のほうが断然大きい。

アースソニック(牡5・中竹和也)は、キャリアを積みながら徐々に力をつけてきたクロフネ産駒。昨年の春シーズンはオープンクラスで善戦するものの勝ちきれない競馬が続いたが、夏のクラス再編成で1600万下クラスに降級し、秋初戦となった10月の1600万下・桂川S(京都・芝1200m)を制してオープンクラスに復帰すると、続く京阪杯では7番人気の低評価ながら2番手追走から直線で逃げ込みを図るアイラブリリ(2着)をゴール寸前でクビ差交わし、先頭でゴールを駆け抜けた。デビュー20戦目にして、待望の重賞初制覇を飾っている。前走のオープン特別・ラピスラズリS(中山・芝1200m)は2番人気で8着に敗退したが、勝ち馬のアフォードとは僅か0秒3差で、着順ほど大きくは負けていない。2か月半の休養でリフレッシュされた今回は、その実力を見直す必要がある。

レオンビスティー(牡5・矢作芳人)は、3歳春のファルコンSで12番人気の低評価を覆して2着に好走するなど、早い段階から素質の片りんを見せていたサクラバクシンオー産駒。その後はやや伸び悩んでいる印象だったが、昨年11月に約3か月の休養から復帰すると、それまでの詰めの甘さが一変。1000万下→1600万下のサンライズS(いずれも中山・芝1200m)を連勝してオープンクラスに復帰した。勢いに乗って臨んだ前走のシルクロードSでは11着に大敗したが、前述の2連勝で高い適性を示した中山・芝1200mに戻る今回は、巻き返してくるだろう。

レッドスパーダ(牡8・藤沢和雄)は、2010年の東京新聞杯、2013年の関屋記念とマイル重賞を2勝しているタイキシャトル産駒。GI でも2009年のNHKマイルCで2着に好走しており、今回の出走メンバーの中ではトップクラスの実績を誇る。芝1200mの距離では未勝利だが、2011年にオーシャンS3着→高松宮記念(阪神で開催)5着、2013年のオープン特別・福島民友C(福島)4着とまずまずの走りを披露しており、決して距離不足ではないはず。8歳を迎えた今年は始動戦の東京新聞杯で13着に大敗したが、ひと叩きされた上積みが見込める今回は、大きな変わり身を見せても驚けない。

インプレスウィナー(牡7・宗像義忠)は、まだ重賞のタイトルを手に入れていないものの、2010年のクロッカスS、2012年のオーロC(いずれも東京・芝1400m)、2013年の朱鷺S、信越S(いずれも新潟・芝1400m)とオープン特別を4勝しているフサイチコンコルド産駒。2012年の京王杯スプリングC3着も含めて、左回りコースの芝1400mで全7勝中6勝をマークと良績が集中しているのは確かだが、このオーシャンSと同じ中山・芝1200mで行われた前走のオープン特別・ラピスラズリSでは、11番人気の低評価ながら1着馬アフォードから0秒1差の5着に善戦。新境地を開いた感があり、重賞でも軽視は禁物だろう。

スギノエンデバー(牡6・浅見秀一)は、2012年北九州記念の優勝馬。重賞タイトルはこの一つのみだが、セールスポイントである息の長い末脚を武器に、芝のスプリント重賞で常連として長く活躍しているサクラバクシンオー産駒だ。2012年のオープン特別・尾張S(中京・芝1200m)を同着で優勝してから1年3か月も勝利からは遠ざかっているが、3走前の京阪杯では1着馬アースソニックからクビ+クビ差の3着に好走。今年で6歳を迎えたが、持ち前の決め手を活かせるレース展開になれば、大きく浮上してくるだろう。

同じくサクラバクシンオー産駒のアフォード(牡6・北出成人)は、2012年の秋に1600万下のみちのくS(福島・芝1200m)を勝ち上がってオープンクラスへ復帰。その後の6戦は苦戦が続いていたが、約5か月の休養明けで臨んだ前々走のオープン特別・ラピスラズリSでは13番人気の低評価を覆して見事に1着でゴールイン。あまり暑さに強くないため、夏場よりも秋から春にかけて良績を挙げており、また、使い込まれるよりもフレッシュな状態のほうが走るタイプ。様々な条件がそろってのオープン特別初勝利だったとはいえ、中山・芝1200mの適性の高さも認めるべきだろう。続く前走のシルクロードSでは8着に敗退したが、ラピスラズリSを優勝した舞台に戻る今回は、見直す余地が十分にある。

ツインクルスター(牝5・牧光二)は、芝での全4勝を今回の舞台となる中山・芝1200mで挙げているサクラバクシンオー産駒。そのうちの3勝は逃げ切りだったが、オープンクラス入りを決めた前々走の1600万下・市川Sは、2番手から抜け出して後続馬の追撃をクビ差封じたもの。脚質に幅が出て、本格化してきたムードが漂う。初めてオープン特別に出走した前走のラピスラズリSでは9着に敗れたが、優勝馬アフォードとのタイム差は0秒4。着順ほど大きくは負けておらず、悲観する内容ではなかった。

芝1000〜1200mの距離で5勝2着2回3着5回と実績を積み上げてきたリトルゲルダ(牝5・鮫島一歩)は、米国産のClosing Argument産駒。昨年7月には、1000万下の知多特別(中京・芝1200m)優勝後に1600万下クラスの身ながら格上挑戦したアイビスサマーダッシュで3着に健闘。2走後の1600万下・道頓堀S(阪神・芝1200m)を制してオープンクラス入りを果たした。2014年の始動戦となった前走のシルクロードSでは13番人気の低評価ながら3着に好走。重賞タイトルに手が届くところまで力をつけてきている。

サイレントソニック(牝6・国枝栄)は、2歳時にメイクデビュー福島(芝1200m)1着→オープン特別のダリア賞(新潟・芝1400m)2着と早い段階から頭角を現していたディープインパクト産駒。その後は条件クラスで善戦するものの勝ち上がるのに時間を要したが、5歳時の昨年8月に1600万下の北九州短距離S(小倉・芝1200m)をハナ差で勝利してオープンクラスに復帰を果たすと、続くオープン特別のオパールS(京都・芝1200m)でも2着に好走してみせた。今回の舞台となる中山・芝1200mでは〔1・1・1・1〕と好成績を挙げており、4着に敗れた前々走のオープン特別・ラピスラズリSでも1着馬アフォードから0秒1差で、2着から5着までは同タイムの大接戦だった。コース適性の高さを武器に、上位進出を狙う。

ワキノブレイブ(牡4・清水久詞)は、3歳時の昨年暮れから成績が急上昇したマイネルラヴ産駒。1000万下の高砂特別(阪神・芝1200m)と1600万下の長篠S(中京・芝1200m)を連勝したあと、昨年3月のファルコンS(6着)以来の重賞挑戦となった前走のシルクロードSでも10番人気ながら5着に健闘した。もともと2歳時には4戦2勝の戦績で2歳王者決定戦・朝日杯フューチュリティS(15着)まで駒を進めた素質馬。再び軌道に乗ってきた今なら、初の重賞タイトル奪取への期待も十分に懸けられるだろう。

selvas2 at 21:35コメント(0) 
二つは同時にできない…脳レベルの原因解明 京大グループ

二つのことを同時にすると、どちらも中途半端になる原因をニホンザルの脳の活動から、
京都大こころの未来研究センターの船橋新太郎教授と渡邉慶・元研究員のグループが解明した。
二つの課題に対応するそれぞれの神経細胞が、互いに干渉し合うためという。
英科学誌ネイチャー・ニューロサイエンスで3日発表する。

■神経細胞互いに干渉
車を運転中に助手席の人と込み入った話をすると、ブレーキを踏むのが遅れたり、
きちんと答えられなかったりする。
このような現象は「二重課題干渉」と呼ばれるが、脳でどのようなことが起きているかは、よく分かっていなかった。
 
グループは、ニホンザルに記憶と注意に関する課題を同時にさせ、
大脳(前頭連合野)の動きを調べた。それぞれの課題を担う神経細胞の活動は、課題が一つだけの場合に比べて大幅に低下していた。
船橋教授は「神経細胞が互いの活動を制限し合っているのではないか」と話している。


selvas2 at 12:53コメント(0) 

2014年03月03日

JRAは3日、東京都港区の六本木事務所で定例会見を行い、
5レースの全ての勝ち馬を当てる5重勝単勝式、『WIN5』の払戻金の最高額を
現状の2億円から6億円(100円当たり)に引き上げることを発表した。
6月7日以降の発売日から変更される。

2日に行われたWIN5では
11、2、14、2、2番人気馬が勝ち、
払戻金は史上5回目の最高額2億円(的中1票)となり、2億6092万8530円のキャリーオーバーが発生している。

また、賭式ごとの払戻率の変更も発表。
単勝、複勝は80・0%、
馬単、3連複は75・0%で据え置かれるが、
枠連、馬連、ワイドは77・5%に、
3連単が72・5%に、
WIN5が70・0%に変更される。
こちらも6月7日以降に適用される。

なお、4月1日の消費税増後も競馬場の一般入場券、駐車場利用料、
ウインズのエクセルフロア利用料は据え置かれる。


selvas2 at 18:05コメント(0) 
黄砂(こうさ)は古くから東アジア各地で知られる気象現象だ。
中国や韓国の紀元前の歴史書、日本の江戸時代の文献などにも関連する記述があり、
春の風物詩“春がすみ”や“おぼろ月”も黄砂による現象ではないかという。
英語では「アジアン・ダスト」(Asian dust)と呼ばれる黄砂は、
1年のうちでもこれから3〜5月がピークだ。
近年の研究では、花粉症などのアレルギーや呼吸器系の疾患との関連が指摘され、
黄砂粒子に大気汚染物質や病原微生物も付着していることが明らかになるなど、
もはや“風流”を通り越して、事態は深刻だ。
.
発生のメカニズムは?

気象庁や環境省などによると、黄砂が起きるのは、中国大陸内陸部にあるゴビ砂漠やタクラマカン砂漠、
黄土高原の砂塵(さじん)が強風によって大気中に舞い上げられ、それが上空の偏西風によって運ばれながら地上に降下するからだ。
春に発生が多いのは、冬の間シベリア高気圧の影響で風が弱く、降雪にもおおわれていた同地域が、春になって高気圧の勢力が弱まり、低気圧が発達しながら強風を伴い相次いで通過するためだ。夏以降は植物が多く、雨も降るようになるため、黄砂は少なくなる。

大気中に舞い上がった黄砂粒子のうち、
粒径が10マイクロメートル(1マイクロメートルは1ミリメートルの1000分の1)以上の
比較的大きな粒は重力によってすぐに落ちるが、
それよりも小さな黄砂の粒子は、偏西風によって遠くまで運ばれる。
中央アジア起源の黄砂粒子が太平洋を横断し、北米大陸やグリーンランド、
さらには欧州アルプスまで到達したとの報告もある。
.

アレルギーや呼吸器疾患との関連も

これらの黄砂の粒子には、石英や長石などの岩石の鉱物や、雲母や緑泥石などの粘土鉱物が多く含まれ、
全体の62%は二酸化ケイ素(SiO2)が成分だ。
二酸化ケイ素にはアレルギー反応を高める作用があり、黄砂現象の発生時には、
花粉症や気管支ぜん息の症状が悪化し、小児ぜん息で入院するリスクが高くなる。

中国や韓国などの調査でも、呼吸器系感染症や肺炎、心筋梗塞や脳卒中、アレルギー性鼻炎や結膜炎などの患者数の増加が、みられているという。

さらに、黄砂粒子からは、アンモニウムイオンや硫酸イオン、硝酸イオンなどの大気汚染物質も検出されており、輸送途中で人為起源の物質を、取り込んでいることが分かってきた。
また、金沢大学など国内外の研究者らは、カビや酵母、土壌に生息する枯草菌、肺の化膿性炎症を起こす細菌類も、黄砂粒子に付着していることを明らかにしている。
大分県立看護科学大学の市瀬孝道教授は、「黄砂は微生物を運ぶ箱船として注目される」と、
2009年に指摘しており、今後いっそう注意が必要になる。

selvas2 at 17:47コメント(0) 

2014年03月02日

 あらゆる細胞に変化できる万能細胞、STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)の作製に成功したと、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)が発表し、1カ月がたった。作製方法が「簡単」とされた点も注目を集めたが、国内外の研究者からは「実験が再現できない」との報告が上がり、論文の不備も指摘されている。理研は、詳細な作製手順を公開する準備を進め、論文の不備についても調査を始めた。

 論文は1月30日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。発表した同センターの小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)によると、マウスのリンパ球を弱い酸性の溶液に30分浸すだけで作製に成功した。細胞を細い管に無理やり通したり、毒素をかけたりしても作製できたという。

 「簡単」との発表に、世界各国の研究者がSTAP細胞の再現実験に取り組んだ。米国の研究者のホームページには2月19日までに、各国から10件の実験報告が寄せられた。小保方さんの論文とは条件が異なる実験が大半だが、成功例はない。実験報告を寄せた関西学院大の関由行専任講師は、マウスの胎児の皮膚細胞で2回実験したが、再現できなかったという。「論文と違う細胞を使ったためだろうか。論文に書かれていないコツがあるのだろうか」と話す。

 論文の共著者で元理研チームリーダーの若山照彦・山梨大教授は毎日新聞の取材に「論文の価値を高めようと、簡単と強調しすぎたかもしれない。作製は難しいことは難しい」と明かした。若山教授自身も、小保方さんと一緒に実験した時は作製できたが、山梨大に移ってからはあと一歩のところで作製できていないという。「細胞を溶液に浸す時など、見落としていたところにコツがあるのかもしれない。もう一度習えば再現できると思う」と話す。

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した山中伸弥・京都大教授は「iPS細胞が世界で急速に普及したのは、再現性が高く、どの研究室でも作製できたことが大きい。STAP細胞が広く使われるようになるには、再現性の高さがポイントになる」と指摘する。

 こうした状況から理研は、詳細な作製手順の公開時期や方法を検討している。

 論文については、STAP細胞からできたとされるマウスの胎盤の写真が、別の条件下での実験の画像としても掲載されている▽実験データの画像が切り張りされたように見える−−などと指摘された。理研とネイチャーがそれぞれ調査を進めている。理研は「成果そのものに問題はない」と強調、問題の写真について若山教授は「単純ミスだ。多くの写真を小保方さんに送った。論文を何度も書き直しているうちに、どれがどの写真か分からなくなったのではないか」と説明している。

◇ことば【STAP細胞】

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)と同じように、体のあらゆる部分に変化できる多能性を持つ細胞。理化学研究所などがマウスでの作製成功を報告した。「STAP」は「刺激がきっかけで、多能性を手に入れた」という意味の英語「Stimulus−Triggered Acquisition of Pluripotency」の略。

selvas2 at 16:02コメント(0) 

2014年03月01日

2011年のヴィクトワールピサのように、圧倒的な総合能力で圧勝する勝ち馬がいる年もある。
これに該当するのは、今年の場合は、秋の天皇賞を圧勝しているジャスタウェイと、
皐月賞をレコードで勝っているロゴタイプ。
ともに58キロである。

この2頭に、状態、距離、コースなどの不安があるとき、今年も出走するナカヤマナイトのように、GIではちょと苦しいが、このコースのこの距離ならの適性を持つ、スペシャリストタイプが台頭することが多い。
土曜日段階ではあまり売れていないが、ナカヤマナイトは中山1800mを3戦して【3-0-0-0】である。

今年は、このコースのこの距離ならのタイプが台頭可能な組み合わせとみて、
伏兵マイネルラクリマに注目。
右回りの1800mは【1-2-0-1】。
3歳時に京都の白百合Sを勝ち、
中山で行われたラジオNIKKEI賞を0秒1差の2着。
4歳時は丸1年も休養して、
昨年の5歳時は京都の都大路Sを0秒1差の2着。
そして12月の朝日CCを1分46秒7で、0秒2差の4着。
左回りの1600-2000mの中距離戦にくらべると、明らかに成績がいい。

朝日CCの4着は、今回も対戦するアルキメデスのハンデ55に対し、こちらは58キロ。
ゴール寸前まで先頭だった内容を振り返ると、中身は互角以上ともいえる。
アルキメデスとは、今回は同じ56キロとなった。

持ち時計はもう一歩だが、3走前の福島記念2000mを1分57秒4で乗り切った際が4コーナー先頭で、
1800m通過は1分45秒2だからスピード不足はない。まして春の中山の芝は高速コンディションではなく、空模様も十分に怪しい。

外枠だが、行くこと必至のトウケイヘイロー(武豊)に接近して先行しそうな馬は少ない。
粘り腰フルに発揮のためには、2番手を譲らず、4コーナー先頭の自分のパターンに持ち込むような強気な積極策を取りたい。
トランセンドなどが代表するアイアンエイジの牝系は、快速スワップスの一族であり、強気に先行してこそのスピード系が出発点。
中山のラジオNIKKEI賞2着の内容から、中山1800mはたった1回しか出走していないが、高い適性を秘めていると考えたい。

強敵は、マイペースの公算大のトウケイヘイローと、1800mこそベストのエアソミュール。
とくにエアソミュールいま本格化、体型が変わってきた印象もある。

selvas2 at 22:08コメント(0) 
Archives
記事検索