2016年09月06日

土曜 紫苑ステークス

ビッシュ
牝3歳
調教師:鹿戸雄一(美浦)
父:ディープインパクト
母:バランセラ
母の父:Acatenango
ここに注目!
前走のオークスでは、直線で一旦先頭に立つ見せ場を作った。最後はシンハライト(1着)、チェッキーノ(2着)に差されて3着に敗れたものの、今後が楽しみになるような内容だった。現在の収得賞金(900万)から考えても、秋華賞に出走するためにはここで確実に優先出走権(3着以内)をゲットしたい。

エンジェルフェイス
牝3歳
調教師:藤原英昭(栗東)
父:キングカメハメハ
母:ワンフォーローズ
母の父:Tejano Run
ここに注目!
今年の春は、フラワーCを鮮やかに逃げ切って重賞初制覇を達成。前走のオークス(10着)は最後の直線でスタミナ切れした印象だが、道中の走りは悪くなかった。持ち味の先行力が生きる中山・芝2000mの舞台なら、勝機は十分にありそうだ。

パールコード
牝3歳
調教師:中内田充正(栗東)
父:ヴィクトワールピサ
母:マジックコード
母の父:Lost Code
ここに注目!
前走のフローラSで2着に好走しオークスへの優先出走権を獲得したものの、無理をせず休養に入り秋に備えていた。先行・差し自在のレースぶりからセンスの良さを感じさせる一頭。前々走の500万下・ミモザ賞(1着)で中山・芝2000mの舞台を経験していることも強みと言える。

ウインファビラス
牝3歳
調教師:畠山吉宏(美浦)
父:ステイゴールド
母:サマーエタニティ
母の父:アドマイヤコジーン
ここに注目!
昨年は、新潟2歳Sで勝ち馬ロードクエストの2着、阪神ジュベナイルフィリーズでは優勝馬メジャーエンブレムの2着と、随所で能力の高さを見せた。今春の牝馬クラシック路線では好結果を残せなかったが、放牧で立て直された今回は、巻き返しの期待がかかる。

フロンテアクイーン
牝3歳
調教師:国枝栄(美浦)
父:メイショウサムソン
母:ブルーボックスボウ
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
今春は、クイーンCで勝ち馬のメジャーエンブレムに次ぐ2着に好走し、その後も前々走のフローラSで4着、前走のオークスで6着という成績を残した。やや勝ち味に遅い面はあるものの、相手なりに走れる堅実性はセールスポイントだろう。休養の効果でさらなる成長があれば、勝機は十分だ。

ヴィブロス
牝3歳
調教師:友道康夫(栗東)
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母の父:Machiavellian
ここに注目!
全姉のヴィルシーナは2013年と2014年のヴィクトリアマイルを連覇した名牝で、半兄のシュヴァルグラン(父ハーツクライ)が今年の阪神大賞典を優勝と、勢いのある血統。本馬も、前走の500万下(中京・芝2000m)を4馬身差で快勝して高い能力を見せただけに、今回の走りに注目が集まる。

ベアインマインド
牝3歳
調教師:加藤征弘(美浦)
父:ディープインパクト
母:ウルトラブレンド
母の父:Richly Blended
ここに注目!
前々走の未勝利(東京・芝1600m)を勝った後は休養に入り、約3か月半の休み明けで臨んだ前走の500万下(新潟・芝1800m)を連勝。心身共に大きな成長を示している一頭だ。前々走が中団から差す競馬、前走が2番手抜け出しと、脚質の自在性がある点もプラス材料だろう。

クィーンズベスト
牝3歳
調教師:大久保龍志(栗東)
父:ワークフォース
母:ラスティングソング
母の父:フジキセキ
ここに注目!
軽快なスピードを武器に、ここまで9戦して掲示板(5着以内)を外したのが1回だけと、安定感のあるレースを続けている。今回は4回中山競馬の開幕週で、良好な芝コンディションが見込めるだけに、そのスピード能力が存分に生きるかもしれない。

selvas2 at 22:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索