2016年09月23日

週末重賞展望

3着馬までに菊花賞の優先出走権が与えられる神戸新聞杯が今週のメイン。
例年、ダービーで好走していた馬たちが集まるレベルの高いレースだけに、
1番人気馬は5勝、2着3回、連対率は80%と安定している。
前走ダービー出走組が強いが、とりわけダービーで5着以内の馬が過去10年で8勝をあげ、2着まで広げると、100%の連対率を示している。
 指数上も、過去10年、指数上位馬が上位を占め、圧倒的に強い傾向が続いている。
 今年の指数上位馬は、サトノダイヤモンド、エアスピネル、レッドエルディスト、アグネスフォルテ、ナムラシングン、カフジプリンスなど。

 ダービー出走組ではダービーを勝ったマカヒキとハナ差、指数上は全く差のない2着のサトノダイヤモンドが最上位だ。
ダービーでは上位3頭と少し離された恰好だが4着のエアスピネルがこれに続く。
他に、夏の間に大きく指数を伸ばしてきた馬は見当たらず、サトノダイヤモンド、エアスピネルの2頭が最も有力な連軸候補になるだろう。

 ただ、スピード指数、上がり指数などを検証すれば、ダービー上位3頭の力が他の出走馬たちを上回っており、春の力関係が続くのであれば、ここではサトノダイヤモンドが連軸の中心になるだろう。

 ダービー組以外では、ナムラシングン、ミッキーロケット、カフジプリンスなどに注目したい。

 オールカマーは、過去10年、1番人気が3勝、2着3回、3着1回。まずまずの成績だろう。
前走は、宝塚記念や天皇賞などのG1戦や、札幌記念なとのG2戦に出走していた馬たちが強い傾向も見える。指数上は平均指数の上位馬たちが比較的好走している。

 今年の指数上位は、マリアライト、ゴールドアクター、アクションスター、クリールカイザー、カレンミロティック、サトノノブレス、ワンアンドオンリーなど。

 注目は、前走、宝塚記念を勝った5歳牝馬マリアライトだろう。宝塚記念は8番人気だったが、中団の後方待機から、3コーナー過ぎに仕掛けていって、直線に向くところで4、5番手に取り付いた。
直線必死に追って、逃げるキタサンブラックをとらえ、後方から追ってきたドゥラメンテにはクビ差をつけた。人気の4歳G1馬2騎を下しての勝利には驚いたが、思い返せば、昨年秋のエリザベス女王杯を勝って以降、有馬記念4着、日経賞3着、目黒記念2着と、牡馬相手に好走を続けてきた牝馬だった。力をつけてきた証がG1宝塚記念の勝利だったに違いない。ここでも連軸の中心に期待できるのではないか。

 重賞実績では有馬記念、日経賞を連勝して、天皇賞(春)で1番人気に推されたゴールドアクターだ。天皇賞(春)は12着に失速したが、(3101)と得意な中山コースで巻き返しもあるだろう。
 他では、サトノノブレス、ショウナンバッハ、アクションスター、ツクバアズマオー、クリールカイザーなどに要注意だ。

selvas2 at 18:00コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索