2018年01月

2018年01月31日

31日、川崎競馬場で行われた第67回川崎記念(4歳上・ダ2100m・1着賞金6000万円)は、
先手を取った福永祐一騎手騎乗の1番人気ケイティブレイブ(牡5、栗東・目野哲也厩舎)が、
そのままゴールまで逃げ切り、2着の4番人気アポロケンタッキー(牡6、栗東・山内研二厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分14秒9(稍重)。

 さらに1馬身差の3着に3番人気アウォーディー(牡8、栗東・松永幹夫厩舎)が入った。
なお、2番人気サウンドトゥルー(セ8、美浦・高木登厩舎)は5着に終わった。

 勝ったケイティブレイブは、父アドマイヤマックス、母ケイティローレル、その父サクラローレルという血統。
昨年の帝王賞制覇後は日本テレビ盃3着、JBCクラシック2着、チャンピオンズC4着、東京大賞典3着と惜しいレースが続いたが、年明け初戦のここで勝利を掴んだ。

【福永祐一騎手のコメント】
 メンバーを見渡しても、行く馬がいなさそうだったので、目野先生と相談して先手を取ろうと決めていました。以前名古屋で逃げ切った時はフワフワして集中しないところがありましたが、今日は気を抜くところを見せませんでしたので、早い段階でこれは勝てそうだと思いました。目野先生が(定年まで)あと少しですので、勝てて良かったです。

【勝ち馬プロフィール】
◆ケイティブレイブ(牡5)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・目野哲也
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
馬主:瀧本和義
生産者:岡野牧場
通算成績:26戦8勝(重賞6勝)
主な勝鞍:2017年帝王賞(GI)

selvas2 at 17:12コメント(0) 
GIの最有力候補に加わったノンコノユメとサンライズノヴァ

 レース前に暴れてしまう気性難をなんとか軽減しようと去勢された4歳夏以降、どうも元気がなく【0-0-0-6】の不振。長いスランプに陥っていた6歳ノンコノユメ(父トワイニング)が、16年の帝王賞でコパノリッキーの2着して以来、約1年半ぶりに復活なった。勝ち星を挙げたのは3歳11月の「武蔵野S」以来、2年2カ月ぶりのことだった。

 初の1400mを、58キロを背負いながら1分21秒5(重馬場)のコースレコードで差し切り勝ち。ダート1400mのJRAレコードタイ記録でもある。雌伏を経ての復活は、東京1600mを1分34秒2(上がり34秒7)で小差2着した4歳時の「フェブラリーS」当時より、ひとまわりパワーアップしての再出発かもしれない。レース前の気合を表に出すうるさい仕草が戻ってきた。でもそれは消耗につながるほどではなく、ノンコノユメの闘志の表現にとどまった。

 去勢されセン馬となってビッグレースを制した馬は、日本では去勢を歓迎しない歴史があり各国より少ないが、マーベラスクラウン(ジャパンC)、レガシーワールド(ジャパンC)、トウカイポイント(マイルCS)、サウンドトゥルー(チャンピオンズC)、マグナーテン、エリモハリアー、カレンミロティック…などが並んでいる。すぐに結果に結びつく馬もいれば、ノンコノユメのように復活に長い時間のかかる馬も、期待の成果を出せない馬もいるが、この去勢は長い目で見るとき正解だった、となることを期待したい。

 少しふっくら映った馬体重456キロはデビューして最高体重だが、500キロ超えの大型馬が並ぶダートのビッグレースでは、小型馬にも近い。本番のフェブラリーの57キロ(1キロ減)は、530キロの馬には関係なくてもノンコノユメには大きい。

 2連覇を狙うゴールドドリーム(17年のJRAダートチャンピオン)を筆頭に、テイエムジンソク、ロンドンタウン、インカンテーション、31日の川崎記念組などのフェブラリーSの最有力候補に加わったのは、根岸S組ではノンコノユメともう1頭。

 ハナ差2着惜敗のサンライズノヴァ(父ゴールドアリュール)は、4歳馬。芝と同じようにチャンピオンの世代交代が早まった現在、GIになって以降21回のフェブラリーSで4歳馬は「8勝」もしている。ダート界の層は厚いので、今年の賞金ボーダーをクリアできるかの心配は残るが、ハナ差で1分21秒5ならサンライズノヴァの評価は上がりこそすれ、下がることはない。これで東京ダート【3-1-0-1】となった。

 1600mの武蔵野Sで負けていること。今回、ベストと思える1400mでハナ差とはいえ寸前で差され、1600mはあまり歓迎ではないのではないか。そういう見方も生じるが、530キロの馬体は寸詰まりではなくバランス抜群。父ゴールドアリュールは2003年のフェブラリーS勝ち馬。全妹の産駒ペルシアンナイトはマイルCS勝ち馬。半弟ゴールスキーは根岸Sを勝ったほか、芝のマイルCSを1分31秒8で微差3着もあるマイル中心のスピードが一族の特徴で、ダート界のチャンピオンサイアーとして君臨するゴールドアリュールは、その産駒がフェブラリーSを4回も勝っている。ましてサンライズノヴァは、母の弟サンライズバッカスも07年の勝ち馬である。

 3着カフジテイク(父プリサイスエンド)は、これでダート1400m以下【7-3-3-8】となった。高速のダートコンディションだったとはいえ、6歳にして自己最高時計だから内容は悪くなく、当然、昨年3着のフェブラリーSに登録するはずだが、ここまで1600m以上【0-0-2-6】なので、賞金ボーダーをクリアしても、ちょっと評価は下がる。

 4番人気アキトクレッセント(父ウォーエンブレム)、あるいは直線の中ほどで先頭に立ちかけた5番人気ブルドッグボス(父ダイワメジャー)は、結果として前者は自身のレースバランス「46秒4-38秒1」=1分24秒5。ブルドッグボスは「46秒3-36秒1」=1分22秒4。

 サイタスリーレッドがぐんぐん飛ばし、ラブバレットが2番手を追走した流れは、前半「33秒9-45秒7-57秒8→」の超ハイペース。これをめがけて早めに動かざるを得ない立場は苦しかった。先頭馬の1200m通過は「1分09秒5」であり、残った最後の1ハロンで伏兵はみんな止まっている。高速馬場を考え、また、挑戦者とあってみんないつも以上に強気に乗ったが、上位を占めた「ノンコノユメ、サンライズノヴァ、カフジテイク」は、もともと差し=追い込み馬でもあるが、超ハイペースを察知し、後方でかなり離れたが動かずに自分のリズム(ペース)を守ったグループだったのである。

 キングズガード(父シニスターミニスター)は、なかでは前半の我慢が利いた。巧みに力を出し切っての6着だろう。早めに動きながら4着に粘ったマッチレスヒーロー(父オレハマッテルゼ)は、自己最高タイの1分22秒0「46秒5-35秒5」。ずっと善戦をつづける7歳のベテランの大健闘は印象的だった。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月30日

1月28日の東京11Rで行われた第32回根岸ステークス(4歳以上オープン、GIII、ダート1400メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3800万円)は、内田博幸騎手騎乗で6番人気のノンコノユメ(セン6歳、美浦・加藤征弘厩舎)が道中は後方2番手追走から直線で鋭く脚を伸ばすと、1番人気に支持されたサンライズノヴァとの壮絶な競り合いを制して勝利。2015年武蔵野ステークス以来となる復活Vを果たした。タイムは1分21秒5(重)のレコードタイム。

 サンライズノヴァが2着、やや出遅れ気味のスタートとなったカフジテイク(2番人気)が最後方から渋太く脚を伸ばして3着に入線した。なお、ベストウォーリアは右前肢フレグモーネのため出走取消となっている。

 ノンコノユメは、父トワイニング、母ノンコ、母の父アグネスタキオンという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は山田和正氏。通算成績は20戦7勝(うち地方5戦1勝)。重賞は2015年に3連勝を果たしたユニコーンS・GIII、ジャパンダートダービー・交流GI、武蔵野S・GIII以来となる4勝目。根岸Sは加藤征弘調教師が初勝利、内田博幸騎手は2006年リミットレスビッドに次いで2勝目。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月29日

1月31日(水)に川崎競馬場で行われる、第67回川崎記念(GI・4歳上・ダ2100m・1着賞金6000万円)の枠順が28日確定しました。

昨年の帝王賞の勝ち馬ケイティブレイブ(牡5、栗東・目野哲也厩舎)は6枠6番、
昨秋のJBCクラシックを制したサウンドトゥルー(セ8、美浦・高木登厩舎)は4枠4番に入りました。
発走は16時10分。枠順は以下の通りです。

 ( )内は性齢、騎手・調教師

1-1 イッシンドウタイ(牡9、赤岡修次・川崎・内田勝義)
2-2 コスモカット(牡5、丹内祐次・大井・宗形竹見)
3-3 アウォーディー(牡8、武豊・栗東・松永幹夫)
4-4 サウンドトゥルー(セ8、大野拓弥・美浦・高木登)
5-5 キャッスルクラウン(牡4、中野省吾・船橋・渋谷信博)
6-6 ケイティブレイブ(牡5、福永祐一・栗東・目野哲也)
7-7 アポロケンタッキー(牡6、内田博幸・栗東・山内研二)
7-8 グレンツェント(牡5、森泰斗・美浦・加藤征弘)
8-9 メイショウスミトモ(牡7、古川吉洋・栗東・南井克巳)
8-10 ディアドムス(牡6、岡部誠・大井・森下淳平)

※出馬表は主催者発表のものと照合してください。

selvas2 at 08:47コメント(0) 
1月28日の京都11Rで行われた第23回シルクロードステークス(4歳以上オープン、GIII、芝・内1200メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3900万円)は、川田将雅騎手騎乗の4番人気ファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)が好位追走から直線半ばで先頭に立ち、後続に2馬身差をつけて快勝した。タイムは1分8秒3(良)。

 2着には逃げ粘ったセイウンコウセイ(5番人気)、さらにクビ差遅れた3着に大外から追い込んだフミノムーン(15番人気)。

 シルクロードSを勝ったファインニードルは、父アドマイヤムーン、母ニードルクラフト、母の父マークオブエスティームという血統。北海道日高町・(有)ダーレー・ジャパン・ファームの生産馬で、馬主はH.H.シェイク・モハメド。通算成績は23戦7勝。重賞は2017年セントウルS・GIIに次いで2勝目。シルクロードSは高橋義忠調教師、川田将雅騎手ともに初優勝。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月28日

ここを勝てる4歳馬はだいたい本物

 4歳馬が1頭。5歳馬も1頭だけ。ベテランの多い対戦となった。本番のフェブラリーSは(今年は2月18日)、G1に昇格して過去21回になるが「4歳馬…8勝、5歳馬…10勝、6歳馬…3勝、7歳上…0勝」であり、世代うんぬんは関係なしにスピード、切れ味、活力で上回る若い「4〜5歳馬」断然有利を伝えている。

 ところが不思議なことに、ステップの根岸Sは距離1400mなのに、この時期に定着して17年、4歳馬はたった「3頭」しか勝っていないのである。例年、だいたい出走馬が少ないのが理由だが、3頭のうち、メイショウボーラーと、モーニンは本番のフェブラリーSを連勝している(もう1頭も5着に好走)。ここを勝てる4歳馬はだいたい本物である。

 今年の4歳馬サンライズノヴァの父は、ゴールドアリュール。同馬は03年のフェブラリーSの勝ち馬であり、種牡馬となってもダートのチャンピオンサイアーとなった。10年エスポワールシチー、14〜15年コパノリッキー、17年ゴールドドリーム。4回も産駒がフェブラリーSを勝っている。

 昨年「2月18日」に18歳で急死してしまったのはあまりに残念だが、今春も3〜4頭の最後の産駒が生まれる。すでにちゃんと後継の種牡馬がいるので、ダートチャンピオンの血は受け継がれていく。その後継種牡馬に加わりたいサンライズノヴァは、本番に出走するゴールドドリームとともに、「2月18日」のフェブラリーSで、ワンツーを決めるくらいの有力候補になっていたいものである。

 サンライズノヴァは、コパノリッキー、キタサンブラックと同じく、大活躍の続く門別ヤナガワ牧場の生産馬というだけではない。母ブライトサファイヤは、同牧場の生産馬として2007年「2月18日」のフェブラリーSを勝ったサンライズバッカスの半姉になる。

 サンライズノヴァは、ムラな成績のように映るが、距離1600m以下は【3-0-0-1】であり、3走前の東京ダート1400m1分22秒2は、良馬場ながらコースレコードとわずか0秒3差だけ。休み明けで、あれが古馬とは初対戦だった。もろいなどということはない。自在脚質を生かして快走してもらおう。

selvas2 at 10:09コメント(0) 

2018年01月27日

菊花賞ではキタサンブラックと僅差

 6歳リアファル(父ゼンノロブロイ)は、現8歳の9勝馬クリソライト(父ゴールドアリュール)、宝塚記念など6勝もした牝馬マリアライト(父ディープインパクト)の下になる。

 半弟ではなく、それぞれの父はみんなサンデーサイレンス直仔なので、クリソライト、マリアライト、それに現3歳のエリスライト(父ディープインパクト)も、リアファルからすると「4分の3(以上)同血」の、きょうだいになる。

 また、先週のアメリカJCCを勝ったルーラーシップ産駒のダンビュライト(母タンザナイト)とは、「いとこ」の間柄だが、それぞれの父方祖父と、母方の祖父(サンデーサイレンスと、キングマンボの直仔)が逆になっているだけの血統図であり、形容するのは難しいが、血統図では「8分の5同血」となり、いとこというよりは兄弟にも近い。

 その6歳リアファル、長い脚部難の休養があり、6歳とはいいながら13戦【4-2-2-5】だけ。3歳秋には神戸新聞杯を逃げ切り、キタサンブラックの勝った菊花賞は0秒1差の3着。直線で抜け出すとゴール寸前まで先頭、もうちょっとで1番人気の菊花賞制覇を達成するところだった。約1年休んだあとの金鯱賞2000mは0秒2差の1分59秒9。

 5歳時にはまた約1年の脚部難の休養があり、前回のダート1800mは9着(1秒3差)だが、大きくバテたわけではなく、テン乗りの津村騎手は大変な期待馬の2度目の故障明けをわかっているので、馬群に飲み込まれそうになった3コーナーからはムリしなかった印象がある。

 この中間、ビシッと追って芝に出走してきた。神戸新聞杯→菊花賞当時に示した能力が全開できるかは、陣営でさえ半信半疑にならざるを得ないが、前回の体つきには素晴らしいものがあった。復活なりさえすれば、文句なしにGI級である。

 一族のダンビュライトも復活して軌道に乗ったばかり。タフな輸入牝馬キャサリーンパー(父リヴァーマン。母の父リボー)の伝える底力に期待したい。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月26日

今週から始まる東京のメインは、G1フェブラリーSを目指す根岸S。
 ダートの短距離戦だけに、指数の上位馬の活躍が目立つ。なかでも過去10年のうち9年で連対している平均指数の上位馬が連軸の中心になりそう。ただし、2、3着はランク外の馬たちも台頭しており、連下は手広く取ったほうが良いだろう。

 1番人気は過去10年で4勝、2着2回。連対率は60%と、まずまずの成績。最近は1番人気馬が3連勝中だ。

 今年の指数上位馬はカフジテイク、キングズガード、ノンコノユメ、ベストウォーリア、マッチレスヒーローなど。

 ダート1400メートルの短距離戦だけに、比較的ペースが速くなりがちで、差し脚の鋭い馬たちに流れが向くレースだ。
 今年の出走馬で、差し脚が鋭いのはカフジテイク、キングズガード、ノンコノユメなどだ。

 カフジテイクは昨年のこのレースの勝ち馬だが、近走は武蔵野Sで5着、チャンピオンズカップで7着と、いまひとつの結果が続いている。ただ、両レースともペースの落ち着く1600や1800メートル戦で、自慢の差し脚を生かす流れにならなかったのも要因だろう。東京のダート1400は3戦3勝とパーフェクトな成績をあげており、連覇の可能性も高いのではないか。

 前走、チャンピオンズカップで上がりタイムが最も速かったのがキングズガードだ。最後方から勝ち馬をもしのぐ差し脚を使ったが、結果は8着。ただ、ダート1400は22戦して(8752)と、3着以下が2回だけ。もっとも得意な距離で、後方一気もありそうだ。

 武蔵野Sで後方から4着に上がってきたのがノンコノユメ。前走、チャンピオンズカップは9着だったが、差し脚の鋭さは安定している。1400は初距離だが、距離が短くなって、先行馬たちのペースが上がるのは好材料だろう。

 他に、4歳馬サンライズノヴァも侮れない存在だし、逃げ、先行のベストウォーリア、マッチレスヒーローなどにも要注意だ。

 京都のシルクロードSは、短距離のハンデ戦。過去10年、1番人気馬は2勝、2着1回とやや不振。とはいえ、2、3番人気馬が合わせて7勝しており、勝ち馬は上位人気馬から取るのがセオリーだろう。

 トップハンデ馬は2勝、2着1回、成績はいひとつだ。指数上は、ランク馬たちがよく健闘しており、前走指数の上位馬や、平均指数の上位馬が連軸向きだろう。

 今年は、セカンドテーブル、グレイトチャーター、キングハート、アレスバローズ、ファインニードル、ラインミーティア、アットザシーサイド、セイウンコウセイなどが指数の上位馬たちだ。

 差し脚はフミノムーン、ラインミーティア、アットザシーサイド、ファインニードルなどが鋭いが、ハイペースで、後方からの差し脚比べにはならないだろう。むしろスローペース気味の流れで、差し脚のある先行馬に向くのではないか。

 中団からの差し脚に見どころがあるのはグレイトチャーター、ミッキーラブソング、ファインニードルなど。ここは54キロの恵ハンデが魅力のグレイトチャーターに期待したい。

 ハンデ戦に加え、傑出した馬が見当たらず、波乱もありそうで、久々の芝戦ニシケンモノノフの先行、粘り込みがあるかもしれない。



selvas2 at 18:30コメント(0) 
◆「ハンデ戦は敢えて背負う馬を買え」と言うが…

 ハンデ戦というと私がよく書いているのが、「ハンデ戦は敢えて背負う馬を買え」「前走から斤量増の馬を買え」である。いまの制度では能力差を埋めるだけのハンデ差はつけられず、一方でハンデを背負う馬がファンに嫌われる効果はあるので、結果として過小評価になりやすいからだ。

 ただ、レースによっては斤量減の馬のほうが馬券上プラスになることもあり、シルクロードSもそのひとつである。

 過去10年のシルクロードSにおける斤量減組は[2-4-7-60]で、複勝率は17.8%。斤量据え置き組の16.3%とほぼ同水準で、斤量増組の25.0%よりだいぶ低い。ただ、回収率は単23%・複126%で「複穴は出ている」ということが分かる。

 その斤量減組を前走クラス別で見ると、

前走クラス 着度数 勝率 複勝率 単回収率 複回収率
1600万下 [0-0-2-13] 0.0% 13.3% 0 162
OPEN特別 [2-1-4-28] 5.7% 20.0% 48 130
G3 [0-1-1-11] 0.0% 15.4% 0 123
G2 [0-2-0-4] 0.0% 33.3% 0 103
G1 [0-0-0-3] 0.0% 0.0% 0 0

 で、どこからも複穴が出ており、絞りづらい。ただ、準オープン組の回収率は12年16番人気3着のケンブリッジエルが1頭で爆上げしたもの。複勝率も低いので、このグループをカットしてしまうという手はある。「前走オープンで今回斤量減」なら複勝率は19.3%ということになり、斤量増組との差は縮まる。

 前走オープンで今回斤量減というと、登録馬の中には6頭。淀短距離Sから3頭、カーバンクルSから2頭で、それぞれ当時の人気上位馬が最先着も果たしている(前走からの減り幅も同じ2キロ)ので、該当馬であるタマモブリリアンとグレイトチャーター、そしてスワンSから来るフミノムーンが候補ということになる。いずれかが実際に出走し、そして馬券に絡んだ場合はそこそこの配当になるはず。3連単の3着だけにでもいいので、狙ってみたい。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月25日

ダイアナヘイロー
牝5歳
調教師:福島信晴(栗東)
父:キングヘイロー
母:ヤマカツセイレーン
母の父:グラスワンダー
ここに注目!
過去2度の休み明けは〔0・1・1・0〕と、勝つことこそできていないものの3着以内は確保している。しっかりと乗り込まれ、水準以上の調教時計をマークして挑む一戦なら、約4か月の休み明けを気にする必要はないはずだ。

セイウンコウセイ
牡5歳
調教師:上原博之(美浦)
父:アドマイヤムーン
母:オブザーヴァント
母の父:Capote
ここに注目!
前々走のスワンSでは14着と大敗を喫したが、力の要る馬場コンディション(重)は苦にしないことを考えれば、敗因は芝1400mの距離か58kgの斤量のどちらかだろう。それだけに、今回はスワンSと同じ58kg(トップハンデ)の克服が鍵になる。

ファインニードル
牡5歳
調教師:高橋義忠(栗東)
父:アドマイヤムーン
母:ニードルクラフト
母の父:Mark of Esteem
ここに注目!
アドマイヤムーン産駒らしい太い首とたくましい胸前の筋肉は、直線に急坂のあるコースへの適性を感じさせる。京都・芝コースでも2勝を挙げているが、直線が平坦なコースへの対応は鍵になるだろう。寒い時季の休み明けになるので、多少の馬体増は気にしなくていいはずだ。

カラクレナイ
牝4歳
調教師:松下武士(栗東)
父:ローエングリン
母:バーニングレッド
母の父:アグネスタキオン
ここに注目!
ピッチ走法の小気味いいフットワークが印象的な馬。末脚で勝負するタイプだけに、イメージ的には直線の長いコース向きだが、実際は全3勝を芝の内回りコースで挙げている。一瞬の脚に優れていることを考えれば、この舞台でも力を発揮できるはずだ。

ナックビーナス
牝5歳
調教師:杉浦宏昭(美浦)
父:ダイワメジャー
母:レディトゥプリーズ
母の父:More Than Ready
ここに注目!
前走時の馬体重が522kgと、牝馬らしからぬ馬格がある。輸送による馬体重減があったとしても、それに耐えられるだけの体の持ち主で、現在の力を要す京都の芝コンディションも克服可能なはずだ。京都・芝1200mで勝ち星を挙げていることも強調材料になる。

ロードクエスト
牡5歳
調教師:小島茂之(美浦)
父:マツリダゴッホ
母:マツリダワルツ
母の父:チーフベアハート
ここに注目!
鋭い末脚が自慢の馬。今回は、直線が平坦で距離も短い京都・内回りの芝1200mへの対応が鍵になる。ただ、1回京都開催の芝は雨が多かった昨秋の影響を受けてか、全体の時計も上がりの時計も掛かり気味。この馬にとって戦いやすい状況と言えそうだ。

アレスバローズ
牡6歳
調教師:角田晃一(栗東)
父:ディープインパクト
母:タイセイエトワール
母の父:トニービン
ここに注目!
京都・芝コースは〔0・0・0・2〕と、一見すると適性がないように思えるが、この2戦は本格化前の3歳時の成績で、距離も長かった(芝2000mと芝1600m)。スプリント路線で本格化を果たした今なら、京都コースへの適性を見せても不思議はないだろう。

ニシケンモノノフ
牡7歳
調教師:庄野靖志(栗東)
父:メイショウボーラー
母:グリーンヒルコマチ
母の父:アフリート
ここに注目!
父メイショウボーラーは芝とダートの二刀流で活躍した馬。本馬も、血統から芝への適性を見せて不思議はない。大型馬でも休み明けは苦手としておらず、追い切りの動きもしっかりしており、力を出し切れるだろう。ダブル登録の根岸Sに回る可能性もあるが、注目の一頭だ。


selvas2 at 01:00コメント(0) 
カフジテイク
牡6歳
調教師:湯窪幸雄(栗東)
父:プリサイスエンド
母:テイクザケイク
母の父:スキャン
ここに注目!
昨年の本レースでは、最後の直線で大外を強襲して鮮やかに差し切り、重賞初制覇を達成。続くフェブラリーSで1番人気に支持されて3着に入ると、その後はUAE遠征も経験した。近走の内容は案外も、ベストの条件に出走する今回は連覇の期待が高まる。

アキトクレッセント
牡6歳
調教師:清水久詞(栗東)
父:ウォーエンブレム
母:ティックルピンク
母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!
前走のオープン特別・ギャラクシーS(阪神・ダート1400m)を、余裕十分の手応えで抜け出して快勝。以前はテンションが高くなることもあったが、今は馬に落ち着きが出て、精神面の成長が顕著だ。上昇機運に乗って登場するだけに、ここも見逃せない。

ベストウォーリア
牡8歳
調教師:石坂正(栗東)
父:Majestic Warrior
母:Flirtatious Miss
母の父:Mr. Greeley
ここに注目!
2014年、2015年のマイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn機∪慌・ダート1600m)を連覇し、昨年のフェブラリーSでは2着に好走。今回のメンバーの中では実績上位の存在だ。近走の着順はひと息だが、大きく評価を下げるのは早計だろう。

キングズガード
牡7歳
調教師:寺島良(栗東)
父:シニスターミニスター
母:キングスベリー
母の父:キングヘイロー
ここに注目!
ダート1400mで全8勝をマーク。3着内率は90%を超えており、距離適性では最右翼と言っていい。また、以前は右回りに勝ち星が集中していたが、昨年は中京コースでプロキオンSを優勝。左回りでも力を発揮できるようになっている。

ノンコノユメ
せん6歳
調教師:加藤征弘(美浦)
父:トワイニング
母:ノンコ
母の父:アグネスタキオン
ここに注目!
2015年にジャパンダートダービー(Jpn機β膂罅Ε澄璽2000m)を制した実績馬。迫力ある末脚の持ち主で、東京・ダートコースではユニコーンSと武蔵野Sを優勝しており、今回の舞台はぴったりだ。脚質的に展開に左右されやすい面はあるが、ここも目が離せない。

ブラゾンドゥリス
牡6歳
調教師:尾形和幸(美浦)
父:ノボジャック
母:ブライアンズソノ
母の父:マヤノトップガン
ここに注目!
東京・ダートコースで4勝、2着2回を記録。3着内率70%も優秀な数字だ。昨秋初戦の武蔵野Sこそ大敗(15着)したが、その後はオープン特別・福島民友C(福島・ダート・1700m)4着、オープン特別・ギャラクシーS(阪神・ダート1400m)2着と、上昇ムードを示している。

サンライズノヴァ
牡4歳
調教師:音無秀孝(栗東)
父:ゴールドアリュール
母:ブライトサファイヤ
母の父:サンダーガルチ
ここに注目!
昨年のユニコーンSを4馬身差で快勝。力強い末脚と高いコース適性をアピールした。まだ安定感に欠ける面はあるものの、前走のオープン特別・師走Sでは中山・ダート1800mでインをさばいて2着に好走。レースぶりにも成長がうかがえる一頭だ。

ニシケンモノノフ
牡7歳
調教師:庄野靖志(栗東)
父:メイショウボーラー
母:グリーンヒルコマチ
母の父:アフリート
ここに注目!
前走のJBCスプリント(Jpn機大井・ダート1200m)を優勝。念願のビッグタイトルを手中に収め、充実ぶりが目を引く存在だ。京都のシルクロードSへ出走する可能性もあるが、根岸Sに出走してくれば、その実績から軽くは扱えない。


selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月24日

春の目標の大阪杯、宝塚記念も合っているはずだ

 4歳牡馬ダンビュライト(父ルーラーシップ)が流れに乗って抜け出し、同じ4歳牡馬ミッキースワロー(父トーセンホマレボシ)が後方から末脚を生かして2着。

 最近ずっと5歳以上馬が勝ってきた中〜長距離路線のアメリカJCCを、好スタートを切りたい4歳馬が勝ったのは11年ぶり。同時に「4歳=4歳」で決着したのも2007年の「マツリダゴッホ=インテレット」以来のことだった。

 キタサンブラックが引退し、新しいチャンピオン級の台頭が期待されている。3冠レース「3、6、5」着を中心に、ここまで重賞【0-1-3-4】のダンビュライトが初重賞を制し、1番人気のミッキースワローも賞金を加算して重賞【1-1-0-2】となったのは、このあとを考えるときに、望ましい結果だったろう。

 ダンビュライトは、父ルーラーシップ(その父キングカメハメハ)も2012年のこのレースの勝ち馬であり、ルーラーシップの祖母ダイナカールは1985年の2着馬。

 祖母になる輸入牝馬キャサリンパー(父リヴァーマン。母の父リボー)から発展するファミリーは、タフで底力を秘めた一族として知られる。母タンザナイト(父サンデーサイレンス)の半弟アロンダイトは、2006年の最優秀ダートホース(5勝)。

 同じくタンザナイトの半妹クリソプレーズ(父エルコンドルパサー)は、現8歳の9勝馬クリソライト、宝塚記念など6勝したマリアライト、現6歳の4勝馬リアファルの母。

 さらに、ダンビュライトの半姉モルガナイト(父アグネスデジタル)は、現5歳ブラックスピネル(東京新聞杯など)の母となっている。

 ダンビュライトは、M.デムーロ騎手が「同じペースで行く馬なので、早めに動く競馬をしたかった」という展望通りの内容で結果を出した。スラッとした細身にも映る体型のわりに切れるタイプではないが、逆に、思われているよりずっとタフで底力を秘めている可能性はある。

 春の目標のひとつとされる阪神2000mの「大阪杯」、さらにはちょっと時計がかかることの珍しくない2200mの「宝塚記念」も合っているはずだ。

 かろうじて2着死守となった印象もあるミッキースワローは、入念に乗り込んで馬体はできていた。ただ、体調そのものは良さそうだったが、冬場の休み明けとあってちょっと気合不足だったかもしれない。斜めによろけるようなスタートになったため、前半は最後方近くからの追走になってしまった。

 気合を入れて珍しく早めにハナに立つことができたマイネルミラノ(父ステイゴールド)の作ったレースの流れは、前後半「61秒3-(12秒0)-60秒0」=2分13秒3。いつもより軽快な絶妙の平均ペースになり、先行すると思えたゴールドアクター(父スクリーンヒーロー)にいつもの行き脚がつかなかったため、この頭数なのに前半から縦長の並びになってしまった。

 ミッキースワロー(横山典弘騎手)は、中間地点すぎからピッチを上げて動かざるを得ない形になったのは誤算だったと思えるが、先行して上がり「35秒4」で抜け出したダンビュライトを追って、ミッキースワローのロングスパートの上がりは「34秒8」。レース全体の後半1000mは「60秒0」だったから、ミッキースワローは後半の1000mを「58秒0」前後でまとめている。

 陣営は、3200mの天皇賞(春)を最大目標にしているとされる。トーセンホマレボシ(その父ディープインパクト)産駒のこなせる距離の幅は広いが、マイラー色の濃いファミリーと、コロンと映る体型から、必ずしも長距離OKとはいえないものの、ステイヤーのいない近年の天皇賞(春)は、組み合わせしだいで超スローになることもある。また、昨年のように離れた5着馬までディープインパクトの記録を上回る日本レコードで乗り切れるような軽い馬場が準備されることもある。展望は広がったほうが楽しい。

 復活の期待された7歳ゴールドアクターは、レース中盤から行きっぷりが変になり、武豊騎手は大事をとって途中からムリをせず最後方11着の入線になってしまった。昨秋のオールカマーを疲労で回避したあと、再放牧をはさむなど陣営は総力を結集して立て直しを図った。ほぼ本来の動きを取り戻したと判断、だから武豊騎手を配しての再出発となったが、本馬場に入ったゴールドアクターは、イラついてスムーズな返し馬に入ることができず、精神的にG1馬の自信と存在感を欠いた。この変調はかなり深刻と思える。

 粘った8歳マイネルミラノ、9歳ディサイファ、6歳牝馬トーセンビクトリーは侮りがたい善戦を展開したが、適距離を最大に生かしての好走であり、次はというほどの中身ではなかった。

 7歳ショウナンバッハは前半うまく流れに乗ったとみえたが、2分14秒1は突っ込んで惜しいと思わせたオールカマー5着時とほぼ同タイムであり、正攻法の追走は合わないのだろうか。上がり馬として期待された4歳レジェンドセラー(父ルーラーシップ)は、また増えて542キロ。追走に余裕がなかったあたり、距離もあるだろうが、絞りにくい時期とあって心もち重かったかもしれない。

「東海S」のテイエムジンソク(父クロフネ)は期待通りの快勝。少し休ませたあとだけに、やや一本調子に「36秒7-37秒0-38秒1」=1分51秒8。それでいながら、もっとも楽をしたい中間地点で「12秒0」のラップを踏んだため、最後は「13秒0」になるなど、見た目より厳しい中身で押し切ったのは見事だった。フェブラリーSの東京1600mが合うのか、の課題はあるが、こういう簡単にはバテないスピード型が参戦すると、レースが盛り上がると同時に、レベルの高い中身になること間違いなしである。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月23日

1月21日の中山11Rで行われた第59回アメリカジョッキークラブカップ(4歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、11頭立て、1着賞金=6200万円)は、2番人気ダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が初コンビのミルコ・デムーロ騎手に導かれ、2番手から抜け出す“横綱相撲”で重賞初制覇を果たした。タイムは2分13秒3(良)。2着はミッキースワロー(1番人気)で、3着はマイネルミラノ(8番人気)。

 レースはマイネルミラノがハナへ。ダンビュライトは3番手から早めに2番手へポジションを上げて逃げ馬を追い、直線で抜け出すと後続を寄せ付けなかった。後方3番手に控えたミッキースワローは3〜4コーナーでまくり、4コーナーでやや離れた3番手に浮上して脚を伸ばしたが、2馬身差の2着。マイネルミラノがさらに1/2馬身差の3着で、2015年の有馬記念勝ち馬ゴールドアクター(3番人気)は最下位の11着に終わった。

 ダンビュライトは、父ルーラーシップ、母タンザナイト、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)サンデーレーシング。通算成績は11戦3勝。重賞初制覇。AJCCは、音無秀孝調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手「すごくいい状態と分かっていました。スタートが良かったし、2番手へ。直線でもいい脚を使いました。僕は初コンビだったけど、いい勝ち方で、能力の高い馬です」

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月22日

1月21日の中京11Rで行われた第35回東海ステークス(4歳以上オープン、GII、ダート1800メートル、別定、16頭立て、1着賞金=5500万円)は、古川吉洋騎手騎乗のテイエムジンソク(牡6歳、栗東・木原一良厩舎)が逃げ切って単勝1.3倍の断然人気に応え、フェブラリーS(2月18日、東京、GI、ダート1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分51秒8(良)。

 中団から1頭だけ勝ち馬に追いすがったコスモカナディアン(13番人気)が3/4馬身差の2着。さらに6馬身離れた3着にモルトベーネ(6番人気)が入った。

 テイエムジンソクは、父クロフネ、母マイディスカバリー、母の父フォーティナイナーという血統。北海道日高町・日高テイエム牧場(株)の生産馬で、馬主は竹園正繼氏。通算成績は25戦9勝。重賞は2017年みやこS・GIIIに次いで2勝目。東海Sは木原一良調教師、古川吉洋騎手ともに初優勝。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月21日

中距離ならトップランクの1頭に加われる可能性がある

 若い菊沢一樹騎手がちょっと脚を余した感のある惜敗(京都新聞杯0秒1差、いわき特別0秒0差)を続けたあと、伯父の横山典弘騎手に乗り替わったミッキースワロー(父トーセンホマレボシ)のセントライト記念2200mは、上がり33秒4の完勝だった。

 スローのためレース上がりは34秒0(11秒7-11秒3-11秒0)となり、皐月賞馬アルアインを中位から猛然と差し、届いたどころか約2馬身も抜けたミッキースワローの上がりは、33秒4(推定11秒7-11秒1-10秒6)だった。

 いかにスローとはいえ、まるでアルアインが止まったかのように爆発した切れ味は素晴らしい。中山の急坂を含む最終1ハロン推定「10秒6」前後はめったに出現する数字ではない。

 ミッキースワローの牝系はスピード能力にあふれた一族だが、距離2200mでのあの爆発スピードは、間違いなく父トーセンホマレボシ(その父ディープインパクト)の最大の長所だろう。

 トーセンホマレボシはディープブリランテの日本ダービー3着など【3-2-1-1】で引退を余儀なくされているが、距離2200mの京都新聞杯をコースレコード2分10秒0の快時計で制した期待馬だった。もともとは非常にタフで丈夫なファミリー出身であり、半兄トーセンジョーダン(父ジャングルポケット。その父トニービン)は、30戦9勝。5歳秋の天皇賞2000mを1分56秒1の大レコードで勝っている。

 また、この兄弟と「いとこ」の間柄になるカンパニー(父はトニービン直仔のミラクルアドマイヤ)は、横山典弘騎手とのコンビで8歳時に天皇賞(秋)→マイルCSを勝っている。いとこだから当たり前というだけでなく、ファミリーに配された種牡馬との配合図には似た色彩がある。

 ミッキースワローは、菊花賞は善戦止まり。長丁場向きではないが、中距離ならトップランクの1頭に加われる可能性がある。今回は、皐月賞馬アルアインを目標に差し切り勝ちした際と同じように、先行抜け出しのゴールドアクター(父スクリーンヒーロー)を射程に入れて、切れ味を全開させたい。同じ中山の2200mである。

 トーセンジョーダン(今年の2歳馬が初年度産駒)、トーセンホマレボシ、トーセンファントム……など島川オーナーの所有馬から種牡馬になった良血馬が、数えたらすでに「11頭」に達していた。近年ではだれも思いとどまることの多いオーナーブリーダーとして生産界に参入し、自家生産馬を送り始めている島川オーナーの大冒険の挑戦が軌道に乗るためにも、重賞路線に乗ったミッキースワローの大活躍に期待したい。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月20日

このままオープンに出世なら大変な注目馬に

 4歳牡馬フェニックスマーク(父シニスターミニスター)は、ここまでダート1800mだけに出走し【3-2-0-0】。それも、骨折で半年、球節不安で約半年。2回の長期休養をはさみながらの540キロ台の大型馬だから、今回勝ってこのままオープンに出世するようだと、大変な注目馬の出現となる。

 1戦ごとに時計を短縮している。前回の1000万下の1分52秒5は一見しただけではさして目立たないが、5回中山のダート1800m全「28レース」中の2位。前日のオープン特別より0秒5遅いだけ。休み明けで格上がりのレースながら、1600万特別2Rを上回り、1000万条件の特別2Rを1秒5前後も上回っていた。昇級初戦でも通用の可能性大である。

 魅力は秘める不思議な血統背景にもある。いま北米の種牡馬界の主役タピットや、このフェニックスマークの父シニスターミニスターなどは、無敗の3冠馬シアトルスルー(その3代父ボールドルーラー)系大復活の起点の種牡馬となったA.P.インディ(父シアトルスルー)から再発展したサイアーラインに属する。

 A.P.インディは、怪物3冠馬セクレタリアトの牝馬に、同父系の3冠馬シアトルスルーを交配することによって、ボールドルーラーの「4×3」を意図した。かつ、A.P.インディにはセクレタリアトの母のサムシングロイヤルが、種牡馬サーゲイロード(日米で巨大父系を築いたヘイルトゥリーズン系)の母としても入っていたため、サムシングロイヤルの「5×3」のクロスも受け継いで大成功した背景があった。

 フェニックスマークは、父方の3代前がA.P.インディであり、ここは意図的な配合に決まっているが、3代母ジュエルドクラウンもまた、セクレタリアト牝馬にシアトルスルーの配合の牝馬である。いまや大変な名種牡馬となったA.P.インディの父系に、そっくり同じ配合形の牝馬を重ねている。母の父となって甦ったシンボリクリスエスの母の父は藤沢調教師の好むシアトルスルー系なので、日本ではかなり珍しいと思えるシアトルスルーの「4×5×4」まで成立している。

 なおかつ、ジュエルドクラウンの母はシックスクラウン。日本でも良く知られるチーフズクラウン、ゴールデンカラーズ、ディープスカイ、リーチザクラウン、タップダンスシチーなどで知られる名門牝系である。

 フェニックスマークがやがてオープン馬となって重賞レースで快走するようになるとき、その血統図は再三再四、画面に開かれることになるが、ちょっと先取りしたい。続きを読む

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月19日

 アメリカJCCは全体として指数上位馬が強く、過去10年、全て指数ランク馬が勝っている。1番人気馬は2勝、2着1回。多少、苦戦が目につく。

 今年の前走指数上位馬はゴールドアクター、シホウ、ショウナンバッハ、トーセンビクトリー、ディサイファ、マイネルミラノ、ダンビュライトなど。

 G2としては低調なメンバー構成になった。それだけに、重賞の実績と指数の高さからは、ゴールドアクターが抜けた存在にみえる。ゴールドアクターは2015年の有馬記念の勝ち馬で、1昨年も3着に好走している。昨年の天皇賞(春)は7着、宝塚記念で2着のあと休養にはいった。

 今回は休み明けの1戦になるが、休み明けはむしろ好走例が多く、その点での心配はないだろう。中山は有馬記念を含め、オールカマー、日経賞も勝って重賞3勝。全成績も(4112)と、中山は得意コースだ。また、2200の距離も(2200)と、連対率100%の距離。得意な条件が揃って、休み明けとはいえ、叩き台のレースではないはずだ。心配があるとしたら、道中のペースがゆるむことだろう。G1の厳しいペースで、差し脚を伸ばしてきた馬だけに、極端なスローペースは合わないかもしれない。

 スローペースで浮上してくるのが、ダンビュライト、ミッキースワロー、レジェンドセラーの4歳馬3頭だ。

 ダンビュライトは皐月賞3着、ダービー6着、菊花賞5着馬。前走、1600万条件を勝ったばかりだが、クラシック戦線での成績通り、素質は高そうだ。

 ミッキースワローはダービーの出走はかなわなかったもののセントライト記念を勝って、菊花賞で6着。菊花賞はダンビュライトととともに、直線の攻防に見せ場もあった。不良馬場と菊花賞の距離を考えれば、中距離の方がレースはしやすいだろう。

 レジェンドセラーは1000万、1600万を連勝中。スローペースならダンビュライト、ミッキースワローと比べても差し脚に差はない。

 東海Sの指数上位馬は、テイエムジンソク、ディアデルレイ、ローズプリンスダム、モルトベーネ、タガノエスプレッソ、コスモカナディアン、ドラゴンバローズなど。

 指数の高さと安定感ではテイエムジンソクが最上位だ。ここまで(8646)の成績だが、近走は重賞戦を3戦して1勝、2着2回。前走はG1チャンピオンズカップで堂々1番人気に支持された。レースは逃げたコパノリッキーの2番手から。ゴール前、一旦先頭に立ったが、後方一気のゴールドドリームに交わされてクビ差の2着。惜しくも勝てなかったとはいえ、能力は十分に示したレースだった。先行して押し切る王道のレースで、安定した成績を残しており、ここでも不動の中心馬だろう。

 相手は連勝中のディアデルレイ。前走、師走Sは逃げて完勝。指数は高レベルだった。他では4歳馬のローズプリンスダム、先行力のあるサングラス、シャイニービームなどに加え、差し脚が光るクインズサターン、サンマルデュークなどにも要注意。



selvas2 at 18:30コメント(0) 
テイエムジンソク
牡6歳
調教師:木原一良(栗東)
父:クロフネ
母:マイディスカバリー
母の父:フォーティナイナー
ここに注目!
G欺蘢戦となった前走のチャンピオンズCで勝ち馬ゴールドドリームとクビ差の2着に好走。蓄え続けてきた力がG汽ラスに達していることを証明してみせた。実力はメンバー中上位と言っていいだろう。今年のG汽織ぅ肇訝ゼ茵△気蕕覆詒躍のためにも、ここは落とせない。

アポロケンタッキー
牡6歳
調教師:山内研二(栗東)
父:Langfuhr
母:Dixiana Delight
母の父:Gone West
ここに注目!
今回の登録メンバー中で唯一のG犠,素蓮2016年東京大賞典)。成績にムラがあるものの、自分の実力を出し切ったときは、ダート路線でトップクラスの破壊力を持つ。1月31日の川崎記念(Jpn機砲砲眦佻燭靴討い襪、東海Sに出てくれば当然主役級の評価が必要になる。

ディアデルレイ
牡7歳
調教師:牧光二(美浦)
父:キングカメハメハ
母:ディアデラノビア
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
母は現役時代に重賞3勝を含め牝馬重賞路線で息の長い活躍を見せ、全姉ディアデラマドレも重賞3勝を挙げるなど優秀な母系の出身。本馬は出世に時間がかかったが、目下2連勝とようやく素質が開花してきた。充実ぶりは目を見張るものがあり、重賞タイトル獲得のチャンス到来だ。

モルトベーネ
牡6歳
調教師:松永昌博(栗東)
父:ディープスカイ
母:ノーブルエターナル
母の父:アフリート
ここに注目!
昨年の東海Sでは、12番人気の低評価を覆して勝ち馬と1/2馬身差の2着に好走。のちにアンタレスSで重賞勝ちを飾り、能力が本物であることを証明してみせた。近走の成績はふるわないが、条件さえ整えば、好走してもおかしくない地力を備えている。

ドラゴンバローズ
牡6歳
調教師:渡辺薫彦(栗東)
父:キングカメハメハ
母:ポーリッシュピンク
母の父:Polish Precedent
ここに注目!
これまで中京のダート1800mから1900mの距離で〔2・3・0・1〕と、掲示板(5着以内)を外していない。特に、4歳以降は連対を外しておらず、抜群の好相性を誇る舞台だ。前々走のシリウスSで2着に入り、実力もすでに重賞級だ。

オールマンリバー
牡6歳
調教師:五十嵐忠男(栗東)
父:キングカメハメハ
母:ペディクラリス
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
デビュー以来ダートでは掲示板(5着以内)を外したことのない堅実派。一方で勝ち切れない面もあり、オープンクラス入りに時間はかかったが、前走の1600万下・錦秋S(東京・ダート1600m)で差し切り勝ちを収め、重賞挑戦にたどり着いた。ここでもチャンス十分だ。

スリータイタン
せん9歳
調教師:村山明(栗東)
父:スズカマンボ
母:タイムトゥラン
母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!
年が明けて9歳になったが、実力は衰え知らずだ。近5走でも、メンバー中最速の上がり3ハロンタイムを2度、メンバー中2位も2度記録(全て推定)と、末脚の破壊力はむしろ磨きがかかっている。直線の長い中京・ダートコースなら、持ち味を存分に生かせそうだ。

ゴールデンバローズ
牡6歳
調教師:堀宣行(美浦)
父:Tapit
母:Mother Russia
母の父:Mayakovsky
ここに注目!
3歳時の2015年にオープン特別・ヒヤシンスS(東京・ダート1600m)を勝ち、UAEダービー(G2・UAE、ダート1900m)で3着と、早い時期から高い素質を見せていた。昨年は、その3歳時以来となる白星をマーク。今回は約2か月半ぶりになるが、能力は重賞でも通用する。


selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月18日

ゴールドアクター
牡7歳
調教師:中川公成(美浦)
父:スクリーンヒーロー
母:ヘイロンシン
母の父:キョウワアリシバ
ここに注目!
昨年上半期の疲れが抜け切らず、秋初戦に予定していた産経賞オールカマーを見送るなど休養が長引いた。12月上旬から時計を出し始めて、急ピッチに乗り込みを消化。休み明けの割り引きは必要かもしれないが、ひと追いごとに馬体が引き締まっており、力を出せる態勢は整っている。

ミッキースワロー
牡4歳
調教師:菊沢隆徳(美浦)
父:トーセンホマレボシ
母:マドレボニータ
母の父:ジャングルポケット
ここに注目!
前々走のセントライト記念で皐月賞馬アルアイン(2着)を破って重賞初制覇を果たし、前走の菊花賞(6着)では3番人気に支持された。3か月の休養で疲れを癒やして、帰厩後は本レースに照準を合わせて順調に乗り込みを消化。今年はさらなる飛躍が期待される。

ダンビュライト
牡4歳
調教師:音無秀孝(栗東)
父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
昨年のクラシック三冠では、皐月賞3着、日本ダービー6着、菊花賞5着と上位争いに加わっており、世代トップクラスの実力を証明済み。前走の1600万下・サンタクロースS(阪神・芝2000m)で2勝目を挙げ、勢いに乗って念願の重賞初制覇に挑む。

ブラックバゴ
牡6歳
調教師:斎藤誠(美浦)
父:バゴ
母:ステイウィズユー
母の父:ステイゴールド
ここに注目!
テンションが上がりやすいタイプで、ここは中1週のローテーション(過去2回は6、10着)が鍵になる。ただ、前走時の馬体重は過去最高の数字(プラス14kgの530kg)だっただけに、間隔が詰まることで馬体が絞れてくれば、上積みも見込めそうだ。

レジェンドセラー
牡4歳
調教師:木村哲也(美浦)
父:ルーラーシップ
母:トップセラー
母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!
3歳時の昨年は、ダート挑戦やチークピーシーズ着用など試行錯誤する時期もあったが、目下2連勝中と充実ぶりが顕著。近親にアドマイヤジュピタ(天皇賞・春優勝)やアドマイヤメイン(日本ダービー2着)がいる母系は筋が通っており、潜在能力は引けを取らない。

ショウナンバッハ
牡7歳
調教師:上原博之(美浦)
父:ステイゴールド
母:シュガーハート
母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!
G欺蘢戦となった2015年のジャパンカップは、12着ながらも勝ち馬から0秒5差で走り、2016年のアメリカジョッキークラブCでは同0秒2差の3着に好走。その後はスランプと言える時期もあったが、近走は大崩れすることなく走っている。ここも上位進出がありそうだ。

マイネルミラノ
牡8歳
調教師:相沢郁(美浦)
父:ステイゴールド
母:パールバーリー
母の父:Polish Precedent
ここに注目!
今年初戦となった前走の中山金杯は11着に敗れたが、勝ち馬から0秒6差なら悲観する内容ではなく、12kg増(500kg)と馬体に余裕があったことも確か。中1週のローテーションで馬体が絞れていれば、前走以上の粘りを発揮できそうだ。

ディサイファ
牡9歳
調教師:小島太(美浦)
父:ディープインパクト
母:ミズナ
母の父:Dubai Millennium
ここに注目!
昨年の6戦はすべて着外だったが、そのうち4戦がG気世辰燭海箸鯑Г泙┐譴弌着順の印象ほど内容は悪くないとも言える。9歳でも年齢的な衰えは少なく、2016年の本レースを筆頭に重賞4勝を挙げた実績は上位。侮れない存在だ。


selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月17日

印象はタイムフライヤーの方が一枚も二枚も上手

 1番人気のジェネラーレウーノ(父スクリーンヒーロー)が2番手から楽に抜け出し、2分01秒2(Cコース)の好時計(最近10年の京成杯では第4位)で快勝。通算成績を4戦【3-0-1-0】とし、皐月賞に出走可能な賞金レベルを楽に突破した。

 2週前に同じ中山2000mのGI「ホープフルS」を1番人気で豪快に追い込んで勝ったタイムフライヤー(父ハーツクライ)は、2分01秒4(Aコース)だった。通算成績5戦【3-2-0-0】である。

 2歳戦を終えた時点で、牡馬のクラシックの有力馬としての多くのランキング(それぞれあくまで主観的なもの)で、タイムフライヤーは、ダノンプレミアム(父ディープインパクト)、ワグネリアン(父ディープインパクト)などと並んで、現在だいたいベスト3に入るくらいの評価を受けている。では、同じ中山2000mをほぼ同じような時計で快勝したジェネラーレウーノは、果たして上位ランクに入るのだろうか。また、タイムフライヤーと比べてのランキングで大丈夫なのだろうか。

 まったく主観的であっても、印象が薄れないうちにおおよその目安をつけておいた方がいいかもしれない。というのは、ジェネラーレウーノ陣営は、放牧(民間トレセンでのオーバーホールと再鍛錬)に出たあと「皐月賞に直行する予定」であることを表明しているからである。

 京成杯のレース全体は、逃げ馬がいたため、「59秒7-61秒5」=2分01秒2(レース上がり37秒0)。

 一方、ホープフルSもレース全体は、「59秒6-61秒8」=2分01秒4(レース上がり36秒9)であり、2つのレースはA、Cコースの違いはあってもレースレベルとしては、ほとんど明確な差はない可能性がある。

 ポイントは、先行したジェネラーレウーノと、後方一気のタイムフライヤーはまったく対照的なレースをしたから、比較が非常に難しいこと。

 コンマ1〜2の差を容認してもらうと、京成杯を勝ったジェネラーレウーノ自身の刻んだラップは、前半「12秒5-10秒8-12秒7-11秒9-12秒7」=60秒6 後半「12秒3-12秒0-12秒3-11秒8-12秒2」=60秒6だった。

 一方、ホープフルSのタイムフライヤー自身のラップは、前半「13秒5-11秒0-12秒8-11秒9-12秒0」=61秒2 後半「12秒3-12秒4-12秒2-11秒2-12秒1」=60秒2に限りなく近い。

 全体バランスなら、ジェネラーレウーノ。NO.1のダッシュから、行きたい伏兵に行かせ、自身の前後半は少しの乱れもなく、スパートを待っていた残り400mからは推定11秒8。一気に加速して勝負を決めている。タイムフライヤーの上がりは「35秒5-12秒1」。それと比較すると、上がり「36秒3-12秒2」はちょっと平凡に映るものの、4コーナー手前からの加速は素晴らしかった。流れに乗ってどんなレースもできそうである。

 タイムフライヤーは、勝ちタイムでは0秒2見劣るが、それは位置取りが極端に後方だったため。そのため自身の前後半1000mに1秒0もの差が生じてしまったが、印象は、上がり35秒5で一気のスパートを決めたタイムフライヤーの勝ちっぷりの方が一枚も二枚も上に思える。

 しかし、本当にそうなのだろうか。たまたまの一致だが、2着に突っ込んできたコズミックフォース(父キングカメハメハ)は、ホープフルSを快勝したタイムフライヤーの上がり「35秒5」とほとんど同じ「35秒4」であり、スパートのタイミングが異なるため、勝負を決してからのタイムフライヤーの最終1ハロンが12秒1であるのに対し、コズミックフォースの最終1ハロンは「11秒6」前後である。

 注目すべきは、同じような時計で勝ったタイムフライヤーと、ジェネラーウーノの比較を試みていたが、実は、衝撃的な爆発力に映ったタイムフライヤーの勝ちっぷりと、そっくり同様の「2分01秒3(上がり35秒4)」で突っ込んできたコズミックフォースは、脚の使いどころしだいでタイムフライヤーと同じような能力があることを示したのではないか、という点である。ジェネラーレウーノの評価が上がらないと、つれてコズミックフォースのランキングも上がらないが、同じ時計で乗り切り、同じ上がりを記録したタイムフライヤーと、コズミックフォース【1-1-1-0】は、1月の時点では同じような可能性を示した可能性があるのである。

 で、名前の出た3頭を、タイムフライヤーが現時点で多くのランキングで高い評価を得ているので、比較の対象にしたが、本番の皐月賞は「1分58秒2→1分57秒9→1分57秒8」が最近3年間タイムであることを考えたい。放牧に出るジェネラーレウーノは、休み明けで今回より約「3秒前後」も速い時計で乗り切れるのだろうか。

 さらに、印象度はともかく、ジェネラーレウーノと実際にはあまり能力差がありそうもないタイムフライヤーとさらにはコズミックフォースも、あと3カ月のちの本番を1分58秒0前後で乗り切れる馬に成長してくれるスピード能力を秘めている候補なのだろうか。京成杯のレベルは必ずしも高くない、とするのが妥当と思えるが、すると、印象度やG1のランクは別に、ホープフルSのレベルも思われているほど高くない危険が生じた気がしてきたのである。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月16日

1月14日の京都11Rで行われた第65回日経新春杯(4歳以上オープン、GII、芝・外2400メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=5700万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気パフォーマプロミス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が重賞初制覇。タイムは2分26秒3(良)。道中は3、4番手で折り合いをつけて、逃げ粘るロードヴァンドールをゴール寸前でとらえた。

 クビ差の2着はロードヴァンドール(4番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に2番手追走から流れ込んだガンコ(7番人気)。

 日経新春杯を勝ったパフォーマプロミスは、父ステイゴールド、母アイルビーバウンド、母の父タニノギムレットという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は12戦6勝。重賞は初挑戦で初制覇。日経新春杯は、藤原英昭調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初優勝。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月15日

1月14日の中山11Rで行われた第58回京成杯(3歳オープン、GIII、芝・内2000メートル、別定、15頭立て、1着賞金=3800万円)は、田辺裕信騎手騎乗の1番人気ジェネラーレウーノ(牡、美浦・矢野英一厩舎)がV。未勝利戦から3連勝で重賞初制覇を果たし、クラシックへ名乗りを上げた。タイムは2分1秒2(良)。2着はコズミックフォース(2番人気)、3着はイェッツト(6番人気)。

 葉牡丹賞に続いて皐月賞と同じ舞台に臨んだジェネラーレウーノは大外枠から好スタートを決め、逃げたコスモイグナーツの2番手へ。直線の残り200メートル過ぎで満を持して抜け出し、後方から一気に脚を伸ばしてきたコズミックフォースに1/2馬身差をつけて快勝した。道中は中団後ろを追走していたイェッツトがさらに1/2馬身差の3着。3番人気デルタバローズは13着だった。

 ジェネラーレウーノは、父スクリーンヒーロー、母シャンハイロック、母の父ロックオブジブラルタルという血統。北海道日高町・新生ファームの生産馬で、馬主は(株)Gリビエール・レーシング。通算成績は4戦3勝。重賞初勝利。矢野英一調教師は京成杯初勝利。田辺裕信騎手は2017年コマノインパルスに次いで2勝目。

 ◆田辺裕信騎手「思っていた以上に速いスタートを切れました。折り合いは全然問題ないです。まだこの馬の本当の走りがよく分からないので、これからの成長が楽しみ。1頭だけになるとフワフワする部分が改善されてほしいですね」

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月14日

日経新春杯はあの馬の巻き返しに注意

 2週ばかり前に変則日程のGI「ホープフルS2000m」が行われたばかりなので、頭数は揃ったが、ほとんどが1勝馬の組み合わせになった。2勝以上馬は4頭だけ。

 といって、この時期でみんなキャリアが浅いから、ランキングうんぬんはないが、ホープフルSに比べると全体レベルは低い。

 JRAに移籍して、朝日杯に続いて2戦目となるダブルシャープに期待したい。

 2走前のサウジアラビアRCは、直前に北海道から遠征しての出走で、最優秀2歳牡馬になったダノンプレミアムから0秒6差、東京1600mを1分33秒6。前回は栗東に転厩したばかり。慣れない環境と、当日輸送競馬で、再びダノンプレミアムから1秒1差の阪神1600m1分34秒4。つづけて完敗ではあるが、おかれた状況を考慮すれば、さすが「札幌2歳S1800m」で、ロックディスタウン、ファストアプローチと「首、頭」差の同タイム3着馬らしい内容といえる。

 もっとも、昨年の札幌2歳Sの評価はきわめて微妙で、6着だった人気のクリノクーニングまでの上位6頭、そのあとみんな合わせて【0-1-0-9】というひどい成績である。とても札幌2歳Sをほめるわけにはいかないが、最後方から外を回って断然の上がり35秒3であと一歩まで追い込んだダブルシャープの中身が一番だったとすることはできる。上がり35秒台はこの馬だけだった。

 今度は、栗東で追い切って直前に中山への輸送競馬だが、もう各地への輸送、移動は再三経験しているから、マイナスはほとんどないだろう。

 パリ大賞典2400mの勝ち馬ベーカバド(その父ケープクロス)の産駒は、3世代がデビューしながらここまでのところGレースは未勝利。あまりに物足りないが、もともとスピード系ではなく、このダブルシャープのように母方にタフな底力やパワーを秘めていることが求められるのかもしれない。母の名前が示すように、メジロ牧場を代表する牝系のダブルシャープは、母は天皇賞(春)、AJCCなど重賞を7つも制したメジロブライト(父メジロライアン)、朝日杯3歳Sの勝ち馬メジロベイリー(父サンデーサイレンス)などの妹であり、母の父アグネスタキオン。祖母の父はマルゼンスキー。3代母の父はラディガ。スピードもパワーも備える牝系である。少し手広くいきたい。

 京都の「日経新春杯」は、目下5連勝もしている4歳馬がいない不思議な組み合わせになった。

 もう見放された形だが、現在はスタミナの生きる2400m(今回が2度目)が合うと思えるベルーフ(父ハービンジャー)の巻き返しに要注意。まだ重賞は京成杯を1つ勝っただけだが、きょうはその京成杯の日である。母の全兄はステイゴールド。ストックブックを見ていて気がついたが、ステイゴールドが7歳の春に超遅咲きながらやっと本物になり、2つ目の重賞を制したのがこの日経新春杯だった。5番人気。2001年の奇しくも1月14日である。勝ち味に遅くて仕方がないベルーフは、同じようだった伯父のステイゴールドにつづく可能性がある。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月13日

1月13日の中京11Rで行われた第55回愛知杯(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝2000メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3600万円)は、四位洋文騎手騎乗の6番人気の54キロ、エテルナミノル(5歳、栗東・本田優厩舎)が好位追走から直線、馬場の真ん中から抜け出して重賞初制覇。タイムは2分0秒1(良)。

 半馬身差の2着には外から追い込んだ51キロのレイホーロマンス(11番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に大外から伸びたトップハンデ56キロのマキシマムドパリ(1番人気)。

 愛知杯を勝ったエテルナミノルは、父エンパイアメーカー、母ダイワジェラート、母の父フジキセキという血統。北海道新ひだか町・フジワラファームの生産馬で、馬主は吉岡實氏。通算成績は19戦6勝。重賞初制覇。愛知杯は、本田優調教師は2011年フミノイマージンに次いで2勝目、四位洋文騎手は初優勝。

selvas2 at 16:28コメント(0) 
本格化のシーズンの到来か

 難解な荒れるレースとして定着してきたところに、今年はことのほか評価の難しい穴馬、伏兵ばかりがそろって、人気は大きく割れている。順当な組み合わせも、そういう結果もなさそうに思える。

 好馬体のキンショーユキヒメ(父メイショウサムソン)を狙いたい。昨年の秋後半から動きにしなやかさが加わったように感じていたが、冬場にもかかわらず、この中間の動きはさらに柔らかくなったように映る。

 馬名がまったく似ていないので気がつかれないことがあるが、芦毛のキンショーユキヒメは、昨年の勝ち馬で同じ芦毛のマキシマムドパリ(父キングカメハメハ)といとこの間柄になる。キンショーユキヒメの母アップルティー(父サンデーサイレンス)は、マキシマムドパリの母マドモアゼルドパリの、1歳下の全妹になる。

 マキシマムドパリは、昨年のこのレースを53キロで勝ったほか、16年の愛知杯も0秒3差の4着。前回の中日新聞杯も0秒3差の5着なので、左回りの中京コースに対する適性は高い。キンショーユキヒメも中京コース、それも2000mを「4、1、1」着なのできわめて適性は高い。

 このいとこ同士の2頭のほかに中京コースで勝っているのは、レイホーロマンスと、シャルールの2頭しかいない。スパートのタイミングの難しいコースで、ローカル扱いに近い重賞なので、18頭中の「15頭」が前回とは異なる騎手。なおかつテン乗りの組み合わせが8頭にも達している。

 キンショーユキヒメは秋山騎手と中京2000mの経験があり(0秒3差の4着)、コンビでわずか0秒1差の4着だったマーメイドSでは、上がり最速の34秒3で突っ込んでいる。全5勝中の3勝が、4歳時の昨年なので、使って良化型のメイショウサムソン産駒とあって、いよいよ本物になるシーズンを迎えたところと考えたい。

 スローの年もあるが、今年はコパノマリーンが51キロの軽ハンデなので、若い井上騎手が飛ばしてくれる可能性が高い。3走前の福島2000mでは、前半1000m通過58秒5で飛ばし、2走前の小倉1800mでは前半1000mを58秒2で行って2連勝した馬であり、思い切って行く可能性大だろう(行って欲しいとの指示もありそうである)。

 秋山騎手はそう強気な騎手ではないが、中山と、京都との3場開催で、中京はローカルに近い。こういう条件だと、そんなに弱気にならないはずである。

 展開は厳しそうに見えても、単騎で行ける公算大のコパノマリーン本線に流す。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月12日

京都の日経新春杯は伝統のハンデ戦。

ただし、トップハンデ馬は過去10年で1勝、2着1回、3着2回のみ。苦戦続きだ。

1番人気馬は2勝、2着4回、3着1回と、比較的安定した成績を残している。

1、2、3番人気馬が揃って連を外したのは1度だけ。ハンデ戦とはいえ、堅めの決着が多い。

指数上位馬も健闘しており、前走指数や過去指数の上位馬たちが連軸向きのようだ。  

 今年の指数上位馬は、ガンコ、モンドインテロ、ソールインパクト、ミッキーロケット、ヒットザターゲット、ロードヴァンドール、カラビナなと。
 トップハンデは57.5キロのミッキーロケット。続いて57キロのモンドインテロが続く。

 近走、2400メートルで好走しているのは、ミッキーロケット、ソールインパクト、ガンコなどだろう。
 重賞の実績ではトップハンデを背負うミッキーロケットが断然。昨年この日経新春杯を勝っており、神戸新聞杯2着もある。指数も安定して高く、ここは1番人気にもなりそうだが、過去の傾向からトップハンデ馬の苦戦を考えると、どうしてもミッキーロケットからとは思いにくい。

 ソールインパクトは54キロのハンデ。前走、格上挑戦でG2のアルゼンチン共和国杯に参戦、先行して2着に頑張った。2400以上の距離は(1130)と、全て3着内に好走している。福永騎手とも(2333)と、相性も良いようで、注目に値する1頭だろう。

 ガンコの前走は久々の芝戦。直線、2番手から抜け出し、好指数で快勝した。ただ1000万条件を勝ったばかりで、まだ、格下の身。52キロの軽ハンデを生かせれば、波乱の主役もありそうだが、まだ信頼は薄いだろう。

 他に、気になるのがロードヴァンドール。2400メートル戦に実績はないが、ここは単騎の逃げが打てそうで、逃げ切りがあるかもしれない。

 クラシック登竜門の京成杯。
 過去10年の勝ち馬はすべて指数の上位馬たち。前走指数の上位馬と過去の指数上位馬が中心だ。
 今年の指数上位馬は、ダブルシャープ、エイムアンドエンド、ジェネラーレウーノ、コスモイグナーツ、ギャンブラー、ロジティナ、サクステッド、ヤマノグラップルなど。

 ペースは緩みそうで、先行できて、長く使える差し脚は必須条件だ。先行して、差し脚が鋭いのはジェネラーレウーノだろう。7月の新馬は3着だったが、一息入れた10月の未勝利戦を逃げ切り勝ち、続いて500万条件も逃げて連勝を果たした。2戦とも逃げ切り勝ちだったが、直線の脚がしっかりとしており、後続馬に迫られながらも、抜かせない勝負根性も評価したい。

 戸崎騎手騎乗のコズミックフォースの差し脚も上々で、逆転があるかもしれない。


 中京の愛知杯は2016年から1月の開催に変わった。牝馬限定のハンデ戦は、難解で波乱も多い。
 今年の指数上位馬は、メイズオブオナー、アンドリエッテ、マキシマムドパリ、レイホーロマンス、クインズミラーグロ、エテルナミノル、ゲッカコウなど。

 トップハンデは昨年の勝ち馬で、56キロのマキシマムドパリ。指数の安定感で上位にあり、連軸の中心になりうるが、6歳牝馬のトップハンデは買いにくい。

 スローペースの差し脚比べなら、差し脚上位のメイズオブオナー、ギモーヴ、リカビトス、ハッピーユニバンス、ブラックオニキスなどが連軸の有力馬に浮上してくるだろう。

 ここは格上挑戦になるが、成長の勢いのある4歳馬メイズオブオナー、リカビトスに注目したい。

 メイズオブオナーは前走1000万条件を勝ったばかりで、ハンデは50キロと断然の軽量。リカビトスはデビューから3連勝で秋華賞に臨んだが、10着に大敗。陣営は重馬場が合わな勝ったと判断しており、51キロのハンデで巻き返しを狙う。



selvas2 at 18:30コメント(0) 
パフォーマプロミス
牡6歳
調教師:藤原英昭(栗東)
父:ステイゴールド
母:アイルビーバウンド
母の父:タニノギムレット
ここに注目!
3走前までは左回りへ出走することが多かったが、前々走の京都で3着、前走の中山は快勝と、右回りでもパフォーマンスは落ちない。父ステイゴールド同様の小柄な牡馬だが、タフな馬場状態を克服できるパワーもある。時計を要す現在の京都の芝もこなせるはずだ。

モンドインテロ
牡6歳
調教師:手塚貴久(美浦)
父:ディープインパクト
母:シルクユニバーサル
母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!
京都・芝コースでは〔2・0・1・0〕と好成績。昨年の本レースは勝ち馬に0秒3差の3着だった。3コーナー過ぎから始まる坂の下りは得手不得手が分かれるが、この馬は巧者と考えていいだろう。上がりの時計がかかる展開になれば、よりいいはずだ。

ミッキーロケット
牡5歳
調教師:音無秀孝(栗東)
父:キングカメハメハ
母:マネーキャントバイミーラヴ
母の父:Pivotal
ここに注目!
近2走は左回りの天皇賞・秋(12着)と中日新聞杯(2着)に出走。昨年の宝塚記念(6着)や京都大賞典(4着)の結果を受け、右にモタれる面を見せる本馬の癖を考えてのものだった。コーナーで加速するときにモタれることがあるので、重賞初制覇を果たした昨年のように、ある程度前の位置で競馬がしたい。

ソールインパクト
牡6歳
調教師:戸田博文(美浦)
父:ディープインパクト
母:クリームオンリー
母の父:Exchange Rate
ここに注目!
決め手に欠ける面があり、前走のアルゼンチン共和国杯(2着)のように早めに動いて持久力を生かす形がベスト。今回も似たような競馬が可能と思われるうえに、坂の下りで加速できる京都・芝コースとの相性も悪くない。6歳になり、遠征で馬体重を減らすこともないはずだ。

ロードヴァンドール
牡5歳
調教師:昆貢(栗東)
父:ダイワメジャー
母:ジャズキャット
母の父:Storm Cat
ここに注目!
昨夏の札幌記念(6着)ではマイナス16kg(482kg)と馬体重を大きく減らしていたが、前々走の天皇賞・秋(498kg、14着)で回復。そこからさらに増やしていた前走の中日新聞杯(504kg、3着)時の馬体は、前々走よりも迫力があるように感じた。寒い時季の方が体調が上向きやすいのかもしれない。

ベルーフ
牡6歳
調教師:池江泰寿(栗東)
父:ハービンジャー
母:レクレドール
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
気難しい面はだいぶ解消されてきた印象だが、急がせる競馬はできないタイプなので、どうしても展開に左右されやすくなる。それなりにペースの流れる競馬が理想だが、外回りの芝2400mはスローになりやすい。仕掛けどころがポイントになるだろう。

ヒットザターゲット
牡10歳
調教師:加藤敬二(栗東)
父:キングカメハメハ
母:ラティール
母の父:タマモクロス
ここに注目!
今年で10歳という年齢にしてはパドックでの周回に活気を感じるが、これ以上の上積みを期待するのは難しいのかもしれない。内枠でこそというイメージは現在も生きているので、今回もできるだけ内が欲しい。適度に時計のかかる現在の馬場コンディションも合いそうだ。

カラビナ
牡5歳
調教師:藤岡健一(栗東)
父:ステイゴールド
母:レリッシュザソート
母の父:Sadler’s Wells
ここに注目!
5歳となった栗東所属馬だが、京都コースを走るのは今回が初めて。適性の有無が重要なコースなので、上手に走れるかどうかが鍵になる。前走時の馬体重が530kgという大型の馬体で、かなりのパワーを持っている一頭だ。


selvas2 at 00:30コメント(0) 
ジェネラーレウーノ
牡3歳
調教師:矢野英一(美浦)
父:スクリーンヒーロー
母:シャンハイロック
母の父:ロックオブジブラルタル
ここに注目!
秋の東京で初勝利をマークすると、続く500万下・葉牡丹賞(中山・芝2000m)もV。目下2連勝中の勢いが魅力だ。今回の舞台となる中山・芝2000mをすでに経験し、好結果を残している点もアドバンテージになるはず。3連勝での重賞初制覇も十分に可能だろう。

コズミックフォース
牡3歳
調教師:国枝栄(美浦)
父:キングカメハメハ
母:ミクロコスモス
母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!
前走の未勝利(東京・芝2000m)では、ゴール前で楽に抜け出す強い内容の走りで優勝。初戦(3着)でも上がり3ハロン33秒2(推定)の瞬発力を見せており、将来性豊かな一頭である。完成度の高さも備えており、ここは有力なV候補に挙げられそうだ。

デルタバローズ
牡3歳
調教師:堀宣行(美浦)
父:Into Mischief
母:Sweet Seventeen
母の父:Hard Spun
ここに注目!
10月21日のメイクデビュー東京(芝1600m)を4馬身差で圧勝。鮮烈な印象を残した素質馬だ。今回は距離延長がポイントになるが、センスのある走りからも対応は可能なはず。この中間も熱心に乗り込まれており、新馬→重賞Vも難しくはなさそうだ。

ダブルシャープ
牡3歳
調教師:渡辺薫彦(栗東)
父:ベーカバド
母:メジロルーシュバー
母の父:アグネスタキオン
ここに注目!
昨夏のオープン特別・クローバー賞(札幌・芝1500m)で、後の重賞勝ち馬タワーオブロンドン(2着)を退けて優勝。続く札幌2歳Sでは息の長い末脚を披露して3着に食い込み、能力の高さをアピールした。転入初戦となった前走の朝日杯フューチュリティSは9着に敗れたが、距離延長の今回は本領発揮が期待される。

コスモイグナーツ
牡3歳
調教師:高橋祥泰(美浦)
父:エイシンフラッシュ
母:ナパ
母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!
不良馬場で行われた前々走のオープン特別・アイビーS(東京・芝1800m)を逃げ切り勝ち。スピードに加えてパワーも備えたタイプだ。前走の東京スポーツ杯2歳Sは6着に敗れたが、時計が速過ぎた印象。中山コースで少しタイムを要する決着になれば、その先行力を軽くは扱えない。

ライトカラカゼ
牡3歳
調教師:相沢郁(美浦)
父:キングヘイロー
母:スマイルコンテスト
母の父:サツカーボーイ
ここに注目!
全兄のクリールカイザーは、2015年のアメリカジョッキークラブCを優勝するなど、中山・芝コースを得意とした。本馬も前走の未勝利(中山・芝2000m)では、機動力と勝負根性を発揮して優勝。兄同様にコース適性の高さを示しただけに、ここは注目度がアップした。

エイムアンドエンド
牡3歳
調教師:二ノ宮敬宇(美浦)
父:エイシンフラッシュ
母:ロフティーエイム
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
前走の未勝利(東京)を芝2000m=2分01秒3のタイムで快勝。翌日に行われた3歳以上1000万下クラスの勝ちタイムが2分03秒台だったことを考えれば、優秀な数字だった。初戦ではスタートに課題を残したが、前走はそれもクリア。学習能力も高い一頭だ。

ロジティナ
牡3歳
調教師:新開幸一(美浦)
父:ロジユニヴァース
母:コヴェンティナ
母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!
デビュー当初は気性面に幼さを残していたが、一戦ごとに成長を遂げて、3戦目に初勝利をマーク。いよいよ重賞に駒を進めてきた。持ち味である持続力満点の末脚は、ここでも通用する可能性十分。また、馬体面の良化にも注目が必要だろう。


selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月11日

今後厳しい日程を組む必要が無くなった

 初日の「中山金杯」を勝ったのは4歳牡馬セダブリランテス(美浦、手塚厩舎、戸崎圭太、シルクレーシング、白老F生産)。
2日目の「フェアリーS」を制したのは3歳牝馬プリモシーン(美浦、木村厩舎、戸崎圭太、シルクレーシング、ノーザンF生産)。
3日目の「シンザン記念」を圧勝したのも3歳牝馬アーモンドアイ(美浦、国枝厩舎、戸崎圭太、シルクレーシング、ノーザンF生産)。
2018年の最初の3日間は、(有)シルクレーシングの所有馬と、戸崎圭太騎手と、社台グループ生産馬によって始まった。

 中でも注目は、かつては時期的に、また春のクラシックとはコースの異なる京都の1600mで行われるため、クラシックを展望する陣営にはあまり評価されなかった「シンザン記念」の占める位置が高まったところで、今年も3歳牝馬ランキングの上位進出必至の素質馬アーモンドアイが出現したことである。

 新種牡馬ロードカナロア(その父キングカメハメハ)の産駒の、JRA重賞最初の勝ち馬となったアーモンドアイの母は、フサイチパンドラ(その父サンデーサイレンス)。

 フサイチパンドラは、その母ロッタレース(父ヌレイエフ)が名種牡馬トライマイベスト、エルグランセニョールの下になる名門出身の牝馬なので、デビュー時から大変な評価を受けていたが、阪神JFが3着。桜花賞は14着。オークスは2着。秋華賞も3着だった。

 ちょっと詰めの甘い良血馬として評価が下がりかけたところで、一転、初の古馬相手の「エリザベス女王杯」をスイープトウショウ相手に逆転勝ち。4歳時のエリザベス女王杯でもダイワスカーレットとマッチレースの2着した、成長力と底力あふれる牝馬だった。

 繁殖入りしてからも、ここまでは必ずしも期待に応えた産駒を送ったとはいえなかったが、いよいよフサイチパンドラにふさわしい産駒を登場させたところに注目したい。

 新種牡馬として産駒が2歳戦で39勝。ファーストシーズンのチャンピオンとなったロードカナロアも、実は自身からしてチャンピオンに育ったのは2歳戦や3歳の初期ではないのに、どうも重賞になると勝ちきれない種牡馬ではないか…などとささやかれ始めたところで送り出した大物が、アーモンドアイだったのである。

 競走体系の変化や、3歳春に向けたローテーションの変化により、シンザン記念は近年は出世レースに変化してきた。最近10年では、クラシック級勝ち馬だけでも2011年のオルフェーヴル(3冠馬)、2011年のマルセリーナ(桜花賞)、2012年のジェンティルドンナ(牝馬3冠)、2016年のジュエラー(桜花賞)、2017年のアルアイン(皐月賞)が出走していたレースであり、ほかにGI馬のミッキーアイル、モーリス、ペルシアンナイトが出走していたレースである。

 アーモンドアイに関して特筆できるのは、アパパネで2010年の牝馬3冠制覇を達成した国枝調教師の管理馬であること。近年は一段と発展した社台グループの民間トレセンとの関係もあってアパパネのような栗東滞在の手法は少なくなり、かつ、有力馬の使い分けなど難しいローテーション課題もあるが、美浦で追い切っての直前輸送を楽々とこなし、初の関西遠征で快勝したことである。

 アーモンドアイは遠征直前に好タイムで追い切って、かつ輸送しながら馬体減もなく、休み明けなのにパドックでも落ち着いていた。重賞を勝ったから、もう出走権は大丈夫。美浦所属馬にとって厳しい「チューリップ賞→桜花賞」の日程(2度の遠征になる)を組む必要もない。地元のアネモネS(3月11日)で足慣らしのあと、桜花賞(4月8日)に向かうことも可能になったのである。

 渋った馬場だったので、完敗した2着以下の評価を下げる必要はないが、ツヅミモン(父ストロングリターン)はなんと540キロの牝馬。重馬場の巧拙はべつに、こういうパワーの必要な馬場ですんなり先行できた利が大きかっただろう。2着で出走決定の賞金額は「1150万円」。重賞が増え、ボーダーの賞金クリアではないと思えるから、良馬場のレースを見てみたい。

 1000m通過「61秒8」の超スローで先手を奪って3着に粘ったカシアス(父キンシャサノキセキ)は、牝馬2頭に負けただけに、パワー強化が必要か。

 人気のファストアプローチ(父ドーンアプローチ)は、1600mを2戦したが、明らかにスピードもう一歩、切れ味も不足。路線が難しいように思える。

 武豊騎手のプリュス(父ヴィクトワールピサ)は、品のいい馬体に映ったが、このペースで1秒2差の8着はきびしい結果だった。3番人気のカフジバンガード(父ハービンジャー)は出負けしてしまったから仕方ないが、出遅れたら「ああ、もうだめだ」ではなく、猛然とロスをカバーしに出て、それで快走してみせるR.ムーアのような騎乗をみてみたいと、カフジバンガードから流した近くの記者が嘆いていた。

selvas2 at 00:30コメント(0) 
マキシマムドパリ
牝6歳
調教師:松元茂樹(栗東)
父:キングカメハメハ
母:マドモアゼルドパリ
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
愛知杯は、本馬にとって昨年に重賞初制覇を達成した記念すべきレースだ。1600万下クラスから格上挑戦した昨年と違い、連覇を目指す今回は一転して他馬からマークされる立場となるが、その後積み上げた実績はこのメンバーでは上位のものがある。十分、主役を張れるだろう。

リカビトス
牝4歳
調教師:奥村武(美浦)
父:ディープブリランテ
母:エンシェントヒル
母の父:エンドスウィープ
ここに注目!
無傷の3連勝で挑んだ前走の秋華賞は10着。G気諒匹膨靴擁屬気譴審聞イ世、初めての重馬場や関西圏への長距離輸送など、厳しい条件があったのも事実だ。3勝中2勝を左回りで挙げており、京都から中京へのコース替わりはプラス材料となるだろう。

クインズミラーグロ
牝6歳
調教師:和田正道(美浦)
父:マンハッタンカフェ
母:ジャストトゥートゥー
母の父:In Excess
ここに注目!
昨年は、牝馬限定G靴2着1回、3着4回と、勝ち切れないまでも上位争いを演じてきた。中京、中山、福島、阪神、札幌と異なる競馬場で結果を残してきた点も評価できる。昨年3着の本レースで悲願の重賞初制覇を果たせるか、注目だ。

ワンブレスアウェイ
牝5歳
調教師:古賀慎明(美浦)
父:ステイゴールド
母:ストレイキャット
母の父:Storm Cat
ここに注目!
全姉が2015年のクイーンCを勝ったキャットコインで、昨年には半妹ロックディスタウン(父オルフェーヴル)が札幌2歳Sを制覇。本馬はオープンクラス昇級後は結果を出せていないが、重賞級の血統であることは明らか。ここでタイトルが欲しいところだ。

キンショーユキヒメ
牝5歳
調教師:中村均(栗東)
父:メイショウサムソン
母:アップルティー
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
前走のJBCレディスクラシック(Jpn機大井・ダート1800m、12着)は、初ダートに加え、レースもちぐはぐなものとなっただけに、度外視でいいだろう。3歳時に秋華賞(11着)へ出走するなど早くから素質を見せていた馬。オープンクラス入りに時間はかかったが、牝馬限定重賞なら十分に通用する。

ゲッカコウ
牝5歳
調教師:高橋義博(美浦)
父:ロージズインメイ
母:チューベローズ
母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!
全4勝を福島、中山の右回りコースでマークしている点は気がかりだが、前走のオープン特別・ディセンバーS(中山・芝1800m)では、牡馬の重賞勝ち馬がいるメンバーを相手に2着に入った。3歳時に重賞2着(フラワーC)があるように、能力はここでも引けを取らない。

クィーンチャーム
牝6歳
調教師:池江泰寿(栗東)
父:キングカメハメハ
母:オリエントチャーム
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
伯父に、G4勝を挙げ種牡馬としても多数の活躍馬を輩出したゴールドアリュール、半弟には昨年のマイルチャンピオンシップを勝ったペルシアンナイト(父ハービンジャー)がおり、血統のスケール感はメンバー中随一。前走の中日新聞杯(12着)の一戦だけで見限ることはできない。

エテルナミノル
牝5歳
調教師:本田優(栗東)
父:エンパイアメーカー
母:ダイワジェラート
母の父:フジキセキ
ここに注目!
中京コースは初めてになるが、同じ左回りの東京コースで1戦1勝と結果を出しており、問題なく対応できるだろう。レースをこなしながら力をつけてきている一頭。昨春は重賞の壁にはね返されたが、今なら違った結果が期待できるはずだ。


selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月10日

 ガラス最大手の旭硝子は10日、子会社「AGCテクノグラス」(静岡県吉田町)が、
製品の試験管について、顧客と取り決めた一部の検査を実施せずに、
約80の大学や研究機関に出荷していたと発表した。

 不正の全容を解明するため、弁護士を交えた実態調査を行う。

 発表によると、問題となったのは、遠心分離器で物質を分離するのに使う実験器具「遠沈管」。
AGCテクノグラスは2015年2月から17年12月まで、遠沈管にDNAを分解する酵素が混ざっていないかを調べる検査を実施しないまま、品質保証書を不正に付けて出荷していた。
検査に必要な試薬を入手できなくなったことが理由だとしている。

 普段担当している検査員が不在だった17年12月上旬に、別の検査員が不正を見つけた。
同12月20日に製品の出荷を停止し、22日に顧客への説明を始めたという。


selvas2 at 22:49コメント(0) 
2017年度の『JRA賞受賞馬選考委員会』が1月9日、東京都港区のJRA本部で開かれ、年度代表馬には16年度に続いてキタサンブラックが選ばれた。

 2年連続での年度代表馬受賞は、シンザン(64、65年)、ホウヨウボーイ(80、81年)、シンボリルドルフ(84、85年)、シンボリクリスエス(02、03年)、ディープインパクト(05、06年)、ウオッカ(08、09年)以来、史上7頭目の快挙。

 部門別の受賞馬は以下の通り。授賞式は29日に都内で行われる。

 ※年齢および主な成績は2017年のもの

●年度代表馬●

◎キタサンブラック

 (牡5歳、栗東・清水久詞厩舎、父ブラックタイド、母シュガーハート、母の父サクラバクシンオー、馬主=大野商事)

 1着=大阪杯・GI、天皇賞(春)・GI、天皇賞(秋)・GI、有馬記念・GI

 3着=ジャパンC・GI

●最優秀4歳以上牡馬●

◎キタサンブラック

 (牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)

●最優秀4歳以上牝馬●

◎ヴィブロス

 (牝4歳、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト、母ハルーワスウィート、母の父マキアヴェリアン、馬主=佐々木主浩)

 1着=ドバイターフ・GI

 2着=府中牝馬S・GII

●最優秀3歳牡馬●

◎レイデオロ

 (牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎、父キングカメハメハ、母ラドラーダ、母の父シンボリクリスエス、馬主=キャロットファーム)

 1着=日本ダービー・GI、神戸新聞杯・GII

 2着=ジャパンC・GI

●最優秀3歳牝馬●

◎ソウルスターリング

 (牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎、父フランケル、母スタセリタ、母の父モンズン、馬主=社台レースホース)

 1着=オークス・GI、チューリップ賞・GIII

 3着=桜花賞・GI

●最優秀2歳牡馬●

◎ダノンプレミアム

 (牡2歳、栗東・中内田充正厩舎、父ディープインパクト、母インディアナギャル、母の父インティカブ、馬主=ダノックス)

 1着=朝日杯FS・GI、サウジアラビアロイヤルC・GIII

●最優秀2歳牝馬●

◎ラッキーライラック

 (牝2歳、美浦・松永幹夫厩舎、父オルフェーヴル、母ライラックスアンドレース、母の父フラワーアリー、馬主=サンデーレーシング)

 1着=阪神JF・GI、アルテミスS・GIII

●最優秀短距離馬●

◎レッドファルクス

 (牡6歳、美浦・尾関知人厩舎、父スウェプトオーヴァーボード、母ベルモット、母の父サンデーサイレンス、馬主=東京ホースレーシング)

 1着=スプリンターズS・GI、京王杯SC・GII

 3着=高松宮記念・GI、安田記念・GI

●最優秀ダートホース●

◎ゴールドドリーム

 (牡4歳、栗東・平田修厩舎、父ゴールドアリュール、母モンヴェール、母の父フレンチデピュティ、馬主=吉田勝己)

 1着=フェブラリーS・GI、チャンピオンズC・GI

●最優秀障害馬●

◎オジュウチョウサン

 (牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎、父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエス、馬主=チョウサン)

 1着=中山グランドジャンプ・JGI、中山大障害・JGI、阪神スプリングジャンプ・JGII、東京ハイジャンプ・JGII

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月09日

1月8日の京都11Rで行われた第52回シンザン記念(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、別定、11頭立て、1着賞金=3800万円)は、アーモンドアイ(牝、美浦・国枝栄厩舎)が1番人気に応えて重賞初勝利を挙げた。
戸崎圭太騎手、馬主の(有)シルクレーシングは6日の中山金杯(セダブリランテス)、7日のフェアリーS(プリモシーン)を制しており、3日連続のGIII制覇。タイムは1分37秒1(稍重)。1馬身3/4馬身差の2着はツヅミモン(7番人気)で、さらにクビ差の3着にカシアス(4番人気)が入った。

 アーモンドアイは後方2〜3番手を追走。直線で大外に持ち出されると、レースを引っ張って直線でも叩き合いを演じていたツヅミモン、カシアスの2頭をかわし、そのまま力強くゴールを駆け抜けた。2番人気ファストアプロートは4着で、3番人気カフジバンガードは5着。

 アーモンドアイは、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は3戦2勝。シンザン記念は国枝栄調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月08日

C.ルメール騎手も興味を持つあの馬も気になる

 あまり早くからの活躍を期待して出走させると、たとえそれがうまくいっても全盛の活躍期間が短くなりがちなディープインパクト産駒(とくに牡馬)が、昨年、少し方針転換して2歳戦に103頭も出走した。ディープインパクトにとって最多記録であると同時に、2歳戦57勝はJRA新記録でもある。

 2歳重賞がふえ、早くに賞金獲得に成功する馬が多くなると、いかにディープ産駒といえども、昨年あたりから春の重賞路線(とくにトライアル)に出走しにくくなったからかもしれない。

 3歳春までの重賞は、体系変化や、時代とともに絶えず変化しているが、シンザン記念はここ20年くらいNHKマイルCを展望するマイラーと、秋後半から軌道に乗り始めた桜花賞を展望する馬のマイル戦になっている。16年の2着馬ジュエラーは桜花賞馬となり、12年の勝ち馬ジェンティルドンナは、桜花賞だけにとどまらず牝馬三冠を制してみせた。

 関東馬アーモンドアイ(父ロードカナロア)は、10年の春の2冠牝馬アパパネを送った国枝厩舎の所属。アパパネは栗東滞在で成功したが、近年はその手法を取るケースはめったにない。しかし、桜花賞が初の関西遠征では、死角が大きく失敗例が多くなる。

 シンザン記念はだいたい手薄なメンバーになる。ここで関西遠征を経験し、かつ、勝つことができるなら、関東馬にとって厳しい桜花賞の王道「チューリップ賞→桜花賞」という遠征日程を組まなくても良くなる。目下のデキの良さに注目するだけでなく、陣営の桜花賞展望(推測だが)に乗る手がある。アーモンドアイを中心としたい。

 関西馬プリュスは小柄でもあり、ジュエラー、ジェンティルドンナなどの成功例を踏襲した出走か。

 2010年、父ヴィクトワールピサが武豊騎手で挑戦した凱旋門賞の3着馬が、やがて輸入されプリュスの母となった仏の活躍牝馬サラフィナであることは広く知られる。「あの牝馬が輸入され、その仔に乗れるのか」。武豊騎手とのコンビでクラシック路線を歩むのは陣営の描いた展望通りでもあり、このローテーションに乗る手もある。桜花賞というより、母に似ているならオークス向きではあるが……。

 ヴィクトワールピサと対戦したときのサラフィナはG.モッセ騎手だったが、仏オークスや、1番人気になった翌年の凱旋門賞で主戦として騎乗していたのは、巡り巡って現在は日本の騎手となったC.ルメール騎手だった。当然のことながら、C.ルメールもプリュスには大いに興味がある。いつか、ルメールが騎乗することになるかもしれない。この牝馬にも、やがての成長株として注目しておきたい。

selvas2 at 07:07コメント(0) 
1月7日の中山11Rで行われた第34回フェアリーステークス(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、牝馬限定、別定、16頭立て、1着賞金=3500万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気プリモシーン(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)が中団待機から、4コーナーで先頭を射程圏内に捕らえると、直線馬場の真ん中を力強く伸びて快勝。重賞初制覇を飾った。タイムは1分34秒6(良)。

 鞍上の戸崎圭太騎手は6日の中山金杯(セダブリランテス)に続き、2日連続での重賞制覇となった。

 2着は6番人気スカーレットカラー、3着は7番人気レッドベルローズだった。

 勝ったプリモシーンは父ディープインパクト、母モシーン、母の父Fastnet Rockという血統。通算成績は3戦2勝。重賞は初勝利。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月07日

不利に思われる外枠だが危険は少ない

 注目のテトラドラクマ(父ルーラーシップ)が、ふつう中山の芝1600mではどうみても不利な大外16番を引いてしまった。大丈夫だろうか。

 最近のレース結果を見ると、昨17年は15番ライジングリーズン(10番人気)が勝ち、15年には15番ローデッド(8番人気)が2着。14年にも15番のニシノアカツキ(10番人気)が2着に突っ込み、13年には14番のサンブルエミューズ(2番人気)が写真判定の3着に入っている。人気薄の伏兵が再三好走しているのである。

 考えられる理由は、1勝馬の多いこのレースは各馬に大きな能力差がある。そのわりにきついペースになりがちな中山のマイル戦、馬群がバラけることが珍しくない。外々をまわされる危険は少ない。能力があればロスなく好位、中団につけられる。

 また、キャリアの浅い同士、外枠のほうが馬群にもまれる心配は少ない。素質上位の馬が有利な内枠から好位を確保してしまうと外は不利だが、今年は内寄りの枠に有力馬は少ない。

 テトラドラクマは、3戦目に勝った1600mの内容が秀逸。10月に牡馬ダノンプレミアム(目下のところ候補NO.1に近く、3戦3勝で最優秀2歳牡馬になると思える)が樹立した1分33秒0(勝ち馬の上がり34秒4)の快レコードと0秒9差の1分33秒9で楽勝だったのである。好位追走から最後「11秒6-11秒5」の決着を楽々と抜け出し、今回も対戦する2着のジョブックコメンに5馬身もの差をつけてみせた。上がりは34秒6。引っ張られて記録された時計ではない

 牝系は、「シーキングザパール→シーキングザダイヤ母子」の大活躍で多くの馬が輸入されたファミリーになり、テトラドラクマの祖母プルーフオブラヴ(父サンデーサイレンス)が、NHKマイルやモーリスドゲスト賞(仏)など重賞を7勝もしたシーキングザパール(父シーキングザゴールド)の6歳下の半妹になる。いま甦ったボールドルーラー系種牡馬のクロスがベースになるあたりは、名牝シーキングザパールとテトラドラクマには血統的に似た色彩もある。

 強敵は2戦目に1分34秒2でクビ差の好勝負をしたプリモシーン(父ディープインパクト)。ほかにも侮れない素質馬がいるが、大外の16番枠を克服して勝てるようなら、テトラドラクマは、ラッキーライラックが一歩リードする3歳牝馬のトップグループに入るランキングになると思える。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月06日

1月6日の京都11Rで行われた第56回京都金杯(4歳以上オープン、GIII、芝・外1600メートル、ハンデ、13頭立て、1着賞金=4100万円)は、武豊騎手騎乗の4番人気ブラックムーン(牡6歳、栗東・西浦勝一厩舎)が最後方追走から、直線は大外を伸びて重賞初制覇。タイムは1分34秒3(良)。

 3/4馬身差の2着には中団追走から伸びたクルーガー(3番人気)、さらにクビ差遅れた3着に同じく中団から脚を伸ばしたレッドアンシェル(1番人気)。

 京都金杯を勝ったブラックムーンは、父アドマイヤムーン、母ロイヤルアタック、母の父ジェネラスという血統。北海道日高町・タバタファームの生産馬で、馬主はHim Rock Racing。通算成績は24戦8勝。重賞初制覇。京都金杯は、西浦勝一調教師は2004年マイソールサウンドに次いで2勝目、武豊騎手は2002年ダイタクリーヴァ、2005年ハットトリック、2017年エアスピネルに次いで4勝目。

 鞍上の武豊は昨年のエアスピネルに続き京都金杯を連覇。1987年のデビュー以来32年連続でJRAの重賞を制覇し、自身の持つJRA記録を更新した。

 ◆武豊騎手(1着 ブラックムーン)「いい馬に乗せてもらって、チャンスはあると思っていました。末脚のいい馬と感じていたので、それを最大限に生かす競馬をしようと思っていました。うまくいきましたね。非常に乗りやすい馬で、ゴーサインを出したらとてもいい脚を使ってくれました。切れますね、この馬。強かったです」

selvas2 at 20:37コメント(0) 
1月6日の中山11Rで行われた2018年最初の重賞、第67回中山金杯(4歳以上オープン、GIII、芝・内2000メートル、ハンデ、17頭立て、1着賞金=4100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気セダブリランテス(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)が4着までクビ差で続く激戦を制した。タイムは1分59秒8(良)。2着はウインブライト(2番人気)、3着はストレンジクォーク(10番人気)だった。

 レースはトーセンマタコイヤが逃げ、セダブリランテス、ウインブライトと続いた。向こう正面で中団からまくって一気にハナを奪ったマイネルミラノが、直線に向いても最内で粘りの走りを見せたが、ウインブライトがかわして一旦先頭へ。その外からさらに伸びてきたセダブリランテスが差し切り勝ちを決めた。中団から脚を伸ばしたストレンジクォークが3着に入り、4着はブラックバゴだった。

 セダブリランテスは、父ディープブリランテ、母シルクユニバーサル、母の父ブライアンズタイムという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は5戦4勝。重賞は17年ラジオNIKKEI賞・GIIIに次いで2勝目。中山金杯は手塚貴久調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。

 ◆戸崎圭太騎手「状態はすごくいいと感じていました。4コーナーで少しふらつきましたが、最後は差し切ってくれましたね。(自分自身は)例年、1月、2月は調子が良くないので、馬が(期待に)応えてくれてうれしい。ありがとうと感謝したいですね」

selvas2 at 20:34コメント(0) 
◆「4歳馬の勢いに乗れ」は過信して良いのか?

 C.ルメールと、M.デムーロの2人が騎乗停止中のため、また、現在は珍しく短期免許の外国人騎手が1人もいないため、毎週のように重賞レースの主役だったカタカナ表記のジョッキーが「6日、7日」は不在となった。Mデムーロは8日からは乗れる。

 昨秋の後半から現4歳世代(1週前までは3歳)の攻勢が目立った流れをうけ、5頭出走する「4歳馬」が断然の人気の中心になっているのも大きなポイント。

 ただ、現4歳世代が本当にハイレベルかというと、マイル路線と、たまたま核になる馬のいない牝馬はともかく、競走体系の頂点になる「天皇賞(秋)、ジャパンC,チャンピオンズC,有馬記念」を3歳馬(現4歳馬)が勝っているわけではない(このビッグレースを制した強い世代はいっぱいある)。

 世代交代の波が欧米と同じように早まったこと。高速馬場で現5歳陣のトップの消耗が早かったこと。ディープインパクトの代表的な牡馬の産駒は、最盛期が短く、4歳後半から5歳になるころにはピークを過ぎてしまう傾向があることなどが関係するから、「4歳馬の勢いに乗れ」は過信しない方がいいという見方が成立する。

 中山金杯の4歳馬は、最近10年「わずか3頭の連対馬」しか送れないでいる。過去20年にさかのぼっても、4歳馬は【4-4-4-43】であり、出走数の関係もあるが、5歳馬の連対数「20頭」、6歳以上馬の連対数「12頭」に大きく劣っている。

 スピード優先のマイルの「京都金杯」では、1600mになって18年間、4歳馬の成績は【7-7-7-56】である。2000mの中山金杯とは好走馬の数がまったく異なるから、これは距離とコースの難しさが関係するのだろう。京都のマイルとは異なり、中山2000mは皐月賞が示すように軽いスピードレースではないのである。

 思い切って、2000mに方向転換したここ2戦で侮れない中身を示すケントオー(父ダンスインザダーク)を狙いたい。3歳の新馬戦以来、2年10ヶ月ぶりに出走した2度目の2000mがわずか0秒3差(4着)。前後半の1000m「60秒7-58秒6」のスローで、左回りだった前回の中日新聞杯も、上がりNO.1の33秒4で突っ込み差は0秒5だけ(8着)。

 トウカイテイオー産駒の母は、ラジオたんぱ杯3歳S2000mの勝ち馬ノーザンコンダクトの半妹。「父ダンスインザダーク、母の父トウカイテイオー、その父シンボリルドルフ」の3頭合計の中山芝成績は2000mを中心に【10-0-0-1】となるくらいだから、初コースのケントオーには中山はプラスの公算大。もともとが高い2000m適性を持っている。勝浦騎手はテン乗りだが、ケントオーの全5勝中3勝がテン乗り。固定観念のない騎手のほうがいい。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月05日

6日に中山競馬場で行われる、第67回中山金杯(4歳上・GIII・芝2000m)の枠順が5日確定しました。
重賞2勝目を狙うセダブリランテス(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)は3枠6番に入りました。
発走は15時35分。枠順は以下の通りです。

 ( )内は性齢、騎手・調教師

1-1 ウインブライト(牡4、松岡正海・畠山吉宏)
1-2 レアリスタ(牡6、石橋脩・堀宣行)
2-3 トーセンマタコイヤ(牡7、内田博幸・加藤征弘)
2-4 アウトライアーズ(牡4、蛯名正義・小島茂之)
3-5 デニムアンドルビー(牝8、川田将雅・角居勝彦)
3-6 セダブリランテス(牡4、戸崎圭太・手塚貴久)
4-7 ブラックバゴ(牡6、岩田康誠・斎藤誠)
4-8 パリカラノテガミ(牡7、田中勝春・清水英克)
5-9 ダイワキャグニー(牡4、横山典弘・菊沢隆徳)
5-10 タイセイサミット(牡5、北村宏司・矢作芳人)
6-11 ストレンジクォーク(牡6、柴山雄一・小島太)
6-12 フェルメッツァ(牡7、田辺裕信・松永幹夫)
7-13 ジョルジュサンク(牡5、吉田隼人・鮫島一歩)
7-14 マイネルミラノ(牡8、柴田大知・相沢郁)
8-15 ショウナンマルシェ(セ7、三浦皇成・二ノ宮敬宇)
8-16 ケントオー(牡6、勝浦正樹・西橋豊治)
8-17 カデナ(牡4、福永祐一・中竹和也)

※出馬表は主催者発表のものと照合してください。

6日に京都競馬場で行われる、第56回京都金杯(4歳上・GIII・芝1600m)の枠順も5日確定しました。
リゲルSを完勝したレッドアンシェル(牡4、栗東・庄野靖志厩舎)は5枠7番に入りました。
発走は15時45分。枠順は以下の通りです。

 ( )内は性齢、騎手・調教師

1-1 マサハヤドリーム(牡6、岩崎翼・今野貞一)
2-2 ラビットラン(牝4、藤岡康太・角居勝彦)
3-3 マイネルアウラート(牡7、丹内祐次・高橋裕)
4-4 アメリカズカップ(牡4、松山弘平・音無秀孝)
4-5 カラクレナイ(牝4、池添謙一・松下武士)
5-6 ダノンメジャー(牡6、北村友一・橋口慎介)
5-7 レッドアンシェル(牡4、幸英明・庄野靖志)
6-8 ストーミーシー(牡5、大野拓弥・斎藤誠)
6-9 ブラックムーン(牡6、武豊・西浦勝一)
7-10 スズカデヴィアス(牡7、藤岡佑介・橋田満)
7-11 キョウヘイ(牡4、高倉稜・宮本博)
8-12 ウインガニオン(牡6、津村明秀・西園正都)
8-13 クルーガー(牡6、浜中俊・高野友和)

※出馬表は主催者発表のものと照合してください。

selvas2 at 15:44コメント(0) 

2018年01月04日

ミステリーにはまり片っ端から読み漁ったのは中学生以降。
オリエント急行殺人事件を鑑賞。

1974年にも映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリー。
ケネス・ブラナーの製作・監督・主演。
ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で新たに映画化されました。
トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺されます。
教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人という目的地以外は共通点のない乗客たちと車掌をあわせた13人が、殺人事件の容疑者となってしまいます。
そして、この列車に乗り合わせていた世界一の探偵エルキュール・ポアロは、列車内という動く密室で起こった事件の解決に挑みます。
主人公の名探偵ポアロ役をブラナー、事件の被害者ラチェット役をデップ、未亡人役をファイファーが演じるほか、
教授役にウィレム・デフォー、家庭教師役にデイジー・リドリー、公爵夫人役にジュディ・デンチ、宣教師役にペネロペ・クルスが配されています。

ポアロがハードボイルドで、従来のイメージが変わる作品でした。
髪は薄くないし
ヒゲは黒くないし
恰幅が良いわけではないし
灰色の脳細胞だけで解決する感じでもありません。
新しい撮影の技術や手法で古典を楽しむ、
そんな作品でありました。

selvas2 at 18:41コメント(0) 

2018年01月03日

ファストアプローチ
牡3歳
調教師:藤沢和雄(美浦)
父:Dawn Approach
母:ジョリージョコンド
母の父:Marju
ここに注目!
前走となった朝日杯フューチュリティS(6着)の馬体重が540kgという超が付く大型馬。阪神への輸送があった前回でも十分落ち着いていたように、精神面はしっかりした馬のようだ。ストライドが大きいので、スムーズな競馬ができることが前提になりそうだ。

カシアス
牡3歳
調教師:清水久詞(栗東)
父:キンシャサノキセキ
母:ラブディラン
母の父:Dylan Thomas
ここに注目!
前々走の京王杯2歳S(2着)は前脚の出が少し硬く、チャカつくようなしぐさも見せていたが、前走の朝日杯フューチュリティS(7着)では、落ち着いてパドックを周回し、脚の出もスムーズ。厚みを増していた馬体には凄みもあった。確実に良化している。

カフジバンガード
牡3歳
調教師:松元茂樹(栗東)
父:ハービンジャー
母:エミリア
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
10月の復帰から月1走以上のペースで出走し、今回のレースで早くも5走目。大きな上積みを見込むのは難しい状況ではあるが、前走の500万下・こうきやま賞(中京・芝1600m、1着)で馬体重が増えていたように連戦のダメージは感じない。むしろ、キャリアを積むごとに安定感が増している印象がある。

エアアルマス
牡3歳
調教師:池添学(栗東)
父:Majestic Warrior
母:Nokaze
母の父:Empire Maker
ここに注目!
前々走のメイクデビュー京都(芝1400m、2着)もそうだったが、ゆったりとパドックを周回できる馬。テンションが上がってしまう馬も少なくない2歳戦で落ち着いていたことは、大きな強みと言えるだろう。少しコロンと見せる体型で、距離はマイルあたりがベストかもしれない。真価を問われるレースだ。

アーモンドアイ
牝3歳
調教師:国枝栄(美浦)
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
父はロードカナロアだが、芝1400mだった前々走のメイクデビュー新潟(2着)は距離が不足していた印象のレースぶりだった。芝1600m以上の距離が必要なタイプかもしれない。長距離輸送になる今回は落ち着いて競馬に臨めるかどうかが重要。パドックに注目したい。

スターリーステージ
牝3歳
調教師:音無秀孝(栗東)
父:ディープインパクト
母:スターアイル
母の父:Rock of Gibraltar
ここに注目!
全兄ミッキーアイルのような快速馬のイメージはないが、ミッキーアイルより適正距離に幅があるように思える。パドックの周回は落ち着いており、レースで折り合いもスムーズ。ミッキーアイルとは違うタイプという認識の方がいいのかもしれない。

ツヅミモン
牝3歳
調教師:藤岡健一(栗東)
父:ストロングリターン
母:カタマチボタン
母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!
余裕十分に抜け出した前走のメイクデビュー中山(芝1600m、1着)だが、直線で遊ぶような面を見せたことで結果は接戦になってしまった。相手が強化される重賞なら、遊ぶような余裕はないはず。広い京都外回りコースもこの馬向き。前走以上の走りを期待してよさそうだ。

プリュス
牝3歳
調教師:松永幹夫(栗東)
父:ヴィクトワールピサ
母:サラフィナ
母の父:Refuse To Bend
ここに注目!
馬体重こそ大きく変わっていないが、休養前よりも馬体に芯が入り、走りに力強さが出ていた。良血馬が素質の片りんを見せたとあれば、重賞でも注目が必要だろう。右回りの京都・芝コースに対応できるようなら、今後に期待が膨らむ。


selvas2 at 00:30コメント(0) 
中山金杯

アウトライアーズ 54.0
ウインブライト 56.0
カデナ 56.0
ケントオー 56.0
ショウナンマルシェ 53.0
ジョルジュサンク 54.0
ストレンジクォーク 54.0
セダブリランテス 55.0
タイセイサミット 56.0
ダイワキャグニー 56.0
デニムアンドルビー 54.0
トーセンマタコイヤ 54.0
パリカラノテガミ 52.0
フェルメッツァ 55.0
ブラックバゴ 56.0
マイネルミラノ 57.0
レアリスタ 55.0

京都金杯

アメリカズカップ 56.0
ウインガニオン 57.5
カラクレナイ 54.0
キョウヘイ 55.0
クルーガー 57.5
ケントオー 56.0
スズカデヴィアス 56.5
ストーミーシー 54.0
ダノンメジャー 56.5
ブラックムーン 57.0
ベステンダンク 54.0
マイネルアウラート 57.0
マサハヤドリーム 54.0
ラビットラン 54.0
レッドアンシェル 56.0


selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月02日

サヤカチャン
牝3歳
調教師:田所秀孝(栗東)
父:リーチザクラウン
母:アップルトウショウ
母の父:アンバーシヤダイ
ここに注目!
今回で8戦目と豊富なキャリアを誇り、前々走のアルテミスSではラッキーライラック(次走の阪神ジュベナイルフィリーズ優勝)の2着に入るなど、今回のメンバーでは実績も一枚上。これまで培った経験を生かして、重賞タイトル獲得を目指す。

オハナ
牝3歳
調教師:堀宣行(美浦)
父:ディープインパクト
母:ハウオリ
母の父:キングカメハメハ
ここに注目!
父は大種牡馬ディープインパクトで母系は祖母にノースフライト(マイルG2勝)を持つなど、血統背景は優秀。410kg台と小柄な馬体ながら、全身を無駄なく使った躍動感に溢れるフットワークは、素質の高さを示すもので、将来性は高い。

トロワゼトワル
牝3歳
調教師:安田隆行(栗東)
父:ロードカナロア
母:セコンドピアット
母の父:ハーツクライ
ここに注目!
キャリア2戦目、約4か月の休み明けとなった前走のアルテミスSで勝ち馬と0秒4差の4着に入り、能力の高さは証明済み。父のロードカナロアは、産駒がデビューした2017年の2歳戦でディープインパクトに次ぐ勝ち星を挙げており、産駒の完成度は高い。

プリモシーン
牝3歳
調教師:木村哲也(美浦)
父:ディープインパクト
母:モシーン
母の父:Fastnet Rock
ここに注目!
オーストラリアのG1で4勝を挙げた母に、ディープインパクトを配した超良血馬。均整の取れた品のある好馬体の持ち主で、身のこなしも滑らか。約3か月の休み明けになるが、本レースに照準を合わせて出走態勢は整ったと見てよいだろう。

レッドベルローズ
牝3歳
調教師:鹿戸雄一(美浦)
父:ディープインパクト
母:レッドファンタジア
母の父:Unbridled's Song
ここに注目!
前走のメイクデビュー東京(芝1600m)のパドックでうるさい面を見せていたが、レースでは手先のスナップを利かせた弾力のあるフットワークで勝利。父譲りの瞬発力が持ち味だ。非凡な素質を秘めており、先々まで目が離せない存在。

テトラドラクマ
牝3歳
調教師:小西一男(美浦)
父:ルーラーシップ
母:リビングプルーフ
母の父:ファルブラヴ
ここに注目!
前走となった未勝利(東京・芝1600m)の走破時計1分33秒9は、馬場やペースの違いはあるものの、前開催のアルテミスSの勝ち時計を1秒上回る好タイム。レースを経験するごとにパフォーマンスを上げており、牝馬同士の重賞なら、潜在能力は互角以上だ。

ジーナスイート
牝3歳
調教師:矢作芳人(栗東)
父:ステイゴールド
母:ディアジーナ
母の父:メジロマックイーン
ここに注目!
母ディアジーナは現役時代に重賞2勝(2009年フローラS、クイーンC)を挙げた活躍馬。父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンは、オルフェーヴルやゴールドシップを輩出した黄金配合。今後を占う意味で、ここは重要な一戦になりそうだ。

グランドピルエット
牝3歳
調教師:田村康仁(美浦)
父:ロードカナロア
母:ザレマ
母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!
父ロードカナロアは、2012年、2013年のスプリンターズSと香港スプリントを連覇した、歴史的スプリンター。母ザレマは現役時代に2009年の京成杯オータムHを制した活躍馬で、両親から高い能力を受け継いでいる。


selvas2 at 00:30コメント(0) 

2018年01月01日

レッドアンシェル
牡4歳
調教師:庄野靖志(栗東)
父:マンハッタンカフェ
母:スタイルリスティック
母の父:Storm Cat
ここに注目!
前走のオープン特別・リゲルS(阪神・芝1600m、1着)の時は相変わらずパドックでテンションが高く、まだ気性面で成長の余地を残すが、12kg増と馬体重が戻ったことは好材料。高いポテンシャルを秘めており、本レースで念願の重賞タイトルを獲得して飛躍につなげたい。

ラビットラン
牝4歳
調教師:角居勝彦(栗東)
父:Tapit
母:Amelia
母の父:Dixieland Band
ここに注目!
芝に矛先を向けて一気に頭角を現し、ローズSで重賞ウイナーの仲間入りを果たすと、続く秋華賞では4着に健闘した。前走のターコイズSも4着だったが、追い込み型の脚質を考えれば、今回、京都・芝の外回りコースに替わるのはプラス材料だろう。

クルーガー
牡6歳
調教師:高野友和(栗東)
父:キングカメハメハ
母:アディクティド
母の父:Diktat
ここに注目!
2016年の読売マイラーズC優勝後に骨折を発症して1年の長期休養を余儀なくされたが、前々走の富士Sで3着に入り、復活の兆しを示した。初のG議戦となった前走・マイルチャンピオンシップ(7着)の経験を糧にして、さらなる活躍が期待される。

ウインガニオン
牡6歳
調教師:西園正都(栗東)
父:ステイゴールド
母:チャンネルワン
母の父:ポリッシュネイビー
ここに注目!
2017年の中京記念で重賞初制覇を達成すると、関屋記念でも2着に入り、同年のサマーマイルシリーズを優勝(グランシルクと同点)。軽快な先行力が持ち味で、開幕週の馬場なら押し切りも十分に可能だろう。

カラクレナイ
牝4歳
調教師:松下武士(栗東)
父:ローエングリン
母:バーニングレッド
母の父:アグネスタキオン
ここに注目!
ここ3戦が2桁着順で少し伸び悩んでいるが、2017年のフィリーズレビューで重賞制覇を果たし、桜花賞でも勝ち馬から0秒2差の4着と能力の高さは証明済み。前走のスワンS(16着)後は間隔を空けて立て直しが図られており、まだ見限るのは早計だ。

ブラックムーン
牡6歳
調教師:西浦勝一(栗東)
父:アドマイヤムーン
母:ロイヤルアタック
母の父:ジェネラス
ここに注目!
前々走のマイルチャンピオンシップでは、最後方を追走していたとはいえ、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒8(推定)の末脚を繰り出して、勝ったペルシアンナイトから0秒3差の6着に善戦した。今回のメンバーなら、瞬発力は互角以上だろう。

アメリカズカップ
牡4歳
調教師:音無秀孝(栗東)
父:マンハッタンカフェ
母:ベガスナイト
母の父:Coronado's Quest
ここに注目!
前々走のオープン特別・カシオペアS(京都・芝1800m)では、不良馬場をものともせず、直線で後続を引き離して3馬身1/2差の快勝。速い時計での決着となった時に少し不安はあるが、重賞勝ち(2017年きさらぎ賞)の実力馬で、侮れない存在だ。

キョウヘイ
牡4歳
調教師:宮本博(栗東)
父:リーチザクラウン
母:ショウナンアネーロ
母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!
2017年1月のシンザン記念では、後のG鞠2頭(ペルシアンナイト=3着、アルアイン=6着)を破って重賞タイトルを獲得。デビュー当初から馬体重が30kg近く増えているように成長力を備えており、ここで約1年ぶりの勝ち星を目指す。


selvas2 at 00:30コメント(0) 
Archives
記事検索