2016年09月30日

週末重賞展望

 今週はいよいよスプリンターズS。ここから秋のG1戦が始まる。
 中山で開催された過去9年間は、前走指数の高い馬が、毎年、連軸の中心になっており、近走の好調さが勝敗を左右するレースだ。1番人気は過去10年で4勝、2着2回と比較的安定している。その1番人気が連対できなかった4年間も、代わって2、3番人気馬が連対しており、人気面から、連軸の中心は1、2、3番人気から取るのがセオリーだろう。

 今年は、ビッグアーサー、ミッキーアイル、レッドファルクス、レッツゴードンキ、ダンスディレクター、サトノルパン、スノードラゴンなどが指数の上位馬だ。ほとんどの馬が前走、サマースプリントシリーズを戦っており、前哨戦で好成績をあげてきた馬たちが中心になるだろう。

 シリーズの多くはG3戦だが、唯一、格が上なのはビッグアーサーが勝ったG2セントウルS。ビッグアーサーはG1高松宮記念を勝った後、休み明けのセントウルSでは58キロを背負いながらも、危なげなく堂々の逃げ切り勝ちをおさめた。スピード指数の高さも上々で、G1馬の底力を示したレースだったといえそう。この2走とも福永騎手が手綱を取って2戦2勝と相性も抜群だし、ここは他の牡馬と同じ57キロで乗れる。順当なら勝利に最も近い馬だろう。

 対抗に推したいのは、前走、CBC賞を勝ったレッドファルクスだ。CBC賞は久々の芝戦だったが、中団後方から直線、ゴール前200メートルから鋭い一気の脚で、ベルカント、ラヴァーズポイントを一蹴して完勝。前残りの流れだっただけに、その差し脚は高く評価できる。これでダートでの1勝も含めて、1200メートル戦は3戦3勝。芝の2戦ではいずれも上がりタイムは最速だった。今年のスプリンターズS出走馬のなかでも差し脚の鋭さはナンバー1。ビッグアーサーを逆転する力もあるはずだ。M・デムーロ騎手で2戦2勝と騎手との相性も良く、福永騎手のビッグアーサーとの一騎打ちもある。

 3番手にはミッキーアイルを取りたい。高松宮記念では直線早めに先頭に立ったが、ゴール前、ビッグアーサーに交されて2着も、大きな差はないだろう。
 他では、スノードラゴン、シュウジなどが気になる存在だ。

 シリウスSはダート2000メートルのハンデ戦だが、まだトップハンデ馬が勝ったことがない。指数上もランク馬が勝ったのは4回のみ。ただ、2着馬には平均指数の上位馬や前走指数上位馬が多く、ハンデ戦らしい傾向が見える。
 今年の指数上位馬はランウェイワルツ、シンゼンレンジャー、カゼノコ、マスクゾロ、ピオネロ、ミツバ、メイショウイチオシ、アポロケンタッキーなど。

 苦戦の続くトップハンデは58キロを背負うカゼノコだが、差し脚に懸ける脚質で、この重量は厳しいかもしれない。
 ダート2000メートル戦だけにハイペースは考えられない。前々でレースができて、直線でも差し脚が使えるスタミナが問われることになりそうだが、その条件で浮上するのは、ピオネロ、ランウェイワルツ、シンゼンレンジャーなど。近走、ダートに路線を変えて2戦2勝と新境地を開いたピオネロが中心になるだろう。

selvas2 at 18:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索