2017年12月05日

日曜 阪神ジュベナイルフィリーズ

ロックディスタウン
牝2歳
調教師:二ノ宮敬宇(美浦)
父:オルフェーヴル
母:ストレイキャット
母の父:Storm Cat
ここに注目!
関西圏への長距離輸送を克服できるかどうかがポイントだが、前走の札幌2歳S(1着)時の馬体重(490kg)は、新潟でのデビュー戦と同じだった。環境の変化に動じないタイプと考えていいだろう。直線の長い外回りコースなら、芝1600mへの距離短縮にも対応できるはずだ。

ラッキーライラック
牝2歳
調教師:松永幹夫(栗東)
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母の父:Flower Alley
ここに注目!
道中で多少の力みは見せるものの、走りに影響するほどイレ込んだり、折り合いを欠いたりするわけではない。父オルフェーヴルのような気性の激しさはなく、素直で競馬のしやすいタイプだ。G気良饌罎任睥呂鮟个契擇襪海箸できるだろう。

ベルーガ
牝2歳
調教師:中内田充正(栗東)
父:キンシャサノキセキ
母:アドマイヤライト
母の父:Kris S.
ここに注目!
約2か月の間隔を取って出走した前走のファンタジーSは、6kgの馬体重減(476kg)。余裕残しの仕上がりだったデビュー戦と違い、シャープな馬体になっていた。中4週の今回は、さらなる上積みが見込めそうだ。前走程度の馬体重で出走できるかどうかも鍵になる。

マウレア
牝2歳
調教師:手塚貴久(美浦)
父:ディープインパクト
母:バイザキャット
母の父:Storm Cat
ここに注目!
まだトモに力が入り切っておらず、いかにも2歳牝馬という線の細さを感じる馬体だが、その状態でも2戦2勝の結果を残している。能力は確かなものがありそうだ。それだけに、今回の課題は関西圏への長距離輸送。大幅な馬体減は避けたいところだろう。

コーディエライト
牝2歳
調教師:佐々木晶三(栗東)
父:ダイワメジャー
母:ダークサファイア
母の父:Out of Place
ここに注目!
前走のファンタジーS(2着)は、帰厩して間もない出走だったのにもかかわらず馬体が絞れており、G気料鮎ダ錣箸靴討禄淑な仕上がりに見えた。これまでは右回りよりも左回りの方が力強い走りをする印象。前走を1度使われて万全の状態で挑む今回、適性がはっきりするはずだ。

マドモアゼル
牝2歳
調教師:斎藤誠(美浦)
父:ブラックタイド
母:ポールポジション
母の父:Pivotal
ここに注目!
なかなか馬体がふっくらとしてこない点が課題だが、京都への長距離輸送があった前走の500万下・りんどう賞(芝1400m、1着)でも馬体重の減少はなかった。前走から中8週と十分な間隔を取っての出走となる今回、再度の長距離輸送をクリアできれば、力を出せるはずだ。

リリーノーブル
牝2歳
調教師:藤岡健一(栗東)
父:ルーラーシップ
母:ピュアチャプレット
母の父:クロフネ
ここに注目!
中3週で出走した前走に続き今回は中1週と日程はタイトに感じるが、それを心配する必要がないほどの好馬体の持ち主。むしろ、さらに動きが軽くなってくる可能性もある。パドックで歩様に硬さが出ていなければ、能力発揮に問題はないだろう。

モルトアレグロ
牝2歳
調教師:武井亮(美浦)
父:Speightstown
母:Mo Chuisle
母の父:Free House
ここに注目!
初めての関西圏への長距離輸送でイレ込んでいないかはもちろん、前走の500万下・くるみ賞(東京・芝1400m、1着)で不良馬場を走った疲れがないかもしっかりとチェックしたい。胴がそこまで長くなく、牝馬にしてはがっちりとした馬体の持ち主。距離への課題はあるかもしれない。


selvas2 at 00:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索