2017年12月10日

香港カップ 結果

10日、香港のシャティン競馬場で行われた香港C(GI・芝2000m)はZ.パートン騎手騎乗のタイムワープ(セン4、香港・A.クルーズ厩舎)が逃げ切り優勝。T.ベリー騎手騎乗のワーザー(セン6、香港・J.ムーア厩舎)が2着に続いた。勝ちタイムは2:01.63(良)。勝ったタイムワープはこれがGI初制覇。

 日本馬は、J.モレイラ騎手騎乗のネオリアリズム(牡6、美浦・堀宣行厩舎)が折り合いを欠きながらも好位からよく粘り3着で日本勢最先着。H.ボウマン騎手騎乗のステファノス(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)は後方から進め、直線では馬群を捌き脚を伸ばして4着。武豊騎手騎乗のスマートレイアー(牝7、栗東・大久保龍志厩舎)は好位からレースを進め5着。

selvas2 at 17:57コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索