2017年12月30日

東京大賞典 結果

12月29日(金)の大井競馬10Rで行われた第63回東京大賞典(交流GI、3歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・右2000メートル、16頭立て、1着賞金=8000万円)は、田辺裕信騎手騎乗の3番人気コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎)が逃げ切って、引退レースで史上最多となるGI・11勝目を挙げた。タイムは2分04秒2(良)。

 コパノリッキーがケイティブレイブを抑えてハナを奪うとマイペース。サウンドトゥルー、アポロケンタッキーは後方から。手応え十分に4コーナーで2番手ケイティブレイブを引き離すと、ラスト200メートルで勝負は決した。直線外から脚を伸ばしたサウンドトゥルー(2番人気)が3馬身差の2着。さらに2馬身半差の3着にケイティブレイブ(1番人気)が粘り込んだ。以下、4着アポロケンタッキー、5着ロンドンタウン、6着ミツバ、7着インカンテーションまで、7頭出走したJRA勢が今年も上位を独占した。

 コパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、母の父ティンバーカントリーという血統。
北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬で、Dr.コパこと小林祥晃氏の所有馬。
通算成績は31戦16勝(うち地方16戦10勝)。
重賞は
2013年兵庫CS・交流GII、
14年フェブラリーS・GI、かしわ記念・交流GI、JBCクラシック・交流GI、
15年東海S・GII、フェブラリーS・GI、JBCクラシック・交流GI、
16年かしわ記念・交流GI、帝王賞・交流GI、マイルCS南部杯・交流GI、
17年かしわ記念・交流GI、マイルCS南部杯・交流GIに次ぐ13勝目。
東京大賞典は、村山明調教師、田辺裕信騎手ともに初勝利。
史上最多となるGI(級)競走11勝目を達成した。
来年からは北海道日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬生活に入る。

 ◆田辺裕信騎手「ケイティブレイブの行き脚を封じてからの折り合いが課題だと思っていましたが、落ち着きがあって馬に変なプレッシャーをかけることなくレースを進められた。GIを11勝ですか。この馬がいてボクがいる。これからボクも頑張ります」

selvas2 at 00:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索