2018年03月15日

土曜 中日スポーツ賞ファルコンステークス

ダノンスマッシュ
牡3歳
調教師:安田隆行(栗東)
父:ロードカナロア
母:スピニングワイルドキャット
母の父:Hard Spun
ここに注目!
父ロードカナロアは安田記念も勝っているが、芝1200メートルで海外を含めてG5勝を挙げた生粋のスプリンター。本馬も卓越したスピードを受け継いでおり、前走の朝日杯フューチュリティS(5着)から200メートルの距離短縮はプラス材料だろう。

タイセイプライド
牡3歳
調教師:西村真幸(栗東)
父:ヨハネスブルグ
母:キャニオンリリー
母の父:エルハーブ
ここに注目!
3か月ぶりだった前々走の京王杯2歳Sは、14キログラム増の太め残りもあってか8着に敗れたが、マイナス18キログラムと馬体が絞れた前走のオープン特別・クリスマスローズS(中山・芝1200メートル)を優勝。今回のメンバー中唯一の3勝馬で、ここも有力候補に挙げられる。

アサクサゲンキ
牡3歳
調教師:音無秀孝(栗東)
父:Stormy Atlantic
母:Amelia
母の父:Dixieland Band
ここに注目!
Tapit産駒の半姉ラビットランはローズSを優勝しているが、父が短距離色の強いStormy Atlanticに替わった本馬は、芝なら1400メートルまでがベストだろう。前走の朝日杯フューチュリティS(10着)は度外視できる結果と言え、ここはあらためて期待したい。

フロンティア
牡3歳
調教師:中内田充正(栗東)
父:ダイワメジャー
母:グレースランド
母の父:トニービン
ここに注目!
昨年、JRA現役最速でJRA通算100勝を達成し、朝日杯フューチュリティSをダノンプレミアムが制すなど、躍進を続ける中内田充正厩舎の所属。本馬も昨年の新潟2歳S勝ちの実績があり、今年も目が離せない存在だ。

テンクウ
牡3歳
調教師:奥村武(美浦)
父:ヨハネスブルグ
母:ピサノドヌーヴ
母の父:アグネスタキオン
ここに注目!
前々走のサウジアラビアロイヤルCで2歳コースレコード決着の4着に入り、前走のオープン特別・ジュニアC(中山・芝1600メートル)で2勝目を挙げた。ここでも地力は互角以上。完成度の高さと自在性を兼ね備えており、初めての芝1400メートルにも対応可能だろう。

アンブロジオ
牡3歳
調教師:菊沢隆徳(美浦)
父:ローズキングダム
母:アンティフォナ
母の父:Songandaprayer
ここに注目!
父ローズキングダムは、現役時代に朝日杯フューチュリティSとジャパンカップを優勝。現3歳世代が初年度産駒になるが、JRAで2勝を挙げている本馬が出世頭だ(3月11日終了時点)。父の評価を高めるためにも、ここで重賞タイトル獲得を目指す。

ムスコローソ
牡3歳
調教師:手塚貴久(美浦)
父:ヘニーヒューズ
母:ルナレガーロ
母の父:アドマイヤムーン
ここに注目!
2桁着順の新潟2歳S(12着)と朝日杯フューチュリティS(13着)は、共に芝1600メートル。芝1400メートルでは2勝、3着1回と抜群の安定感を誇っている。堅実な末脚がセールスポイントで、展開が噛み合えばまとめて差し切るシーンもありそうだ。

ミスターメロディ
牡3歳
調教師:藤原英昭(栗東)
父:Scat Daddy
母:Trusty Lady
母の父:Deputy Minister
ここに注目!
昨年11月のメイクデビュー東京(ダート1300メートル、1着)で、1分17秒4の2歳JRAレコードをマークしており、非凡なスピードは証明済み。父はアメリカのダートG1勝ち馬だが、種牡馬としては芝のG1馬も輩出している。ここは本馬の適性を見極める意味でも重要な一戦になりそうだ。


selvas2 at 08:55コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索