2018年03月24日

毎日杯  結果

3月24日の阪神11Rで行われた第65回毎日杯(3歳オープン、GIII、芝・外1800メートル、別定、10頭立て、1着賞金=3800万円)は、
池添謙一騎手騎乗の1番人気ブラストワンピース(牡、美浦・大竹正博厩舎)が無傷の3連勝で重賞初制覇。
タイムは1分46秒5(良)。
ブラストワンピースは逃げ馬の直後のインを追走。直線入り口で内ラチと逃げ馬の狭い隙間をひるまず抜け先頭に立つと、ゴール前でもうひと伸びして後続を突き放した。

 2馬身差の2着には馬場の真ん中を伸びたギベオン(2番人気)、
さらにクビ差遅れた3着に外から追い込んだインディチャンプ(3番人気)。

 毎日杯を勝ったブラストワンピースは、
父ハービンジャー、母ツルマルワンピース、母の父キングカメハメハという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。
通算成績は3戦3勝。
重賞初制覇。
毎日杯は、大竹正博調教師、池添謙一騎手ともに初優勝。

 ◆池添謙一騎手(1着 ブラストワンピース)「二千四百からこの距離に替わって、テーマを持って臨んだんですけど、いい位置につけられたし、折り合いもついていました。内容も結果も満点だったと思います。直線に向いてラチにぶつかるシーンもあったんですけど、それは反省しなければいけない点なんですけど、そんな中でも馬はしっかり走ってくれました。皐月賞には向かわず、ダービーと聞いていたので、賞金的に心配しなくていいように緊張感を持って臨んだんですけど、いい結果を出せてよかったと思います。いい形で無事にダービーに向かってほしいと思います」



selvas2 at 17:38コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索