2018年10月07日

凱旋門賞 結果

7日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(G1・芝2400m・19頭)は、
好位から進めたL.デットーリ騎手騎乗のエネイブル(牝4、英・J.ゴスデン厩舎)が、直線で抜け出し、
後続の追撃も押さえ、史上7頭目の連覇を達成。

 2着は最後方から追い込んできたJ.ドイル騎手騎乗のシーオブクラス(牝3、英・W.ハガス厩舎)。
エネイブルをギリギリまで追い詰めたがわずか及ばなかった。
3着は中団から進めたV.シュミノー騎手騎乗のクロスオブスターズ(牡5、仏・A.ファーブル厩舎)。
日本から参戦した武豊騎手騎乗のクリンチャー(牡4、栗東・宮本博厩舎)は、エネイブルと同じ位置で進めたが、直線伸びず17着。
フランスのディープインパクト産駒スタディオブマン(牡3、仏・P.バリー厩舎)は着外。

 エネイブルは
父Nathaniel、母Concentric、その父Sadler's Wellsという血統。
昨年は英オークス、愛オークス、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、ヨークシャーオークス、そして凱旋門賞とG1を5連勝し、カルティエ賞年度代表馬に輝いた。
今年は膝の不安により始動が遅れていたが、復帰戦のセプテンバーS(G3・AW2400m)を完勝し、
再び大本命として凱旋門賞に出走。見事に連覇を果たした。
これで通算成績は10戦9勝。

selvas2 at 23:34コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索