2018年10月13日

府中牝馬ステークス 結果

10月13日の東京11Rで行われた第66回府中牝馬ステークス(3歳以上オープン、牝馬、GII、芝1800メートル、別定、11頭立て、1着賞金=5500万円)は、
クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気ディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎)が夏のクイーンSに続く重賞連勝を決めた。
勝ちタイムは1分44秒7(良)。

 途中から大逃げの形てレースを引っ張ったのはカワキタエンカ。
最初の1ハロンは12秒5、2ハロン目からすべて11秒台という流れを、ディアドラは最後方から追走する。
直線ではジワジワと外に持ち出して、ゴール寸前で内のリスグラシューをキッチリとかわした。
優勝したディアドラは、エリザベス女王杯(11月11日、京都、GI、芝2200メートル)の優先出走権を獲得。

 リスグラシュー(2番人気)がクビ差の2着、
そこからさらに半馬身遅れた3着に中団追走から脚を伸ばしたフロンテアクイーン(7番人気)。

 府中牝馬ステークスを勝ったディアドラは、
父ハービンジャー、母ライツェント、母の父スペシャルウィークという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、
馬主は森田藤治氏。
通算成績は19戦7勝(うち海外1戦0勝)。
重賞は2017年紫苑S・GIII、秋華賞・GI、2018年クイーンS・GIIIに次いで4勝目。
府中牝馬Sは、橋田満調教師は初優勝、クリストフ・ルメール騎手は2015年ノボリディアーナに次いで2勝目。

selvas2 at 17:23コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索