2018年10月31日

日曜 JBCスプリント

マテラスカイ
牡4歳
調教師:森秀行(栗東)
父:Speightstown
母:Mostaqeleh
母の父:Rahy
ここに注目!
前々走のプロキオンSでは、従来のJRAレコードを1秒2更新する1分20秒3という破格の時計をマーク。派手な重賞初制覇を飾り、G気任眥麺僂垢襪世韻離櫂謄鵐轡礇襪鮠斂世靴拭今回、JRAのG気禄蘢戦となるが、大きな期待が持てる。

レッツゴードンキ
牝6歳
調教師:梅田智之(栗東)
父:キングカメハメハ
母:マルトク
母の父:マーベラスサンデー
ここに注目!
ダートは今回が3度目。一昨年のJBCレディスクラシック(Jpn機川崎・ダート1600メートル)では、初ダートながら2着と適性を示した。今春のフェブラリーSでも強豪を相手に5着。能力、適性共に今回のメンバーでは上位の存在となるだけに、期待がかかる。

キタサンミカヅキ
牡8歳
調教師:佐藤賢二(船橋)
父:キングヘイロー
母:キタサンジュエリー
母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!
地方競馬に移籍後は11戦して掲示板(5着以内)を外したことがなく、安定したレースを続けている。地方所属馬の大将格として、2007年のフジノウェーブ以来11年ぶりの地方所属馬によるJBCスプリント制覇を成し遂げたいところだ。

グレイスフルリープ
牡8歳
調教師:橋口慎介(栗東)
父:ゴールドアリュール
母:ラビットフット
母の父:Seeking the Gold
ここに注目!
昨年のコリアスプリント(韓国G1。ダート1200メートル)を含め重賞4勝の実績は、今回のメンバー中でも上位と言えるだろう。休み明けを1度使われた上積みもありそうなだけに、念願のビッグレース制覇へ準備は整った。ベテランホースとしての意地を見せたい。

モーニン
牡6歳
調教師:石坂正(栗東)
父:Henny Hughes
母:Giggly
母の父:Distorted Humor
ここに注目!
一昨年のフェブラリーS優勝馬。初めてのダート1200メートルだった前走のコリアスプリント(韓国G1)で勝利を飾り、新たな一面を示すことができた。京都・ダート1200メートルは初経験だが、前走の経験が後押しをしてくれるはずだ。

キングズガード
牡7歳
調教師:寺島良(栗東)
父:シニスターミニスター
母:キングスベリー
母の父:キングヘイロー
ここに注目!
左回り1勝に対し、右回りで7勝を挙げる無類の右回り巧者。ダート1200メートルの経験は前走のオープン特別・室町S(京都)が唯一だが、後方追走から4着まで追い上げた脚には見どころがあった。末脚は堅実な馬だけに、速いペースで流れて欲しい。

ナックビーナス
牝5歳
調教師:杉浦宏昭(美浦)
父:ダイワメジャー
母:レディトゥプリーズ
母の父:More Than Ready
ここに注目!
昨年の東京盃(Jpn供B膂罅Ε澄璽1200メートル)で約1年8か月ぶりのダートに挑戦したが、9着に敗れた。ただ、未勝利をダートで勝ち上がっており、今年は芝ながら重賞初制覇を経験。力をつけた今なら、ダートでも力を見せることができるだろう。

ニシケンモノノフ
牡7歳
調教師:庄野靖志(栗東)
父:メイショウボーラー
母:グリーンヒルコマチ
母の父:アフリート
ここに注目!
昨年の本レース(Jpn機B膂罅Ε澄璽1200メートル)優勝馬も、それ以来白星から遠ざかっている。京都・ダート1200メートルは、3戦して2勝を挙げる絶好の舞台。同レース連覇を達成し、復活した姿を示したい。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索