2019年05月21日

日曜 東京優駿

サートゥルナーリア
牡3歳
調教師:角居勝彦(栗東)
父:ロードカナロア
母:シーザリオ
母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!
JRA賞最優秀短距離馬に輝いた父ロードカナロアだが、初年度産駒からアーモンドアイを送り出して、距離の融通性を証明済み。本馬は、約3か月半の休み明けだった前走の皐月賞(1着)を使われて、状態面の上積みは十分。無敗での二冠制覇に向けて、盤石の態勢だ。

ヴェロックス
牡3歳
調教師:中内田充正(栗東)
父:ジャスタウェイ
母:セルキス
母の父:Monsun
ここに注目!
前走の皐月賞は、直線でサートゥルナーリア(1着)と接触するシーンがありながらも、最後は再び盛り返すようにアタマ差まで迫って惜敗の2着。血統背景から距離延長に不安はなく、引き続き好調をキープ。日本ダービーの大舞台で、逆転を狙う。

ダノンキングリー
牡3歳
調教師:萩原清(美浦)
父:ディープインパクト
母:マイグッドネス
母の父:Storm Cat
ここに注目!
母の産駒は、ダノンレジェンド(2016年のJBCスプリントを優勝)を筆頭に、1400メートル前後で良績を残しており、本馬も前走の皐月賞(3着)から400メートルの距離延長に少し不安はある。ただ、操縦性が高く、非凡なレースセンスを秘めているので、克服可能だろう。

ランフォザローゼス
牡3歳
調教師:藤沢和雄(美浦)
父:キングカメハメハ
母:ラストグルーヴ
母の父:ディープインパクト
ここに注目!
母はディープインパクト×名牝エアグルーヴの配合で、母のきょうだいにはアドマイヤグルーヴ、ルーラーシップと2頭のG汽Εぅ福爾いる。父にキングカメハメハを配された本馬は、日本競馬の粋を集めた良血馬。ポテンシャルの高さは、ここでも引けを取らないはずだ。

リオンリオン
牡3歳
調教師:松永幹夫(栗東)
父:ルーラーシップ
母:アゲヒバリ
母の父:クロフネ
ここに注目!
前走の青葉賞を鮮やかに逃げ切り勝ち。稍重でスピードをそがれる馬場状態だったことを踏まえれば、2分25秒0の走破時計も優秀と言える。今回は相手が一気に強くなるが、目下2連勝の充実ぶりは目を見張るものがあり、展開の鍵を握る本馬の動向から目が離せない。

ダノンチェイサー
牡3歳
調教師:池江泰寿(栗東)
父:ディープインパクト
母:サミター
母の父:Rock of Gibraltar
ここに注目!
母はアイルランドとアメリカでG1制覇を達成。父に大種牡馬ディープインパクトが配された本馬は、2017年のセレクトセール1歳馬セッションにおいて2億7000万(消費税込み)で取引された良血馬だ。今回、一気の距離延長に対応できれば、上位争いに食い込むシーンもあるだろう。

クラージュゲリエ
牡3歳
調教師:池江泰寿(栗東)
父:キングカメハメハ
母:ジュモー
母の父:タニノギムレット
ここに注目!
“ダービー馬はダービー馬から”という格言も競馬にはあるが、父キングカメハメハ、母の父タニノギムレットは共に日本ダービーを優勝。半兄プロフェット(父ハービンジャー)などの活躍馬が誕生している母系も筋が通っており、本馬も侮れない存在だ。

サトノルークス
牡3歳
調教師:池江泰寿(栗東)
父:ディープインパクト
母:リッスン
母の父:Sadler's Wells
ここに注目!
母はイギリスのG1勝ち馬。本馬は2017年のセレクトセール1歳馬セッションにおいて2億9160万円(消費税込み)で取引された良血馬だ。全姉タッチングスピーチと同様に、やや晩成寄りの成長曲線だが、皐月賞(14着)で強敵にもまれた経験を糧に、上位進出を目指す。


selvas2 at 00:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索