2019年05月24日

日曜 目黒記念

ブラストワンピース
牡4歳
調教師:大竹正博(美浦)
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母の父:キングカメハメハ
ここに注目!
昨年のクラシックは日本ダービー5着、菊花賞4着と善戦止まりだったが、年末の有馬記念を制し、同年度のJRA賞最優秀3歳牡馬を受賞した。通算8戦5勝で、敗れた3戦はいずれもG機G興仭となる今回、主役の座は譲れない。

ルックトゥワイス
牡6歳
調教師:藤原英昭(栗東)
父:ステイゴールド
母:エスユーエフシー
母の父:Alzao
ここに注目!
堅実だが惜敗も多いタイプで出世は遅れたが、4走前の1600万下・グレイトフルS(中山・芝2500メートル)を制してオープンクラス入りを果たすと、続く日経新春杯では2着に好走。重賞タイトルに手が届くところまで力をつけてきた。

ゴーフォザサミット
牡4歳
調教師:藤沢和雄(美浦)
父:ハーツクライ
母:ラグジャリー
母の父:Storm Cat
ここに注目!
2歳時に3戦して2勝を挙げ、3歳時の昨年はダービートライアルの青葉賞を快勝するなど、早い段階から非凡な才能を示してきた。4歳の始動戦となった前走の日経賞は5着だったが、さらなる飛躍が期待される素質馬だ。

アイスバブル
牡4歳
調教師:池江泰寿(栗東)
父:ディープインパクト
母:ウィンターコスモス
母の父:キングカメハメハ
ここに注目!
近4戦で3勝と急速に力をつけ、前走の1600万下・早春S(東京・芝2400メートル)を勝ってオープンクラス入りを果たした。現役時に5勝を挙げた全兄グリュイエールなど、きょうだいがコンスタントに走っている良血馬。重賞初挑戦でも楽しみは大きい。

ポポカテペトル
牡5歳
調教師:友道康夫(栗東)
父:ディープインパクト
母:ミスパスカリ
母の父:Mr. Greeley
ここに注目!
キャリアの中でキラリと光る戦績が、2着クリンチャーとはハナ差の3着だった一昨年の菊花賞。4歳時の昨年に出走した目黒記念でも接戦の4着と好勝負を演じており、9か月余りの休養明けとなる今回も、軽視は禁物だ。

ムイトオブリガード
牡5歳
調教師:角田晃一(栗東)
父:ルーラーシップ
母:ピサノグラフ
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
4歳時の昨年に本格化を果たし、条件クラスを3連勝して臨んだアルゼンチン共和国杯で2着に好走した。その後は日経新春杯6着、金鯱賞7着、大阪杯8着とひと息の着順が続いているが、得意の東京コースに戻る今回は、力を見直す必要がある。

パリンジェネシス
牡5歳
調教師:清水久詞(栗東)
父:タートルボウル
母:メジロジョーンズ
母の父:メジロライアン
ここに注目!
4歳時の昨年後半に急速に力をつけ、12月の1000万下・江坂特別(阪神・芝2400メートル)と今年3月の1600万下・サンシャインS(中山・芝2500メートル)を連勝してオープン馬となった。持ち味である先行力を生かして、ここで重賞初挑戦・初勝利に挑む。

ウインテンダネス
牡6歳
調教師:杉山晴紀(栗東)
父:カンパニー
母:モエレメルシー
母の父:マジックマイルズ
ここに注目!
昨年の本レースで、9番人気の低評価を覆して重賞初制覇を飾った。6歳を迎えた今年は始動戦の日経新春杯で11着と大敗を喫したが、約4か月半の休養で立て直されている。重賞Vを飾った舞台に戻る今回は、一変する可能性も十分にあるだろう。


selvas2 at 00:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索