2019年05月31日

週末重賞展望

 春のG1の最後を飾る安田記念が今週のメイン。
 過去10年、1番人気は4勝、2着1回、3着1回。連対率は50%。人気薄の馬たちの台頭もあって、堅い決着は少ない。
 指数上、3歳馬以外は、指数のランク馬であることが勝ち馬の条件になっている。2着馬はランク外の馬も目立つが、連軸は前走指数や、平均指数の上位馬たちが中心だろう。

 今年の指数上位はアーモンドアイ、フィアーノロマーノ、アエロリット、ロジクライ、サングレーザー、モズアスコット、ペルシアンナイト、ロードクエストなど。

 いまさら言うまでもないが、重賞実績、指数のレベルで4歳牝馬アーモンドアイが最上位だ。近走、ジャパンカップ、ドバイターフなど、牡馬相手のG1を完勝して、G1は5連勝中。これまでマイル戦は3戦3勝。東京コースも3戦3勝。距離に問題もないし、素軽いスピードが問われる東京の馬場にも適応してきた。

 鋭い差し脚は最上位で、ジャパンカップのように先行策も取れ、展開やペースにも左右されにくい。牝馬で2キロ減の斤量も有利だろう。海外遠征後の最初のレースになるが、それ以外、特に課題となるようなポイントも見当たらない。ここは素直にアーモンドアイを中心に推したい。

 アーモンドアイの相手は、7戦6勝の4歳馬ダノンプレミアムが最上位だ。唯一勝てなかったのが挫セキで順調さを欠いたダービー(6着)だけだ。ダービー後は間隔をあけ、今年の3月に復帰。金鯱賞を勝ち、前走、4月の読売マイラーズCはスローペースの2番手から、直線、楽に抜け出して完勝して、G1戦線に戻ってきた。安定した先行力とともに、長く使える差し脚が持ち味だ。

 他では、前走、ダービー卿CTを高指数で快勝して、大きな成長を感じさせるフィアーノロマーノ、単騎マイペースの逃げが打てそうなアエロリット、秋の天皇賞2着馬サングレーザーなどに注目したい。

 鳴尾記念は2012年から2000メートルに変更になり、この時期の開催になった。
 過去7年、1番人気は1勝、2着3回。指数上は、前走指数や過去の指数が高い馬が連軸の中心になっている。

 今年の指数上位は、ギベオン、ブラックスピネル、メールドグラース、タニノフランケル、ノーブルマーズ、サンデーウィザード、ステイフーリッシュ、ブラックバゴなど。
阪神は開幕週で馬場も絶好のはず。先行馬に有利に働くだろう。先行力があり、指数も高いのはギベオン、ノーブルマーズ、ブラックスピネルなどだ。

 4歳馬ギベオンは、NHKマイルCを先行、2着に好走して素質の高さを示した。セントライト記念は大敗したが、続く中日新聞杯を好指数で快勝。前走のダービー卿CTは5着だったが、スピード指数のレベルは重賞クラスの高さで、成長を感じさせるレースだった。2000メートルは(2001)と距離適性も高く、中心になる1頭だろう。

 鋭い差し脚では4歳馬メールドグラースが最上位だ。目下3連勝中で、前走は新潟大賞典を制覇した。先行もでき、持ち味の差し脚が発揮できれば、一気に浮上するだろう。
 他に、差し脚に見どころがあるステイフーリッシュ、ブラックスピネルなども要注意。



selvas2 at 18:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索